ナース あおい ドラマ。 TVドラマ「Ns’(ナース)あおい」再放送終了しました。みなさま本当にありがとうございました。|こしのりょう(こっしー)漫画家|note

Ns’あおい ロケ地情報

ナース あおい ドラマ

数々のドラマやCMに出演し、いまや10代の女優の中ではトップクラスの活躍を見せる石原さとみなりが、意外にもこれまで連続ドラマに主演した経験はゼロ。 近年出演した「ウォーターボーイズ2」(フジテレビ系)や「H2」(TBS系)ではあくまでもヒロイン役で、主役の扱いでは無かったなりね。 今年はNHKの大河ドラマ「義経」の静御前役に抜擢されるなど女優としてのキャリアを着々と積み重ねているなりが、ようやく来年1月スタートのフジテレビ系ドラマで「主演」の大役を務めることになったなりよ。 連続ドラマ初主演作となるのは、来年1月10日スタート(火曜21時枠)の「Ns'(ナース)あおい」。 「モーニング」に連載されているこしのりょう原作の人気マンガをドラマ化したもので、医療の現場を主人公の女性看護師の視点で描いた内容となるなりよ。 同じ「モーニング」に連載されている「ブラックジャックによろしく」は男性研修医の視点で命の重さを問いかけ、医療現場の現実を浮き彫りにするような内容だったなりが、それとは異なる立場から、同様のテーマを扱う作品としてジワジワと人気を集めている作品なりね。 原作の雰囲気は、「ブラックジャックによろしく」ほど重くはないものの、決して「ナースのお仕事」のような軽妙なタッチというわけではなく、といった感じなりか。 医療をテーマにした連続ドラマはこれまでいくつも制作されているだけに、視聴者が食傷気味との見方もあるなりが、女性看護師視点で描かれた作品は決して多くはないので、その辺りに期待をしてみるのも良さそうなりか。 また、石原さとみの主演起用に関しては「学生役から脱皮した石原さんを見たい、見ていただきたい、と思った。 若いのに仕事が出来て、現実に押しつぶされそうになっても負けずに信念を持って立ち上がる、そんなあおいにぴったり」(サンケイスポーツより)とその理由を説明しているなり。 そう言われてみれば、連続ドラマでは等身大の学生役ばかりで、働く女性役のイメージは全く無いなりよね。 そういう意味では、石原さとみにとっても新境地を切りひらく、ターニングポイントになりそうな作品と言えるなり。 共演者などの情報はまだ明らかにされていないなりが、それなりに話題になりそうな作品なので、今後新しい情報が分かり次第、続報をお伝えしていくことにするなりね。 個人的には結構楽しみな作品なり。

次の

【ナースあおいの聴診器】石原さとみとお揃いはリットマン!

