楽天 モバイル 端末 紛失。 格安スマホを紛失したらどうする?対応方法と事前対策

楽天モバイル: お問い合わせ

楽天 モバイル 端末 紛失

もしかしてAndroidスマホを無くして困っていませんか? または、紛失したスマホを探す方法や対処法をお探しですか? このページにたどり着いた方はどちらかでしょう。 まずは、一旦深呼吸して、落ち着きましょう。 そして、この記事をじっくり読んでみて下さい。 (スーハースーハー) この記事では、以下の疑問を丁寧に説明・解決していきます。 アンドロイド携帯を失くした!どうやって探し出せばいいの?• スマホを紛失したんだけどGPSで場所を特定できないの?• 落とした携帯が悪用されないための対策は?• Andoroidデバイスマネージャーの使い方は? iPhoneの場合は「iPhoneを探す」という機能があるため、探しやすいです。 アンドロイドのスマホが行方不明になった 仕事から帰ってきて、スマホを取り出そうと思ったら、スマホが見つかりません。 スマホはクレジットカードや連絡先・友人とのメッセージなどの個人情報が満載です。 「電話をかけてもらって、見つけよう」と思い、パソコンから家族へメールをして、自分のスマホへ電話をかけてもらいました。 しかし、その時は、サイレントモードだったので、反応なし。 仕方ないので、部屋中を空き巣の如くひっくり返し、決死の捜索活動。 しかし、スマホは見つかりません。 「iPhoneなら、『iPhoneを探す』で探せるけど、アンドロイドにも同じようなサービスはないかな?」と思って調べました。 すると、「」というWEBサービスを見つけました。 この「Androidデバイスマネージャー」使ったら、すぐにスマホを発見できました。 「Androidデバイスマネージャー(端末を探す)」とは? 「Androidデバイスマネージャー」とは、遠隔でアンドロイドの端末をGPSで探したり、画面をロックしたり、データを消したりできるWEBサービスです。 自分のスマホがなくても、その他の端末(PCやスマホやタブレット)から利用できます。 「端末を探す」とも呼ばれています。 スマホが見つからなくて困っている時には、強い味方になってくれます。 いざという時のために、ぜひ使い方を覚えておいてください。 iPhoneやiPadなどiOS端末でも使えるのか? 「Androidデバイスマネージャー」はiPhoneやiPadなどのiOS端末でも使えるのでしょうか? iPhoneやiPadから「Androidデバイスマネージャー」を使って、アンドロイド端末は探せます。 しかし、「Androidデバイスマネージャー」を使って、iPhoneやiPadなどのiOS端末を探すことはできません。 あくまでも、アンドロイドの端末を探すためのWEBサービスのようです。 iPhoneやiPadなどiOS端末の人はへサインインして、「iPhoneを探す」を使って探しましょう。 「iPhoneを探す」についてはこちらの記事で詳しくまとめています。 「Androidデバイスマネージャー」と「スマートフォンを探す」の違い Googleは「Androidデバイスマネージャー」の他にも、「」というWebサービスも提供しています。 両者はできることが違うので、以下の表に違いをまとめました。 「Androidデバイスマネージャー」が2013年に開始したサービスなのに対し、「スマートフォンを探す」は2016年に登場したサービスなので、「スマートフォンを探す」は位置情報を表示する許可が取れていないのでしょうか。 「端末を探す」の3つのログイン方法 「端末を探す」を使うためには、ログインをする必要があります。 「端末を探す」には、以下の3つのログイン方法があります。 「Androidデバイスマネージャー」と検索してログイン• アプリ版の「Find My Device」からログイン• Googleのアカウントの「スマートフォンを探す」からログイン どの方法でログインしても使える機能は同じです。 「端末を探す」のアプリ版「」からログインします。 「Find My Device」はアンドロイド版しかないので、iOS端末ではインストールできません。 