えきねっとトクだ値。 発車6分前までならセーフ!トクだ値で乗り遅れそうなときは

スマホで簡単【えきねっと】新幹線の予約と事前受付・トクだ値の申込み方

えきねっとトクだ値

気付けばもう7月。 いよいよ観光シーズン突入ですね。 中の人も色々予定を立てています。 有休は8月まで我慢ですが…。 さて、今日は7月10日。 お盆休みに繋がる8月3連休のちょうど一か月前… そう、お盆休み頭のJR発売日です。 狙うはもちろん、。 数か月前からこの日を待っていました。 今回は「」を狙って 事前受付という手段に走った中の人の 失敗談を記録したいと思います。 内地の新幹線などには当てはまらないかもしれませんのであしからず!• とは とはなんぞや? JRで出しているお得な切符のことです。 JRの予約サイト「」から申込できます。 使わない手はないですね。 しかし発売日は乗車日一か月前の同日10時…平日だとパソコン前に構えているのもなかなか難しいですね。 そんなあなたに 事前受付! 事前受付とは 通常JRの乗車券発売日は一か月前の同日10時ですが、事前受付は発売日の一週間前~当日9時45分までの間に予約のリクトを受付してくれるシステムです。 この事前受付をシステムが一旦預かって、発売時間になると自動的に予約に進めてくれるというわけです。 その後事前受付の存在を知って「そっか~皆こいつを使ってたんだな!」と思い、次回は事前受付を利用しようと心に誓ったのでした。 それが大きな落とし穴でした。 事前受付の注意点 1. で乗車駅の異なる2名の並び席は取れない 直接今回の失敗談とは関係ないのですが、記しておきます。 事前受付ですが、「乗車駅が異なる2名以上を並びで取る」ことができません。 上記の場合、では「お連れさまが途中で乗降される場合」という別メニューから申込することになりますが、の残念な仕様その1 「お連れさまが途中で乗降される場合」ではの予約ができません。 通常の予約画面ですと2名以上で「どの席でもよい」を指定すれば基本は並びで確保してくれるそうですが、乗車駅が異なる場合は1名ずつの予約になるので適用されません。 事前受付ではシートマップで席を指定することができない(窓側、通路側などのアバウトな指定のみ)ので、乗車駅が異なる場合、事前受付で並びの席を指定することは運がよくない限り不可能ということです。 今回私は同行者より後の駅から乗車の予定でしたが、400円未満の違いだったので同行者と同じ駅で事前受付をしました。 途中の駅から乗車する分には問題ないそうです。 頑張って電話して聞いたので間違いないです。 飽くまで事前受付であって、予約の成立ではない 事前受付で確実に席が用意されるわけではありません。 満席の場合は座席を確保できない可能性もあります。 まあ、それだけ混雑してちゃあ、しょうがないよな。 なんたってお盆の頭だし…絶賛繁忙期だし…。 しかしいざ事前受付をしてみると、それだけでは説明がつかない、解せない状況が待ちうけていました。 お盆連休頭、特急の事前受付結果 失敗談と前述したとおり、今回の事前受付は購入不成立となりました。 狙ったのは8月10日の1号(札幌~釧路)。 40です。 中の人は10時始業だったので、始業直後にいきなりネットサーフィンはちょっと…仕事でそれどころじゃなくなるかもしれないし…と思い、事前受付にしましたが、今日はさほど忙しくなかったので、せめて結果だけでもいち早く確認したい!とずっとチラ見してました。 しかし、10時半を過ぎても一向に回答が来ません。 メールを待っていたわけではありません。 の「事前受付の確認・取消」を何度も更新かけたりしながら確認していました。 チラ見も辛くなってパソコンからにログインしました。 「結果の送信が遅れているだけかな?ダブって予約されて払戻手数料かかるのも嫌だし…」 というわけで辛抱強く待ちました。 そのうち空席もなくなりました。 正午過ぎでしょうか…もはや手癖のように「事前受付の確認・取消」をクリックすると目に飛び込んできた グレーアウト。 予約状況…… 購入不成立 そ、そんな馬鹿な… だってしばらく空席あったじゃん!! 苦し紛れに再度空席照会しましたが、やはりは売り切れでした。 事前受付の処理を待っている間に売り切れたとしか思えません。 後日特急オホーツクで手打ちしてみた 7月13日追記です。 3連休から1日はずれた 特急オホーツクの 30を狙いました。 とはいえ世はお盆ですから侮れません。 中の人は有休消化ですが。 それでも網走~札幌は大雪と・カムイがあるからそっちにも人が流れるかも? 自宅PC前で10時前に待機。 時刻等セッティングして、時計が切り替わった瞬間空席照会クリック! ……しまった!!事前受付に通されたぞ!!セッティングがあだとなったか!? あわてて路線選択画面からやり直す。 これが事前受付の結果を待っていたら、そうはいかなかったかもしれません。 そもそもお盆の北海道はそれほど激戦ではないのか…だからこそ、他県の戦争に巻き込まれて事前受付の順番待ちというのはもったいないと思います。 繁忙期に事前受付は有効か? 北海道内の特急に関して言えば、私の答えは NOです。 10時きっかりは無理でも、10時ちょいすぎにアクセスできるなら手打ちを選択すべきだと思いました。 繁忙期で事前受付が集中したからでしょうか、結局手打ちの方が処理スピードが速かったのかもしれません。 だからずっと回答待ちのまま、結局手打ち勢に持っていかれた…そんな気がします。 なんならダブり覚悟で事前受付と手打ちダブルが確実かもしれません。 どう頑張ってもにアクセスできないなら事前受付しかありませんが…。 今回事前情報として、道内特急のお盆時期の混雑具合がわからなかったのですが、手打ちでも瞬殺ということはないです。 事前受付の結果を待つくらいなら手打ちしましょう。 dnsksik.

