シミ 消す クリーム おすすめ。 シミ・そばかすを消すには…|おすすめの化粧品、メイク、皮膚科でできる治療、市販薬・食べ物など

シミ対策クリームのおすすめ人気ランキング20選【美白を目指す!】

シミ 消す クリーム おすすめ

上記のシミタイプは残念ながらクリームでは薄くできません。 こうしたシミを薄くするには 美容医療が有効です。 詳しくは、6章の「 」をチェックしてみてくださいね。 では次からは、シミにいいクリームの選び方をご紹介していきます。 シミ消しクリームの正しい選び方 効果的なシミ消しクリーム選ぶには、以下の2つが重要なポイントになります。 シミ消しクリームおすすめランキングTOP5 ここからは、シミを薄くするために効果的なシミ消しクリームをご紹介します。 美容ライターの成分・コスパ評価• シミに悩む方達へのアンケート調査 …をもとに、総合評価が高いアイテムを5位までのランキングでご紹介。 気になるアイテムをチェックしてくださいね。 1位:Qusomeホワイトクリーム1. 次からは、ランキングには入らなかったものの20代におすすめな化粧水を 肌悩みや目的別にご紹介します。 次はケア方法を知りたい!という方は「 」へジャンプしてみてくださいね。 特徴別シミ消しクリームおすすめ6選 ここからは、ランキングには入らなかったもののおすすめなシミ消しクリームを、• といった特徴別にご紹介していきます。 気になるものをチェックしてみて下さいね。 4-1. 」…といった場合は、 あなたのシミにビタミンC誘導体という成分が有効でない可能性があります。 こうした場合はビタミンC誘導体以外の美白有効成分 (例:プラセンタエキス・コウジ酸など)が配合されたものを試すのがおすすめですよ。 まとめ シミ消しクリームについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 効果的なシミ消しクリームを選ぶときには、 パッケージや公式サイトで、美白有効成分を確認するように心がけてみてくださいね。 もう1度おすすめのシミ消しクリームを見たい方は、以下からチェックすることができますよ。

次の

シミクリームおすすめランキング【シミ消し化粧品の口コミ・比較】

シミ 消す クリーム おすすめ

ミューノアージュはアンチエイジングの ドクターズコスメです。 肌にハリが出て、そしてシワが消えるので、さすがドクターズコスメだと思っています。 しわやほうれい線を消したくて使っていたら、期待していなかったのに、手の甲のシミがだんだんと消えていきました。 顔や首筋に塗った後、手のひらに残ったクリームを手の甲にすり込んでいたら、半年過ぎたあたりから、手のシミが薄くなり始めたんです。 だんだんと薄くなり、今ではシミあったのがよくわからないくらいになっています。 半年使うと、シミが消えますよ。 自転車に乗るので、どうしても夏場は手の甲が日に焼けます。 UVの手袋をしていても、うっすらと日焼けしてしまうんです。 でも、今年は手の甲にシミができていません。 これは、普段から手の甲にミューノアージュを塗っているおかげだと思っています。 メコゾーム ブライトニングフォーミュラ メコゾーム ブライトニングフォーミュラは海洋複合酵素(マリンプロテインエキストラクト)という、酵素で肌のターンオーバーを促してくれます。 黒っぽいシミが、ぽろっとはがれ落ちました。 ただ、かなり強力なシミ取りクリームなので、使い方は指示通りにお願いします。 私は無理をして、早くシミを消そうとしたので、ちょっと赤くなり痛かったです。 私の失敗を踏まえて、上手にシミをぽろっとはがれ落としてくださいね。 シミを消す塗り薬とは? 私は化粧品でシミを消しましたが、皮膚科や美容クリニックではシミの治療を行ってくれます。 シミを消してくれる薬で有名なものは「ハイドロキノン」と「トラネキサム酸」です。 美白化粧品にもよく使われています。 ほかにも、アルブチンやビタミンC誘導体、ルシノールなどがあります。 これらの美白成分には、肌の中でメラニン色素を抑える効果があるんですよね。 皮膚科を受診して、レチノイン酸の外用薬を処方してもらい、塗り方の説明を受けます。 指や綿棒などで、幹部に薬を塗ります。 強めのレチノイン酸を塗った場合は、皮膚が赤くなってむけたりします。 