さだ けいじ。 佐田啓二はハーフでイケメン?嫁や娘や息子、事故や出演作品も調査

中井貴一の父親・佐田啓二の悲惨な死因が嫁・吉谷麻友子との結婚理由!?

さだ けいじ

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) の商家に生まれる。 (のちの京都市立西陣商業高等学校、廃校)卒業後、政治経済学部に入学。 学生時代、の人気俳優の家に下宿していた縁で、(昭和21年)、に入社する。 は、「佐野周二」の姓名から一文字ずつ譲り受けて名付けられた。 (昭和22年)、監督の『』で、いきなり、大スターの相手役に抜擢される。 田中とのラブシーンは話題となり、早くもスターの地位を獲得。 続いて、原作のの人気を映画化した『』に主演し、さらに人気を高める。 ほぼ同時期にデビューした、と人気を分け合い「松竹戦後の三羽烏」と言われた。 その人気を決定的なものとしたのは、(昭和28年)に公開された『』である。 当時の大人気ラジオドラマを映画化したこの作品でと共演し、名実共にトップスターの地位につく。 その後、徐々に演技派に脱皮していき、特に、の合戦を題材にした(昭和31年)の監督の問題作『』ではスカウトを演じ、を相手に鬼気迫る演技を見せ、、の主演男優賞を獲得した。 その後も、木下の『』、の『』など戦後を代表する作品に出演。 晩年は癖のあるなども演じていた。 (昭和39年)8月13日から夏休みを兼ねて妻との別荘に避暑に訪れていたが、NHKドラマ『』の収録に参加するために帰京する途中、午前6時30分頃、韮崎町の塩川橋手前の左カーブで、乗っていた車の運転手が前の車を追い越した直後に横滑りを起こし、佐田の乗っていた右側から橋柱に激突、さらに跳ね返されて追い抜いた車へも衝突する大事故を起こした。 佐田はこの事故で頭の骨と右腕を骨折し、すぐに韮崎市立病院に運ばれたが午前11時過ぎ頃に死去した。 37歳没。 この時車に乗っていたのは佐田を含めて4名で、運転手は頭を打ち2か月の重傷、日刊スポーツ記者が顔の骨を折り1か月の重傷、義弟が右肩に1週間の軽症を負った。 出演中であった『虹の設計』は生前の映像のにより製作された。 葬儀は8月22日午後2時よりにて行われ、芸能関係者や一般のファンなど千人近くが参列した。 墓所は鎌倉・にある。 主な出演 [編集 ] 1947年• - 八坂真一 役 1948年• 旅装 - 川崎新六 役• 彼と共に去りぬ - 光村雄二 役• 肖像 - 中島 役• 火の薔薇 - 石川文夫 役• 第一篇 隆太の巻 - 加賀見修平 役 1949年• 第二篇 修吉の巻 - 加賀見修平 役• 君待てども - 伊藤 役• - 高松五郎 役• 朱唇(べに)いまだ消えず - 谷川 役• 前後篇 - 小仏小平 役• 真昼の円舞曲 - 河野秀隆 役• 花の素顔 - 吉晴 役• 第三篇 クロの巻 - 加賀見修平 役 1950年• 母の調べ - 湯原恒夫 役• 乙女の性典 - 立花哲也 役• 危険な年令• 恋愛教室• 新妻の性典• 懐しの歌合戦• 黒い花 - 中野宗一 役• 三つの結婚 - 望月敬三 役 1951年• - 小柳準之助 役• 愛情の旋風 - 増内桂助 役• - 小川先生 役(初の出演)• - 内田三郎 役• - 堀隆文 役• 憧れのホームラン王 - 木村先生 役• 天使も夢を見る - 大田黒英夫 役• 夢多き頃 - 高石修二 役• - 鯨井民彦 役• 命美わし - 伊村修二 役 1952年• この春初恋あり - 三田村五郎 