GPSで端末の現在位置を特定• マナーモードでも音を出させる「音を鳴らす」• 端末をロックし、メッセージと電話番号のみを表示する「ロック」• スマホのデータを削除して悪用を防ぐ「消去」 いずれもスマホを紛失した時に活躍する機能なので、活用してみましょう。 「探しているスマホが家の中にあるのかないのか?心当たりがある場所にあるのかないのか?」を特定する時に使いましょう。 ただし、Androidマネージャーからは音を止められないので、スマホが見つからないと5分間鳴り続けます。 スマホがマナーモードでも音は鳴ります。 私の場合も、サイレントモードでスマホが迷子になったのですが、音が鳴ったのでスグ発見できました。 ベットの下に隠れていました。 家の電話や信頼できる友人の電話番号を指定するのが良いです。 画面をあちこちタップしたら出てきました。 「ロック」の設定方法は、以下の通りです。 特定のデータを消すのではなく、全てのデータを消して工場出荷状態に戻します。 「端末の場所が分からない」「音を鳴らしてもダメ」「電話もかかってこない」という場合、誰かに、悪用されないための最終手段です。 ただし、SDカード内のデータまでは消せないので、注意が必要です。 また、データ消去をすると端末のGoogleアカウント情報が完全に消えるので、以降の捜索ができなくなります。 「消去」のやり方は以下の通りです。 改めてお伝えしますが、こちらは本当の最終手段。 覚悟を持って行ってください。 これら機能の使い方は、以下のフローチャートのように大きく4パターンに分かれます。 この場合は、端末が近くにある可能性もあるので、まず音を鳴らしてみましょう。 音が聴こえなければ、端末が近くにはないし、残念ながら、自力で見つけるのは困難でしょう。 なので、画面をロックしてメッセージと電話番号を表示し、電話がかかって来るのを待ちましょう。 電話がかかってこない場合は、データの消去も検討する必要があります。 その第三者が善人か悪人か分かりませんので、まずは、悪用を避けるため画面をロックして、メッセージと電話番号を表示しましょう。 善人の場合は、電話がかかって来るでしょうし、悪人の場合は、電話がかかってこないでしょう。 しばらく待ってみて、電話がかかってこなかったら、その場所に実際に行ってみて、音を鳴らすのも一案です。 が、窃盗犯と会うと感じるなら、データを消去してしまいましょう。 ただ、近くに交番や駅があれば、落とし物として届けられているかもしれません。 電話で確認してみましょう。 音を鳴らして愛するスマホを迎えに行ってあげましょう。 例えば、オフィスにスマホを忘れてきた場合や、さっきまで行っていた居酒屋やカラオケ等のお店で落としてしまった場合です。 対応策としては、とりあえず画面をロックしましょう。 お店の場合は、電話で連絡し、確認してみましょう。 お店などではない場合は、そのGPSが示している場所に実際に行ってみて、音を鳴らしましょう。 「Androidデバイスマネージャー」が有効な設定になっているかの確認方法 Androidスマホの初期設定時にGoogleアカウントを登録すると、「Androidデバイスマネージャー」を使える設定が自動的に有効になります。 その後、自ら無効にしない限りは、「Androidデバイスマネージャー」は利用できる状態になっています。 「Androidデバイスマネージャー」の設定が有効かどうかは、以下の流れで確認できます。 Googleアカウントのパスワードの確認方法 「Googleのパスワードが思い出せない」という人も中にはいるでしょう。 Googleアカウントのパスワードを忘れた場合、確認方法は以下の通りです。 遠隔で位置情報を確認できたり、マナーモードでも音を鳴らせるので、闇雲にスマホを探すより圧倒的に早くスマホを見つけやすくなります。 さらに、スマホを見つけられなくても、スマホをロックしたり、電話番号を表示させたり、データを消去できるのは、Googleの技術力を感じました。 端末は無くさないのが一番です。 しかし、万が一端末が見つからない時は、ぜひ活用してみましょう。