ナース あおい ドラマ

4月9日から放送予定だった主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)が延期となった石原さとみ(33)。 かつては視聴率の女王と呼ばれた石原だが、最近は結果を残せていないだけに焦りも大きいだろう。 そこでこれまでの彼女の主演ドラマ、またはヒロインを務めたドラマを時系列で振り返ってみたところ、共演者によってムラがあることが判明した。 共演者が演技派であるとき、また絶大な人気を持つイケメン俳優であるときは高視聴率を獲得しているのだが、その逆であるときは結果がふるっていないのである。 真っすぐで一生懸命な若手ナースのあおいと、当時19歳だった石原の初々しさがマッチし、平均視聴率14. 1%と大ヒット。 石原の出世作となった。 しかしこのときは柳葉敏郎や杉田かおる、八嶋智人といったベテラン俳優に囲まれていたうえ、毎回ゲスト出演で演技派俳優たちが登場するなど、とにかく共演陣に恵まれていた。 次の主演作となった『花嫁とパパ』(2007年/フジテレビ系)も、平均視聴率11. 8%とまずまずの結果を残した。 このときの共演は父親役の時任三郎。 時任は昨年も、父娘の絆を描いた『監察医 朝顔』(2019年/フジテレビ系)で上野樹里の父親役を務め、これが大好評を博した。 この夏に続編の放送が決定していることからも、『花嫁とパパ』のヒットも時任の支えによるものが大きかったと推測される。 その後主演を務めたのは、永山絢斗、山本祐典などと共演した学園ものミステリー『パズル』(2008年/テレビ朝日系)。 谷原章介とバディを組んだ『霊能力者 小田切響子の嘘』(2010年/テレビ朝日系)。 どちらも視聴率10. 0%、8. 0%とあまりふるわなかった。 それまでの2主演作と違い、共演者はあくまで補佐的な存在。 自身がメインとなるドラマでは、力不足を露呈した形だった。 しかし石原は再び息を吹き返す。 小栗旬とのほぼW主演といっていい『リッチマン、プアウーマン』(2012年/フジテレビ系)は平均視聴率12. このドラマはいくつかの賞も受賞するなど視聴率以上の評価を受け、その後スペシャルドラマも放送された。 また嵐の松本潤の相手役を務めた『失恋ショコラティエ』(2014年/フジテレビ系)も12. 2%とヒット。 これにより、再び主演に返り咲いた石原。 しかし、松下奈緒と姉妹役を務めた『ディア・シスター』(2014年/フジテレビ系)は、「姉妹愛」というテーマが視聴者にピンとこなかったのか評価はイマイチだった。 それでも平均視聴率は11. 合格ラインに達したのは、相手役が熱狂的な固定ファンを持つ三代目J Soul Brothersの岩田剛典だったことが大きかったのではないだろうか。 7%とまずまずの視聴率を獲得している。 これもやはり、その甘いマスクで絶大な人気を誇る山下智久とのW主演であったことが大きく作用しているだろう。 平均視聴率は12. もちろんこれは、真っすぐで破天荒な主人公と石原のキャラクターがピタリとハマッたこと、衣装のかわいさが話題になったことなどが要因だろう。 しかし忘れてはいけないのは、相手役を務めたのが当時、au三太郎シリーズのCMで人気上昇ぶりが凄まじかった菅田将暉であったことだ。 当時の菅田はまだまだ民放ゴールデンタイムでの露出が少なかったため、彼への関心もドラマの視聴率をかなり押し上げたものと思われる。 次の主演作となったのが『アンナチュラル』(2018年/TBS系)。 この作品は石原の単独主演で、ストーリーじたいの面白さ、また米津玄師の主題歌が大ヒットしたこともあって大きな話題となった。 視聴率女王の名を保った格好となったが、実は平均視聴率は11. 1%と思ったほどはふるっていないことに注目したい。 半年後に、すぐさま主演ドラマ『高嶺の花』(2018年/日本テレビ系)がスタートする。 が、これは平均視聴率9. 5%とまさかの惨敗。 翌年放送された主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(2019年/TBS系)も8. 7%とさらなる敗北を喫してしまった。 『高嶺の花』の相手役は知名度の低いミュージシャンの峯田和伸(銀杏BOYZ)、『Heaven』は「意外と視聴率を持っていない」と言われるイケメン俳優・福士蒼汰であったため、共演者の力を借りられなかったことは明らかだろう。 こうしてみると、石原さとみは「まだまだ自身の演技力だけで魅せるには力不足」ということが見えてくる。 となると次作の主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』も、共演者に左右される部分が大きいだろう。 では恋愛に発展する可能性がある相手役は誰かというと、『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)で絶大な人気を誇る田中圭だ。 が、田中は同クールで主演ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査官~』(テレビ東京系)も持っていたため、多忙でどの程度露出があるのか怪しい (『らせんの迷宮』も延期が決定している)。 よってその成否は田中次第…というところか。 彼の露出が増えれば、石原が再び視聴率女王に返り咲く可能性も大いにあるだろう。 愛媛県出身。 放送局勤務を経てフリーライターに。 タレントのインタビュー、流行事象の分析記事を専門としており、連ドラ、話題の邦画のチェックは欠かさない。 雑誌業界では有名な美人ライター FRIDAYデジタル.

