石川 五 右 衛門 ルパン。 ルパン三世の石川五ェ門について。

『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』小池健監督インタビュー ルパン史上かつてないリアリズムと残酷表現はどう生まれたのか?

石川 五 右 衛門 ルパン

石川五ェ門 (いしかわ ごえもん) 漫画: 出版社: 掲載誌:WEEKLY漫画アクション 区分: ジャンル:アクション、 作者:モンキー・パンチ 連載: 古の大泥棒石川五右衛門を先祖に持つ剣士(当代は13代目)。 仕込み刀(斬鉄剣)を武器にあらゆるものを斬り落とす。 普段は冷静で実直だが、プライドが高く短気な部分もある。 普段着は着物に袴、さらしを巻いて前を大きくはだけている。 足下は素足に雪駄である。 この服装は南極・北極でも同様である。 気配にも聡く、敵や危険に一番初めに気付くことも多い。 さらに、かなり人間離れしたルパンファミリーの中でも突出した身体能力の持ち主である。 主要人物 作品一覧 劇場版 1978年 第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』 1979年 第2作『』 1985年 第3作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』 1987年 第4作『ルパン三世 風魔一族の陰謀』 1995年 第5作『ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス』 1996年 第6作『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』 2013年 番外編『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』 2014年 第7作『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』 TVスペシャル 1989年 第1作『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発! 』 1990年 第2作『ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎』 1991年 第3作『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』 1992年 第4作『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』 1993年 第5作『ルパン三世 ルパン暗殺指令』 1994年 第6作『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』 1995年 第7作『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!! 』 2004年 第16作『ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜』 2005年 第17作『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』 2006年 第18作『ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ』 2007年 第19作『ルパン三世 霧のエリューシヴ』 2008年 第20作『ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜』 2009年 特別企画『ルパン三世VS名探偵コナン』(読売テレビとの共同制作) 2010年 第21作『ルパン三世 the Last Job』 2011年 第22作『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』 2012年 第23作『ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜』 2013年 第24作『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』.

