銀座 三越 営業 再開。 【予約制】銀座店の営業再開について|お知らせ|池田屋ランドセル【公式通販】 ~ぴかちゃんらんどせる~

銀座三越

銀座 三越 営業 再開

4月7日(火)に政府から発令された「緊急事態宣言」を踏まえ、(株)三越伊勢丹の百貨店6店舗と小型店全店を、4月8日(水)から臨時休業とさせていただいておりました。 このたび、5月25日(月)の政府から発表された特定警戒都道府県の「緊急事態宣言」解除を受け、お客さまおよび従業員の健康と安心・安全の確保に最大限配慮したうえで、下記の通り、営業を再開させていただきました。 お客さまにはこれまでの休業に際するご理解に加え、安心安全を優先しながらの営業再開となりますため、引き続き大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。 但し、本館・新館ともに1階・地下階は午後7時30分まで。 新館9・10階レストランは午前11時~午後10時。 銀座三越 午前10時~午後8時。 9階レストランは午前11時~午後9時、11・12階レストランは午前11時~午後10時(店舗により営業時間が異なります) 恵比寿三越 午前11時~午後8時。 一部飲食店を除く 伊勢丹新宿店 午前10時~午後8時。 本館7階=レストラン街「イートパラダイス」 営業時間:午前11時~午後9時(入店は午後8時まで) 伊勢丹立川店 午前10時~午後7時30分。 8階=レストラン街「イートパラダイス」営業時間:午前11時~午後9時(入店は午後8時まで) 伊勢丹浦和店 午前10時30分~午後8時。

次の

銀座三越が営業再開=宣言解除後、初の週末

銀座 三越 営業 再開

2020. 11 営業再開と営業時間のお知らせ 皆さまこんにちは。 VIVIENNE TAM銀座三越店のブログをご覧いただきありがとうございます。 銀座三越店は5月29日 金 まで臨時休業しておりましたが、 5月30日 土 より営業再開いたしております。 こちらは、店舗限定で展開中のマオカラードレスアーカイブシリーズです。 過去のVIVIENNE TAMで展開していた様々なプリントを、マオカラードレスに仕上げました。 懐かしさと新たな発見を楽しんでご覧いただけるシリーズとなっております。 尚、こちらのマオカラードレスはECサイトではお取扱いはございません。 ご了承くださいませ。 【営業時間】 6月12日 金 までは、11:00〜19:00 6月13日 土 からは、10:00〜20:00となります。 【お問い合わせ】 銀座三越店 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 M5F TEL 03ー3535ー5101 VIVIENNE TAMの商品は下記のオンラインショップからもお求めいただけます。 viviennentam.

次の

伊勢丹新宿店 新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

銀座 三越 営業 再開

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除され、手探りをしながら世の中が動き出している。 東京・銀座のど真ん中、銀座四丁目交差点に面した老舗百貨店「銀座三越」(三越銀座店)では、正面玄関横にあるライオンの銅像が営業再開の5月30日からマスクを装着し、6月に入ってもその姿が現場で、そしてSNSでも話題になっている。 その経緯や意図、この企画に込めた思いを担当者に聞いた。 1972年11月に「三越創業300年」記念事業として設置されて以来、銀座を代表する待ち合わせ場所の1つとなっているライオン像。 白地に赤の三越ロゴというシンプルなデザインの巨大マスクで鼻から口を覆ってからというもの、道行く人が足を止めてスマホでその姿を撮影する光景が連日見かけられている。 ツイッターでは「マスク姿の三越ライオン可愛かった」という声も。 担当者は「白と赤は三越のコーポレートカラーです。 「三越ロゴのこのマスクが欲しいです」というツイートを見かけ、記者は「人間用にも同様デザインのマスクが販売されるのか?」と気になった。 さっそく担当者に尋ねると、「今のところは、ライオン像用ですが、今後検討するかもしれません」との回答。 実現の可能性に含みを持たせた。 その上で、今回の経緯を遡った。 担当者は「先行して再開した、仙台三越や広島三越でライオン像にマスクを着けたところ、お客さまからご好評いただいたとの声があり、銀座三越でも着用することとしました」と説明した。 ちなみに、都内の日本橋本店にある2体のライオン像は大正3 1914 年に誕生しているが、こちらの「先輩ライオン」はマスクをしていない。 なぜ、銀座だったのか。 その意図について、担当者は「銀座三越のお客さまの多くは、銀座という街に来られる皆さまです。 このため、銀座4丁目のライオン像が、銀座の街にお越しの皆さまの安心・安全のシンボルとなれるようにとの思いを込めて、マスクをさせていただきました。 お子さまも多くご来店されますので、皆さまにわかりやすいメッセージをと考えました」と解説した。 さらに、担当者は「お客さまからは『可愛いですね』との感想や、『ライオンにはマスクがお似合いです』等、様々なお声を頂戴しています。 また、例年『全国火災予防運動』の期間中には、ライオン像が防火服を着用して街の平和を見守り、皆さまからご好評いただいています」と付け加えた。 銀座のほか、全国でマスクをした三越ライオン像の存在は「現在は、仙台、名古屋星が丘、広島、松山です」とのこと。 さらに増えるのかと問うと、「今のところ未定」という様子。 銀座三越のライオン像がいつ頃までマスクをしているのかについて、担当者は「しばらくの間は継続させていただきます」とした。 コロナとの共生は続く。 最後に、現状や今後について同店に聞いた。 「休業期間中は大変ご不便をお掛け致しました。 この度、銀座三越は、お客さまと従業員の安全・安心を最優先に、感染拡大予防措置を講じ、営業を再開させていただきました。 現在、お客さまには、 1 ご入店時の検温、 2 マスクのご着用、 3 ソーシャルディスタンシングにご協力いただいております。 また、従業員も同様の取組みを行っております。 これからも、お客さまの生活に寄り添う店舗であり続けられるよう、ライオン像と共に力を尽くして参りますので、引き続きのご愛顧を宜しくお願い申し上げます」 百貨店業界に限らず、コロナ禍によってリアル店舗は逆境に立たされている。 この時代を生き抜かなければという思いが「マスクをしたライオン像」には託されていた。 (まいどなニュース/デイリースポーツ・北村 泰介).

次の