扁桃炎 食事 おすすめ。 扁桃腺手術後の食事について質問します。

副鼻腔炎・蓄膿症に良い食べ物13種と、悪化させる4種の食事

扁桃炎 食事 おすすめ

扁桃腺炎を繰り返す(高熱)という理由で手術を受けた方のコメント 子供の頃より高熱をよく出していたが、扁桃腺が小さい為手術の話はなかった。 ここ何年か毎月高熱を出すたび、抗生物質を服用。 育児の疲労により毎月高熱を出し、 月の半分は抗生物質を服用していた為、育児休暇中に手術を決意。 ここ2年の間に扁桃腺炎になる回数が増え、風邪のシーズンには月に2回以上ということもあり、 高熱はでないタイプですが、腫れが辛いこと、そして何より抗生剤で胃腸をやられ、 それによる食欲不振で体力が落ち、また扁桃腺炎に…という悪循環に陥り…手術を決心しました。 月に一度の頻度で扁桃腺が腫れ、高熱がでるのを繰り返していたため。 ただ、 私の扁桃腺は肥大ではなく普通の大きさでした。 大きくないのなら体調に気をつければいいのかな・・・ と手術をずっと敬遠していました。 しかし今後のため、いつ発熱するかわからない不安を取り除くため、 手術を決断しました。 二人目を産んでから、月1ペースで扁桃腺炎を繰り返して育児家事がままならなくなったから。 二人目がミルクでも大丈夫になった事と夫の仕事の都合がついたのでかかりつけ医から手術のできる大きな病院を紹介してもらい、 その病院に行った日に次の週に空いてると言われて、そこで即決した。 30才を過ぎてから年に3~4回風邪をひいていましたが、 それが扁桃腺だと気付いたのは34才の時でした。 それまでは体力で持ってたみたいです。 病院も内科に行ってましたし…34才になり風邪の頻度が上がり、 1年後には内科医から手に負えないから 耳鼻咽喉科に行きなさいと言われ、それでもダメで手術となりました。 年に4~5回は扁桃腺炎になり、毎日の様に耳下と扁桃腺に軽い痛みがあり、微熱あり、 だるい状況が5年続いた。 医師からは慢性扁桃炎だから手術しないと完治はしないけど、様子を見ようと言われた。 そのうち毎月高熱が出るようになってしまった為、手術を勧められ決意。 毎年、扁桃腺の腫れによる高熱を出していて、その度に何も喉を通らなくなったり、 仕事を休むことになっていまっていたのと、扁桃腺が腫れて高熱を出す度に腎臓に負担がかかっていて他の病気になってしまう可能性があると聞き、 手術を受けることを決めました。 スポンサードリンク• 風邪をひけば、必ず喉に激痛がはしり、その後風邪が完治するまでに1ヶ月かかり、それが冬中繰りかえしおおこるので。 年間でかかる病気が扁桃炎なので。 子供の毎月の発熱。 半年で扁桃炎を4回も患い、4回目にはこじらせて敗血症になったため。 年に数回高熱を出す。 高熱を繰り返すようになり大変つらかったため、こちらから手術を依頼しました。 月に1~2回扁桃腺に白いぷつぷつが出来、仕事を休まなくてはならなくなる前に病院に行き、抗生物質を服用し、抗生物質の飲み過ぎで体調が逆に悪くなったりもした為。 扁桃腺炎が原因で、半年間で3回も40度近い高熱を出したため。 頻繁に扁桃炎を起こし、育児に支障が出るから。 扁桃炎で内服治療したが、結局は完全に治癒することも無く、 約半年間も扁桃炎に苦しんだので根本的な治療を考えると手術したほうが良いと考えた。 頻繁に扁桃炎を起こし、熱が出るため。 頻繁に高熱を出す。 約半年間毎月高熱を出していたため。 扁桃炎により頻繁に発熱する為 月1~2回程度 、医師に勧められた。 年に数回扁桃炎で高熱を出していたので、医者から勧められた。 別々の病院の3人の医師が、処置を勧めるので覚悟を決めた。 半年の間に5回ほど高熱とへんとうせんがでたため。 高熱の出る間隔が1ヶ月を切ったから。 繰り返していたため。 毎度の発熱にストレスを感じていたし彼氏にずっと元気でいて欲しいと手術を勧められたから。 香港在住です。 昔から風邪を引くとすぐノドをやられていましたが、 08年冬に風邪を引いてからその後毎月のようにノドのいたみ、発熱。 こちらは肥大しない限りいっさい切ることは検討しないようで、あまりにつらいので、「切ってくれ!」と懇願しました。 年に数回の発熱。 昨年何度も高熱を繰り返し、今年にもまた40度の高熱が出たため。 今まで扁桃腺が何度も腫れて、そのたびに高熱に苦しみ、社会に対応出来なかったから!