次の

石川五ェ門の歴代声優や名言を紹介【ルパンとの関係やプロフィールまとめ】|ウォチマルのエンタメを楽しむ部屋

石川 五 右 衛門 ルパン

一般に知られる大盗賊「石川五右衛門」 [ ] 安土桃山時代に出没した盗賊。 都市部を中心に荒らしまわり、時の為政者であるの手勢に捕えられ、京都三条河原で一子と共に処刑された。 墓は京都のにある。 これは五右衛門が処刑の前に市中を引き回され、大雲院(当時は寺町通四条下ルにあった)の前に至った際、そこで住職にを渡された縁による。 史料に残る五右衛門 [ ] 下記に石川五右衛門に関する記述がある史料を示す。 史料に残された石川五右衛門の記録は、何れも彼の処刑に関わるものである。 ペドロ・モレホン [ ] まず、安土桃山時代から初期の20年ほど日本に貿易商として滞在していたの記した『日本王国記』 によると、かつて都()を荒らしまわる集団がいたが、15人の頭目が捕らえられ京都の三条河原で生きたまま油で煮られたとの記述がある。 ここにイエズス会の宣教師として日本に滞在していたが注釈を入れており、この盗賊処刑の記述に、 「この事件は1594年の夏である。 油で煮られたのは「Ixicava goyemon」とその家族9人ないしは10人であった。 彼らは兵士のようななりをしていて10人か20人の者が磔になった」 と記している。 山科言経 [ ] また、公家のの日記『』には、文禄3年8月24日(1594年10月8日)の記述として「盗人、スリ十人、又一人は釜にて煎らる。 同類十九人は磔。 三条橋間の川原にて成敗なり」との記載があり、誰が処刑されたか記されてはいないものの宣教師の注釈と一致を見る。 また、時代はやや下るものの(寛永19年)に編纂された『豊臣秀吉譜』(編)は「文禄のころに石川五右衛門という盗賊が強盗、追剥、悪逆非道を働いたので秀吉の命によって(京都所司代の)に捕らえられ、母親と同類20人とともに釜煎りにされた」と記録している。 以上の史料にはそれぞれ問題点も挙げられているが、石川五右衛門という人物が安土桃山時代に徒党を組んで盗賊を働き、京で処刑されたという事実は間違いないと考えられている。 続本朝通鑑 [ ] また、(以下、「 一」、「 二」、「 レ」は漢文の返り点)、『続本朝通鑑』には、 「所司代法印前田玄以、捕 二賊石川五右衛門竝其母及其党二十 一烹 二殺于三条河原 一」 — 歴朝要紀 とある。 伝説の五右衛門 [ ] 出生地は・(現)・・などの諸説があり、のでの弟子とされる事もある。 遠州浜松生まれで、真田八郎と称したが、河内国石川郡山内古底という医家により石川五右衛門と改めたという説もある。 丹後国のを本拠とした豪族石川氏の出であるとする説がある。 石川氏は丹後のの職を務めていたが、天正十年、の代の頃、は豊臣秀吉の命を受けたの手によって謀殺され、伊久知城も落城した。 落城の際、秀門二男の 五良右衛門が落ち延び、後に石川五右衛門となったとする。 この故に豊臣家(秀吉)を敵視していたと伝わる。 伊久知城近辺には五良右衛門の姉の子孫が代々伝わっているとされる。 また一説に「の臣 石川明石の子で、体幹長大、三十人力を有し16歳で主家の宝蔵を破り、番人3人を斬り黄金造りの太刀を奪い、逃れて諸国を放浪し盗みをはたらいた」とも。 様々な伝説 [ ] 前述以外にも、その生涯についてはさまざまな説がある。 幼名は五郎吉。 幼い頃から非行を繰り返し、14歳か15歳の頃に父母を亡くす。 19歳の頃からについては幾つかの説があり、主に「伊賀に渡り、忍者の弟子になった後、京を出て盗賊になった」や「奉公した男性の妻と駆け落ちした」などがある。 ()について伊賀流忍術を学んだが、三太夫の妻と密通した上に妾を殺害して逃亡したとの伝承が知られている。 その後手下や仲間を集めて、頭となり悪事を繰り返す。 相手は権力者のみのだったため、当時はが嫌われていた事もあり、庶民の英雄的存在になっていた。 (名古屋城・大坂城など諸説あり)を盗もうとしたとも伝わるが、これは別の盗賊団の混同かと思われる。 (参照)• 京都市伏見区のに石川五右衛門寄進という手水鉢の受け台石がある。 前田玄以配下に追われた五右衛門が神社に逃げ込んだ際、神社が管轄が違うと引き渡しに直ぐに応じなかったため、まんまと逃げおおせた。 そのお礼としての石造十三重塔 現重要文化財)の笠石を盗んで台石として寄進したものという。 そのため、塔の島石塔の上から三番目の笠石は他のものに比べて新しいのだという。 五右衛門の隠れ家は、東山大仏()門前にあったにあったという。 そこから河原に通じる抜け穴もあったという。 秀吉の甥・の家臣・から秀吉暗殺を依頼されるが 秀吉の寝室に忍び込んだ際、が鳴いて知らせたため捕えられる。 その後、捕えられた配下の一人に悪事や部下などをすべて暴かれてしまう。 三条河原で煎り殺されたが、この「煎る」を「油で揚げる」と主張する学者もいる。 母親は熱湯で煮殺されたという。 熱湯の熱さに泣き叫びながら死んでいったという記録も実際に残っている。 有名なについてもいくつか説があり、子供と一緒に処刑されることになっていたが高温の釜の中で自分が息絶えるまで子供を持ち上げていた説と、苦しませないようにと一思いに子供を釜に沈めた説(絵師による処刑記録から考慮するとこちらが最有力)がある。 またそれ以外にも、あまりの熱さに子供を下敷きにしたとも言われている。 鴨川の七条辺に釜が淵と呼ばれる場所があるが、五右衛門の処刑に使われた釜が流れ着いた場所だという。 なお、五右衛門処刑の釜といわれるものは江戸時代以降長らく法務関係局に保管されていたが、最後は名古屋刑務所にあり戦後の混乱の中で行方不明になった。 処刑される前に「石川や 浜の真砂は 尽くるとも 世に盗人の 種は尽くまじ」との歌を詠んだという。 (のに、たとへ歌として挙げられている「わが恋はよむとも尽きじ、荒磯海(ありそうみ)の浜の真砂(まさご)はよみ尽くすとも」の本歌取か。 処刑された理由は、豊臣秀吉の暗殺を考えたからという説もある。 