次の

Edyカード・おサイフケータイの故障/盗難/紛失について

楽天 モバイル 端末 紛失

楽天モバイルカスタマーセンターが新規ユーザーと利用中ユーザーで分離 楽天モバイルでは電話の問い合わせ窓口として「楽天モバイルカスタマーセンター」を持っています。 他社ではサポートセンター、お客様サポートとも呼ばれているものです。 以前は楽天モバイルカスタマーセンターの窓口は1つであり、メンバーズステーションやチャットサポートでは扱えなかった契約に関することも楽天モバイルカスタマーセンターでは可能であったため、問い合わせ方法の中では一番出来ることの多かった問い合わせ先でした。 ところが2018年5月14日以降から楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」と、現在既に楽天モバイルを利用している「利用中ユーザー」の2つに電話やチャットサポートの問い合わせ先が2分割されました。 また、既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザーの場合、スマホアプリの「Viber」を使用しないと通話料が無料にならなくなりました。 このインパクトが大きかったせいでしょうか、「楽天モバイルカスタマーセンター 電話 への問い合わせはViberを使用しないといけない」といった情報がニュースやスマホサイトの記事になっていますが、正確には前述したように「既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー」の場合であり、楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」には今まで通りフリーダイヤルの電話窓口が存在しています。 楽天モバイルカスタマーセンターの営業時間と繋がりやすい時間帯 楽天モバイルカスタマーセンターの共通情報としまして、営業時間と繋がりやすい時間帯は下記のようになります。 公式的には上の画像にありますように、待ち時間は「5~20分」となっています。 私は月曜日の17時にかけましたが、待ち時間は30秒ほどでした。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 新規ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 楽天モバイルを検討している新規ユーザー向け は以下のようになります。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 1:ご契約前のお問い合わせ 申込後の本人確認手続き・配送状況のお問い合わせ 21:本人確認手続きについて 22:商品の発送状況について SIM・端末到着後の初期設定のお問い合わせ 31:インターネット接続設定(APN設定)について 32:ご自宅でのMNP開通手続きについて 33:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 楽天モバイルに新規契約・MNPを考えている方の質問先 格安SIMの楽天モバイルへ新規に契約、もしくはMNP先として検討している方で、疑問点や質問がある場合は1番の「ご契約前のお問い合わせ」を選択しましょう。 特に今までドコモやauなど大手3大携帯会社を利用していた方にとっては、ネット契約主体のMVNOに不安や疑問点が多いと思います。 楽天モバイルは利用者の多さから問い合わせ傾向が蓄積されており、かなり短い間隔で問題を解決するための情報をサイトに盛り込んでいます。 まずは楽天モバイルサイトを見てみると、内容によっては楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をするより早く解決するかもしれません。 この短いタイミングにかかわらず、細分化された問い合わせ先が2つ用意されています。 おそらく契約時期のズレやMNPの有効期間切れなどお金に撥ねてくるケースが多いですので、楽天モバイルカスタマーセンターでの問い合わせスピードを上げるためにこのような対策をしていると思います。 質問内容としましては「本人確認書類のデータアップロードがエラー」などの本人確認関係、楽天モバイルのSIMカードやセット販売スマホ端末の配送状況確認方法、初期設定に必要なインターネット接続設定 APN設定 の方法などでしょうか。 契約に絡むタイミングですので焦ってしまう方もいるかもしれませんが、少なくとも上記内容はサイトのお問い合わせページに回答、もしくは説明の動画が用意されているものもありますので、参照してみるとよいかもしれません。 楽天モバイル側もこのタイミングの重要性は理解しているようで、かなり手厚く情報提示をしていると感じます。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 利用中ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 現在既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー向け は以下のようになります。 つまりフリーダイヤルではないということです。 利用中ユーザーが楽天モバイルカスタマーセンターへ無料で問い合わせするには、Viberというスマホアプリを使用するしかありません。 ただし電話料金はかかりませんが通信ネットワークは使用しますので、別途パケット通信料が発生します。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 ご契約・ご利用料金について 00:振込請求書や督促状発送、未払い料金照会について 01:ご契約情報の確認・変更について 02:楽天でんわなどのオプションに関する確認・変更について 03:ご利用料金の明細内容について 04:その他ご契約・ご利用料金について 1:端末の操作方法やトラブル・インターネット接続のお問い合わせ 2:紛失・盗難 3:ご解約や他社へのお乗換について 4:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 お問い合わせ検索や楽天モバイルチャットサポートも活用 疑問点や質問などの問い合わせ先としてとりあえず電話、となりがちですが、楽天モバイルの公式サイトにあります「お問い合わせ検索」や「楽天モバイルチャットサポート」も視野に入れましょう。 楽天モバイルは格安SIM・格安スマホとしては公式サイトの情報がかなり充実しており、公式サイトを見るだけで解決することも多いです。 特に「お問い合わせ」ページにあります「お問い合わせ検索」は、わかりやすく良くできていると思います。 質問の内容に合わせて、該当するメニューをタップ クリック していきます。 選択内容に合わせて、細分化された選択肢が自動生成されていきます。 最終的に質問の回答になるような情報を、1ページにまとめて表示してくれます。 試しに「本人確認書類アップロード方法」を選択しますと、このようなページが表示されます。 文字情報だけでなく、わかり辛い手順などは動画も用意されており、電話や文字では伝わり難い部分を補完してくれます。 このような楽天モバイルサイト上の「よくある質問」や「各種マニュアル」、などの代替手段もありますので、賢く使い分けて無駄なくスムーズに問題解決できるとよいですね。