弱めのレチノイン酸で、時間をかけて治していく場合は、赤くなったりむけたりしません。 弱めのレチノイン酸の場合は、2~3ヵ月に一度になります。 治療中、肌の赤みがひどかったり、痛みが強い場合、ジュクジュクと汁が出る場合は、早めに病院へ行きましょう。 医師の指示に従って治療を続けます。 レチノイン酸は使っているうちに慣れてくるので、必要なら濃度を上げていきます。 治療期間は1日に1~2回塗り、強めのもので2ヶ月、弱めのもので、半年から1年くらいが目安です。 シミの他に、くすみや黒グマ、目元の小じわにも効果があります。 シミを消すために【レーザー治療】 大きくて古いシミは、化粧品では治らないといわれています。 娘はすぐにレーザーでシミを消しに行きます。 美容クリニックで、お手軽にシミが消せる時代になりました。 娘が初めてレーザー治療を行ったときは「痛いから、(出力を)下げてください!」と看護師さんにお願いしたそうです。 シミ治療に使われるのは、ルビーレーザーやNdヤグレーザーなどがあり、ここで使うレーザーの種類を決めます。 レーザーが当たった瞬間に、ゴムでパチンとはじかれるような刺激を感じます。 痛みに敏感な人や、広範囲に照射する場合は麻酔を使うこともあります。 シミの深さや肌質によって異なりますが、通常1回の治療で済みます。 シミのほか、くすみ、しわ、あざ、ほくろなどを取るレーザーもあります。 照射時間は20~30分程度です。 人によっては、光が当たるときにチクッとした軽い刺激を感じることもあります。 肌がヒリヒリする場合は、冷やすこともあります。 当日、施術後にすぐにメイクができます。 ヒリヒリ感があっても、数日で治まります。 3~4週間おきに、5~6回の治療を受けます。 レーザーより穏やかに作用するので、一度で必ずシミが消えるというものではありません。 家庭用美顔器でフォトフェイシャル 美顔マスクを使えば、家庭でフォトフェイシャルができます。 おすすめは アメリカ製のAduro(アジューロ)です。 LEDでフォトフェイシャルができます。 ほかに安いマスクがたくさんありますが、中国製が多いので注意したいです。 完全パクリの商品も普通に売られています。 安くても粗悪品だとお金を捨てることになりますからね。 マスクについての詳しい記事はこちらに書いていますので、参考にしてください。 シミを消すために【洗顔】 あなたはいまだにピーリングは肌に悪いと思っていませんか? 洗顔にピーリングや酵素洗顔を取り入れると、肌表面の古い角質を取り去り、シミをはじめ、様々な 肌老化の改善(シミ、しわ、ニキビ、ニキビ跡、たるみ毛穴などの改善)につながります。 シミの原因は肌の中でメラニン色素が作られることです。 肌の奥では毎日新しい細胞が生まれ、古いものは垢としてはがれ落ちて行きます。 これがターンオーバーです。 年齢と共にターンオーバーが遅くなってくると、古いメラニン色素は排出されずにシミのもとになります。 簡単にターンオーバーを促進するにはピーリングが一番です。 たまった古い角質を落とすことで、肌の再生が活発になります。 市販のピーリング剤を使って、自分で1~2週間に一度ピーリングをすると、ふっくらとした弾力のある肌に変わっていきます。 ピーリングの成分は「AHA」や「フルーツ酸」です。 ピーリングの効果の強さは製品によって違いますが、かすかにピリピリするぐらいのもので大丈夫です。 洗い流した後、ツルっとする感触があることが大切です。 皮膚科でできるピーリング ピーリングの治療とはどんな治療でしょうか? ピーリングは肌の表面に酸の一種を塗り、古くなった角質を取り除いてターンオーバーを促します。 皮膚科では市販のピーリング剤より作用が強いものを使うので、肌の深い部分のトラブル改善にも効果があります。 目元と口元を避けて、コットンなどで顔全体に塗ります。 薬剤が肌に付くと、少しピリピリしますが、強い痛みや刺激はありません。 ふき取る前に、中和剤を塗ることもあります。 その後、冷たいガーゼなどで肌を冷やします。 有効成分が肌に浸透しやすくなっているので、ビタミンC誘導体や美白成分が配合されたものが使われることもあります。 治療後はすぐにメイクができます。 AHAというピーリング剤を使う場合は、2~3日後に多少乾燥感が出ることもあります。 BHAを使うと乾燥感はあまり起こりません。 