『一色軍記』では当時の築城に関わっていたが五右衛門を捕縛したという記述が残されている。 創作文芸 [ ] 江戸時代には伝説の大泥棒として認知されている。 盗賊の彼が人気を博した理由は、やの演題としてとりあげられ、これらの創作の中で次第に義賊として扱われるようになったこと、また権力者の豊臣秀吉の命を狙うという筋書きが庶民の心を捉えたことにもよるであろう。 また徳川政権の下では権力者の象徴として前政権の秀吉が適当だった為と考えられる。 歌舞伎『』の「南禅寺山門の場」(通称:『山門』)で、片手に「絶景かな、絶景かな。 春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。 この五右衛門の目からは、値万両、万々両……」と名を廻し、辞世の歌といわれている「石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」を真柴久吉(豊臣秀吉がモデル)と掛け科白で廻して山門の上下で「天地の」を切るのが有名。 ただし実際のは文安4年(1447年)に焼失、再建は五右衛門の死後30年以上経った5年(1628年)であるため、五右衛門の存命中には存在していない。 この作品で五右衛門は明国高官宋蘇卿(実在の貿易家のもじり)の遺児という設定となっている。 この場面の、金襴(きんらんどてら)に大百日(だいひゃくにちかつら)という五右衛門の出で立ちは広く普及し、これが今日では一般的な五右衛門像となっている。 は「融仙院良岳寿感禅定門」。 これは処刑された盗賊としては破格の極めて立派な戒名である。 一方で彼の実際の行動について記録されている史料は少ない。 反面、そのことが創作の作者たちの想像力と創作意欲をかき立てていることは間違いなく、彼に関しては古今数多くのが生み出されている。 石川五右衛門が登場する作品 [ ] 古典 [ ] 浄瑠璃・人形浄瑠璃• 石川五右衛門• 傾城吉岡染(作)• 釜淵双級巴• 木下蔭狭間合戦 歌舞伎• (金門五山桐、1778年初演、演:)• 高麗大和皇白浪(1809年初演、演:)• 楼門詠千本(1838年初演、演:)• 他に書替え狂言多数 読本• 『本朝二十不孝』(著)巻二の一 落語• 『』 現代 [ ] 小説• 石川五右衛門()• 石川五右衛門( 隆文館 1908)• 石川五右衛門の生立()• 真説石川五右衛門(、1951)第24回受賞• 石川五右衛門()• ( 1962)• ( 1978)• 石川五右衛門 秘剣忍法帖( 広済堂文庫 1989)• 石川五右衛門( 光文社文庫 2005)• 大盗賊石川五右衛門( 汐文社 2008)• () 新歌舞伎・新作歌舞伎 再演は除く。 (1883年初演、演:)• (1927年初演、演:)• (2009年初演、演:)• (2011年初演、演:) 新劇・現代劇 再演は除く。 (1923年初演、演:)• (1963年初演、演:)• (1963初演、演:)• (1972初演、演:)• (1979年初演、演:)• (1980年初演、演:)• 宝塚歌劇団(2000年初演、演:)• (2008年初演、演:)• 『GO! BREEZE! 』(2018年初演、演:) 映画• (1912年公開、演:)• (1917年公開、演:)• (1921年公開、演:)• (1921年公開、演:)• (1922年公開、演:尾上松之助)• (1923年公開、演:)• (1926年公開、演:)• (1926年公開、演:市川右太衛門)• (1930年公開、演:)• (1931年公開、演:)• (1937年公開、演:)• (1939年公開、演:)• (1951年公開、演:)• (1951年公開、演:)• (1955年公開、演:)• (1957年公開、演:)• (1958年公開、演:)• (1959年公開、演:)• (1962年公開、演:、原作、監督)• (1963年公開、演:市川雷蔵)• (1963年公開、演:市川雷蔵)• (1963年公開、演:)• (1964年公開、演:)• (1999年公開、演:)• (2004年公開、演:)• (2005年公開、演:)• (2009年公開、演:) テレビドラマ• (1960年放映、演:)• (1963年放映、演:)• (1964年放映、演:)• (1964年放映、演:)• (1970年放映、演:)• (1978年放映、演:)• (1994年放映、演:)• (1996年放映、演:)• (2006年放映、演:)• (2009年放映、演:)• 第8話第2部(2014年放映、演:)• (2015 - 2016年、、声:• (2016年10月14日 - 12月2日、テレビ東京)(演:) 漫画• (作)• (作)• (作)• (作)• (作)• (作) 歌• (歌、プロデュース、歌唱は長万部キャッツ(シンガーズ・スリーの別名)。 『』の) アニメ• ルパン三世 (モンキー・パンチ漫画原作)• (1975年、:)• 第43回「釜ゆでなんかこわくない! 石川五右衛門」(1978年、声:)• (1997年、声:) ラジオドラマ• (1964年、声:) テレビ人形劇• (1975年、声:) ゲーム• (等)• (、)• (他、、声:)• (、)• (1998年、声:)• ライトノベル• 壬生一郎『信長の庶子』(2019年~、既刊4巻)イラスト:土田健太 その他• - にある神社で、境内に石川五右衛門がつけたといわれる手形が残る。 - 釜茹でにされたという故事から、風呂釜を直火で温めた風呂のことをいう。 - のすぐ近くで生活していることから、釜茹でに因んでゴエモンの名が冠せられた。 - 石川五右衛門をモチーフとした男性。 脚注 [ ]• 佐久間正,他『11 日本王国記・』岩波書店、1965年、226-227頁。 矢野龍渓『出たらめの記』東亜堂書房、1915年、P. 『知識の王様 歴史 ボク&わたし 知っているつもり?』150頁。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2016年1月6日. 2016年1月6日閲覧。