役• - 湯川春三 役• 伊豆の艶歌師 - 艶歌師潤 役• 母の願い - 阿部一雄 役• 華やかな夜景 - 小林和彦 役• ひばりのサーカス 悲しき小鳩 - 杉村健吉 役• 坊ちゃん重役 - 比野 役• 母は叫び泣く - 高木英樹 役• - 健二 役• 若奥様一番勝負 - 杉浦吾郎 役• わが母に罪ありや - 三上永之介 役 1953年• 春の鼓笛 - 杉浦啓一 役• やっさもっさ - 赤松太助 役• 女性の声 - 三上達哉 役• ひばりの歌う玉手箱• 落葉日記 - 熊岡嶺太郎 役• その妹 - 野村広次 役• - 艶歌師達也 役• 旅路 - 津川良助 役• - 後宮春樹 役• 第二部 - 後宮春樹 役• お嬢さん社長 - 秋山五郎 役 1954年• 家族会議 東京篇 大阪篇 - 京極錬太郎 役• 真実一路 - 矢津先生 役• 勲章 - 憲治 役• 第三部 - 後宮春樹 役• 陽は沈まず - 青木三平 役• おとこ大学 婚前教育の巻 - 桂木昌平 役• 新婚たくあん夫婦 - 目白三平 役• 真実の愛情を求めて 何処へ - 伊能琢磨 役• - 良一 役 1955年• あなたと共に - 本堂克也 役• 続おとこ大学 新婚教室 - 桂木昌平 役• 亡命記 - 顔紹昌 役• 美わしき歳月 - 仲尾 役• 東京-香港 蜜月旅行 - 山下俊介 役• 花嫁はどこにいる - 八田圭介 役• 遠い雲 - 寺田俊介 役• 花ひらく - 下田歯科医 役• お勝手の花嫁 - 嵐勇 役• 太陽は日々に新たなり - 新村保 役 1956年• 白い橋 - 内山軍平 役• 君のうたごえ• 泉 - 幾島暁太郎 役• 女の足あと - 浜田孝一 役• 青春の音 - 杉本正明 役• 花嫁募集中 - 牧直樹 役• 晴れた日に - 鷲尾謙吉 役• 俺は死なない - 関口浩二 役• スタジオ超特急• 涙 - 山崎信也 役• 女優誕生• - 岸本大介 役• 台風騒動記 - 吉成幸一 役 1957年• 白磁の人 - 五藤民弥 役• 正義派 - 藤田 役• - 須藤一夫 役• ただいま零匹 - 吉沢議員 役• - 有沢四郎 役• 集金旅行 - 旗良平 役• - 佐藤金重 役 1958年• 花嫁のおのろけ - 熊沢伝七 役• 黒い花粉 - 木曾高志 役• 渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋 - 五味司郎太 役• - シケタ先生 役• - 土居広之 役• 花のうず潮 - 槇五郎 役• モダン道中 その恋待ったなし - 鶴川松夫 役• 噛みつかれた顔役 - 泉川 役• - 谷口正彦 役• - 萩崎竜雄 役 1959年• 春を待つ人々 - 洋画家西脇 役• 第一・二部 - 影山少尉 役• 夫婦合唱 - 長島雄吉 役• - 牧田英太郎 役• - 福井平一郎 役• ハイ・ティーン - 寺崎伸一 役• 海の地図 - 外村義高 役• 暁の地平線 - 和夫 役• 三羽烏三代記 - 辰巳次郎 役• 第三・四部 - 影山少尉 役• 大願成就 - 小宮 役 1960年• 朱の花粉 - 武中究二 役• 四万人の目撃者 - 高山正士 役• 白い波濤 - 滝良一 役• - 天野竜一 役• 女の坂 - 矢追三郎 役• 暴れん坊三羽烏 - 桑原編集長 役• 「青衣の人」より 離愁 - 境道介 役• 最後の切札 - 立野駿介 役• 血は渇いてる - 木口高志 役• - 後藤庄太郎 役 1961年• - 門田礼一郎 役• 渦 - 中津洪介 役• 蒼い海流 - 