志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止。 <志村どうぶつ園>静岡・白井家にヤギの赤ちゃん誕生!必死の出産現場に密着(ザテレビジョン)

志村どうぶつ園に不穏な声?「白井家」への疑惑などで継続危機か

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

yahoo. しかし、12月7日に文春により報じられた文春砲がとても信じられない内容で…。 志村動物園での放送中止や打ち切りの可能性も考えられる状況になってきました。 その文春報道の内容はこうです。 「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。 フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」 しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。 フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ遺体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その遺体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 しかし、今回は動物たちの命に直接関わるような報道内容です…。 ntv. 少なくとも、騒動が収まるまではかなり高い可能性で 直近の放送は中止をすると思います。 私もこの文春の報道内容は過信してはいませんが、世間のイメージはそうはいかないでしょうからね…。 この文春の報道による騒ぎが収まってくれることも重要ですが、 何より白井家のみんなの精神的ダメージが心配です…。 時間が解決してくれればいいのですが、 人一倍動物に対する思い入れが強い方々でしょうから、そこが心配ですね…。 以前から、志村動物園の動物たちの扱いを疑問視する声もありましたから、いずれ復活させるにしてもかなり難しい道のりになるのは間違いないと思います。 今後の詳細については続報を待とうと思います。 白井家のこれまでの文春報道まとめ• 撮影関係者の車が路上駐車• 週末にはファンも車で詰めかける• 近隣の車のナンバーや洗濯物などが全部映っていた(問い合わせ後モザイクに)• 動物の糞尿によるハエの大量発生• 脱走したヤギが畑の農作物を食べてしまう 動物を保護する活動には私も大賛成です。 ただ、こういった近隣への被害がもし本当で管理しきれていないのであれば、管理できる範囲での活動に留めるべきでは、とも思ってしまいますね…。 もちろん、テレビ出演に保護施設のやりくりだったり、やらないといけないことは山積みだとは思います。 でも、そんな状況だからこそ管理できる範囲で出来る限りのことをする、という判断も必要なのかもしれませんね…。 おそらく、あれほど動物たちへの思い入れが深い白井家なので、そんな理屈よりも「動物たちの命」を優先してしまうのかもしれません。 蹄鉄販売に疑惑• 馬の使用済み蹄鉄の販売• 動物のお世話体験会• 馬との撮影会 この3つがチャリティー活動のメインとなっていたそうです。 最初は3000円で販売されていた蹄鉄。 2019年の春頃からラッピングやお礼の手紙などを添えることも始めて注文が増えました。 その後 価格が1万円になりました。 《【幸運の蹄鉄チャリティー販売】「白井家」の馬達のとても貴重な馬蹄を、チャリティー販売することとなりました! 多くの方に知っていただきたいので、シェアしていただけると嬉しいです。 白井家の馬の命とも言われる蹄鉄を、鴻明が一つ一つ磨き、特殊加工でデザインしたもので、時間だけでなく想いがいーっぱい詰め込まれたものです。 この売り上げは、白井家の動物達のための資金に活用させていただきます。 メールの届いた順番で、1件ずつ必ず返信をいたしますので、申し訳ありませんが、お待ちいただけると嬉しいです。 では、疑惑を持たれたのはどこなのか。 「蹄鉄は馬のヒヅメに釘で打ち付けたU字型の保護具です。 白井家の乗馬用の馬は40日ごとに装蹄師が交換しています。 白井家の家で飼育されている馬は現在2頭。 ということは、使用済み蹄鉄が出るのは多くて1カ月に8個、1年で96個。 しかし少なくとも今までに300個以上は売れています。