• 疲れや睡眠不足、気候の変化ですぐに扁桃腺炎を繰り返してしまうため。 私の場合は32歳で手術を実施しましたが、小さい頃からしばしば扁桃腺が腫れ、発熱する事がありました。 しかしながら、ここ半年は毎月のように扁桃腺の腫れ、発熱が見られたため。 扁桃炎の起きる間隔が毎回短くなってきた事。 起こるたびにひどくなっている事。 月に1回の割合で扁桃炎になるようになってしまい、ほぼ毎日抗生物質を飲む生活が続いた為。 毎月扁桃炎を起すようになったから。 扁桃腺炎からの度重なる発熱に嫌気があった。 8歳の息子ですが、2週間おきに扁桃腺炎を繰り返していたため。 月2回のペースで扁桃炎になるようになり、もう会社に迷惑をかけたくなかったので。 何度も高熱に悩まされるため。 月に一度の頻度で扁桃腺が腫れ、高熱がでるのを繰り返していたため。 ただ、私の扁桃腺は肥大ではなく普通の大きさでした。 大きくないのなら体調に気をつければいいのかな・・・と手術をずっと敬遠していました。 しかし今後のため、いつ発熱するかわからない不安を取り除くため、手術を決断しました。 仕事が忙しくなると、毎月のように40度の高熱を出していました。 昨年位から2~3回高熱で悩まされ、嫌気がさしたため。 扁桃炎。 1年ほど前から扁桃炎で高熱が出るようになり、3か月後に腫れたときには抗生剤を飲んでも治らず薬が効かない状態で服用をやめると翌日には腫れてしまうようになったため。 月一度、38度を超える発熱があったこと。 緊張すると必ず扁桃腺から熱を出す体質で、あと2年で大切な試験があるのでいつものように腫らしては大変だと思ったから。 2月下旬に風邪をひいて扁桃炎を患って以来、ほぼ2週間おきに5回扁桃炎の再発を繰り返したため、点滴、投薬による治療は無効と判断したため。 繰り返す扁桃炎に悩んでいたので。 また、毎日のどの状態を気にするのがイヤになったから。 39~40度の熱が2ヶ月に一度位の割合で、でてたから• 今まで扁桃腺が腫れると内科に行っていましたが知り合いから耳鼻科に行ったほうがいいよの薦めにて受診一年で6回ぐらい高熱40度位を1週間続いてしまうと耳鼻科の先生より手術したほうが良いと突然高熱出て苦しむより1回の苦しみ痛みの方が良いと思い決めました• ここ2年程、重度の扁桃炎を頻繁に繰り返すようになったため。 頻繁に繰り返し症状もだんだん悪化。 この痛みをずっと繰り返すかと思うと1回痛い思いをした方が良いと思った。 熱がよくでた。 ここ一年で、高熱を伴う扁桃腺炎が7回くらいあって、体全体のだるさもひどくなり、扁桃腺のせいかな?と思ってとって楽になるならすぐに取ろうと思いました。 月に1度扁桃炎になり、高熱が出るため。 いい加減、年に数回起きる高熱と痛みに嫌気がさした。 年に数回扁桃炎になっており、また、会社の協力もあり決心。 が上司とぶつかって仕事よりも体を優先させる事を決意しました。 高熱が頻繁に出たため。 高熱ばかりでしんどかった。 喉が常に腫れていて食欲も落ちたから。 幼いころからよく高熱にうなされ、扁桃腺が腫れることがよくあり、小学4年生の時に近くの病院に評判のよい先生が耳鼻科を新設したのと手術するにはこの年齢までが最適であるとアドバイスされたため• 扁桃腺炎を繰り返していたため。 一月の間高熱に悩まされたから。 高熱と喉の痛みが月に何度も繰り返すようになったため。 年に3-4回高熱で倒れていて、会社や家族のため、決心。 慢性敵に扁桃腺炎による高熱発症。 年2~3回発生する40度超えの熱に耐えられなくなったため• 喉の痛みと違和感があり年に何回か熱が出る為• 1年に3回程の高頻度で毎年扁桃炎のなった為。 熱が出るので• 月に3~4回発熱• 高熱でダウンしやすく、小2の特に扁桃腺が異常に腫れあがり、高熱と呼吸困難が続いたため、医師から切除手術を勧められ両親は迷いもあったけど、手術を決意したそうです。 今年度に入ってから3、4回の扁桃炎が起こっていることと、年齢の割に扁桃腺が肥大していることから、手術を決めました。 半年間に4回も急性扁桃炎になり、体力、気力、病院代も限界だったため• 2年間は3ヶ月ごとに39度の高熱のを繰り返し、リンパが腫れていたせいで耳痛が4ヶ月続いたので手術を決心しました。 1~2ヶ月おきに高熱を出し日常に支障をきたすようになったため。 喉の痛みから解放されたかったため。 最初は薬で抑えられる範囲だと思っていたが、炎症の間隔が短くなり毎月のように寝込むようになり、生活に大きな影響がでるようになったため。 