感謝祭 東京03事件。 島田紳助の東京03事件って、どんな事件だったんですか?オールス...

有吉が島田紳助の「東京03」恫喝事件をパロディにしネットざわつく【オールスター後夜祭】

感謝祭 東京03事件

島田紳助さん 53 がお笑いトリオ「東京03」をテレビの生放送中に叱責した件について、ビートたけしさん 62 が「紳助批判」と受け取れるコラムをスポーツ紙に書いた。 この「事件」をきっかけに、あいさつに来るタレントが増え、とばっちりで「困っている」というのだ。 ネットでは「よくぞ言ってくれた」という声が大量に出ている。 問題になっているのは、TBSの特別番組「オールスター感謝祭」 2009年10月3日放送。 会場全体が暗くなっている時に、一瞬だけ番組司会の紳助さんが、「東京03」に詰め寄るシーンが映った。 何が起きたかの説明はなかったが、その後ずっと「東京03」がうつむいているのを見て、両者の間にトラブルがあったのではないか、とネットが騒然となった。 タレント挨拶にきて「うるさくってしょうがない」 これに関して、お笑いコンビ「オール阪神・巨人」の巨人さんが09年10月4日に自身のブログで経過を説明。 「 紳助さんは 何か少しカチンと来たのでしょうね! ?でも大丈夫ですよ、少し怒った後に打ち上げも一緒に行って最後は握手をしてハッピーエンド」 と明かした。 巨人さんはメールで、紳助さんに「堪忍してやって!」とお願いしたところ、「少し怒って堪忍した」という返事が来た、とも書いている。 するとブログのコメント欄には、紳助さんへの非難が殺到、コメント欄は閉鎖された。 現在は巨人さんのブログは平常に戻っていて、「事件」の記憶も薄れかけていたが、ビートたけしさんが09年10月27日付けの「東京スポーツ」で、 「紳助のせいで俺にとばっちり」 という記事を書き、ネットではまた騒ぎがぶり返した。 ちなみに、たけしさんは「東スポ」の客員編集長を務めている。 記事には、 「紳助が『あいさつがない』とかって若手の東京03ってのを怒ったものだから、出番前にタレントがいちいちオレんとこにあいさつに来て、うるさくってしょうがないよ」 などと書かれている。 「よくぞ言ってくれた!」と「祭り」に発展 たけしさんはテレビの出番前には寝ていることが多いのに、出演者など多くの人達がいちいちあいさつにくるようになってしまい、寝られなくなってしまった、というのだ。 これからは「紳助の逆に出ようかな」、つまり、あいさつ禁止、たけしさんの顔を見ても絶対なにも言わない、などの取り決めをしたい、というのだ。 皮肉交じりに、紳助さんを「チクリ」とやった感じだ。 これに対しネットでは、「紳助に灸を据えられるのはたけしだけ」など、賛美する書き込みが大量に出回っている。 掲示板「2ちゃんねる」にはスレッドが多数立つ「祭り」に発展。 「やっぱりタケちゃんマンは器がデカイ いちいち小さな事に目くじら立てないし 大物はこうでなきゃ」 「たけしを慕う芸人が多いのも頷けるなあ」 「まぁ挨拶は基本で重要だけどな でも、あそこまで怒るのは紳助の器の小ささ」 などと書き込まれている。