次の

えきねっと「えきねっとトクだ値」はどのくらいお得か:お得な列車旅情報:かまてつのページ

えきねっとトクだ値

この記事に書いてあること• えきネットトクだ値とは 最初に、主な「えきねっとトクだ値」の特徴を挙げてみましょう。 申込期間 乗車日1ヶ月前の午前10時00分~乗車日20日前の午前1時40分まで 利用可能期間 年末年始、お盆、大型連休期間などの繁忙期でも利用可能 1度に申し込める人数 1回の申込で最大6名まで 子供料金の設定 あり(大人の約半額の料金設定) その他のお得情報 ・乗車日13日前までの申込で、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」もある ・期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」という割引率50%のきっぷもある ・駅レンタカーもお得 申込みは乗車日の20日前までなので突然のお出かけには利用できませんが、年末年始等の繁盛期でも利用できるのはいいですね。 えきねっとトクだ値の値段 次に、気になるえきねっとトクだ値の値段です。 通常、JR東日本・JR北海道の新幹線指定席のえきねっとトクだ値の割引率は5%~20%で、割引率の設定は乗車区間によって異なります。 また、 早割料金の「お先にトクだ値の割引率」は、なんと25%~40%にもなります。 ただし、JR東日本・JR北海道の在来線特急列車には、基本的に早割料金のお先にトクだ値の設定はありません。 その代わり、新幹線と比べえきねっとトクだ値の割引率が高めに設定されてあります。 JR東日本・JR北海道の在来線特急列車のえきねっとトクだ値の割引率:10%~55%• JR北海道特急スーパーとかちのみ期間限定でお先にトクだ値の設定あり:割引率55% 主な路線・区間の「えきねっとトクだ値」・「お先にトクだ値」の料金をご紹介しますね。 えきねっとトクだ値 東京~新函館北斗 21,550円(片道大人・通常期、5%割引区間) 東京~秋田 16,000円(片道大人・通常期、10%割引区間) 東京~新潟 9,500円(片道大人・通常期、10%割引区間) 時期により8,970円(片道大人・通常期、15%割引区間) 新宿~松本(スーパーあずさ号) 4,480円(片道大人・通常期、35%割引区間) 札幌~函館(スーパー北斗号) 7,500円(片道大人・通常期、15%割引区間) 時期により6,170円(片道大人・通常期、30%割引区間) 札幌~旭川(ライラック号・カムイ号) 2,630円(片道大人・通常期、45%割引区間) お先にトクだ値 東京~新函館北斗 17,010円(片道大人・通常期、25%割引区間) 東京~秋田 12,450円(片道大人・通常期、30%割引区間) 時期により11,550円(片道大人・通常期、35%割引区間) 東京~新潟 7,390円(片道大人・通常期、30%割引区間) 時期により6,860円(片道大人・通常期、35%割引区間) えきねっとトクだ値の予約方法 次に、「えきねっとトクだ値」の具体的な予約方法についてです。 まず、「えきねっとトクだ値」の申込日は、きっぷの発売日である乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日20日前の午前1時40分までという制限があります。 予約方法は、PC・スマホなどからWEB上での予約・申込となります。 一例として、実際にJR東日本・中央線の特急スーパーあずさ号を新宿から松本までのえきねっとトクだ値の予約手続きをやってみましょう。 以下にご紹介する画像はPCから申し込んだ場合のものですが、スマホからでも予約手続きは可能です。 えきねっと会員に登録 まずは、無料の「えきねっと会員」に登録をします。 「会員登録」をクリック• 「えきねっと会員登録」をクリック• 規約に同意するにチェックを入れ、「同意する」をクリック• メールアドレス・基本情報・カードメルマガ情報を入力する 会員登録が完了です。 きっぷを予約 「きっぷ予約」をクリックします。 次に、JR券申込の画面が出てくるので、「指定席」をクリックします。 