新聞 記者 映画 原作。 映画「新聞記者」のフル動画を無料視聴できる方法&ネタバレあり?!あらすじもご紹介!

映画『新聞記者』キャスト俳優一覧まとめ!田中哲司がハマリ役

新聞 記者 映画 原作

もくじ• 映画『新聞記者』あらすじと原案 映画『新聞記者』あらすじ 公式サイトのあらすじ 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を救命すべく調査をはじめる。 一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。 「国民に尽くす」 という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。 愛する妻の出産が追ったある日。 彼は、久々に尊敬する昔の上司、神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。 真実に追ろうともがく若き新聞記者。 「闇」の存在に気づき、選択を追られるエリート官僚。 ふたりの人生が交差するとき。 衝撃の事実が明らかになる。 現在進行系のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会はエンターテインメント。 あなたは、この映画を信じられるか? 引用元: あらすじをもっと詳しく 杉原(松坂桃李)は、外務省に入省したが、現在は内閣情報調査室に出向している官僚。 妻が妊娠中でもうすぐ子供が産まれるのを楽しみに待っている。 杉原の内閣情報調査室での仕事は、 『情報操作』を行うこと。 その方法は、複数のツイッターアカウントを利用する、息のかかった記者に記事を書かせるなど、不本意な仕事をこなす毎日を送っている。 杉原の仕事は 「国を守る大事な仕事」だと、上司に言われる言葉に違和感を感じる杉原。 その頃、東都新聞に、謎のFAXが届く。 FAXには、謎の『羊のイラスト』と、医療系大学新設の計画書が書かれていた。 「大学新設の申請は日本では文科省のはず。 なぜ内閣府?」 「民間企業に委託されるということは総理のお友達企業にお金が流れるとか?」 東都新聞社内で憶測が飛び、 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)が探ることになる。 杉原は、外務省勤務で海外に赴任していた時の上司、神崎から久し振りに誘われて、二人で食事をする。 杉原の上司だった頃の神埼の口癖は 「官僚の仕事は誠心誠意、国民に尽くすことだ」だった。 過去に、神埼は、杉原と一緒に関わっていた仕事で、上からの命令で起こった事件を、自身がしたことにして1人で責任をかぶって責任を取っていた。 そのことを負い目に感じる杉原に対して、 神崎は「責任をとったら、今後も面倒をみてやる。 」と上から言われていたことを告げる。 当時の神崎は、国と家族のためだと自分に言い聞かせて飲み込んでいた。 「杉原、俺のようにはなるなよ」 と杉原に言う。 その後、神崎は自殺をした。 神埼の死に動揺する杉原。 神埼は、なぜ死ななければいけなかったのか? 杉原は、真実を知ろうとする。 実は、神崎は、先月まで大学新設計画に関わっていたのだった。 そして 大学新設の計画の闇はもっと深いところにあった。 一方、大学新設計画を追っていた吉岡には、圧力がかかる。 圧力がかかっても、誤報だと反撃されても、戦うための方法がある。 そのひとつの方法を信じて戦おうとする吉岡。 杉原は、神埼が死の直前に杉原に宛てた手紙を見つける。 そして、上司から、今後の選択肢を出される。 杉原が進む道は? エンディングで、杉原が言おうとした言葉は? 映画『新聞記者』の原案 映画の原案は、2017年10月に発刊された望月衣塑子著 『新聞記者』です。 リンク 望月衣塑子さんは、東京新聞の社会部に所属する新聞記者で、自伝として出版した本が『新聞記者』です。 父親も新聞記者という家庭で育ち、 慶應義塾大学法学部卒業後、自身も新聞社に入社しました。 新聞記者として、官房長官会見において次々と質問を繰り出し、 2017年3月から森友学園、加計学園の取材チームに参加し、女性ジャーナリスト伊藤詩織さんへのインタビューなどを行った人として、一躍有名になりました。 映画『新聞記者』はフィクションですが、望月衣塑子さんの本が原案となっています。 本の内容は、望月衣塑子さんの自伝なので、両親の死や、結婚してからのことなどや、本の後半は、映画でも取り上げられているあの事件のことを当時の心情を交えて語られています。 