19年扁桃炎を繰り返していたため、厄年の前に手術を決断• 手術なんて大げさなと思ってたけど今亜年中風邪っぴきもう嫌だ!と思った• 慢性扁桃炎で熱が半端なかったのと抗生物質に一部アレルギーがあり解熱剤に制限があったため• 慢性扁桃炎のため。 口蓋扁桃が感染病巣となり炎症を起こしやすい状態になっていた。 慢性扁桃腺炎のため、掛かり付けの耳鼻科から、手術を勧められた。 風邪ひくたびや疲れたとき体力落ちたときに限って、扁桃腺になるため。 そして慢性化したため。 急性扁桃炎から慢性扁桃炎になり三人の医師から手術を勧められた。 慢性化しており、この苦しみから逃れる術は手術しかないと悟った。 慢性扁桃炎で10年ほどは年に2~3回の発熱だったのですが、ほぼ毎月、高熱(39度以上) を数日間発症するようになったためです。 慢性扁桃炎。 慢性扁桃炎で、3カ月で4回扁桃周囲膿瘍を患い担当医• 高熱を出す機会が多く、職場に迷惑をかけるから。 年に何回も扁桃炎を繰り返したため。 扁桃腺炎を繰り返していて毎日点滴通いがめんどくさくなった為。 習慣性扁桃炎と診断され、腎炎防止のため受けました。 何年も繰り返し熱を出していて、癒着が進んだのと、結婚を機に手術でいびきが軽減されればなぁ・・・• 毎月必ず扁桃炎になり、1ヶ月のうち最低1習慣は寝込み抗生物質を投与し続け、何も喉を通らず激やせし大学に通うのが大変だったから。 20歳を過ぎた頃から扁桃腺炎を毎冬ごとに繰り返し手術を受ける前年は点滴治療で治ったと思ったらまた翌週なってしまい入院。 入院を期にもうこんな思いはしたくないと思い手術を決心しました。 年に3-4回、風邪をひくと4-5日間39-40度の熱が続くため。 頻繁に熱が出ていたため。 小学3年生だったので親が決めていた。 月に一週間は高熱で学校を休んでいた為。 扁桃炎による高熱が頻繁に起きていたため。 ひどいときは一月に2 回。 治癒したかと思えばまた高熱。 掛かり付けの耳鼻科の先生に手術をすすめられた。 月1で熱を出し、10日間は下がっても39度という状況だったので。 幼少のころから扁桃腺が腫れ、高熱になることが度々ありました。 しかし、ここ2年は疲れがたまったりすると即座に扁桃腺が腫れあがり、熱も38度を超えるような高熱に襲われるようになりました。 2年間で都合、10回程度会社を休むこととなり、医師に推奨されたので。 毎月必ず扁桃炎になり、1ヶ月のうち最低1習慣は寝込み抗生物質を投与し続け、何も喉を通らず激やせし大学に通うのが大変だったから。 1ヶ月ごとに38度以上の高熱が出たため。 毎月毎月、喉の高熱で点滴を受けるほど酷くなったため。 40度の熱が年に6回以上でたし、腫れて膿がでるのは月1だったから。 8ヶ月で4回、扁桃腺由来の熱が出たため止む無く。 長年の慢性扁桃炎が辛く、手術の決心をしました。 高熱が頻繁に出てしまったから。 扁桃炎でも一週間は動けなくなるから摘出して10日の入院ならやった方が良いと考えて。 扁桃炎を繰り返していたから。 毎年扁桃腺炎を繰り返し、今年扁桃腺炎で2度めの入院をしたこと。 年間10回は高熱を出すから。 一ヶ月に二回は膿が付き高熱でした。 仕事を休むのがいやになりやっと、決断しました。 高熱を頻繁にだしていたから。 高熱を毎回出して、つらいから。 風邪でよく熱が出て仕事休んだり、喉が腫れたりがあり、無呼吸症候群でいびきが気になるために手術。 扁桃炎を年に4回起こし、昨年は4回目で40度の熱が1週間続いた為。 費用や休暇で悩んだので、手術をすると決めるまで1週間かかりました。 2ヵ月に1回40度近い熱を出していたので、職場への迷惑や体力の限界を感じて、手術を決めました。 年に数回扁桃炎を繰り返し、仕事を休まざるを得ないときがあるため。 上司からの勧め。 去年1年で5回高熱を伴う扁桃炎に罹り、腎臓の病気にも繋がる可能性があると聞き、早いところ治せるものは治そう(摘出しよう)と思ったから。 冬は何度も扁桃炎や溶連菌を繰り返していたが、子供を作りたいので、抗生物質を飲まないようにしたかったから。 二ヶ月おきくらいに高熱がでるので。 繰り返し発熱するため(半年で10回ほど)。 月に2. 3回40度を超える熱をだすようになったから。 扁桃腺が痛くなると高熱が出て、だんだん抗生剤が効かなくなってきたため。 