次に路線の選択画面が出てくるので、今回は、スーパーあずさ号の予約なので、「中央線特急」をクリックします。 次に列車の条件指定の画面が出てくるので、今回は、• 乗車日:11月1日• 出発時刻:10時• 利用区間:新宿~松本間 に設定し、「以上の内容で空席を確認する」をクリックします。 次の画面で、条件に適合もしくは近い該当する特急列車が複数表示されます。 次に座席の指定画面になりますので、今回は、シートマップ(座席表)を見ながら選択したいので、シートマップ(座席表)で確認するをクリックします。 そうすると、次の画面でシートマップ(座席表)が表示されるので、好みの座席を指定し「決定する」をクリックします。 今回は、最初に表示された11号車の1番B席を指定します。 次に確認画面が出てきますので、えきねっとトクだ値ならではの注意事項もよく確認した上で、画面下の「同意して申込を続ける」をクリックします。 次に購入手続きの確認画面となります。 ここで、選択した列車・指定席と、えきねっと会員登録時に登録した支払い決済用のクレジットカードの名義と国際ブランド名とクレジットカード番号の下4桁が表示されるので、それらとその他注意事項をよく確認してください。 画面下部の「注意事項の同意する」を選択し、画面一番下の「以上の内容で新規購入する」をクリックすると、「えきねっとトクだ値」の予約申込が完了です。 最初は戸惑いがあるかもしれませんが、慣れてくると非常にわかりやすく簡単に予約ができ、しかも割引率も高くお得です。 えきねっとトクだ値の注意点 かなりお得なえきねっとトクだ値ですが、お得である代わりに様々な制約や縛りがあります。 えきねっとトクだ値の注意点【基本】• えきねっと会員のみ予約申込が可能 (えきねっと会員は無料で登録できる)• えきねっとのきっぷ予約申込はWEB上からのみ• 支払い方法は、えきねっと会員に登録したクレジットカードでの1回払いのみ• 列車・席数・区間に制限があり、発売席数に限りがある• 設定席数や残席の問い合わせには応じない (設定席数は非公表)• 割引きっぷを利用する場合、乗継割引など他の割引との併用は不可• 料金券(指定席特急券)のみ予約申込・購入の場合、乗車券は手持ちのSuica・定期券などが利用できる えきねっとトクだ値の注意点【きっぷの変更について】• きっぷ受け取り前の変更は出発時間の6分前まで (手続きはWEB上のみ)• きっぷを一旦受け取ったら、切符の変更はできない• 予約変更は、えきねっとトクだ値の対象列車の発売期間中で、対象座席の残席がある場合のみ可能• きっぷの払い戻しは、出発前で未使用の場合に限り可能• きっぷの払い戻しには、座席1席につき310円の払戻手数料がかかる (きっぷの受け取り前で、かつ乗車日当日までに限る)• えきねっと特典(割引)が適用されていない予約から「えきねっとトクだ値」へ変更、さらにその後に払い戻しをした場合、「えきねっとトクだ値」の割引率分も含めた払戻手数料が発生する• きっぷ受け取り後に払い戻しをした場合、「えきねっとトクだ値」の割引率分の払戻手数料が発生する• 途中乗車、途中下車をした場合、実際に乗車しなかった区間分の料金は返金不可• 予約申込し、きっぷの受け取り後、乗り遅れてしまった場合、料金券(指定席特急券)部分は無効となる (乗車券部分のみ乗車日当日に限り有効で利用できる)• 乗車日当日23時までにきっぷの受け取りがない場合、えきねっと会員に登録してある決済用のクレジットカードに1回払いで請求される (乗車しなくとも請求される)• 予約申込した列車が運休になった場合は、払戻手数料無料で払い戻しとなる (当日他の列車への変更希望の場合は変更手続きをしてもらえるが、翌日以降の変更は不可) まとめ 「えきねっとトクだ値」は制約や注意点が多く、その注意点そのものもわかりにくいのですが、そのデメリットを打ち消すほどの高い割引率があり、気軽にWEB上から予約申込ができる本当にお得なきっぷです。 JR中央線「特急スーパーあずさ号」などの JR東日本・北海道の在来線特急列車の割引率は新幹線よりも高く設定されています。 「えきねっとトクだ値」の該当路線・列車に、事前に乗車の予定がわかっている場合には、迷わず「えきねっとトクだ値」を予約しましょう。