シム・ウンギョンさん演じる吉岡の父はジャーナリスト。 望月衣塑子さんの父も新聞記者。 映画の中の事件は、固有名詞は違っていても、明らかに「あの事件」を想定させる内容です。 映画『新聞記者』の感想・評価とラストについての考察 映画『新聞記者』の感想 画面の向こうで監視されている スーツを来た官僚たちが画面に向かって黙々と作業しているのがツイッターという場面は怖さしか感じません。 複数のアカウントから、さも、ネットでヒマつぶしにつぶやいているかのように装って、世論を操作する。 そうか、たしかにそういうこと出来るよね?? って、ひとつひとつ気づくというか。 一般の人でも、情報操作に巻き込まれる可能性もある。 ツイッターやSNSで、私たち個人が、発言し、人によっては影響力ももてる時代になった!って思っていたけど、それでも、その上で操作されている? そして、操作された情報を、私達は信じている。 今も知らないところで、操作がされている・・はず? よくこんな内容が映画化されて、無事、上映出来たものです。 パパは国を守るお仕事をしてるんだよ ずっと緊迫した仕事の場面とは打って変わる、杉原の自宅での妻の笑顔。 「パパは国を守るお仕事をしてるんだよ」 と、妻が生まれた娘に話してきかせる様子を見ている杉原の表情が複雑で辛いです。 これ、見ながら、自分だったらどうするだろう? ってみんな考えたんじゃないかと思います。 自分の夫にどうしてほしい? 自分の父親にどうしてほしい? 国を守るために、自分のキャリアを犠牲にしたら、家族はどうやって守るのかな。 国を守っても家族を守れないことになるのかも知れない。 少なくとも家族は巻き込まれる。 自分の身を投げ売っても、結局は同じことが繰り返されるのかも? けれど、自分の信念を曲げるもの辛い。 答えが出るのかな?と、どうどう巡りになります。 映画では、国家が大きく動くかも知れない秘密と戦うエリート官僚ですが。 このような選択は、私達の日常にだって起こっています。 サラリーマンも、上司からの理不尽な命令に悩み。 主婦だって、PTAでおかしいんじゃないの?と思うことに悩み。 だから、この『新聞記者』を見た人からの反響が大きいのではないかと思います。 映画のラストについての考察 エンディングで、信号の向こうにいく吉岡を見たときの杉原の表情。 杉原が言おうとした言葉。 なんだと思いますか? 藤井監督が、松坂桃李さんに「杉原は最後になにを言おうとしたと思う?」と問うと、監督と同じ言葉を考えていたそうです。 その言葉は、明かされていません。 杉原の言おうとした言葉を、私達に考える余地を与えてくれたことで、結果的にこの作品の余韻が続いているのではないかと思います。 想像して、私達が考える。 考えれば考えるほど、闇を感じる。 それでも、杉原が何を言おうとしたのかを考察すると。 私は、映画の中で杉原が何度も言ったあの言葉だと思います。 そう決断したんだと思いますがどうでしょうか。 こういう機会がなかったら絶対観に行かなかった。 マスメディアや政治に対する見方も変わったし、無関心は罪だと痛感させられた。 中毒性のある映画。 時事的に今観るべき映画だし、エンタメとしても映画館で観るべき映画。 心地よい緊張感とカメラワーク、松坂桃李の終盤の表情が堪らない。 — yumico babucoholic 「自分に似ている」 映画「 」沖縄シンポ 氏曰く映画に出る役人のキャラクターは「結構リアル」「国に仕えているのに、上に従ってれば良いという官僚が出てきますが、こういうのが一番まずい。 〝面従腹背〟な人も出てる。 自分に似ているという人も出ています」と笑い誘う。 改めてだけど新しい風を吹かせるにはこうして誰かが挑戦しなければならないし、その勇気に拍手したい。 この作品に関わった全ての人を讃えたい。 なんの情報も信じられない、新聞の情報すら信じられない可能性も出てくる。 私たちはもっともっと自分の頭を使わなくてはならない。 情報の真偽を決めるのは私たちだ。 とりあえず、新聞学科生この映画は必修です。 邦画が避けがちなこの手のテーマを、実名は伏せたとはいえ映画にした藤井監督の気概に応えようじゃないですか。 ジャーナリズムの本分と、家族に誇れる生き方の希求。 壮大なテーマと親近感のあるテーマのバランスがステキ。 素晴らしかった。 真っ向から政権と闘うこの映画を、今この時代に上映すること。 政権という「見えない敵」にどう立ち向かって行くのか。 