視能訓練士。 視能訓練士|福祉のお仕事

視能訓練士の仕事内容

視能訓練士

1.視能訓練士の資格とは 視能訓練士 オルソプティスト:Orthoptist とは、昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格です。 病気や事故などによって視機能の障害が生じた患者に対して検査や矯正訓練などを行い、回復を図ります。 「見ること」「見えること」の楽しさを伝える専門職とも言えるでしょう。 簡単な視力検査や眼圧検査などは無資格でも行う事ができ、小さな診療所では、医師が検査から治療まで一人で行っているケースも多いようです。 しかし、目は複雑な器官であるために、症状によっては無資格では行えない検査が必須となる場合もあります。 さらに、検査用の機器も年々複雑になっており、専門の知識を有している視能訓練士はとても注目度の高い資格と言えるでしょう。 日本では視能訓練士の歴史はまだ浅く、眼科医が約14,000名に対して視能訓練士は約13,000名とわずかしかおらず、今後一層の人材育成が期待されます。 2.視能訓練士の仕事内容は? 視能訓練士の主な仕事は、乳幼児からお年寄りまで世代を超え、検査や矯正訓練を通じて人間の一生に関わる「目」の健康管理を行う事です。 眼科などの医療施設で医師の指示のもと、私たちになじみの深い視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方をはじめ、両眼視機能の回復 弱視や斜視の訓練治療 を行い、遠視・近視・乱視といったような屈折異常の検査、白内障や緑内障などの眼疾患に関する検査など、目に関する多種多様な検査を行う事も大切な業務です。 また、社会問題でもある高齢化社会・生活習慣病の蔓延などに伴って、視機能が十分に回復しない方へ早期にロービジョンケアを開始し、必要な補助具を選定した上で使い方を指導する「目のリハビリ業務」も行います。 また、学校や職場の集団検診にも携わることもあるでしょう。 最近では、レーシッククリニックにて手術のサポートをする視能訓練士も増加傾向にあるようです。 3.視能訓練士になるには? 視能訓練士の養成機関にて一定期間学び、国家試験に合格し「視能訓練士」の資格を取得する必要があります。 この資格には有効期限や更新義務がないために、一度試験に合格したら一生「視能訓練士」を名乗ることができます。 【受験資格】 ・高校卒業後に指定の養成施設で3年以上学ぶ ・大学・短大・医療系保育系専門学校卒業後、指定の養成施設で1年以上学ぶ ・外国で視能訓練士養成学校を卒業する 以上3点のいずれかの条件を満たすことができれば、受験資格が与えられます。 国家試験の内容は養成機関でしっかり学べますので、授業をしっかりと受け勉強すれば、特別に予備校などに通わなくても合格することができる資格と言えます。 別の理由として、知識を問うタイプの筆記試験のみという形式で、さらにはマークシート形式という点も挙げられるでしょう。 複数をマークしなければいけない場合はマークすべき数も指示されるので、落ち着いて問題文をしっかり読み、試験に取り組めば、それほど困難という事もなく取得できるでしょう。 多くの現役視能訓練士は、「国家試験そのもの」よりも「国家試験の受験資格を取る」道のりの方が険しいという意見も挙げられます。 5.視能訓練士をとることのメリット・デメリット 一番のメリットとして、資格取得後の更新料や更新のための研修がないという点が挙げらるでしょう。 つまり、一度取得すれば一生「視能訓練士」として働くことができるという仕組みです。 また、女性にとってメリットの大きい資格という点が挙げられます。 看護師と比較すると、身体介助などの肉体労働や激しく動き回る作業がないために、高齢になっても長く働きやすいという特徴もあります。 勤務形態も常勤のみではなくパートでの募集もあり、結婚出産でライフスタイルが変わり扶養家族になった後でも、働き続けやすい職種とも言えるでしょう。 最近急に知名度の上がった資格である「視能訓練士」ですが、その人数はここ10年間でおよそ2倍近くに増えたと言われています。 参考:CarrerGarden そして、これからも増え続けると見込まれている事で、何年か先には求人が頭打ちとなってしまい、就職時の競争率が高くなってしまう可能性が挙げられています。 受験するために数年養成機関に通わなければいけないため、時間も必要な資格であるために、視能訓練士を目指す予定であれば、早めに準備を始めるほうが得策です。 また、眼科に特化した国家資格であるために、眼科以外で活かすことができない資格とも言えるでしょう。 職場環境が合わず転職をしたいと思っていても、眼科が入っている病院かクリニックに絞られてしまうため、再就職の面では様々な選択肢のある看護師の方がよいかもしれません。 6.視能訓練士の現状と今後 現在、眼科業界では常に最先端の機器が開発され、導入・使用されています。 眼科医一人で診察・検査をこなし、最新の機器に関する知識を完璧に取り入れる事は困難を極めるため、専門スキルを持った視能訓練士を積極的に配置する眼科が増えています。 また、高齢化社会で高齢者が増えた事に加え、スマートフォンやゲーム機の利用者が増えたました。 そのために、視機能障害を持つ人が急増している現状にも関わらず、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言えるでしょう。 最近では医療の発達により、「遠視」は子供の時に早期発見することで治療できることがわかり、3歳児検診にて視力検査が行われるようになりました。 そのため、今後視能訓練士のニーズはますます広がっていくと思われます。 ただ、メリット・デメリットでも紹介しましたが、現在注目されている資格であるために今後視能訓練士も増えていくのではないかと見込まれています。 資格取得を目指している方はできるだけ早めに準備することをオススメします。