扁桃炎を繰り返しており高熱はあまりなかったが微熱が続いていたこと。 扁桃炎による膿が扁桃腺に常についていて気持ち悪かったこと。 いびきがひどく睡眠時無呼吸症候群になっていたこと。 年に3回以上必ず風邪をひき、就職する前に手術しようと思ったから• 頻繁に熱を出したり、鼻血を出すから。 何度も高熱をだす 2. 扁桃腺に腫瘍ができた。 扁桃炎を繰り返した為。 2週間に1度高熱で3日間寝込んでしまうから。 季節の変わり目には必ず風邪ひくし、完全に風邪が治る前に次に風邪ひき38度超える熱がでたから。 慢性扁桃炎。 月に2,3熱を出すようになったから。 薬は常に手放せないし、疼いているのをなだめて…なだめきれずに発熱の繰り返し。 妊娠中は薬も使えなくなるのでそれも考慮し、決断しました。 出産後、頻繁に扁桃炎になり40度近い熱を3ヶ月に一度だしていて育児に支障をきたすのならと決意しました。 幼い頃から扁桃腺肥大で高熱をだしてましたが、産後のほうが頻繁になりました。 二ヶ月おきくらいに高熱がでるので。 疲れたと思ってなくても、毎月扁桃炎にかかってしまう。 子供の事でこれからもっと忙しくなるし、今年の年末連休が多いので、手術する事にした。 慢性扁桃炎だったから扁桃腺の摘出手術をしました。 常に微熱があり、扁桃が赤く腫れていて、両側の扁桃腺から臭い匂いが常にしており、膿栓が毎日出てきてました。 毎月1回2週間は抗生物質漬けになってしまった。 後、疲れるとすぐ熱が出る。 右側の扁桃腺 慢性的に炎症おこしていたため• 高熱が引かず、点滴治療で1週間入院し、扁桃腺切除を勧められる。 慢性扁桃炎• 膿栓ができ、高熱が頻回に起こるようになったため• よく扁桃腺が腫れて熱が出たから• 度重なる高熱と痛さが辛くて手術をしました。 去年1年で5回高熱を伴う扁桃炎に罹り、腎臓の病気にも繋がる可能性があると聞き、早いところ治せるものは治そう(摘出しよう)と思ったから。 子供の頃から扁桃腺は人より大きかったのですが、手術するほどでもない大きさだったので放置しておりました。 しかし、4ヶ月の間に5回風邪をひき、来年から仕事に就くに当たりこれではマズいと言うことになり、手術を受ける決心をしました。 子供の頃からよく熱は出たようです。 大人になり毎年1度は高熱で倒れてましたが3日あれば大抵治りましたか、今年は既に3回高熱を出ししかも治るのに5日はかかるようになったのと、熱の出方がたかい、40度が3日間が続き喉の痛みも半端なくて唾も飲めませんでした• 扁桃熱が毎月出るようになったので手術を決めました• 月一回のペースで扁桃腺が腫れ高熱が出るから• 慢性扁桃炎で、ずーっと痛いか腫れるか違和感があったから• 年に3~4回だった扁桃炎が2ヶ月に1回ペースになり、社会生活に支障をきたす様になったから。 年に、5回以上の扁桃炎。 ムリをしたりすると、すぐ腫れるようになり、限界だと思い、保険に入り手術を受けました。 繰り返す高熱• 年々、扁桃腺の腫れがひかず、40度近い熱がたびたび出るため、体力のある年齢の間に摘出手術を決断しました。 年に数回、熱が出ていてさほど気なしていなかったが、大学四年生の時に部活を引退してからというもの、毎月2回は扁桃腺で熱が出るようになったため。 高熱を頻繁にだしていたから• 高熱を毎回出して、つらいから。 疲れたりすると、熱がでて、解熱剤を飲んでさげたりしていました。 扁桃腺肥大、慢性扁桃炎と言われ、決断しました。 何度も再発していて辛かったから• 疲れたり、ストレスが溜まると微熱がよく出たため• 高熱で辛いのが嫌になった• 熱がよく出るため。 何度も高熱がでるから• 熱、痛みが一年に繰り返した• 何度も発熱を繰り返す為• 高熱がでてしんどい• 慢性扁桃炎。 40度以上の高熱が度々続き辛かったので。 しょっちゅう喉が痛くなるため• 扁桃腺による発熱が多発したため• 年に何度も扁桃炎になる。 ひどいいびき。 扁桃腺肥大のため声を出しづらいなどの症状に悩まされていたため• 扁桃腺炎を繰り返したため• 扁桃が、腫れて熱発が出るのがひんぱんになり甲状腺疾患持ちのため風邪薬を使えなくて点滴通院も限界に近づいていたので手術に踏み切りました。 毎月の様に高熱を繰り返してる自分と生活を制限してるのが嫌になったから。 発熱を繰り返すから• 微熱が続いたから• 扁桃炎が慢性化し、3ヶ月高熱が出続けた為• 扁桃腺による発熱を繰り返さないように。 