次の

ナイツ土屋、島田紳助のオールスター感謝祭・東京03恫喝事件を振り返る…「怖くて声が出なかった」

感謝祭 東京03事件

TBS系特別番組「オールスター感謝祭」生放送中に一瞬、司会の島田紳助さんがお笑いトリオ「東京03」に詰め寄るシーンが映された。 「東京03」はその後、うなだれたたままで番組に参加しなかった。 紳助さんが何をしたのかをめぐって、ネットでは騒ぎになっている。 そうした中で、番組に出演していたオール巨人さんがブログで、今回の出来事について説明したが、「紳助を擁護するのはおかしい」などの書き込みが殺到し、巨人さんのブログが「炎上」した。 回答者の席で揉み合っているシーンが映った 騒動になったのは2009年10月3日放送のTBS恒例の特別番組「オールスター感謝祭」。 芸能人や有名人200人がクイズの回答者として集合した。 問題のシーンはサーカス団・シルクドソレイユが舞台でパフォーマンスを披露し、会場全体が暗くなっている時に起こった。 テレビカメラは、演技中のシルクドソレイユと、それに見とれている出演者達を交互に映していたのだが、突然、カメラの前を横切る人影が出たり、尋常ではない様子で司会の島崎和歌子さんや西川きよしさんが走る姿などが出て、不穏な空気が流れた。 なぜか司会の紳助さんが回答者の場所にいて、揉み合っているようなシーンが映った。 紳助さんがいた場所は人気急上昇のお笑いトリオ「東京03」の近く。 「東京03」はその後ずっとうなだれたまま。 この異様な展開にネットが騒然。 ネットでは紳助さんと「東京03」の間に何かあったのは間違いない、とし、詮索が始まった。 「東京03がクイズで不正を働き、紳助が激怒したのではないか」 「先輩に対し思い上がった態度を取ったのが許せなかったのだろう」 などの憶測が飛んだ。 また、「東京03」は09年のお笑いの王者決定戦「キングオブコント」で優勝。 紳助さんがプロデュースした老舗の王者決定戦「M-1グランプリ」とはライバル関係にある。 これが今回の騒動と関係があるのでは、といった、根拠のない推測も出ていた。 そんな混乱が気になったのだろか。 番組に出演していたお笑いコンビ「オール阪神・巨人」の巨人さんが「感謝祭・パート2・こぼれ話!」と題したブログを09年10月4日に公開した。 紳助さんが番組で若手に詰め寄ったと騒ぎになっていることについて「 紳助さんは 何か少しカチンと来たのでしょうね」と明かした。 何について「カチン」と来たのかについては触れていないが、巨人さんがメールで紳助さんに「堪忍してやって!」と、打ったら、 「少し怒って堪忍したって・・あんたの優しさに感謝!」 と返事が来たという。 紳助さんは怒った後にその若手と打ち上げに一緒に行き、「最後は握手をしてハッピーエンド」になったのだそうだ。 コメント欄は10月5日の夕方に閉鎖 しかし、この記事が思わぬ「炎上」へと発展する。 巨人さんに今回のブログで背景を説明してくれた感謝のコメントもあるのだが、紳助さんを非難するコメントが殺到、巨人さんが紳助さんを擁護する記事を書くのはおかしい、という非難が寄せられたのだ。 コメントは500近く付いていて、 「師匠がどんなにかばおうとどんな背景があろうと あの番組の司会者はやりすぎだったと思います。 薄暗かったから自分がやったことが映らないだろうと思ったのでしょうか」 「巨人さん、もうそろそろ、同じ吉本の同期として、彼を『堪忍せずに』本気で叱ってください」 「美談にしたい会社 もしくは島田氏の意向を聞いた上で 巨人さんはブログを 書いたのでしょうか。 不自然です」 などが書き込まれている。 巨人さんのコメント欄は09年10月5日の夕方に閉鎖された。