次の

視能訓練士の資格とは?資格の取り方から仕事内容・年収、やりがい等を簡単に解説!

視能訓練士

資格の種類 国家資格(名称独占資格) 主催 管轄 厚生労働省 資格の概要 「視能訓練士」は、1971年に国により法律で制定され国家資格となりました。 仕事は厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある人の視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうこととされていますが、具体的には、眼科において治療前の検査を担当し、治療に必要な基礎データを医師に提供したり、斜視や弱視の人の視機能の回復訓練を指導・サポートする医療スタッフです。 視能訓練士の業務内容は眼科全般の検査をはじめ斜視や弱視の訓練等多岐にわたります。 受験資格を取得するには、文部科学大臣指定又は、厚生労働大臣指定の学校、養成校(大学、専門学校)などで学び、視能訓練士に必要課程を修了後に国家試験に合格する必要があります。 また、視能訓練士の有資格者数は、現在10,000名強。 毎年500人以上の視能訓練士が誕生しています。 有資格者数は2010年時点で9,351名。 高齢者社会を迎え、視能障害をもつ人が増加する中、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言われていますので、病院や施設などからのニーズは今後さらに広がっていくでしょう。 視能訓練士国家試験に合格すると、厚生労働大臣により視能訓練士免許が与えられ、同時に厚生労働省の視能訓練士名簿に登録されます。 視能訓練士は視能訓練士協会を中心に日本全国で活動しており、また国際学会など世界15カ国以上とネットワークを結んでいます。 試験方式 ・試験方式はマークシート形式です。 (複数をマークする問題に関してはマークするべき個数も指示されています) ・出題:五肢択一式の設問のみ計150問 ・試験時間:午前、午後各2時間 ・合格基準:全部合わせて6割以下の場合、その時点で不合格となります。 受験資格 受験資格を得る方法は基本的には以下の4つの方法になります。 大学や短大、または看護師や保育士の養成学校で指定科目を履修したのち、指定の視能訓練士養成所で1年以上履修する方法。 高校卒業後、指定の視能訓練士養成所で3年以上履修する方法。 外国の視能訓練士学校や視能訓練士養成所を卒業するか、外国の視能訓練士免許を取得し、厚生労働大臣の認可を得る方法。 社会人として別の職業に従事している場合、1年制の視能訓練士養成所で指定科目を履修する方法。 試験日:毎年2月下旬、午前の部・午後の部に分けて実施されます。 合格率も非常に高く、専門学校によっては100パーセントの合格率を誇る学校もあります。 国家試験の内容は全て視能訓練士養成機関の中で学びますので、視能訓練士養成機関在学中にしっかり勉強しておけば合格することは十分可能なレベルです。 新規卒業者の場合は、養成講座でまじめに勉強をしていれば、まず問題なく合格できるレベルの問題ばかりです。 それでも不安を感じる人は、国家試験の過去問を中心に教科書を併用して、問題を繰り返し理解しながら解く練習をしておけばいいでしょう。 日本でも1971年に視能訓練士法が制定され、約9,000名が国家資格を取得しています。 パソコン仕事の増加や高齢化に伴い眼の疾患が増加しているため、今後が期待される医療職ですが、数がその他の医療職に比べて少人数で足りていません。 現状では、あと15,000人は必要な職種です。 また、肝心の養成学校が全国的に見てもまだ数が少なく、通学において場合によっては大きな負担になる可能性があります。 学校に入学してしまえば、養成校の修業年限は、大学で4年、専門学校で3年で、カリキュラムは、講義と実習がバランスよく配分され、視能訓練士に必要な医学の基礎知識、そして視機能と障害についての専門知識とリハビリテーションの実践力が身につくように編成されていますので、資格取得のステップに関しては安心できます。 スポンサーリンク もちろん、仕事につくとなれば、資格の他にも求められるスキルはいろいろあります。 多くの患者さんと接するため、コミュニケーション能力は一番大事です、また正しい観察力や高い技術力、状況に応じた適切な判断力なども必要になってきます。 就職先は眼科を設置する病院や眼科医院など医療機関が多いですが、関連する福祉関連施設へ就職するケースも増えると思われます。 主な就職先は、眼科医院や総合病院リハビリテーション科、大学病院、リハビリセンター、保健所、労災病院、学校、医療系企業などです。 また、IT端末で画面を見る人が増えることで視機能低下が著しいと言われる現状で、求人が多く、今がねらい目の資格と言えます。 実際の現場では女性が多く、女性にも働きやすい職業と言えます。 主な仕事は視機能検査・検診や視力矯正・指導などになります。 通信講座 - スクール 過去問 - 教材 売れ筋教材 - 問い合わせ先 社団法人視能訓練士協会• 視能訓練士国家試験臨時事務所 東京都中央区日本橋1丁目20番5号 郵便番号103-0027 電話番号03(5200)5861• 手続き等 (東京)埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 関東信越厚生局 郵便番号 330-9713 電話番号 048(740)0810 FAX番号 048 601 1326 (大阪)大阪府大阪市中央区大手前4丁目1番76号 大阪合同庁舎第4号館 近畿厚生局 郵便番号 541-8556 電話番号 06(6942)2241 FAX番号 06 6946 1500.