次の

【志村 けん】志村どうぶつ園は放送中止か継続か?バカ殿ドリフはもう見れない?|sonicブログ

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

yahoo. しかし、12月7日に文春により報じられた文春砲がとても信じられない内容で…。 志村動物園での放送中止や打ち切りの可能性も考えられる状況になってきました。 その文春報道の内容はこうです。 「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。 フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」 しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。 フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ遺体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その遺体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 しかし、今回は動物たちの命に直接関わるような報道内容です…。 ntv. 少なくとも、騒動が収まるまではかなり高い可能性で 直近の放送は中止をすると思います。 私もこの文春の報道内容は過信してはいませんが、世間のイメージはそうはいかないでしょうからね…。 この文春の報道による騒ぎが収まってくれることも重要ですが、 何より白井家のみんなの精神的ダメージが心配です…。 時間が解決してくれればいいのですが、 人一倍動物に対する思い入れが強い方々でしょうから、そこが心配ですね…。 以前から、志村動物園の動物たちの扱いを疑問視する声もありましたから、いずれ復活させるにしてもかなり難しい道のりになるのは間違いないと思います。 今後の詳細については続報を待とうと思います。 白井家のこれまでの文春報道まとめ• 撮影関係者の車が路上駐車• 週末にはファンも車で詰めかける• 近隣の車のナンバーや洗濯物などが全部映っていた(問い合わせ後モザイクに)• 動物の糞尿によるハエの大量発生• 脱走したヤギが畑の農作物を食べてしまう 動物を保護する活動には私も大賛成です。 ただ、こういった近隣への被害がもし本当で管理しきれていないのであれば、管理できる範囲での活動に留めるべきでは、とも思ってしまいますね…。 もちろん、テレビ出演に保護施設のやりくりだったり、やらないといけないことは山積みだとは思います。 でも、そんな状況だからこそ管理できる範囲で出来る限りのことをする、という判断も必要なのかもしれませんね…。 おそらく、あれほど動物たちへの思い入れが深い白井家なので、そんな理屈よりも「動物たちの命」を優先してしまうのかもしれません。 蹄鉄販売に疑惑• 馬の使用済み蹄鉄の販売• 動物のお世話体験会• 馬との撮影会 この3つがチャリティー活動のメインとなっていたそうです。 最初は3000円で販売されていた蹄鉄。 2019年の春頃からラッピングやお礼の手紙などを添えることも始めて注文が増えました。 その後 価格が1万円になりました。 《【幸運の蹄鉄チャリティー販売】「白井家」の馬達のとても貴重な馬蹄を、チャリティー販売することとなりました! 多くの方に知っていただきたいので、シェアしていただけると嬉しいです。 白井家の馬の命とも言われる蹄鉄を、鴻明が一つ一つ磨き、特殊加工でデザインしたもので、時間だけでなく想いがいーっぱい詰め込まれたものです。 この売り上げは、白井家の動物達のための資金に活用させていただきます。 メールの届いた順番で、1件ずつ必ず返信をいたしますので、申し訳ありませんが、お待ちいただけると嬉しいです。 では、疑惑を持たれたのはどこなのか。 「蹄鉄は馬のヒヅメに釘で打ち付けたU字型の保護具です。 白井家の乗馬用の馬は40日ごとに装蹄師が交換しています。 白井家の家で飼育されている馬は現在2頭。 ということは、使用済み蹄鉄が出るのは多くて1カ月に8個、1年で96個。 しかし少なくとも今までに300個以上は売れています。

次の

志村どうぶつ園の白井家が放送中止になった?打ち切りの可能性やトラブル内容をざっくりまとめ!

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

人気動物バラエティ番組『』 日本テレビ系 が昨年、たびたび炎上した。 動物好きからの支持を集めている一方、「動物をおもちゃ扱いしてる」という声も多々集めている本番組だが、8月には茨城県にある動物園の新施設建設に密着したが、施設の園長の態度が問題となっていた。 「『日本一客が来ない動物園』として、これまでもたびたび紹介されたその動物園ですが、クラウドファンディングで資金を募って新たにイノシシの牧場が建設されることに。 8月10日放送回の中で、オープンの様子が放送されました。 しかし、オープン初日の開園30分前に園長が『開園祭をやる』と言い始め、現場はパニックに。 前日にやる予定だったものの、園長が日にちを間違えていたために当日になってしまったようで、知らされていなかった従業員はてんてこ舞いに。 その様子がばっちり放送されており、園長への批判のほか、『なんでこんなの放送するんだろ』『ネガキャン?』といった番組への疑問の声も聞かれました」 芸能ライター また、人気企画「白井家」への疑惑も根強い。 「白井家はもともと、18年9月に番組で初めて取り上げられ、多くの犬やヤギ、ウサギなどが放し飼いされているという珍しい一般家庭を番組が紹介。 家族の独特のキャラクターも相なり、番組でも一躍人気企画となりました。 しかし、19年11月、『週刊文春』 文藝春秋 で実は白井家の動物の扱いが杜撰であることが報じられると、次々とネットでも『なんでこの家、動物の去勢手術しないんだろう』『動物の脱走とか面白おかしく取り上げてるけど、近隣住民は迷惑だろうな』という声が噴出。 また、同年1月に亡くなったという馬については、同12月に再び『文春』が、家族の知人の男性が馬の遺体をナタで解体し、ボランティアを呼び出して自宅から運ばせたことを報道。 これには『信じられない…』『家族のように思ってたペットを自宅で解体とかありえない』というドン引きの声が殺到。 人気企画の継続を揺るがす大問題となっています」 同 こうした炎上で、ネットからは「もう動物番組はいいよ…」「食傷気味だし、そろそろ終わりそう」といった声も挙がっている。 果たして番組で今後、白井家をまた取り上げることはあるのだろうか。 注目が集まる。 外部サイト.

次の