2~4週間に2回、合計10回ほどを目安に行います。 ターンオーバーを促し、さらにコラーゲンを増やす効果もあるので、シミやくすみのほか、しわ、たるみ、たるみ毛穴の改善にも有効です。 余分な角質を取り除くため、ニキビ予防にもなりますよ。 シミを消すために【スキンケア】 美白化粧品の正しい使い方を知ってますか? シミが気になるときに頼りたくなるのが美白化粧品です。 でも、美白化粧品の効果を期待するなら、シミができてしまって使い始めても遅いんですね。 もともと、美白化粧品はできたシミを消すものではなく、シミ予防のために使うものなんです。 化粧品に配合されている成分には、肌の中でメラニン色素が作られる働きを抑える効果があります。 しかし、美白化粧品が効くシミは、薄い老人性色素斑や肝斑などです。 年数がたち、完成してしまった老人性色素斑は美白化粧品では消しにくくなります。 また、そばかすや脂漏性角化症など、美白化粧品ではあまり効果が期待できないシミもあります。 美白成分にはいろいろなものがあります。 効果の出方は人によって違いますので、肌の様子を見ながら、自分に合うものを探しましょう。 おすすめの美白化粧品は、美白成分が多い美容液やクリームです。 美白成分は、普通化粧水より美容液やクリームに多く配合されています。 また、顔全体に塗りやすく軽いテクスチャーのものがおすすめです。 シミの予防のために、すでにシミができているところだけではなく、顔全体に塗ることが大切です。 美白化粧品【アンプルール】 出来てしまったシミを消すのは、時間も手間もかかってたいへんです。 美白ケアの基本はシミを作らないように予防することなんですね。 シミのための美白化粧品でおすすめしたいのがアンプルールです。 「 アンプルールラグジュアリーホワイト」はできてしまったシミにも効果があり、これからシミを作らないようにする予防の効果もあります。 コンセントレートHQ110 コンセントレートHQ110は、寝ている間に気になるシミを集中ケアするスポット集中美容液です。 化粧水をつける前にポンポンとやさしくたたき込みます。 アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」がピンポイントで集中ケアします。 朝と晩、化粧水の後に適量を手に取り、顔全体になじませます。 アルブチン(ハイドロキノン誘導体)がメラニンの生成を抑制します。 エマルジョンゲルEX 美容液と乳液とゲルの効果を凝縮した、美容乳液ゲルです。 情報をブロックする成分 肌紫外線が当たったことをメラノサイトに伝える情報をブロックする成分 (メラノサイト=メラニン色素を作る細胞) カモミラET t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体) トラネキサム酸 シミを消すために【ビタミンc】 ビタミンCにはメラニンの生成を抑え、シミを予防する働きがあります。 ビタミンCを使ってシミを消す方法には、食事やサプリメントとして摂取する方法と、スキンケア化粧品として肌に塗る方法があります。 皮膚科ではシミの治療のためにレーザー治療を行った際、色素沈着を防ぎ、シミを予防するために内服療法としてビタミンCが処方されます。 また、活性酸素は人が息をするだけでも体内にできるといわれていますが、紫外線だけでなく、タバコ、アルコールなどでも活性酸素が大量に発生します。 体内に活性酸素が増えると、それを取り除こうとしてメラノサイトが刺激されメラニンが作られるんですね。 ビタミンCにはこの活性酸素を除去する作用があります。 ビタミンCの抗酸化作用はシミの元である活性酸素を取り除くことで、シミを予防してくれます。 スキンケア化粧品として肌に塗って美白する場合 ビタミンCにはメラニンの還元作用といって、黒色メラニンを白色メラニンに変えて、シミを薄くする働きがあります。 つまり、シミを予防するだけでなく、出来てしまったシミにも効くということですね。 日焼けによって出来たシミ以外にも、そばかすやニキビ跡などの色素沈着にも効果が期待できます。 化粧品に配合されているビタミンC誘導体は肌に浸透しやすいように改良されたものです。 厚生労働省が認めている美白成分はトラネキサム酸やアルブチンなど13種類ありますが、ビタミンC誘導体はそのうちの一つです。 