月に一度40度の発熱があったから• 扁桃炎何回も繰り返していたため• 慢性扁桃炎で、一ヶ月に数回微熱が続くことがあったため。 また結婚を控えていて早めに手術したほうがいいと思ったため。 繰り返す扁桃炎にて、抗生剤を飲む日々にうんざりしてしまいました。 産後、扁桃腺炎を毎月のように繰り返し、子育てどころでなかったから。 昔から扁桃腺炎を繰り返し、更にしょうせき膿疱症になったから• 毎月といっていいほど扁桃炎となりのどの痛み、高熱が出るため。 頻繁に40度以上の発熱があえううえ、急性喉頭蓋炎で一週間の入院が三回あったので、医師や上司に勧められた• 慢性扁桃炎。 鼻中隔湾曲症もあり、扁桃炎の原因である鼻から手術。 1年後、扁桃腺摘出手術をしました。 就職してからハードワークが続き熱が頻繁でて会社を結構欠勤してた。 ありがとうございます。 <関連記事> 扁桃腺炎・のどの痛みに.

次の

扁桃炎・咽頭炎の喉風邪の痛み・腫れに効く飲み物・食べ物(食事)まとめ!

扁桃炎 食事 おすすめ

もっと見る 扁桃炎にかかると、熱・咳・喉の腫れや痛みといった症状が表れます。 風邪にも似ているので、「うつってしまうのでは?」と心配になるかたもいるかもしれません。 この記事では、扁桃炎が人へうつるかどうかや、予防する方法について解説します。 扁桃炎はうつるの? 1. 扁桃炎は基本的にうつらない 扁桃炎は 人にうつる病気ではありません。 そのため咳やキスなどで人にうつしたり、うつされたりする心配は不要です。 その理由としては、扁桃炎の原因は主に「体内の常在菌」にあるためです。 人の体にはもともと溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌といった菌が存在しており、普段これらは悪さをしません。 しかし免疫力の低下や生活習慣の乱れがあると菌のはたらきが活発になり、扁桃腺に炎症を起こします。 ウイルスによって扁桃炎を発症することはある 直接扁桃炎がうつることはありませんが、風邪・インフルエンザ・他の細菌(溶連菌や肺炎球菌など)・ウイルスに感染することで、扁桃炎を引き起こす可能性はあります。 扁桃炎がうつるというよりは、 「扁桃炎の原因となる菌に感染することはある」と考えるとわかりやすいです。 子どもや赤ちゃんにはうつる? 扁桃炎は大人と同様、子どもや赤ちゃんもうつしたりうつされたりすることはありません。 ただし 乳幼児は免疫力が低いため、様々な細菌やウイルス、風邪やインフルエンザなどにかかりやすいです。 これによって扁桃炎を発症する可能性はあると言えるでしょう。 細菌やウイルスの予防対策 既述の通り扁桃炎自体はうつりませんが、その原因となる細菌やウイルスは人にうつる可能性があるので、各自で予防対策をとり扁桃炎の拡大を防ぐことが大切です。 方法としては主に4つあります。 手洗いうがいをする 細菌やウイルスの感染を防ぐには、手洗いうがいが大切です。 流水で手を濡らしてから、泡立てた石鹸で 手の平・手の甲・指・指の間・爪の間を洗い、しっかり洗い流しましょう。 うがいも欠かさずに行い、清潔なタオルで水気を拭き取ります。 消毒用アルコールを使うとさらに効果的 手洗いの後は消毒用アルコールを使用すると、より感染予防に効果的です。 ただし アルコールは手が濡れていると消毒効果を発揮しないので、水気をしっかり拭き取った後での消毒が重要です。 予防接種を受ける インフルエンザや肺炎球菌などは予防接種を受けられるので、積極的に受けて感染から身を守ることが大切です。 とはいえ感染したとしても重症化は防げるでしょう。 生活習慣を見直す 扁桃炎の主な原因は免疫力の低下です。 これを防ぐには、次のように生活習慣を見直すことが大切です。 栄養バランスのとれた食事を 一汁三菜を基本に、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。 次のようにバランスの良い食事を腹八分程度に摂ることで、免疫力アップにつながります。 野菜や海藻をたっぷり入れた汁物• 肉・魚・卵・大豆製品などを使ったおかず しっかり睡眠を 一日の疲れをとるには、しっかり眠ることが大切です。 睡眠時間が短いと疲れがとれず、脳や体の回復力が低下するため免疫力が下がります。 睡眠前はスマホやパソコンなどのブルーライトを避け、リラックスできる環境を作りましょう。 