高須弓雄 役• 女舞 - 西川昌三 役• 雲がちぎれる時 - 三崎 役• - 川南隆 役• 妻あり子あり友ありて• 京化粧 - 山岡 役 1962年• 千客万来 - 番取良介 役• 愛染かつら - 服部 役• しのび逢い - 小坂敬三 役• - 野中義男 役• かあさん長生きしてね - 大島 役• 続・愛染かつら - 服部 役• - 平山幸一 役 1963年• - 宗像弥十郎 役• - 久世俊介 役• 危ない橋は渡りたい - 香川直行 役• 花の咲く家 - 木津隆三 役• 結婚式・結婚式 - 奥山次郎 役• 丼池 - 兼光定彦 役• 踊りたい夜 - 津村忠雄 役 1964年• モンローのような女 - 水口志津夫 役• - 久留宮良介 役• - 役• - 高沢重治 役• 甘い汗 - 辰岡 役 テレビドラマ [編集 ]• (1963年、) - 役• (1963年、NHK) - 長谷川一郎 役• (フジテレビ) 文献 [編集 ]• 中井貴恵『父の贈りもの』文化出版局、1991年。 角川書店〈角川文庫〉、1997年。 脚注 [編集 ].

次の

【君の名は】昭和28年松竹大船 岸恵子・佐田啓二主演

さだ けいじ

中井貴一のプロフィール 本名:中井貴一(なかい きいち) 生年月日:1961年9月18日(満 59歳) 出生地:東京都世田谷区 身長: 181cm 血液型:A型 出身大学: 成蹊大学経済学部卒業( 偏差値57) 職業:俳優 代表CM:ミキプルーン、DCカード 親族:父・ 佐田啓二、母・中井 益子、姉・ 中井貴恵 、嫁・ 吉谷麻友子 引用: 東京の世田谷区で生まれて、お坊ちゃまが通学する成蹊大学に通っていた中井貴一さん。 お父さんの佐田啓二さんは、中井貴一さんがまだ幼児の頃に若くして亡くなっています。 中井貴一さんの佐田啓二さんは当時、有名イケメン俳優。 佐田啓二さんが衝撃的な死を遂げたことで、日本中が大騒ぎ。 その中井貴一さんの父・佐田啓二さんの死因は一体何だったのかを見ていきます。 中井貴一の父・佐田啓二の死因は? 中井貴一さんの父・佐田啓二さんは37歳で死亡。 死因は事故による 脳挫傷です。 父・佐田啓二のプロフィール 本名: 中井貫一( なかい かんいち) 芸名:佐田啓二(さだ けいじ) 生年月日:1926年12月9日( 享年37歳) 身長:171cm 代表映画:『喜びも悲しみも幾歳月』『秋刀魚の味』『君の名は』など 引用: 37歳で亡くなった佐田啓二さん。 渋さのある昭和の俳優といった格好いい中に貫禄があります。 中井貴一の父・佐田啓二の交通事故全貌 中井貴一さんのお父さんの佐田啓二さんは、中井貴一さんが 2歳の時に交通事故で亡くなっています。 1964年8月13日の夏の暑い日。 佐田啓二さんは 妻の 中井益子さん(旧姓、杉戸益子)と息子・中井貴一さん、娘・中井貴恵さんで別荘に。 避暑地は長野県の信州蓼科高原。 忙しい俳優の仕事のなか、短い夏休みを家族一同で過ごしていました。 売れっ子俳優だった佐田啓二さん。 長い夏休みが取れるわけでもなく、 3日後の8月17日には東京に戻る予定。 NHKドラマ『虹の設計』の撮影の仕事が待ち構えていたので、家族を別荘に残して帰京。 8月17日の 早朝。 佐田啓二さんは、 運転手と2人の関係者の計4人で、別荘から東京に戻るために自動車に乗車。 急いでいたために 運転手は車の スピードを上げて 出発したのです。 佐田啓二さん一行は、韮崎市韮崎町の 塩川橋付近を走行中に事故にあったのです。 