自殺された近畿財務局の職員の方への鎮魂歌であり、私たちに課せられた使命の再確認でもありました。 これは凄い作品。 知らぬ間にネットやメディアに踊らされている恐ろしさ。 これはフィクションでありながら私たちのリアルな日常。 目を凝らせ、耳を澄ませ、すべての情報を疑え、そして自分の頭で考えろ。 そう言われた気がした。 製作の河村Pも言われたというが、本当に「ヤバい映画」だ。 終了後、すぐに席を立てなかった。 松坂桃李、北村有起哉、田中哲司、本田翼ら各氏には本当に敬意を表したい。 フィクションとして衝撃的な事実を描いているが、アベならやりかねないとも思える。 — ツヤピカはげまる hagemaru2012 自分が暮らす国のこと、何も知ろうとしてなかった自分が怖くなった。 得体の知れない焦りを感じた。 今まで政治に全く興味が起こらなかったのは身近に起きている事とは到底思えなかったからかな。 政治家も官僚も新聞記者も主婦も各々守りたいものがある1人の人間だと改めて気付かされた。 『スノーデン』という映画をすこし思い出しました。 これは、みんなが見たほうがいい。 見なければいけない。 そう思う映画です。 松坂桃李さん、幅広い役柄をこなす素晴らしい俳優さんだと、改めて思いました。。 2018年は、映画『娼年』でハードなラブシーンで話題になりました。 『ハローワールド』では声優も。

次の

【映画】東京新聞・望月衣塑子のノンフィクションが原案『新聞記者』松坂桃李、韓国女優とW主演!ネット 権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者ってw

新聞 記者 映画 原作

清原果耶の初主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』が、今秋公開されることが決定した。 本作は、小説すばるで新人賞を受賞した作家・野中ともその同名小説を、『新聞記者』の藤井道人監督が映画化するもの。 いつしか2人はお互いの心のどこかに空いた穴を埋め合うように距離を縮めていく。 つばめの前に起こる事件、最後に明かされる星ばあの正体とは。 ひと夏の大切な何かを探す2人の、キュートで愛おしいファンタジードラマとなる。 主人公の女子中学生・大石つばめ役で、藤井監督と『デイアンドナイト』でもタッグを組んだ清原が主演を務める。 また、謎の老婆・星ばあ、つばめが恋する大学生、つばめの両親、実の母親のキャストの発表が控えている。 コメント 清原果耶 現場の雰囲気に突き動かされ続けた色濃い撮影でした。 まだ完成したものを観ていないので、どうなっているのだろうとふつふつ考える日々ですが撮影中に私自身がつばめちゃんから貰った希望や勇気が、映画を観て下さる皆様にも伝わると良いなと思います。 是非お楽しみにしていて下さい。 監督・藤井道人 『デイアンドナイト』で素晴らしい演技を見せてくれた清原果耶さんと再び映画を撮れたこと、そして、清原さんの初主演映画を監督出来たことをとても光栄に思っています。 本作は、大人になったすべての人たちへ捧げる物語です。 心温まる、素敵な映画が出来ました。 是非、お楽しみに! 原作・野中ともそ 最初に映画化のお話をいただいた時から長い長い時を経て、敬愛する藤井監督のもと、遂に撮影が始動したと聞いた時は胸が高鳴りました。 同時にこの突拍子もない物語が本当に映像となりえるのか、わずかな不安がよぎったのも覚えています。 けれどごく短いラッシュを見せていただいた瞬間に不安は綺麗に拭われました。 まっすぐまなざしに揺れる感情が透けるような清原さんの佇まいに、ああ、つばめがいる!と。 そして星ばあも亨くんも両親も皆、画面からはみ出るくらいに彼らの人生を生きている…! 驚きと感謝をもって、今は一観客として公開を心待ちにしているところです。 四月に装いをあらたに再文庫化される原作もお手にとっていただければ幸せです。 プロデューサー・前田浩子 タイトルに惹かれて手にした原作のページをめくった途端少女時代にタイムスリップしました。 星空の下に連なる屋根、失くしたものを求める想いのイメージが躍り出し、時間をかけて藤井監督と企画を温めて参りました。 そして、清原果耶さんがその圧倒的な存在感で主人公つばめを生きてくれて、本作は誕生しました。 どこか懐かしい、それでいてこれまでに見たことのない景色をお届けします。

次の

映画「新聞記者」感想ネタバレあり解説 誰よりも自分を信じ疑え!!