顔に塗ってシミをケアするなら、ビタミンC誘導体配合の美容液がおすすめです。 ツインエレナイザー イオン導入で美容成分を肌の奥まで届けてくれます。 ツインエレナイザーの魅力は付属の「 原液美容液」です。 美白成分であるビタミンC誘導体はついのホームエステセットに付いてきます。 そのほかにも、魅力的な原液美容液がそろっています。 ツインエレナイザーについては、こちらに詳しい記事を書いていますので参考にしてください。 シミを消すファンデーションのおすすめ シミ対策でおすすめのファンデーションはマキアレイベルとカバーマークです。 マキアレイベルは肌にやさしいファンデーションですが、カバー力にも優れています。 特にシミをカバーしたいなら、マキアレイベルがおすすめです。 マキアレイベルについてこちらもご覧ください。 ケミカルファンデーションの中でおすすめのファンデーションは、 カバーマークの「エクストラ フォーミュラ」です。 デパートの地下の化粧品売り場でよく見かけると思います。 私も長い間お世話になりました。 シミがきちんと隠れるだけでなく、肌がとてもきれいに仕上がります。 シミを消す コンシーラー しみをカバーするためのコンシーラーを選ぶときに、必ずチェックしたいポイントがあります。 色味は自分の肌より「若干暗め」を選びましょう。 しみをピンポイントでカバーしたいときは、コンシーラーのテクスチャーは硬めのタイプがおすすめです。 ゆるめのテクスチャーのものはクマなどをカバーするのには良いのですが、しみだと完全に隠れず透けてみえてしまうこともあります。 ベーシックなスティックタイプのコンシーラー インテグレート グレイシィ コンシーラー(シミ・そばかす用) 778円 税込 ベーシックなスティックタイプのコンシーラーは、細身で場所を取らないので、持ち歩きに便利です。 練りタイプのコンシーラー 資生堂 スポッツカバー ファウンデイション 1,037円 税込 練りタイプのコンシーラーはお肌にぴたっと密着してくれるものが多く、カバー力とキープ力が高いのが魅力です。 パレットタイプのコンシーラー イプサ クリエイティブコンシーラー EX 3,780円 税込 複数のカラーがセットになったパレットタイプは、自分の肌に合った色味に調節できるのがメリットですね。 まとめ 私が使って、本当にシミが消えたり、薄くなった「シミを消すクリーム」を紹介しました。 シミを消す成分といわれている、ハイドロキノンやトラネキサム酸が入っている美白化粧品がおすすめです。 シミを消すだけではなく、肌の中でコラーゲンが作られるのを助けたり、肌のターンオーバーを促進させて肌を若返らせる成分が配合されたクリームも魅力ですね。 ターンオーバーがうまくいけば、シミは消えますし肌は若返ります。 あなたに合う美白方法を探してみてくださいね。 「美顔器のおすすめ」ではたくさんの美顔器を紹介しています。 で探してみてくださいね。

次の

シミ消しクリーム人気ランキング2020!【最新】シミを防ぐ美白クリームBest5を発表

シミ 消す クリーム おすすめ

シミ消しクリームと一口に言っても種類はさまざまです。 市販で手に入るシミ消しクリームから、皮膚科で処方されるシミを消す効果のある軟膏までたくさんあります。 また、市販で手に入るシミ消しクリームの中でもドラッグストア等で手に入るものもあれば、通販限定のシミ消しクリームもあります。 シミ消しクリームは、 「シミを隠すのではなくシミを消すことが目的」になる商品です。 ですから、しっかりとシミを消す効果に期待できるシミ消しクリームを選びたいですよね! 特に日焼けが原因でできてしまったシミは、早めに対策しないとどんどん色が濃くなってしまうので注意が必要になります。 そこで今回は、ドラッグストアでも買えるシミ消しクリームのおすすめ商品の紹介と、本当にシミが消えるのか?について解説していきたいと思います。 それから、シミ消しクリームや美白化粧品でシミが消えなかったと言う人や何をしてもシミが消えないと言う人は、 最後の方に確実にシミを消す方法をご紹介していますので最後までお付き合いください。 スポンサーリンク 目次• 顔のシミ消しの基本は内側から!間違った知識で遠回りしている人が多い? ドラッグストアで買えるシミ消しクリームをご紹介する前に、間違った知識で遠回りしている人が多いので、顔のシミ消しの基本についてご紹介しておきます。 