次の

楽天モバイル(MNO)への問い合わせ方法

楽天 モバイル 端末 紛失

楽天モバイルカスタマーセンターが新規ユーザーと利用中ユーザーで分離 楽天モバイルでは電話の問い合わせ窓口として「楽天モバイルカスタマーセンター」を持っています。 他社ではサポートセンター、お客様サポートとも呼ばれているものです。 以前は楽天モバイルカスタマーセンターの窓口は1つであり、メンバーズステーションやチャットサポートでは扱えなかった契約に関することも楽天モバイルカスタマーセンターでは可能であったため、問い合わせ方法の中では一番出来ることの多かった問い合わせ先でした。 ところが2018年5月14日以降から楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」と、現在既に楽天モバイルを利用している「利用中ユーザー」の2つに電話やチャットサポートの問い合わせ先が2分割されました。 また、既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザーの場合、スマホアプリの「Viber」を使用しないと通話料が無料にならなくなりました。 このインパクトが大きかったせいでしょうか、「楽天モバイルカスタマーセンター 電話 への問い合わせはViberを使用しないといけない」といった情報がニュースやスマホサイトの記事になっていますが、正確には前述したように「既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー」の場合であり、楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」には今まで通りフリーダイヤルの電話窓口が存在しています。 楽天モバイルカスタマーセンターの営業時間と繋がりやすい時間帯 楽天モバイルカスタマーセンターの共通情報としまして、営業時間と繋がりやすい時間帯は下記のようになります。 公式的には上の画像にありますように、待ち時間は「5~20分」となっています。 私は月曜日の17時にかけましたが、待ち時間は30秒ほどでした。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 新規ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 楽天モバイルを検討している新規ユーザー向け は以下のようになります。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 1:ご契約前のお問い合わせ 申込後の本人確認手続き・配送状況のお問い合わせ 21:本人確認手続きについて 22:商品の発送状況について SIM・端末到着後の初期設定のお問い合わせ 31:インターネット接続設定(APN設定)について 32:ご自宅でのMNP開通手続きについて 33:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 楽天モバイルに新規契約・MNPを考えている方の質問先 格安SIMの楽天モバイルへ新規に契約、もしくはMNP先として検討している方で、疑問点や質問がある場合は1番の「ご契約前のお問い合わせ」を選択しましょう。 特に今までドコモやauなど大手3大携帯会社を利用していた方にとっては、ネット契約主体のMVNOに不安や疑問点が多いと思います。 楽天モバイルは利用者の多さから問い合わせ傾向が蓄積されており、かなり短い間隔で問題を解決するための情報をサイトに盛り込んでいます。 まずは楽天モバイルサイトを見てみると、内容によっては楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をするより早く解決するかもしれません。 この短いタイミングにかかわらず、細分化された問い合わせ先が2つ用意されています。 おそらく契約時期のズレやMNPの有効期間切れなどお金に撥ねてくるケースが多いですので、楽天モバイルカスタマーセンターでの問い合わせスピードを上げるためにこのような対策をしていると思います。 質問内容としましては「本人確認書類のデータアップロードがエラー」などの本人確認関係、楽天モバイルのSIMカードやセット販売スマホ端末の配送状況確認方法、初期設定に必要なインターネット接続設定 APN設定 の方法などでしょうか。 契約に絡むタイミングですので焦ってしまう方もいるかもしれませんが、少なくとも上記内容はサイトのお問い合わせページに回答、もしくは説明の動画が用意されているものもありますので、参照してみるとよいかもしれません。 楽天モバイル側もこのタイミングの重要性は理解しているようで、かなり手厚く情報提示をしていると感じます。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 利用中ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 現在既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー向け は以下のようになります。 つまりフリーダイヤルではないということです。 利用中ユーザーが楽天モバイルカスタマーセンターへ無料で問い合わせするには、Viberというスマホアプリを使用するしかありません。 ただし電話料金はかかりませんが通信ネットワークは使用しますので、別途パケット通信料が発生します。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 ご契約・ご利用料金について 00:振込請求書や督促状発送、未払い料金照会について 01:ご契約情報の確認・変更について 02:楽天でんわなどのオプションに関する確認・変更について 03:ご利用料金の明細内容について 04:その他ご契約・ご利用料金について 1:端末の操作方法やトラブル・インターネット接続のお問い合わせ 2:紛失・盗難 3:ご解約や他社へのお乗換について 4:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 お問い合わせ検索や楽天モバイルチャットサポートも活用 疑問点や質問などの問い合わせ先としてとりあえず電話、となりがちですが、楽天モバイルの公式サイトにあります「お問い合わせ検索」や「楽天モバイルチャットサポート」も視野に入れましょう。 楽天モバイルは格安SIM・格安スマホとしては公式サイトの情報がかなり充実しており、公式サイトを見るだけで解決することも多いです。 特に「お問い合わせ」ページにあります「お問い合わせ検索」は、わかりやすく良くできていると思います。 質問の内容に合わせて、該当するメニューをタップ クリック していきます。 選択内容に合わせて、細分化された選択肢が自動生成されていきます。 最終的に質問の回答になるような情報を、1ページにまとめて表示してくれます。 試しに「本人確認書類アップロード方法」を選択しますと、このようなページが表示されます。 文字情報だけでなく、わかり辛い手順などは動画も用意されており、電話や文字では伝わり難い部分を補完してくれます。 このような楽天モバイルサイト上の「よくある質問」や「各種マニュアル」、などの代替手段もありますので、賢く使い分けて無駄なくスムーズに問題解決できるとよいですね。

次の