新聞 記者 映画 原作

6月28日 新聞記者 映画は娯楽であると同時に、その時代や社会を映す鏡となり、我々を楽しませる以外に考えさせる役割を持ってると思います。 僕はその映画からたくさんの事を学んだつもりです。 ただしそのほとんどは洋画。 邦画の中にももちろん真正面から政治的なことや社会的な内容を含んだ作品があるんだけど、やっぱり少ない気がする。 日本に住んでいるのになぜ今の時代の日本を切り取ったような作品にお目にかかれないのだろう。 単純に僕が避けているのか? いややっぱり少ないんだと思う。 今回鑑賞する映画は、 権力の闇を暴くために奔走する一人の新聞記者と、権力の中で高い理想を持ちながらも葛藤する官僚2人が織りなす、ポリティカルサスペンス。 はっきり言って、不得意なジャンルです。 しかし先日お笑い芸人が司会の情報番組の中で政権批判した途端、番組打ち切りになり、与党議員の娘が司会の番組になるという、いかにも煮え切らないことが実際に起きています。 もしかしたら偶然かもしれない。 でも仮にこれが権力の圧力によってなされたのなら、もうメディアは権力に抵抗することは不可能なのか。 この映画はもしかしたら「 大統領の陰謀」や「 ペンタゴンペーパーズ」、「 スポットライト」と同等の日本映画になるかもしれない、なんて大きな期待をしております。 あくまでフィクションだけど、僕らのいる「今」とリンクしているかもしれない。 そんな視点で楽しませてもらえたらと思います。 早速鑑賞してまいりました!!!• 2019年絶対に避けて通ることのできない新進気鋭の監督が、霞が関を舞台に現代に蔓延るメディアと官邸の裏側にメスを入れ、フィクションとリアルの境目を壊すことで観客に大きな衝撃を与えていく。 国家の平穏のためならば真実は明らかにしない方がいいのか、それとも、真実は全て明らかにするべきなのか。 国民にとってどちらが正しくどちらが大事なのか。 真実が明らかにされないのならば、世に伝える役目のマスマディアや新聞記者は果たして必要なのか。 国家の闇というタブーに果敢に切り込んだ今作。 あなたはこれを信じますか?それとも? あらすじ 東都新聞記者・吉岡( シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査を始める。 一方、内閣情報調査室官僚・杉原( 松坂桃李)は葛藤していた。 「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。 愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎( 高橋和也)と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。 真実迫ろうともがく若き新聞記者。 「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。 2人の人生が交差するとき、衝撃の真実が明らかになる! (HPより抜粋) 監督 今作を手掛けるのは、 藤井道人。 今年初めに公開された映画「 DAY AND NIGHT」で映画好きたちから注目された監督。 僕と仲良くさせてもらってる映画ブロガーたちも絶賛しており、鑑賞するタイミングを失ってしまった僕としては、今作の監督が彼と知り、これは絶対い逃してはいけない、そう自分に言い聞かせて観賞した次第です。 と思ったら「 オー! ファーザー」という映画、藤井さんが監督されてたようで、今作が初めてだと思っていた僕としては恥ずかしいw どうやら監督は今作のオファーをもらった時に、政治に疎いからという点で断ったそうです。 しかし 政治から遠い世代が描く作品にしてほしい、というプロデューサーのプッシュに押され引き受けたんだとか。 そして今作は記者を賛美し政権批判することがメインの映画ではなく、 記者と官僚両方の大義を描くことで、その是非を鑑賞したお客さんに問いかけるようにしたんだとか。 一体どんな手法で描いたのか、また二人の主人公の表情やそこからの葛藤をどうカメラで捉えたのか、その辺にも注目してみたいと思います。 