シミは紫外線などの刺激を受けて、メラニンが生成され肌内部に蓄積されたものになります。 この肌内部と言う部分に注目してほしいのですが、シミがあるのは真皮層とよばれる肌の最深部になります。 もちろん、肌表面にあるシミもありますが、ほとんどが真皮層に蓄積されたメラニン色素になります。 そのため、シミを消すためには有効成分を真皮層に届かせる必要があります。 シミ消しクリームなどの化粧品では限界がありますので、美白クリーム等の化粧品でシミが消えない場合は 体の内側からケアしてあげる必要があるのです。 身体の内側から直接真皮層へ有効成分を届かせることで、肌のターンオーバーが促進され徐々にシミのない肌へと変化していくのです。 レーザー治療の様に即効性はありませんが、傷跡が残らず綺麗にシミを消したい方にはおすすめの方法になります。 本気でシミを消したい方は、シミ消し効果のある飲み薬と美白クリームとの併用がおすすめになります。 公式HP ノーベル賞を受賞した 「フラーレン」を配合したドクターズコスメと言えば、 「APP-Cフラセラム」です! ビタミンC誘導体の100倍の超浸透型VC誘導体APPSが肌の真皮層にまで有効成分を直接届けてくれて効果を発揮します。 シミはもちろんシワや毛穴、ニキビなど肌トラブル全般に効果があり、さまざまな肌トラブルの原因である活性酸素を徹底的に除去してくれます。 「広尾プライム皮膚科 谷院長」が監修しドクターソワと共同開発した「APP-Cフラセラム」があなたの肌トラブルの悩みを解消してくれます。 利用者の口コミは以下の公式サイトでチェックすることができます。 ドラッグストアでも買えるおすすめのシミ消しクリーム ドラッグストアで手に入るシミ消しクリームは種類がたくさんあり過ぎて迷ってしまうと思います。 ですから、何種類か厳選したシミ消しクリームをご紹介していきたいと思います。 【アンプルール】ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX 以上がドラッグストアで手に入るおすすめのシミ消しクリームになります。 トライアルキットがあるシミ消しクリームもありますので、どのシミ消しクリームが自分の肌に合っているか分からないと言う場合は、まずはトライアルキットから試してみることをおすすめします。 通販でしか買えないシミ消しクリームをトライアルで試そう! ドラッグストアなどでシミ消しクリームの購入を検討している方で 「どれを選べば良いのか分からない・・・」と言う人も多いのではないでしょうか? シミ消しクリームと一口に言っても種類はさまざまで、価格もピンキリなので迷ってしまいますよね!ですからそんな時は 「トライアルキット」でお得に試せるシミ消しクリームから選ぶようにしましょう。 敏感肌でも大丈夫!B. glenのQuSomeホワイトクリーム1. QuSomeホワイトクリーム1. 9 5g• Cセラム ビタミンC美容液 5mL• QuSomeローション 20mL• クレイウォッシュ 15g• QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g 送料 無料 おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌 販売会社 Beverly Glen Laboratories, Inc. 公式HP 商品説明 B. glenのQuSomeホワイトクリーム1. 9は、 「敏感肌」の人でも使用可能で、確実にシミを薄くしてくれることから 「リピート率98. 皮膚科等で処方されるハイドロキノン軟膏よりも 含有率が「1. もともと不安定で浸透性の低いハイドロキノンですが、独自のテクノロジーを駆使してハイドロキノンをQuSome化し、低い含有率でもしっかり角質まで浸透しハイドロキノンの効果を発揮できるように作られているので、確実にシミを薄くすることが可能となります。 ハイドロキノンが低配合なので刺激が弱く副作用の心配がないことから、肌が弱い人でも安心して使用していただけます。 シミ消しクリームを選ぶ際は、上記のようなトライアルがある商品からはじめることをおすすめします。 ドラッグストアではシミ消しクリームのお試しはできませんので失敗しがちですが、通販限定商品ならお試しがあるので安心ですね。 