次の

石川五ェ門とは (イシカワゴエモンとは) [単語記事]

石川 五 右 衛門 ルパン

モンキー・パンチ原作のアクション・コミック『ルパン三世』はこれまでさまざまなアプローチでアニメ化・映画化されてきた。 2012年には、テレビアニメ『ルパン三世』第1シリーズの放送開始40周年を記念し、若き日のルパンたちを描いたスピンオフシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』が制作・放送され、ダンディズムとエロティシズムあふれるテイストで話題となった。 2014年には、TVシリーズの好評を受け、次元大介を主人公とした劇場版アニメ『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』が公開されている。 『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』に続いてメガホンをとったのは、石井克人監督の映画『PARTY7』のオープニングアニメで脚光を浴び、アメコミテイストのキャラクターと疾走感あふれる演出で知られる小池健監督。 小池監督は制作に約1年の歳月をかけ、若き日の未熟な剣士・石川五ェ門の挫折と覚醒を、ルパンアニメ史上かつてない残酷な演出で描ききっている。 その時はまだ誰をフィーチャーするというのは決まっていなくて、じゃあ次は何にしたいか?というところから始まりました。 ぼく自身が五ェ門で剣劇をやってみたいと思っていたこともありましたし、メンタル部分を掘り下げるとドラマチックになるんじゃないかと思ったので、わりとすんなり五ェ門に決まりました。 そうですね。 (ルパン一味が)出会って間もないという関係性は保ちたいと思いながら作っています。 三人の関係性には新鮮味を持たせて、なんとなく1970年代前後の雰囲気を出すために、周りの小道具をきっちりと、時代考証も含めて抑えることで、この世界観の中でのリアリティを出せるのかな、と思いました。 68年から75年くらいまでですね。 年代はがっちり固定はしていないし、明記もしていないです。 銭形幸一の肩書きは『峰不二子という女』では、SPECIAL POLICEだったんですが、今回は公安警察として登場しています。 『峰不二子という女』は1stルパンの前の話です。 『血煙の石川五ェ門』は、1stルパンの5話(「十三代五エ衛門登場」)の直後くらいの時間軸です。 以前、小池監督はルパンがリメイクされる理由を「ルパンがアメコミヒーローのような存在になったから」とおっしゃっていました。 だから、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』と『アメイジング・スパイダーマン』が違うように、いろいろとリセットして自由に作られているのかと。 多少はそういうところはありますね。 これまで、五ェ門の太刀筋は速くて見えなかったんですが、今回はすべての動きを明確に見せています。 何か理由があるんでしょうか? 五ェ門は剣術を極めている人間なので、剣速がものすごく速い。 ルパンのアニメ史上、そんな表現が使われたことはなかったと思います。 なかったですね(笑)。 かといって、残酷描写がやりたいわけではなくて、剣の怖さ、鋭さを見せる上で、切断描写は欠かせないかな、と思って入れこみました。 それと、悪役で登場するホークの造形が素晴らしかったです。 二つ名が「バミューダの亡霊」で、かつて2,000人を戦場で虐殺した男、という無茶苦茶なキャラクターです。 あの着想はどこから生まれたんでしょう? あれは、石井さんのアイデアメモにはじめにあったんです。 「テキサスの暴れん坊」と言われていた元プロレスラーのスタン・ハンセンがモチーフになっています。 スタン・ハンセンも、「見た目には凶暴な雰囲気はないけど、戦うとスゴイ」みたいな感じなので、ギャップを出せれば面白いかな、と。 ホークはひとりだけややリアリズムから外れた特殊なデザインですよね。 手がムチャクチャ大きい。 あれも石井さんのアイデアですか? そういうわけではないですね。 キャラクターデザインをするときに、パーツが極端に大きいデザインがぼく自身が好きというのもあります。 