予告編を見る限り流ちょうに日本語で演技している姿が映っているので、かなりの練習を積んだんだろうなと感心しております。 てか日本で活動するために日本語を習得する韓国スターってホントすげえな。 彼女はこの後、 夏帆と共演した「 ブルーアワーにぶっ飛ばす」が10月に公開予定です。 日本で活躍した後はハリウッドにも進出したりして。 外務省から出向し内閣情報調査室、通称「内調」で働くエリート官僚・杉原拓海を演じるのは松坂桃李。 去年の大活躍で役者として一皮も二皮も剥けた彼ですが、今年も映画にコンスタントに出演。 5月に公開した「 居眠り磐音」、今作、そしてアニメーション映画「 HELLO WORLD」や「 蜜蜂 と遠雷」が控えています。 特にモンキー的には 松岡茉優と共演する「蜂蜜と遠雷」は非常に注目しており、去年以上に松坂イヤーになるのでは? と楽しみにしています。 他のキャストはこんな感じ。 杉原の妻・奈津美役に「 空母いぶき」、「 鋼の錬金術師」の 本田翼。 倉持大輔役に、「 帝一の國」、「 翔んで埼玉」の 岡山天音。 神崎俊尚役に、「 あゝ荒野」、「 そこのみにて光輝く」の 高橋和也。 多田智也役に、「 アウトレイジビヨンド」、「 人魚の眠る家」の 田中哲司。 他、原作者の望月衣塑子さんなども出演します。 劇中で描かれてる事件、めっちゃ最近起こった事件をイメージさせるように思えるんですが。 あくまでフィクション、でもフィクションとは言い切れない現実と繋がった内容の今作。 不得意ながらじっくり堪能したいと思います。 ここから鑑賞後の感想です!!! 感想 なんだこれ、震えが止まらん。 内調VS女性記者の静かなる戦いを見事に捉えた社会派エンタメ! どんな時でも自分を信じ、疑え!!! 以下、核心に触れずネタバレします。 内調に消される前に観てほしい。 ある過去の出来事から日本で記者としてひたむきに真実を追いかける女性・吉岡と、熱意を持ちながらも自分の仕事に疑念を抱き葛藤していく若き官僚・杉原、 互いの環境や置かれた立場などを配色やカメラ割りなどで対比を生む演出、演者たちの細かい感情の揺らぎによって、追いかけているネタが如何にとんでもないものなのかを観衆に知らしめ、あくまでフィクションでありながら現実に起きた事件を扱うことで、今我々が暮らしている現代と密にリンクしているかのような感覚にすることで、静かで無味無臭感があるにもかかわらず鋭利な何かを突き付けられた、そんなとんでもない映画でございました。 さて…何から書こうか。 見終わった感想はですね、 この映画を考えれば考えるほど震えが止まりません、それくらい僕にとっては衝撃的で観る価値のある映画でした。 冒頭でも書いた通り政治や時事ネタには疎いですし不得意です。 しかしここで描かれてるのは政治云々とかではなく、国の安定と平和を保つためという建前で官邸しか守っていない内調の徹底した情報操作や同調圧力によって、人間の尊厳までをも奪ってしまっていることに、果たしてこれでいいのか本当のことを公に伝えるべきなのでは、と駆けずり回る女性記者とその事件に関与した知人が死んだ本当の理由を知りたくて協力する官僚の男が奔走する、それだけのことなんです。 だからはっきり言って全然難しくないし、百歩譲って 何やってるかわからなくても監督が生み出すサスペンス性が秀でているから、立ち向かう相手がどれだけデカくて手加減なしで潰しにかかってくることから生まれる恐怖心てのを存分に演出し、その怖さってのを肌で感じるだけでも全然面白いんですよ。 またですね、冒頭でも挙げた洋画、「ペンタゴンペーパーズ」然り、「スポットライト」然り、「大統領の陰謀」然り、どれも実際にあった出来事を映画化したものですけど、日本では今のご時世こういう事実を基にした政治ネタってのは映画にできないわけです。 ならここは嗜好を変えて、フィクションだけどフィクションではない、かもしれない内容でポリティカルにしあげたらどうだろうと。 