こまめにストレス発散を ストレスは自律神経を乱し、免疫機能を低下させます。 適度な運動や趣味に没頭する時間をつくるなど、リフレッシュできる機会を設けましょう。 乾燥を防ぐ 室内を適度な湿度に保つ 室内が乾燥していると、ウイルスや細菌が舞いやすい環境になります。 喉を乾燥させない 喉の乾燥も、ウイルスや細菌の繁殖を誘発します。 これを防ぐためにはマスクを着用する、こまめに水分補給するなどの工夫が大切です。 特にエアコンの効いた室内では加湿器を使用していても、思った以上に空気が乾燥していることがあるので、就寝時にマスクを着用することもおすすめです。 口呼吸をしない 口呼吸の習慣がある方も注意が必要です。 口呼吸はダイレクトに空気を喉に送り込むため、喉を乾燥させやすく 扁桃炎の原因菌を増殖させることがあります。 なるべく意識的に鼻呼吸を心がけ、乾燥を防ぎましょう。 扁桃炎が治るのにかかる期間は? 早めに治療を行えば、1週間~10日程度で治ります。 しかし症状が風邪などと似ているため見過ごしてしまうと、悪化して治療が長引く恐れもあります。 細菌による扁桃炎の場合は、抗生物質を服用後おおよそ2日以内に熱は下がるとされています。 ウイルスが原因の場合は、 1週間ほど続く場合もあります。 まとめ 風邪と間違えやすい扁桃炎ですが、人から人へうつる心配はありません。 しかし扁桃炎の原因となる風邪やインフルエンザ、細菌、ウイルスなどは人から人へうつるものです。 日頃から食事や睡眠に気を遣って免疫力を高め、感染予防に努めましょう。

次の

扁桃腺炎の食事でおすすめとNGな食べ物は?痛みを和らげる方法

扁桃炎 食事 おすすめ

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了 扁桃炎の原因について 扁桃炎や扁桃腺が腫れていると言われたことはありますか?扁桃炎とは簡単にいえば、のどの奥の腫れ・炎症のことです。 扁桃腺にはリンパ組織が固まっているため、体の抵抗力に関わっているとともに、のどや鼻から入ってきた細菌がそれ以上気道や肺まで入っていかないようにブロックする働きを持っている部分です。 扁桃炎はその大切な扁桃腺が何らかの原因により腫れてしまい、急に高い熱が出たり、食べ物が飲み込めないほど痛むという病気なのですが、この病気にはどのような原因があるのでしょうか。 ウイルスや細菌の感染 扁桃炎の主な原因はウイルスや細菌の感染です。 最も多いのはウイルス感染で、一般的な風邪と同じ感冒ウイルス(アデノウイルス・ライノウイルス・インフルエンザウイルスなど)が多く、他にもヘルペスウイルスなどが原因になることもあります。 また、細菌が原因のこともあり、主に一般的なのがレンサ球菌で、他にも黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などもあります。 扁桃腺はウイルスや細菌を感知してブロックする部分ですが、ウイルスや細菌が増えてしまうと炎症や膿が出てきて症状を引き起こします。 抵抗力の低下・風邪 通常、体力が十分にあればウイルスや細菌が侵入してきても、侵入させないための闘いに打ち勝つことができます。 しかし、体力が落ちていたり、風邪をひいて粘膜が弱っている状態では、ウイルスや細菌の侵入を容易にさせてしまいます。 空気の乾燥や寒さなど 空気が乾燥している状態では、のどの潤いも足りなくなります。 乾燥したのどの粘膜は抵抗力が弱まり、ウイルスや細菌が付着して増殖しやすくなります。 特に乾燥する冬場にはのどが痛くなりやすいですが、夏場でもエアコンが効いた室内では冷気による乾燥を起こしやすいため、一年中注意しなければいけません。 漢方的に考える扁桃炎の状態とは 扁桃炎のように痛みや炎症がある場合、漢方では「熱」が体にこもっていると考えます。 特に扁桃炎の場合は、首から上の方に熱がこもっている状態といえます。 また、インフルエンザウイルスや風邪のウイルス、冬の寒さなどのことを「寒邪(かんじゃ)」といい、これが体内に入ってくると悪さをすると考えます。 熱がこもっていても、症状として熱が出ない人もいれば、高くなることもあり、膿がたくさん出るような場合もあります。 このように扁桃炎の症状の表れ方や症状には個人差があり、それによって漢方を使い分けることが必要になってきます。 扁桃炎に効く漢方薬の選び方 では具体的に扁桃炎に効く漢方にはどのような種類があるのでしょうか。 