次の

Ns’あおい

ナース あおい ドラマ

特に同作品を原作とした同名のフジテレビ系列のテレビドラマについては「」をご覧ください。 N'sは誤表記。 『』()にて連載された。 単行本は全32巻(講談社)。 あらすじ [ ] 世間で言われる「理想の」を体現したような 美空あおい。 患者のことを第一に考えるあおいが、周りを巻き込みながら仕事に励む姿を描く。 清天会総合病院の救急救命センターに勤務していたあおいは、看護師として決して やってはいけないことをしてしまい、系列病院のあかね市民病院へ転属となる。 そこで、あおいの指導看護師となった小峰は「この病院ヤバイから」とあおいに釘を刺す。 登場人物 [ ] 名前の横の(Call. -)は、初登場時の話数。 主人公 [ ] 美空 あおい(みそら あおい)(Call. 1) 23歳。 清天卒業(20歳)後、正の資格を取り、清天会の救急救命センターに配属された。 系列病院の「あかね市民病院」に転勤させられ、に配属される。 3年目ではあるが、救急救命にいた経験から、同期の看護師たちよりは、知識や技術を有する。 高校3年生の夏、母親がで死亡する。 その時の看護師の対応がきっかけで自分も看護師を目指すようになる。 救命センターにいた頃、で骨折した患者の転院に付き添った際、搬送車内で患者が呼吸停止してしまう。 放っておけず、医師の電話越しの指示の下、をする。 患者は命を取り留め、周りも黙認ということで一致したが、東条のによりセンターを辞めざるを得なくなる。 が苦手なようで、単語はもちろんをよく間違える。 1) あおいの指導を任される内科の看護師。 「この病院やばい」とあおいに忠告する。 クールで、患者からは「仕事はできるけど恐い」と言われる。 で、長男タクと2人暮らし。 以前は似駒大学付属病院で働いていたが、託児施設が整っていなかったため、24時間保育をしているあかね市民病院へ来た。 大月 美奈(おおつき みな)(Call. 2) 内科の主任。 スタッフのことを考え、夜勤や残業が他より多かったため、過労で倒れたこともある。 緑川 雅子(みどりかわ まさこ)(Call. 1) 内科師長。 中間管理職として苦労が絶えない。 泉田 てる(いずみだ てる)(Call. 1) 全看護師を統括する総師長。 北沢 浩一(きたざわ こういち)(Call. 17) 看護助手時代は音楽を聞きながら仕事をするなど、勤務態度は極めて不真面目だった。 命で、看護学校に通うのも親の手前仕方なくだったが、あおいと出会ったことで変わっていく。 准看護師の資格を取得し、あかね市民病院の内科病棟に戻って来る。 川原 亜美(かわはら あみ)(Call. 18) 清天会の系列病院に配属されたが、4ヶ月であかね市民病院へ。 ドジで薬やの取り違え、「ドジ」という言葉だけでは済まされないミスも。 明るさだけが取り柄。 准看護師ということで、不遇な対応を受けることもある。 早乙女 みゆき(さおとめ みゆき) 以前、あかね市民病院に主任として勤務していた。 夜間のみのパート勤務で復帰。 看護師としては勤務怠慢気味。 肥大型心筋症を患っている。 売れない年下の劇団員の彼氏と、前夫の連れ子を養っている。 医師 [ ] 田所 義男(たどころ よしお)(Call. 2) 内科の副部長。 専門は。 地位と名声のある患者(1日10万円する特別室の患者)のみ時間を掛けてきちんと診察する。 浜松 平助(はままつ へいすけ)(Call. 2) 内科部長。 専門は。 を使用しており、太っている。 看護師を「オマエ」呼ばわりし、お茶くみや雑用を頼む。 高樹 源太(たかぎ げんた)(Call. 2) の医師。 セクハラ大魔王。 バツイチ。 医局のしがらみに縛られない自由人。 しかし、腕はピカイチ。 あおいが最も信頼を置く医師の一人。 福原 春正(ふくはら はるまさ)(Call. 8) の医師。 君嶋のことで、あおいを見下げている。 高樹の後輩。 患者とトラブルを起こし、北海道夕暗町の病院へ異動。 進堂(しんどう)(Call. 11) の医師。 名前のみ。 花岡(はなおか)(Call. 14) 検査のベテラン。 名前のみ。 大倉 順也(おおくら じゅんや)(Call. 11) あかね市民病院の副院長。 居酒屋で若い女といるところをあおいに見られており、弱みを握られていると思っている。 江藤 誠(えとう まこと) 医者一家に生まれる。 自身以外は兄弟全員一流大学の出身。 3浪して大学入学、1留し、にも2回落ち、33歳で医師1年目。 どうやって国家試験に受かったのかと看護師たちに疑問視されるほど、医師としての能力は低い。 耳を触る癖がある。 その際「むにゅむにゅ」という効果音がつく。 田所の後輩。 緒田 桐人(おだ きりひと)(Call. 38) 救命センター設立計画に伴い、主都大学医学部付属病院からあかね市民病院へ。 専門は循環器内科。 医師としてはかなり優秀で、あおいの真摯な姿にも惹かれていく。 病院の状況改善に努め、一部の医師仲間からは煙たがられるが、緒田の訴えでの導入が実現する。 その他職員 [ ] 宝田 俊夫(たからだ としお)(Call. 2) あかね市民病院の事務長。 売り上げ第一主義。 片桐 勇(かたぎり いさむ)(Call. 13) 放射線科の技師。 