それでできたのはいいけれど、実際公開できるかどうかさえ分からなかった、てエピソードがあるくらい 世に出すには過激な内容だったわけで、そういう意味ではこの作品が全国で公開されるって意義がね、素晴らしいと思うんですよ。 これ絶対地上波なんかで放送しないから。 スポンサーもテレビ局も手出さないから。 で、なんで公開できるかどうかわからなかったのかって話になりますけど、まず物語の中で扱ってる事件が近年話題になった事件とリンクしたてのがひとつ。 例えば、劇中で内閣府が国有地に大学を新設する、というタレコミが入るんですけど、普通大学新設ってのは文科省が認可するわけで、内閣府がなぜ?と。 しかも医療系の大学ってのに厚労省の認可でもない。 そしてこの計画に携わった杉原の上司が自殺や文書が改ざんされていたなど、次々と出てくる煮え切らない問題。 これってモリカケ問題そのものですよね。 他にもジャーナリストが女性をレイプした事件の裁判で不起訴になったことで、被害者の女性が実名を出して控訴したというニュース。 これを被害者の弁護士が野党の人間と繋がっているというように見せるチャート式の相関図を内調が作るんですが、これもまた伊藤詩織さんのあのニュースと酷似しています。 劇中で出てくるニュースは正に先日起きた出来事で、これを内調が裏で情報操作していることで、SNSなどで同調圧力を生み垂れ流すことで、世間に議論の余地を与えないよう仕組んでいる、というようにされてるんですね。 ぶっちゃけですよ、内調っていったいどんな仕事してるのかわかりません。 一応アメリカのCIAとかイギリスのMI6のような機関だってのは聞いたことありますが、その実態は正直明確にされてないし、ざっくり国の安定と平和を守ってはいるんでしょうけど、こんな地道な情報操作をしているのかわかりません。 この点においては完全にフィクションだと思ってますが、そうも思えない徹底した演出ともしかしたら本当にやってるかもしれないリアルさがあるから鵜呑みにしてしまうのも事実。 しかしですね、この映画、 劇中よく出てくる言葉が見てる人に向けてさりげなくメッセージを送ってるわけですよ。 「 誰よりも 自分を信じ疑え」と。 俯瞰で見ると明らかにこの映画、内調のやってることは悪で、真実を明らかにしようとする二人は善、という構図で物語が進んでいくわけです。 下手したら内調を飛び越えて今の政権は悪とさえも見えてしまう。 実際に内調は国を思って必死で仕事しているかもしれないし、本当に彼らは「民主主義なんて形だけでいいんんだよ」なんて思ってあれこれ情報操作している、かもしれない。 真実は闇の中なんですよね。 また情報は時が経てば消え去ってしまう、なんてのも実はこの映画で語られているんですよ。 例のレイプ訴訟の件、序盤で取り上げて、吉岡がツイッターでセカンドレイプの怖さを語るんだけど、それだけで終わり。 すぐに大きなリークへと話はスライドして、この件に関してはそこから何ひとつ語られない。 映画的に言えば杉原が心揺らぐきっかけの一つに過ぎないし、吉岡のジャーナリズムを強く表すためのツールにしかなってない。 なんですけど、これが今の世の中なんだよなぁって僕は感じます。 もうこの件世の中の人どれだけ関心持ってるのよって話で。 で、これもまたもしかしたら内調の仕業かもしれないってのも思っちゃうのが、僕が震えた原因。 よく目にする事例のひとつで、芸能界で大きなスキャンダルがあった時に、国会ですごく大事な法案が可決させる見通し、ってのよくみかけませんか? あれ、もしかしたらですよ、内調が情報をマスコミにリークして世間の関心をそっちに向けるトラップ、かもしれないわけです。 だからなんだろう、この映画、実際の事件とリンクしてることで本当のことに思いがちなんだけど、本当かどうかはあなた次第ってことを強く言いたい映画に仕上げたのがすごいなぁと、時事ネタに疎い僕としては非常によかったです。 演者の芝居もすごい。 とまぁ、いつもながらダラダラ書いてますが、物語とか扱ってる題材も素晴らしいんだけども、演者の演技も見ごたえ抜群だったんですよ。 特に シム・ウンギョンの小さい表情の変化ね。 