症状の出方や発症からの経過、そして体質を合わせて考えながら、自分に適した漢方を選ぶことが大切です。 次から紹介する事例を参考に、ぴったりの漢方を見つけてください。 のどが痛い、せき、のどの腫れがある こんな症状はありませんか? ・のどがイガイガする ・のどが腫れて痛い ・咳が少し出る このように主に のどの症状が強いという場合には、「桔梗湯(ききょうとう)」が勧められます。 桔梗湯はとてもシンプルな処方で「カンゾウ」と「キキョウ」という喉に効く生薬を2種類のみ配合した処方で、のどの炎症に高い効果があります。 普通にお水で飲んでもよいですが、お湯に溶いたものでうがいして、それをゆっくり飲み下すようにすると効果的です。 また、同様にのどが痛い場合に体力に関わらず使いやすい漢方に「駆風解毒湯」があります。 のどの腫れがある・寒気がする こんな症状はありませんか? ・のどの痛みがある ・身体がゾクゾクする ・熱があるが、あまり汗をかかない ・肩こりや筋肉痛などもある このような場合には葛根湯がおすすめです。 葛根湯は主に風邪の初期に使われる漢方として知られていますが、実は扁桃炎にも効果が期待できます。 葛根湯には、体の表面に入ってきている外邪(がいじゃ)であるウイルスや細菌、寒気などが内部に入りこまないように発散させてくれる成分が含まれていますので、扁桃炎にも使用が可能です。 また、風邪の初期でも寒気がなく、喉だけが痛むような場合には「銀翹散(ぎんぎょうさん)」が使われることもあります。 喉が痛み、口が乾きやすい方におすすめです。 炎症と膿がある扁桃炎に こんな症状はありませんか? ・扁桃炎の初期である ・扁桃腺が白っぽく、膿がついている ・のどが腫れている このような方には、排膿散(はいのうさん)または排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)がおすすめです。 これらの漢方は膿がある炎症性疾患に使われます。 扁桃炎の中でも、特に のどの奥の扁桃腺に膿がついていたり、炎症がある場合の初期に用いられます。 そこでこのランキングでは扁桃炎に限らず主にのどが痛む、腫れるといった症状に使われる漢方を紹介していきます。 10位 駆風解毒湯エキス顆粒KM 584円 税込• 詳細情報 漢方処方 桔梗湯 剤形 液剤 内容量 3本 用法・容量 成人(15才以上)1本/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 喉が痛い方におすすめの液体タイプで飲みやすい桔梗湯 桔梗湯はのどの痛みに特に即効性が高い漢方薬であり、扁桃炎にも効果が期待できます。 でも、のどが痛いな・・という時、外出先で粉末タイプの漢方薬を買って飲むのはちょっと大変ですよね。 このクラシエの桔梗湯内服液ならば、液体なので買ったらその場ですぐに飲むことができます。 すでに溶けた状態で胃腸に届くので吸収も速やかです。 扁桃炎および扁桃周囲炎で特に咳がでる方におすすめです。 4位 クラシエ 銀翹散エキス顆粒 商品画像 商品名 ツムラ漢方 桔梗湯エキス顆粒 ツムラ漢方トローチ桔梗湯 クラシエ 葛根湯エキス顆粒S クラシエ 銀翹散エキス顆粒 クラシエ 桔梗湯内服液 桔梗石膏エキス錠「コタロー」 排膿散エキス錠J サトウ 駆風解毒湯エキストローチ JPS桔梗石膏エキス錠N 駆風解毒湯エキス顆粒KM 特徴 小包装で急性期にも使いやすいタイプ 便利なトローチタイプでダイレクトに届く 定番のツムラの葛根湯は風邪の初期におすすめ のど風邪のときの強い味方 喉が痛い方におすすめの液体タイプで飲みやすい桔梗湯 錠剤タイプで膿を伴うのどの炎症にアプローチできる 膿を伴う扁桃炎に効く漢方 体力に関わらず服用でき、喉の痛みにおすすめ のどの炎症に効く錠剤タイプの漢方薬 体力に関わらず使いやすい漢方 価格 592円 税込 445円 税込 1,438円 税込 1,106円 税込 584円 税込 1,000円 税込 1,350円 税込 645円 税込 2,150円 税込 870円 税込 詳細 漢方処方 桔梗湯 剤形 顆粒 内容量 8包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桔梗湯 剤形 トローチ 内容量 18個 用法・容量 