運転手が前方の車を追い抜こうと さらにスピードを上げたところ、誤って 橋の欄干に接触。 その勢いで他の車に激突、車は大破したのです。。 」 この大事故は 午前6時30分頃に発生。 佐田啓二さんは、事故現場から救急車で韮崎市立病院(山梨県)に救急搬送されました。 しかし 5時間後の 午前11時30分頃に 死亡が確認。 死因は 事故死です。 頭蓋骨(ずがいこつ)を骨折しており、 直接の死因は 頭部外傷による死亡です。 この事故の原因は運転手による運転ミスと言われています。 しかし、後日この事故原因は運転手の居眠り運転。 そのことを大人になった中井貴一さんは母・中井益子さんから聞いたのです。 しかし、母・中井益子さんはこの事故は「運命だった」と言って運転手を責めないようにさとしたそうです。 この昭和の時代。 まだシートベルトの着用は義務付けられていませんでした。 車の後部座席でくつろいた佐田啓二さん。 事故が起こった時には身構えることも出来ずじまい。 頭蓋骨だけではなく、 腕も骨折していました。 このことから、防ぐにも防ぎようのなかった悲惨な事故であったことがわかります。 この事故は多重事故となり、現場は騒然となりました。 この重大事故。 亡くなったのは、 佐田啓二さん一人だけ。 運転手と2人の関係者は重軽傷でした。 このことから佐田啓二さんにとっては不運な事故としか言いようがありません。 佐田啓二さんが交通事故で亡くなった時、中井貴一さんは 2歳という年齢。 あと1ヶ月ほどで 3歳の誕生日を迎えるころでした。 中井貴一さん自身はまだ物心がついておらず、お父さんのこの 大事故の記憶 はまったくないと言います。 昨日中井貴一の俳優人生を振り返る特集番組で、父親の佐田啓二を37歳で亡くしている中井喜一は、佐藤浩市が晩年の三国連太郎と親子共演しているのをみて「心底羨ましかった」と何度も言っていて、胸が詰まる思いだった — りょー msmry 中井貴一さんには、父、佐田啓二さんがどういう人だったのかさえわからない存在。 佐藤浩市さんは父親の三國連太郎さんと芝居ができたことを羨むのはわかります。 中井貴一が俳優になった理由は父・佐田啓二! 引用: 中井貴一さんは、 19歳の時に父、 佐田啓二さんの17回忌の法要の時にスカウトされます。 スカウトしたのは映画監督の松林宗恵さん。 スカウトされる前までは、俳優になることをあまり考えていなかったのです。 しかし、父・佐田啓二さんがどういう人かを全く知らない中井貴一さん。 俳優になることでもしかすると「俳優・佐田啓二」を知ることができると思ったのです。 そして、俳優の道に進み父・佐田啓二を追いかけました。 中井貴一の嫁・吉谷麻友子と結婚【画像】 俳優になって順風満帆の中井貴一さん。 2000年9月18日 、 39歳 の時に 結婚。 結婚相手は 5歳年下 の 一般女性・ 吉谷麻友子 (マユヨ シタニ、mayuyositani)さんです。 この中井貴一さんの結婚について、 海外の芸能サイトで以下のように報じられました。 上の画像は石田えりさん。 下の画像が吉谷麻友子さん。 比較しましたがそれほど似ていない。 でも、実際に吉谷麻友子さんに会うと「似てる!」と思うかも。 中井貴一が結婚した理由は父・佐田啓二が関係!? 中井貴一さんは 39歳の 誕生日に 結婚。 誕生日と 結婚記念日が一緒。 必然的に忘れられない日に 入籍しました。 中井貴一さんが吉谷麻友子さんと結婚した理由は生きていたからです。 中井貴一さんは父・佐田啓二さんの死に関してトラウマを抱えていました。 