ぶっちゃけ日本語に関しては、覚えたてってのが見え見えでカタコト過ぎるし、多分日本語の意味を咀嚼していってないんだろうなってのがちょこちょこあったように思えます。 しかも彼女の語学スキルを考慮して長セリフはなく、一言だけってのが多い。 うまくやったように思えてうまくできてなかったんだけど、僕は、例えば彼女が最初、大学新設のリークを知った時の身震いして動揺を隠せないってのと、ジャーナリストとしての血が騒いだって表情をいっぺんに出すって難易度の高いことやってのける部分で、あ、ヤバイ、って思ったし、劇中のほとんどが演者の寄りの画になってるから、お父さんが死んだ時の沸々と涙が出てきて最後には嗚咽してしまうって芝居の組み立て方も日本の女優より感情入っててすげえなって。 また、自分の記者生命を絶たれるかもしれない脅しにも負けない鉄の意志を見せる目の力強さとか、それこそラストカットの息絶えたえの中、杉原を見つめて言葉を発しようとする表情も素晴らしかった。 この説得力、日本の女優さん、特に彼女と同年代の人、盗んでほしいな。 これに負けじとですよ、 松坂桃李の演技も卓越してて、最初こそ上から言われた任務を愚痴こぼさず淡々と専念する様から、レイプ訴訟での民間人を巻き添えにしてまで国家の安定と平和を望む内調のやり方に疑問を抱きはじめ、ネットの書き込みにどんどんメンタルやられていく、その上妻からこの事件どう思う?なんて聞かれてさらに追い込みかけられ、挙句の果てにはお世話になった上司が今何をしているか、それによって彼の身に危険が起きてるのではないかという不安、そして予感は的中し・・・って一連の流れにおいて、表情を少しづつ少しずつ変化させていくのが巧いなぁと。 なんですかね、コップの周りが湿度の上昇によって少しずつ浮き出る水滴のように、じわじわ変えてくんですよね。 あとこれ僕の好みなんですけど彼の話し方が好きで、基本的には話すときにあまり口を大きく開かないんですけどしっかり通る声質で。 それでいて滑舌もよく響きも良くて。 で、この状態で心が揺れてるときは目線を下に下げて、尚且つ唇あまり動かさないから本当にグワングワンしてるんだろうなぁってのを彼よくやるんですけど、今回もそれをやってくれたし、これに微妙に震えを加えてるから、 終盤の上司の多田から脅されてからのラストカットがね、めちゃくちゃ響くんですよ。 北村有起哉の中間管理職的な叱咤激励感も冴えわたってましたね。 吉岡と記事の直しを何度もやる件、編集でサラッとだったけどああいうところでしっかり上司としての役割を見せていたのが名脇役でしたね。 最後に 落ち葉が揺れる国会前の色合いや、赤いマフラーを撒いて走り回る吉岡の爽快感や、窓から差し込む太陽が一瞬の希望にも見える演出、これと対比して内調の室内での整頓され過ぎな不気味さや無機質で体温のない冷え切った空気感てのを、暗色基調で映してる辺りは、ちょっとやり過ぎかなとも思いましたけど、映画だから逆にやり過ぎくらいがちょうどいいのかなと思えた演出でしたね。 記者たちは真実を追いかけ今も懸命にネタを追っていて、でもそれが世に出ると政権を揺るがし混乱をきたすから圧力を変える組織がある。 監督が仰ったようにどちらにも大義があって、善でも悪でもないと。 そして投げられた情報に対し、我々はその選球眼で鑑賞眼で洞察力で真偽を確かめる必要がある。 果たしてそれは本当なのかそれともフェイクなのか。 なんでもかんでもメディアが流した情報を鵜呑みにすると、内調のような情報操作をする組織、突き詰めるところの内閣の思うつぼになるかもしれない。 正直最後はあんな投げかけて終わるのではなく、一つの物語の終着として結論を出して欲しかったという思いはあるものの、こういうリアルに政府から圧力がかかるかもしれないような題材を韓国の女優と日本を代表する俳優がタッグを組んでやったということ、それを全国で公開できるように尽力したスタッフや製作陣の熱い思いってのをボクは大事にしたい。 そして難しいなんて言わずに、まずは見てほしい。 ここで描かれてることを真に受けてもいいし疑り深く見てもいい。 やっぱり誰よりも自分を信じ疑う、という視点をここで磨いてほしい、そんな風に思います。

次の