成人(15才以上)2個/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 葛根湯 剤形 顆粒 内容量 30包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 銀翹散 剤形 顆粒 内容量 9包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桔梗湯 剤形 液剤 内容量 3本 用法・容量 成人(15才以上)1本/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桔梗石膏 剤形 錠剤 内容量 48錠 用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 排膿散 剤形 錠剤 内容量 63錠 用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 駆風解毒湯 剤形 トローチ剤 内容量 18錠 用法・容量 成人(15才以上)1個ずつ2個まで/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 桔梗石膏 剤形 錠剤 内容量 200錠 用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 漢方処方 駆風解毒湯 剤形 顆粒 内容量 9包 用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日 医薬品の種類 第二類医薬品 商品リンク 扁桃炎の時や予防のために取り入れたいセルフケア 扁桃炎になった時、お薬を飲むだけではなく他にもセルフケアを取り入れた方が早く治りやすいといえます。 薬を飲んだから大丈夫といって無理をすると、治るものも治らなくなってしまいますよ。 そこで、早く改善するために役立つ、扁桃炎に効果的な対処法を紹介します。 お薬と合わせてぜひ実践してみてくださいね。 のどを乾燥させないため湿度を保つ 扁桃炎やのど風邪の原因に乾燥が挙げられます。 乾燥している部屋はウイルスや細菌が繁殖しやすくなり、のどを乾燥させて傷める原因にもなります。 室内の湿度を十分に保つことで、ウイルスや細菌の繁殖を抑え、のどに適度な湿度を与えることが大切です。 湿度は高すぎてもカビが繁殖する原因になるため、適度な範囲で維持することが大切です。 また、加湿器自体の掃除も毎日行って清潔に使いましょう。 マスクの着用ものどの保湿に効果があります。 苦しくてものどを寒さや乾燥から守るために外出時だけでなく室内でも付けておくと良いでしょう。 十分に休息をとって抵抗力を上げる 辛いのどの痛みを悪化させないようにするには、十分に休息と睡眠をとることも大切です。 抵抗力は疲労の蓄積によって低下しがちなので、体力を回復させることを優先しましょう。 手洗いうがいも忘れずに 風邪の予防方として定番である手洗いうがいは、のどが痛いときにも効果があります。 のどからのウイルスや細菌の侵入を防ぐ意味や、うがいにはのどを潤す意味もあるため定期的に行いましょう。 のどが痛いときは刺激物を避ける のどが痛くて飲み込むのも辛いといった状態のときは、なるべく刺激のある食事は控えましょう。 辛いものや酸っぱいものなど、のどに染みる感じがあるものは避けてください。 のどに良い食品としては、「はちみつ」や「だいこん」があります。 特に家でも作れる「はちみつ大根」はのどを潤す効果があるので作ってみると役に立ちますよ。 大根を生のままサイコロ程度の角切りにして、はちみつを大根がひたる程度に入れて漬け込みます。 1時間もすれば水分がでてくるので、それをときどきスプーンで飲みましょう。 のどに良い自家製のシロップとしてだけでなく、滋養強壮にもなるのでおすすめです。 まとめ 扁桃炎に効く漢方について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?扁桃炎は主にウイルスや細菌感染が原因ですが、体力が落ちているとより感染しやすくなります。 扁桃炎になったら漢方のような薬の力を借りながらも、しっかり体を休めて悪化させないようにすることが大切です。 今回紹介した漢方が体質に合っているかどうか、よく確認した上で活用してみてください。 この記事を監修したのはこの人!.

次の