次の

視能訓練士|福祉のお仕事

視能訓練士

視能訓練士とはどんな仕事? 多くの人が思い浮かべる「視能検査」の仕事 眼科医院にかかると、まず「視力の検査をしましょう」と言われる人も多いかと思います。 そして検査室へ招かれるわけですが、この検査を担当するのは、大体の場合、眼科医ではありません。 検査を担当するのは、視能訓練士と呼ばれる人たちです。 眼は人間の身体機能の中でも極めて繊細な機関です。 検査と一概に言っても、その種類だけでも様々。 視力だけでなく、視野、屈折、色覚、光覚、眼圧、眼底、瞳孔、網膜、涙液、眼球運動など、多様な検査を必要とします。 多種多様な検査を患者さんの症状に合わせて的確に行うことで、検査結果をもとに医者と連携して治療方針を固めていくことができます。 眼科に係る様々な検査を総称して「視能検査」と呼びますが、この検査だけでも膨大な種類があり、かつ深い専門性を必要とするため、視能訓練士の役割は今や非常に重要なものとなっています。 かつての眼科コメディカルが廃止、視能訓練士はますます重要な立場に かつて、眼科コメディカル全国統一試験という制度があり、眼科において国家資格のない、医師以外の医療従事者に対し、現場で働く資格を問うための試験がありました。 現行の法律では診察ではなく検査であれば、資格は問われない状態となっていて、一定の制限の中とはいえ、無資格でも医療行為を行うことができた時代があったのです。 しかし2010年からは、その制度は廃止されました。 やはり国家資格保有者が働くべきという論調が強まったためです。 眼科コメディカルの廃止を期に、かつて無資格者が行なっていた検査を主として、様々な仕事が視能訓練士に舞い込んでくることとなりました。 本来、視能訓練士はその名の通り、視機能を失った人、視機能が弱くなってしまった人、重大な障害を抱えてしまった人に対する矯正医療、訓練などを主体としていましたが、上記のような事情から、今や殆どの視能訓練士は眼科に係る検査を主な仕事としています。 視能訓練士の仕事の具体的な内容 代表的な視能訓練士の仕事!眼科医院での視能検査 眼科医院での視能訓練士の仕事の主体は、視能検査です。 眼科には日々様々な症状を抱えた患者さんが訪れます。 大半の人は、医師の診察を受ける前に、視能検査を受けることになります。 眼科にかかわる検査は視能訓練が行いますが、検査の内容は医師が決める、というのは注目すべきポイントでしょう。 検査を行うのは視能訓練士ですが、検査の内容を決める権限があるのは医師のみです。 視能訓練士の仕事はあくまで、医師の指示の下で行うものであることは、視能訓練士法にも明記されています。 また、初診の患者さんの場合、問診を行うことも視能訓練士の大事な役割です。 問診によって詳細に症状を把握し、医師を通して検査内容を決めてもらい、指示された通りに検査を行います。 そして検査結果を診察室の医師や看護師に伝え、適切な治療に繋げるのが、視能訓練士の主な役割です。 診察した結果さらなる検査が必要な場合は医師が指示を出し、視能訓練士が再び検査を行います。 検査には、30分以上にも及ぶ長い時間を必要とするものもあります。 ゴールドマン視野計を使った検査などがそれにあたります。 機械の前に座った患者さんは、長い間同じ姿勢を維持しなければならないので、素早く、的確に進めていく必要があります。 最新の検査機器や器具を常に勉強するのも大切な仕事 視能検査のための医療機器は日々進化しています。 網膜の表面しか撮影できない眼底カメラに対し、赤外線を利用することで網膜の断面を可視化できるOCTという機器があるように、症状をより深く正確に割り出せるよう、技術は大きく進歩し続けています。 そうした最新の医療機器の事情を、検査のエキスパートである視能訓練士は常に把握していないといけません。 そのために学会等に積極的に参加し、研鑽を重ねることも、視能訓練士の大切な仕事です。 また毎週決まった曜日に視能訓練士が集まって定期カンファレンスや勉強会を開催して、問題点の共有や最新事情の勉強を行う病院もあります。 