まずは試してみて自分の肌に合うかチェックしてみてください!そして問題なさそうでしたら継続して使用することをおすすめします。 敏感肌の人はなるべく ハイドロキノンを配合していない「ディセンシア サエル」や「ブライトニングフォーミュラ」から試すか、 ハイドロキノンを配合しているけど敏感肌でもOKな「B. glenのQuSomeホワイトクリーム1. 9」を試すようにしましょう。 アンプルール ラグジュアリーホワイトは美白効果が高いけど、ハイドロキノン高配合になりますので敏感肌の人にはおすすめではありません。 以上のことを踏まえてシミ消しクリームを選ぶ際は、まずはトライアルセットからお試しください。 また、シミ消しクリームの選び方については以下の記事を参考にしてみてください。 シミ消しクリームでシミは本当に消えるのか? シミを消すためにシミ消しクリームを選ばれる方も多いと思いますが、果たして本当にシミは消えるのでしょうか? 美白化粧品の中でも最も美容効果が期待できるのが 「美白クリーム」で、シミ消し効果を謳っている商品が多くなります。 ですが、美白クリームの種類によってはシミを消すどころか、さらにシミを濃くしてしまったり増やしてしまったりと逆効果になってしまう場合も稀にあるので商品選びには注意が必要なのです。 そのため、シミ消しクリームを使用する場合は慎重に選ぶようにしてください。 シミ消し用の美白クリームの選び方や、シミ消しクリームの効果が期待できるシミの種類についてもご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。 シミ消し効果のある美白クリームでできることについて 美容効果が高くシミ消し効果にも期待できるクリームは、他の化粧品と比較して油性成分の割合が多くなるため、高い保湿効果に期待できます。 また、成分が安定しやすくシミ消しに有効な成分を配合しやすいため、さまざまな化粧品の中でもシミ消しに効果的であると言えます。 その中でも 「美白クリーム」は、美白成分が多く含まれていて、高いシミ消し効果に期待できるのです。 では、美白成分にはどのような働きがあるのでしょうか。 シミ消し効果の高い美白成分の働き 美白成分の働きは成分によってさまざまですが、大まかな働きで言いますと以下のようになります。 メラニン生成抑制・・・シミの原因であるメラニンの生成を抑制(防ぐ)してくれる働き• メラニン還元作用・・・シミとなっているメラニン色素を薄く(還元)する働き• メラニン排出作用・・・肌のターンオーバーを促しメラニンを排出(消す)する働き 上記の様な働きをしてくれる美白成分がシミ消しクリームに配合されています。 かんたんに言いますと、シミの原因であるメラニンの生成を防ぎ、今あるシミの薄くしてくれ、肌のターンオーバーを促すことでシミを消す効果に期待できると言うことです。 ただし、美白クリームは特効薬ではないので完全にシミを消すことができない場合もありますし、美白クリームでは消えないシミもありますのでご注意ください。 美白クリームでは消えないシミの代表に「肝斑」があります。 肝斑は同じシミでも紫外線などのダメージによるメラニン生成が原因のシミではなく、女性ホルモンが影響してできるシミになりますので美白クリームでは消すことができません。 肝斑につきましては以下にまとめていますので参考にしてみてください。 シミ消しクリームが効くシミの種類について シミ消しクリームが効果を発揮してくれるシミにはどのような種類があるのでしょうか? シミ消しクリームを買ってもシミが消えなければ無駄になってしまいますので、シミ消しクリームで消せるシミの種類を把握しておきましょう。 保湿効果が高く美白成分が含まれているクリームを選ぶ• 自分の肌質に合ったクリームを選ぶ• 長く続けられる価格のクリームを選ぶ• 紫外線等の刺激を受けると、肌内部にあるシミを作る工場であるメラノサイトが活性化され、黒色メラニンが生成されます。 このメラニンこそがシミの原因なのです。 ただし、メラニンが生成されても本来はターンオーバーによって排出されるのですが、ホルモンバランスの乱れや加齢に伴いターンオーバーが停滞しはじめてしまいます。 その結果、肌内部にメラニンが蓄積されシミやそばかすとなって肌の表面に表れてくるのです。 