「父と同じ年齢になれば僕も死んでしまうんだろうと思っていた」 引用: 父親の亡くなった年齢を意識知るのは人情。 よくわかります。 佐田啓二さんは 37歳という若さで亡くなっています。 若くして亡くなった父親のことを考える日々。 中井貴一さんは 自分の運命に関してずっと 気にしていた のです。 常に頭にはこの考えがあり不安に思っていたのです。 そういった不安から中井貴一さんは結婚も諦めていたのです。 中井貴一さんは自動車事故で亡くなった佐田啓二(昭和の名優のひとり)の息子なんですけど、父親が亡くなった歳はかなり意識していたそうですよ — /ぱぐ 趣味は人間観察。 \ pa55gu そんな不安な思いを抱えていた当時、真剣に交際していた女性が 吉谷麻友子さん。 その中井貴一さんの不安に寄り添い励ましてきたのです。 吉谷麻友子さんは交際中、中井貴一さんの 38歳の誕生日を盛大に祝いました。 たくさんの友達を集めていつもの年よりも 盛大に祝ったのです。 その誕生日パーティで盛り上がっている中、吉谷麻友子さんは中井貴一さんに言葉を投げかけす。 「 よかったね、生きれて。 」 37歳で亡くなり、38歳を迎えることが出来なかった父・佐田啓二さんより長く生きられた。 吉谷麻友子さんはそのことを気遣って、この励ましの言葉を投げかけたのです。 中井貴一さんは安心とともに嬉しかったでしょうね。 この言葉をもらった中井貴一さんは、 2000年9月18日、中井貴一さんは結婚したのです。 中井貴一さん 39歳。 吉谷麻友子さん 34歳。 ちなみに、吉谷麻友子さんは一般の女性なので、結婚した後も、 スポーツメーカー 「ナイキ」 で働いているようです。 中井貴一さんにとって吉谷麻友子さんは5歳年下の女性。 自分の仕事を持ち、外で働いて社会で活躍している女性。 父の死のことで不安な中井貴一さんを励ましてくれる頼もしい女性。 中井貴一さんにとって吉谷麻友子さんは、頼りになる存在なのかも知れません。 中井貴一の嫁・吉谷麻友子の馴れ初めは? 引用: 吉谷麻友子さんとの 出会い(馴れ初め)は、中井貴一さんの 36歳の 誕生日パーティ。 中井貴一さんの友達はスポーツメーカー「 ナイキ」に勤務。 その友達の同僚の 吉谷麻友子さんが参加。 このことで中井貴一さんと吉谷麻友子さんは出会うのこととなったのです。 中井貴一さんの誕生日パーティーに参加するくらいの吉谷麻友子さん。 そもそも中井貴一さんのファンだったのかも。 ちなみに嫁の吉谷麻友子さんの出身大学は、 白百合女子大学(偏差値約47)との噂。 お嬢様が通う大学としても有名。 中井貴一と嫁の吉谷麻友子のデートはリーズナブル 中井貴一さんは、吉谷麻友子さんと知り合い交際開始。 しかし当時の中井貴一さんは人気の真っ只中。 吉谷麻友子さんとデートを楽しむ時間は全然なかったのです。 しかし、どうしても吉谷麻友子さんとデートをしたかった中井貴一さん。 考えた末に「立ち食いそば屋デート」というアイデアが思いついたのです。 立ち食いそば屋なら、さっと 入ってさっと 食べてさっと 話してさっと 出られる。 この超合理的な時間配分でデートができるということで決定。 「立ち食いそば屋デート」は仕事で忙しい中井貴一さんにはうってつけでした。 でもそんな安っぽいデートに誘うことで吉谷麻友子さんに 嫌な思いをさせないかと不安。 しかし、吉谷麻友子さんはそばをすすり 「 おいしいね 」と言ってくれたのです。 嫌な顔一つ見せずに「立ち食いそば屋デート」に付き合ってくれたのです。 