日々検査方針を見直しながら、視能訓練士として常に勉強を続けていかないといけません。 視能訓練士の本分、視能矯正、視能訓練の仕事 眼科には、予約制の視能矯正外来を設けているところがあります。 一般外来の場合、先着順に様々な患者さんを順番に検査します。 視能矯正外来の場合、予約制で、かつ、患者さん一人に対して視能訓練士が一人、担当としてつきます。 視能矯正にはある程度長い期間が必要なので、必然的に患者さんとは長い付き合いになります。 そして、忙しい一般外来と違い、視能矯正外来では、患者さん一人ひとりと、長い時間をかけてゆっくりと向き合います。 視能訓練士は効率も重視しながらも、患者さんとしっかりとコミュニケーションをとって検査や矯正訓練を進めていきます。 視能矯正外来にくる患者には、生まれつき弱視の子供など、乳幼児も少なくありません。 最初は診察室に入ることすら泣いて嫌がる子供も多くいます。 その状態から、ゆっくりと段階を踏んで、長く、継続的に矯正に来てもらうように対応するのも視能訓練士の大事な務めです。 また地域の医療センターでのロービジョンケア(視野欠損などの矯正を行うこと)を担当している視能訓練士もいます。 視能矯正は眼科医院だけではなく、医療センター、大学病院、診療所など、様々な施設で行われています。 眼科関連企業で働く視能訓練士も 視能訓練士の中では少数派となりますが、眼科関連企業に勤める視能訓練士もいます。 例えば、最新の医療機器の営業職などです。 自社製品の営業も兼ねてではありますが、定期的に眼科の視能訓練士に対して、最新の検査機械などの情報提供を行っています。 医療機器メーカーでの営業職にも専門の国家資格を持った人がいるというのは、視能訓練士にとっても医師にとってもとても心強いことです。 機械の使い方の説明や適切な設定の指導などアフターケアもしっかり行います。 視能訓練士の仕事のやりがい 現代人にとって最も大切な感覚器である眼を守る仕事 現代を生きる人々にとって何よりも大事な感覚器は眼といっても過言ではありません。 IT社会の浸透によって眼はますます酷使される器官となっています。 眼が見えなくなると、生活にはかなりの不便がつきまとうことになります。 生まれつき眼が見えない人や、事故等で眼が見えなくなってしまった人の視能矯正を行うのも視能訓練士の主要な役割です。 また眼が見える人にとっても、なるべく眼が見えなくなる事態を避けるために、眼科の役割はますます重要になってきています。 大多数の人が眼を酷使しがちな現代社会において、しっかりとした検査を行い、視力矯正や視能矯正を行うことで、人々を救う一助となることができるのが、視能訓練士の最大のやりがいでしょう。 人手不足であり、様々な仕事を任されることのやりがい 視能訓練士は、眼科コメディカルに代わる仕事を任される専門職となってから年月が浅く、まだまだ人手不足の絶えない職業です。 そのため、医師しか行うことのできない仕事以外は全て視能訓練士が担当するような場合も少なくありません。 人手不足であることは問題でもありますが、その分責任感も増え、やりがいも生まれます。 社会的役割も大きい仕事であることからプレッシャーもありますが、今や視能訓練士がいなくなれば眼科は成り立たないといっていいでしょう。 一度得れば一生活かせる資格、毎日が勉強なのもやりがいを生む 視能訓練士は一度資格を得ると有効期限などはないため、一生ものの資格となります。 また、最新医療は日進月歩の世界、視能訓練士が担当する検査も日々進化し、方針も移り変わっていきます。 既存の検査だけでも膨大な種類があるため、その全てを頭に入れておかないといけません。 それに加え、最新事情を毎日のように勉強しなければならないため、常に頭を働かせる必要があります。 定期カンファレンスや学会への参加、勉強会を通して常に新しく移り変わり塗り変わる仕事というところも、大きなやりがいといえるでしょう。

次の