このようなシミができるメカニズムに対抗してシミを作らないようにしてくれるのが美白成分なのです。 シミに有効な美白成分 シミに有効な美白成分を紹介したいと思いますので、美白クリームを選ぶ際は以下の有効成分が含まれているかをチェックするようにしましょう。 メラニン生成の指令を止める美白成分• カモミラET• トラネキサム酸 上記の美白成分は、シミを作る工場であるメラノサイトが働くなるため、新たなシミができない効果に期待できます。 チロシナーゼの働きを抑える美白成分• アルブチン• コウジ酸• エラグ酸• ルシノール• ビタミンC誘導体• プラセンタエキス• 4MSK 上記の美白成分は、シミの向上であるメラノサイトの働きを抑制するため、シミになりにくくなる効果に期待できます。 チロシナーゼ自体を減らす美白成分• マグノリグナン• リノール酸S 上記の美白成分は、シミを作る工場であるメラノサイトが働くなるため、新たなシミができない効果に期待できます。 メラニン色素を還元する美白成分• ビタミンC誘導体 上記の美白成分は、既にできてしまっているシミのメラニン色素を還元してくれるため、シミの色が徐々に薄くなっていく効果に期待できます。 メラニンの排出を促す美白成分• エナジーシグナルAMP• リノール酸S 上記の美白成分は、メラニンの排出を促進させる効果がありますので、シミを消す効果に期待できます。 以上がシミ消し効果が認められている美白成分になります。 これらの美白成分が配合されたシミ消しクリームを選ぶことで、老人性色素斑などのシミ消し効果に期待できます。 シミ消し効果が高いおすすめの美白成分 美白成分の中でも特にシミ消し効果が高い美白成分がありますので紹介しておきたいと思います。 ただし、肌への刺激が強く、ハイドロキノンの濃度が高すぎると刺激が強くなり敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまったりする場合もありますので注意が必要になります。 また、白斑などの原因にもなりますので、濃度が高いハイドロキノンを使用する場合は十分注意するようにしてください。 しかし、化粧品等に配合されているハイドロキノンの濃度はそれほど高くないので比較的安心と言えます。 敏感肌の方でハイドロキノンを試したいけど、刺激が気になると言う方はまずはトライアルキットがある化粧品で試してみることをおすすめします。 以上がシミ消し効果が高い美白成分になりますが、化粧品の表明によっては表示名が変わるものもありますのでご注意ください。 特に敏感肌や乾燥肌の方は影響を受けやすくなりますので、あまり刺激の強い美白成分はおすすめではありません。 そのため、 敏感肌や乾燥肌の方は「敏感肌・乾燥肌用の美白クリーム」を選択するようにしましょう。 美白化粧品はシミやそばかすの予防をメインに使うものになりますので、シミがある箇所だけではなく顔全体に使うようにしてください。 そうすることでシミの予防対策として効果的になります。 ですから自分お肌質に合った美白クリームを選ぶことはもちろん、テクスチャー(使用感)が自分の肌に負担がかからないものを選ぶようにしましょう。 とは言っても、どの美白クリームが自分の肌にあっているのかは使ってみないと分かりませんよね? だからこそお試し用のトライアルセットを活用するべきなのです。 まずはトライアルでシミ消しクリームを試してみて、自分お肌に合うようでしたら継続利用するようにしましょう。 美白クリームに期待できる効果は 「メラニンの生成を抑制する効果」と 「肌のターンオーバーを促しメラニン色素を排出する効果」になります。 つまり、 肌を白くするのではなく「肌がシミで黒くなろうとするのを防ぐ効果」があると言うことです。 そのため、美白クリームは1年中使用することでその効果をより発揮してくれると言うことなのです。 ですから長く続けられる価格帯の美白クリームを選択する必要があるのです。 どれだけ高価な美白クリームを使用しているとしても、継続利用できないのであれば何の意味もないのです。 一度だけ高額な化粧品を買うよりも、無理のない範囲内で使い続けられる化粧品を購入するようにしましょう。 ちなみにですが、美白効果のあるシミ消しクリームの1本当たりの価格は 「3,000~8,000円」ほどになります。 