設定上、奇形でああいう形というわけではなくて、単純にデザインだからなんです。 パワー系のキャラクターなので、「手が大きくて力強い」というイメージは出したかったところはあります。 例えば、最初に登場した五ェ門の斬鉄剣には鍔(つば)が付いています。 デザインはどの段階で決まったんでしょうか? 脚本の段階でぼくが決めました。 キャッチコピーが「未熟なり、五ェ門」なので、今回の五ェ門は驕り高ぶっているんです。 (斬鉄剣の)刀身は今まで使ってるものと同じままなんですが、装飾の部分は自分で組み替えて使っています。 紋付き袴や羽織も頂いた高級なものをいとわず身に着ける。 これで、前半で剣がボロボロにされる場面を象徴的に描ければ、と思って、鍔付きの今までの五ェ門とは違う刀にしました。 で、後半の修行に入るところで、初心に返って元の白鞘(しらさや)に戻る。 深読みしすぎましたね。 ああ、なるほど。 その解釈もいいですね。 思わず「そうです」って言いそうになりました(笑)。 こういった設定は、小池さんがメインで考えられたんですか? 細かいところはぼくが意見を出して作っていったところはありますが、大きい幹の部分は石井さんのアイデアメモをもとに、脚本の高橋(悠也)くんに作って頂いた部分が多いですね。 五ェ門がやられて、修行して、開眼するというストーリー軸も高橋くんが考えた部分です。 そうですね。 初めのアイデア出しをやっていただいて、脚本の開発にも付き合っていただいて、だいたい大筋が決まるところまで立ち会っていただいた、という流れです。 『PARTY7』で出会われて以来、ずっとご一緒されているような印象があります。 石井さんに一番大きく影響を受けたことはなんですか? 石井さんは、人の好みのツボを突いてくるのが上手いんですよ。 創作意欲を沸かせてくれるアイデアだったり、メモだったりがふんだんに書かれている。 そういう意味で、すごく楽しい部分はあります。 かといって、「これをやってくれ」というような感じではなく、「自分で面白いと思ったら使ってくれ」くらいのスタンスなので。 非常にやりやすく付き合わせていただいていますね。 今回も意識された? それは今回もあります。 『PARTY7』や『REDLINE』のような画風とは違って、誰が観てもルパンだと思ってもらえるように作っています。 あれ? 本当ですか。 どうしても隠しきれない部分が出ていますか(笑)。 結果的に、『血煙の石川五ェ門』ではそれが出ていると思いました。 ルパンの中でも、五ェ門は小池監督にあった題材だったんではないでしょうか。 そうかもしれないですね。 自分で意識しないくらいで、ルパンにそれ(個性)を落とし込んでいけるくらいが一番いいのかな、と思います。 コンテがあがった段階で石井さんに見ていただいて、50人斬りの場面でも実はあった、切断面が出るシーンは無くしました。 なぜかと言うと、後半のホークとの対決での断面の表現を大切にしたかったので。 多少、そういった調整はしています。 まあね(笑)。 そうですよ! 自分勝手にやったわけではなく、色んな方の意見を聞きながら、「確かにそうだな」と思うところは、自分で気を付けています。 ルパンの腕に杭が刺さったり、次元の頭が割れたりなんて、これまでのルパンなら考えられなかった。 やっぱり、ダンディズムに生きているキャラクターたちなので、命を懸けている、命のやりとりをしている雰囲気は出したかった、という気持ちはあります。 タランティーノ映画のような、暴力がふんだんに使われたエクスプロイテーションムービーの匂いです。 好きですね。 タランティーノは大好きですし、今回のような和風テイストの作品だと、深作欣二監督の『仁義なき戦い』も好きです。 やはり、(『血煙の五ェ門』は)実写っぽくしないといけないというか……アニメーションだとどうしても物理的な分量が大きくなるので、寄りの画が多くなっちゃうんです。 でも、今回は群像劇でもあるし、五ェ門の凄さを見せるために、引いた画でシチュエーションを見せることを心がけました。 自分の作品の中でも、いままでになく望遠ショットが多いと思います。 多少なりとも、関わってくる部分はあるとは思います。 ただ、『 ルパンVS複製人間』は傑作なので、それをリメイクする気は全くないです。 そこに繋がっていければな、と漠然とは思っています。

次の