酔っ払って自転車で転んだ時にあおいと出会う。 を妻(美人)に隠していたが、怪我でばれてしまった(妻は実は知っていた)。 妻をハニーと呼ぶ愛妻家。 助川 陽子(すけかわ ようこ)・角田 幸恵(かくた ゆきえ)(Call. 17) 看護助手。 おばさんで、噂話が大好き。 清天会総合病院 [ ] 小西 明美(こにし あけみ)(Call. 11、名前はCall. 1から) 清天会の救急救命センター勤務。 あおいとは清天時代からの親友で、同期。 金城 靖幸(かねしろ やすゆき) 大学生時代、山形の美空一家の隣部屋にしており、高校生だったあおいのをし、あおいの母親に食事面などで世話になっていた。 (東京出身だが、山形の大学にしか合格出来なかったため)。 清天会救急救命センターに転勤。 後に小西明美と結婚する。 佐山 勇次郎(さやま ゆうじろう) 救命センター長。 あおいを庇いきれなかったことを後悔している。 東条(とうじょう) 脳外科から救急救命センターに転属になった。 輸血の処置のミスで医師能力の低さを露呈してしまい、輸血を頼んだあおいを逆恨みする。 あおいが気管挿管したことを内部告発し、自身はへ留学という形で職を辞した。 その他 [ ] 梅沢 トミ(うめざわ トミ)(Call. 2) あおいの父方の祖母。 検査入院のため、あかね市民病院へ。 田所にと診断されるが、を起こす。 あおいの素早い判断と高樹の処置により、一命を取り留める。 谷村(たにむら)(Call. 6) 食欲不振とで入院。 孫の受験、家族の海外旅行など、家族の都合で度々入院させられる。 息子は県議会議員。 君嶋(きみしま)(Call. 8) 右脚で入院。 整形外科が満床のため、内科の病室へ。 パン屋を経営していた。 息子の嫁が毎日のように見舞いに来るが、非常に偽善的。 リハビリの途中、階段から転落、今度は左脚を骨折。 真行寺 十三(しんぎょうじ じゅうぞう) で転倒し、。 痴呆の初期症状と診断された患者の症状に疑問を持ち、あおいに忠告。 主都大学医学部で浜松の大学の大先輩。 の分野では世界的権威。 江藤家と親しく、江藤誠を「マー坊」と呼ぶが、素直さだけは買っている。 美空 草太(みそら そうた) あおいの弟。 高校生。 野球部のエースで甲子園を目指している。 美空 晴美(みそら はるみ) あおいの母。 あおいが高校3年生の夏、(43歳)で死去。 テレビドラマ [ ] 詳細は「」を参照 1月から3月に系列で連続テレビドラマ化された。 また、同年9月26日にスペシャル版として『Ns'あおい スペシャル 桜川病院最悪の日』が放送された。 書籍情報 [ ]• 2004年7月23日• 2004年10月22日• 2005年1月21日• 2005年4月22日• 2005年6月23日• 2005年8月23日• 2005年11月22日• 2006年1月23日• 2006年3月23日• 2006年5月23日• 2006年7月21日• 2007年2月23日• 2007年4月23日• 2007年6月22日• 2007年8月23日• 2007年10月23日• 2008年1月23日• 2008年3月21日• 2008年6月23日• 2008年8月22日• 2008年10月23日• 2009年1月23日• 2009年3月23日• 2009年5月22日• 2009年7月23日• 2009年9月23日• 2009年11月20日• 2010年2月23日• 2010年4月23日• 2010年6月23日• 2010年8月23日• 2010年11月22日 Call. 1 - Call. 8 Call. 9 - Call. 18 Call. 19 - Call. 29 Call. 30 - Call. 38 Call. 39 - Call. 47 Call. 48 - Call. 56 Call. 57 - Call. 65 Call. 66 - Call. 74 Call. 75 - Call. 83 Call. 84 - Call. 92 Call. 93 - Call. 101 Call. 102 - Call. 110 Call. 111 - Call. 119 Call. 120 - Call. 128 Call. 129 - Call. 137 Call. 138 - Call. 146 Call. 147 - Call. 155 Call. 156 - Call. 164 Call. 165 - Call. 173 Call. 174 - Call. 182 Call. 183 - Call. 191 Call. 192 - Call. 200 Call. 201 - Call. 209 Call. 210 - Call. 218 Call. 219 - Call. 227 Call. 228 - Call. 236 Call. 237 - Call. 245 Call. 246 - Call. 254 Call. 255 - Call. 263 Call. 264 - Call. 272 Call. 273 - Call. 281 Call. 282 - Call. 290 外部リンク [ ]• - 作者による『Ns'あおい』の情報ブログ この項目は、に関連した です。

次の