医薬部外品の美白クリームとは、 「厚生労働省によって有効性が認められた成分が配合されている化粧品」のことになります。 医薬部外品の化粧品には「薬用」と表記されていることもありますのでご注意ください。 医薬品ではありませんが、医薬部外品の指定を受けるためには配合成分に制限があったり、しっかりと効果がある成分が配合されているかなどの厳しい審査がありますので、シミ消し効果に十分期待できるのです。 医薬品だと副作用なども心配になりますが、医薬部外品は副作用の心配がありませんので安心して使用できますね。 ドラッグストアで買えるシミ消しクリームは本当にシミが消えるの? ドラッグストアで買えるシミ消しクリームで本当にシミが消えるのか?と言う疑問に対しての答えは、使ってみないと分からないと言う事になります。 シミと一口に言っても人それぞれ症状がさまざまですし、シミの種類も異なります。 また、どれだけ肌の最深部に沈着しているシミなのかにもよって消えるか消えないかはシミ消しクリームを使ってみないと分からないと言うのが正確な答えになります。 もちろんドラッグストアで買えるシミ消しクリームでシミが消えたと言う人も居ますし、シミが消えなかったと言う人も居ます。 ですから本当に消えるのかと言われれば、 「消えます!」とは言えないのが現状になります。 しかし、シミ消しクリームを開発して販売しているメーカーは、シミを消す為またはシミを予防する為の成分を配合して商品開発していることには偽りはありませんので、シミが消える効果に期待できるのではないでしょうか。 もしシミ消しクリームを使ってみてシミが消えなければ、シミを消す効果のある飲み薬をおすすめします。 薬と言っても第3類医薬品で副作用のリスクが少ない市販薬になりますので、安心して服用していただけます。 確実にシミを消したいならシミを消す薬がおすすめ! 頬やおでこにあるシミを確実に消したいなら医薬品が最適です。 シミ消しクリームで消えるシミは、あくまでも表皮部分にあるシミになります。 シミ消しクリームに限らず美白化粧品もそうですが、シミの原因がある肌の最深部の真皮層にまで有効成分が到達するのかと言いますと、到達することはありません・・・ つまり、頑固なシミであればあるほどドラッグストア等で購入できるシミ消しクリームでは消えないと言うことになります。 そこでおすすめなのがシミを消す成分が配合された医薬品になります。 シミ消し成分と言えば 「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」が有名ですが、この3つの成分をバランスよく配合した医薬品であれば、体の内側から真皮層にあるシミの原因に直接アプローチすることができるのです。 しかも、肌の新陳代謝を良くし、ターンオーバーを正常化してくれますのでシミのできにくい肌質へと生まれ変わらせてくれるのです。 シミの薬と言えばロスミンローヤルが大人気! シミを消す薬も種類はさまざまですが、一番のおすすめは「」になります。 ロスミンローヤルがおすすめの理由は、 「シミ・そばかす」だけではなく 「小ジワ」にも効果を発揮してくれると言う点になります。 しかも、ロスミンローヤルはシミに効く有効成分だけではなく 「9種類の生薬成分」も配合されていますので、血流がよくなり女性特有の不調等にも効果があります。 血流が改善されると「肌荒れ・冷え性・手足の冷感・腰部冷感・肩こり・腰痛・神経痛・のぼせ・めまい」等の悩みも解決されます。 さらに、シミができにくい肌質へと生まれ変わるので、今後のシミ予防対策にも最適なのです。 これがロスミンローヤルをおすすめする理由であり、シミの薬の中で最も売れている理由になります。 ですから、まずはトライアルキットで自分の肌質に合うか試してみて、問題なさそうな場合はアマゾンや楽天市場で最安値を探して計測してみることをおすすめします。 また、シミ消しクリームを3ヶ月継続してみたけど一向に効果が表れなかったと言う場合は、体の内側からのケアも視野に入れた方が良いでしょう。 真皮層に達しているシミに関しましては化粧品やクリームで改善する事は難しく、体の内側からアプローチが必要になってきます。 新陳代謝を促進させて肌のターンオーバーを正常化してあげることで、今まで取れることのなかったシミもキレイに消すことが可能となります。

次の