そんなやさしい吉谷麻友子さんの表情に 中井貴一さんは 安心。 吉谷麻友子さんとなら長くやっていけそうな気がする!と思ったと言っています。 ちなみにその立ち食いそば屋の場所は不明。 でも中井貴一さんが 学生時代から通っていたそば屋さんで、成城大学の近くのそば屋さんとの噂はあります。 吉谷麻友子さんとの初デートが「立ち食いそば屋」 それなのに嫌な顔ひとつせず中井貴一さんに付き合ってくれた女性。 中井貴一さんだけでなく、普通の男だったら惚れてしまうのは明らかです。 中井貴一と嫁・吉谷麻友子の子供は何人? 中井貴一さんと嫁の吉谷麻友子さんは、2019年で 結婚19年目。 でも子供はいないようです。 ですので 娘さんも いません。 嫁の 吉谷麻友子さんが中井貴一さんと 結婚した時の年齢は 34歳。 子供を産めない年齢ではないです。 でも、子供に関してはあまり無理をしなかったのかも知れませんね。 子供は授かりものです。 夫婦がいくら努力しても叶わないこともあるようです。 父・佐田啓二さんのあとを継いで俳優になった中井貴一さん。 中井貴一さんの跡継ぎはいません。 中井貴一の父のまとめ 今回は中井貴一さんの父・佐田啓二さんを中心にまとめました。 中井貴一さんの父・佐田啓二さんの死因は事故死• 俳優になったきっかけは俳優・佐田啓二を知るため• 中井貴一さんの嫁はナイキ社員で一般人の吉谷麻友子さん• 結婚した理由は父の死に対するトラウマに寄り添ってくれるやさしい人だから• 嫁の吉谷麻友子さんとの馴れ初めは中井貴一さんの誕生日会• デートは中井貴一さんが忙しく立ち食いそば屋が中心• そんなデートでも笑顔を絶やさない吉谷麻友子さん• 中井貴一さんに子供はいません 佐田啓二さんの息子として、若い頃から多くの映画やドラマに活躍してきた中井貴一さん。 2020年で59歳とまだまだお若いです。 これからも映画やドラマなどで、世の中を楽しませて欲しいです。

次の

佐田啓二はハーフでイケメン?中井貴一の家系図や父親の事故を調査!

さだ けいじ

「君の名は」といえば60年前の日本映画ですが、「真知子巻き」とか 「女湯ががら空き」なんて逸話はいまでも覚えている人がいるとかいないとか、 メロドラマ大好きな~あんかけ( guam345)でーす。 60年まえにも「君の名は」って映画があって、その映画が当時の日本のおば様がたをどれだけ元気にしたっかって、ことを記録しときます。 「君の名は」 制作・山口松三郎 原作・菊田一夫 監督・大庭秀雄 脚本・柳井隆雄 撮影・斎藤 毅 音楽・古関裕而 美術・熊谷正雄 出演・岸恵子・佐田啓二・川喜多雄二・淡島千景・北原三枝・月丘夢二・小林トシ子・野添ひとみ・淡路恵子・笠智衆・市川春代・望月優子 かいせつ 伝説を生んだメロドラマ、韓流ドラマの原点もここにある。 1952年からNHKラジオ(この当時はテレビはまだない時代)で放送された菊田一夫原作のメロドラマの代表作。 放送が始まると女湯(この当時はうち風呂というのはなくて、銭湯に週1,2回通っていた)が空になるといわれたほど大ヒットした。 後に映画は3部作としてつくられた。 東京大空襲の元数寄屋橋で出会った男女が互いに名も明かさず、半年後の再開を約束してわかれたが、様様な障害のためになかなか出会うことができず、女は心ならずもほかの男と結婚してしまう。 やがてその結婚は破局を迎えるが・・・。 主人公の名を冠したキャラクター・グッズもいろいろ売り出された。 