次の

えきねっとトクだ値の事前受付で惨敗した話

えきねっとトクだ値

あらかじめ「えきねっと」や「e5489」サイトの会員 無料 になる必要があるほか、交通系ICカードを登録する必要があります。 また、 特定都区市内制度 東京都区内駅等 が利用できなくなるため、新幹線区間外では別途乗車券が必要となります。 運賃は打ち切り計算となります。 割引率の高い「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の設定は残ります。 新幹線の「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の割引基準が「新幹線eチケットサービス」の価格となり、正規の乗車券・特急券の合算額から200円引いた金額からの計算となります。 このため、割引率の変更が発生している区間があります。 「えきねっとトクだ値」の販売日は乗車1ヶ月前から当日1時40分まで 「お先にトクだ値」は乗車日の1ヶ月前から13日前の午前1時40分まで 「お先にトクだ値スペシャル」は個別に指定された期日までの発売 チケットレスサービスは発車時刻まで購入が可能。 新幹線利用は、「新幹線eチケットサービス」利用となる。 都区内駅・山手線内駅等 「特定都区市内制度」が利用できないほか、新幹線利用前後に在来線を使う場合、別途乗車券が必要となる。 運賃は打ち切り計算となる。 区間によっては正規運賃・特急券利用の方が安くなる場合がある。 切符の受け取りは 発車時刻の6分前まで、 JR東日本・北海道のみどりの窓口・指定席券売機に限る JR他社、旅行会社等不可。 但し、JR西日本管内は北陸地区の一部駅に限り可能。 支払いはクレジットカードのみ 現金不可、但し、ビューカード会員でなくてもOK。 切符受け取り後の変更は一切不可。 座席数・列車・区間限定 全列車の任意の区間で設定されていると言うことでは無い.

次の