次の

有吉が島田紳助の「東京03」恫喝事件をパロディにしネットざわつく【オールスター後夜祭】

感謝祭 東京03事件

名前:東京03(とうきょうぜろさん) 出身地:• 豊本明長(愛知県)• 飯塚悟志(千葉県)• 角田晃広(東京都) デビュー:2003年 所属事務所:プロダクション人力舎 東京03の3人は、もともと別々のコンビ・トリオで活動していました。 豊本明長さんと飯塚悟志さんは、お笑いコンビ「アルファルファ(1995年結成)」で活動。 角田晃広さんは、お笑いトリオ「プラスドライバー(1996年結成)」で活動し、NHK「爆笑オンエアバトル」では好成績を残すなど、それぞれ実力を評価される存在でした。 2002年に、角田さんが所属する「プラスドライバー」が解散。 2003年に「アルファルファ」に角田さんが加入する形で結成されたお笑いトリオが「東京03」です。 2009年には「キングオブコント2009」で優勝に輝き、2代目王者として同番組の歴史に名を残しています。 ネタの完成度の高さは勿論のこと、徹底したキャラ設定やコント構成から、コアなファンを抱えるお笑いトリオとして人気を獲得する存在となっています。 うなだれる3人 後の証言で、恫喝だけでなく暴力も振るっていたことも発覚しています。 ところが、昨年末、ビートたけしとこの事件の件を話すことがあった。 たけしが、事件現場にいた関係者から聞いた話によると、「紳助は胸ぐらを掴んだだけではなく、実は殴っていた」というのだ。 これには、たけしも「紳助は、何を思い上がってんだ」と呆れ、「周りには、紳助の先輩のタレントや役者が何人もいたのに。 なんで止めなかったんだ」と激怒していた。 現場にいた関係者の中には「殴っていなかった」と証言していた者もいたが、それは紳助を気遣ってのことなのか、見ようによっては殴っていたとのそしりを逃れないほどの際どい暴力行為だったのか、真相は分からない。 いずれにせよ、紳助に、社会人としての最低限の自制心が働かなかったのは間違いないだろう。 sakura. そもそも石橋は、紳助を挑発するようにテレビ番組でおちょくり続けてきた。 昨年10月に50歳の誕生日を迎えた石橋は「みなさん」の収録中、共演者たちに「サプライズパーティ」でお祝いされた。 ところが会場に入った石橋は、照れもあってか、マイクを握るとこうブチかましたのだ。 50歳にして引退を決意しました」 わずか2カ月前に行われた紳助会見のパロディである。 まだテレビで触れるにはタブー視する傾向があった話題だけに、共演者たちも驚きを禁じえなかった。 お笑い関係者が語る。 「石橋は紳助がテレビ界で隆盛を極めていた頃から、『東京の芸人を結集させよう』と話し、対抗意識を持っていた。 というのも、目上のお笑い芸人でも、紳助よりたけしを尊敬してきた石橋にとって、昨今、東京の芸人が関西の芸人に押され気味だったことをおもしろく思っていなかったんです。 おぎやはぎから、紳助の番組になじめないことを相談されると、『うちで使うから出なくていい』と言い切ったこともあるほど」 引用: 2人の対立は根深く、その後、直接電話での対決もあったと噂されています。 紳助はヒートアップ。 一方の石橋は、途中で白けた表情に変わったという。 「石橋さんは、一方的にわめかれることに辟易して、ケータイをスピーカーモードにすると、紳助さんの声をさらすように、周囲の芸人たちに聞かせたそうです」(前出・芸人) 引用: また不定期のものが多いのですが、テレビにもたまに出演しています。 現在の出演番組 ・ウルトラ怪獣散歩(フジテレビONE、2014年8月、2015年5月 — )声の出演 MCのメフィラス星人は角田が、ゲストの2体を飯塚と豊本が担当している。 また角田はエンディングテーマ曲「ウルトラ怪獣散歩のテーマ」も担当。 ・白黒アンジャッシュ(千葉テレビ) ゴッドタン(テレビ東京)「マジ歌選手権」「スナックかくちゃん」コーナーレギュラー「東京03」としての出演だが、飯塚・豊本は「マジ歌選手権」審査員(角田はマジ歌シンガー)のため、コンビ時代の「アルファルファ」として紹介されている。 なお「東京03」結成以降で、「アルファルファ」として紹介されているのは、この番組のみ。 ・タモリ倶楽部(テレビ朝日) 3人で揃って出演する事もあるが、希に1人または2人で出演する事がある。 ・ももクロChan テレビ朝日 飯塚は一部コーナーに進行役として準レギュラー出演、豊本と角田はゲストとして不定期に出演。 引用: 島田紳助さんの現在 芸能界に未練はない? 引退会見後、何度か「復帰」が噂されてきた島田紳助さんですが、結局、引退から数年が経過した現在も芸能界に復帰することはありませんでした。 彼の兄弟子である島田洋七さんからは、「島田紳助さんに芸能界への未練はない」ことが明かされています。 最近、紳助に会ったという、彼の兄弟子に当たる島田洋七は筆者に「『戻る気はない』と言ってましたわ」と、復帰を否定。 「紳助と大阪のふぐ屋で飯を食いましたが、『戻る気はない』と言ってましたわ。 引退したころは寂しさもあってか、言葉の端々に未練たらしいことも言ってましたが、今はもう吹っ切れたみたいです。 不動産業もやってへんし、今は何もやってないみたい」(洋七) 「趣味といえば奥さんと旅行に行くくらいやから、そう金もかからん。 一生食っていけるだけの金は持ってるから、今は戻る気はないですよ」という。 一方で、洋七は「僕の本心としては、いずれ戻ってほしいですね。 紳助みたいなしゃべりがうまい若手が、その後も出てきませんからね。 見本になってほしいですわ」とも語る。 引用: 芸能界で稼いだ莫大な資金をもとに、不動産業などを営む実業家へと転身していた島田紳助さんですが、現在はそれらの事業もかなり手放しているようです。 家族と仲良く充実した日々を送られていることもあり、芸能界に未練がないとしても不思議ではありませんね。 まとめ 以上、東京03が干されたとされる説や島田紳助さんの現在に関する情報をまとめました。 島田紳助さんを激昂させたことで、むしろ逆に「名前が売れた」形となった東京03の3人ですが、当事者としては、当時のことはもう忘れてしまいたい過去のようです。 飯塚悟志は「松本さん、全然忘れてくれませんよね、それ」とコメントし、角田晃広も「松本さんだけですよ、そんな」と反応。 当時、芸能活動を休止していたヒロミが「その話、俺も聞きたいもん」と茶化すと、豊本明長は「それYouTubeにいっぱい上がってますよ」と自虐。 飯塚は「あれこそ消して欲しいんですよ」と懇願し、角田も「あれ、削除してほしい。 本当、削除してくれよ!! 」と嘆いていた。 引用: もともと、ライブを主戦場としている東京03。 仮に干されていたとしても、食うに困らなかったと思われますが、島田紳助さんの引退もあり、現在はテレビ番組「ゴッドタン」などで大活躍中。 コアなファンを抱えているので、今後も安泰でしょう。

次の