あらすじ 東京大空襲の中で偶然知り合い、一緒に逃げ回って助かった春樹と真知子というカップルが、同じ場所での再会を約束して別れる。 そして、1年半後、二人は約束した数寄屋橋で再開するが、そのときにはもう、真知子はほかの男と婚約してしまっていた。 二人は別れるが、互いに相手を思う心は募るばかりだった。 真知子は姑とも夫ともうまくいかず、嫁いだ家を出るが、夫は離婚を承知しない。 春樹と真知子は出会っては別れ、また出会っては別れざるを得ない状況になった。 典型的な通俗メロドラマであり、臆面もなく感情を売り物にしているが、それにしては一種の品の良さがあり、決して俗悪ではない。 そこが2流の映画と1流の映画のちがいであるところだが、主人公の二人の正統派美男美女というだけではない、スタッフの技術が評価されるところである。 例えば、数寄屋橋の再開の場面。 春樹がまず、夜霧の数寄屋橋の欄干のそばでたたずんでいる。 彼がいったん、画面の左を振り向き、さらに右手を振り返って、あっと表情が明るくなると、その見た目の向こうから静かに微笑みを浮かべてやってくる彼女のロングショットになる。 この前のショットで彼の首が左右に振られるのと、つぎのショットで彼女が現れる。 その切り替えが見事な動きとタイミングだと思う。 二人は空襲の中で偶然知り合って再会を約束したのだが、それまでは見知らぬ他人であり、お互いにそうあてになる約束だと思っていたわけではない。 だから、来ないかもしれないと思うのが自然で、その不安が、彼が左右を見渡す動作によく出ている。 と同時に期待をこめてもう一方をみたとき、そこに彼女が現れるというのが、一種の音楽的うねりを感じさせて、とてもいい感じなのだ。 ここで再会した二人は、しかし、ひしと抱き合うのではなく、じっと見つめあっては視線をそらし、うつむいたり、横向きになったり、また顔をあげて見つめあったり、そしてまた後ろ向きになったりと、ほとんど一言いうたびに姿勢を変えながら話し合う。 これは北海道での別れの場面でも同じことである。 求めあう力と、いますぐ互いに胸の中に飛び込むわけにはゆかないという引き離す力とがこもごも作用して、二人は向き合ったり横向きになったりうつむいたり、姿勢がたえず変化する。 それを大庭英雄監督は、まるで日本舞踊のように優雅に振りをつけ、一瞬一瞬、見事な型にきめている。 そこに古関裕而のハモンド・オルガンが悲しいメロディを響かせる。 メロドラマはこうこなくっちゃー。 (佐藤忠男著 日本映画300 朝日文庫より) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 60年前の日本には携帯電話も電話もテレビもなかったので、ラブロマンスが燃え上がったのでしょうか。 今はラブロマンスが足りない時代かもしれない。 便利だから、すぐ連絡とれるからすぐに決着がつく、短期で決着がついたら残った時間で次の案件にいって、数こなしているのだろうか?そうすると、ラブロマンスは数の問題になるのかな。 西洋映画に「ローマの休日」というラブロマンスの最高峰があるのだけど、これも身分の差というのがあった、今の時代、身分の差ってあるのかな、やっぱり、ラブロマンスにはなにか弊害がないと燃え上がらないので、自分で弊害と作ってもえあがらなければいけない。 自分に、これだめ、っていう弊害をひとつ作ってラブロマンスをしよう。 とひとにはすすめておく、ラブロマンスはみるだけでいい・・・!! 東京大あs空襲の中で偶然知り合い、一緒わって助かった chizukoike.

次の