承知致しました。 「了解しました」「承知しました」「かしこまりました 」「承りました」の意味と違い

「了解しました」の正しい使い方

承知致しました

会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。 そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズを例文を交えて紹介していきます。 ビジネスメールで使える承諾のフレーズや例文、また、言い回しの違いについてご紹介します。 これらを参考に、万が一承諾メールを送る場面になった際にも、きちんと送りましょう。 承諾する旨をメールで伝える例文 承諾する旨をメールで伝える例文はこちらがあります。 様々な場面で使える承諾メールの「了承いたしました」 「了承いたしました」といったフレーズは様々な場面で使えます。 それでは例文を参考に活用していきましょう。 : ご依頼の件、承りました。 : 訪問時間の変更につきまして、 承知いたしました。 :登録解除の件、了承しました。 : 日程変更の件、了承いたしました。 :納期延期の件、わかりました。 : ご出席者数の変更の件、かしこまりました。 :忘年会の幹事の件、おやすいご用です。 : 講演会の講師の件ですが、お受けすることにいたします。 :先日ご依頼いただいた件、お引き受けします。 : 公正証書作成代理のみのご依頼もお引受け致します。 :日程申請いただいた件について、下記のとおり受諾いたします。 :ご依頼のお仕事の件、喜んで協力させていただきます。 :どこまで期待に応えられるか分かりませんが、私が少しでもお役に立てれば幸いです。 : 本日からお世話になります。 微力ながら精一杯がんばりたいと思います。 :プロジェクトリーダ就任の件、承知いたしました。 ご期待に添えるよう精進いたします。 :及ばずながら、お力になれれば幸いと存じます。 メールで使う承諾フレーズの違いとは ビジネス上で、承諾の旨を伝えるメールを送る時に 「分かりました」 という意味合いで使われる言葉に 「了解しました」 「承知いたしました」 「了承しました」 「かしこまりました」 などのフレーズがありますね。 皆さんはこの承諾の旨を伝えるメールでのフレーズの意味と使い分け方を理解できていますか?いざ承諾の旨をメールで送る時に、どのフレーズを使ったらいいのだろうと悩んでしまう事はありませんか? 「了解いたしました」とは目下に対して使う言葉 「了解いたしました」は、承諾メールで送る時は同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「了解いたしました」というのは、「了解」に「いたしました」をつける事で、丁寧語にはなりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。 「承知しました」とは目上の人に使う適切な言葉 「承知しました」は承諾の旨を伝えるメールでは尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。 ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。 お客様や目上の人に使わないよう注意しましょう。 この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が承諾の旨をメールで伝える時の正しいフレーズの使い方です。 ビジネスメール例文フレーズ「承諾」 依頼や申し入れへの承諾には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。 依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 ぜひ、日程の調整をさせて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 メールを頂き、誠にありがとうございます。 この度はミーティングのご提案を頂き、誠にありがとうございます。 ぜひ、直接のお話をさせて頂きたく存じます。 ご予定の調整のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 それではご連絡をお待ち申し上げております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。 日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。 弊社としましても、 早い段階からご依頼できればよかったのですが、 社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、 申し訳ございません。 また、次の機会にもぜひ、 お声をかけさせていただきたく存じます。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 「微力ながら」のフレーズで謙虚に相手へ伝える それでは最後に「微力ながら」という、こちらもビジネスメールはお決まりのフレーズを例を使って紹介します。 「微力ながら」は、自分の能力をへりくだって(謙遜して)相手へ言うときの表現です。 自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 ぜひ「微力ながら」の言い回しに困った時の参考にしてみてください。 了承いたしました・微力ながらの例文を参考に正しい承諾メールを送ろう 承諾の旨をメールで伝えるフレーズや、「微力ながら」と謙虚に相手へ伝えるときの言い回しの例文を見ていきましたが、いかがでしょう。 ビジネスシーンでは、きちんと承諾した確認を相手に伝えるマナーというのがあります。 改めて「了承いたしました」は主に目上の人が目下の人に使う言葉ですので、目上の人や取引先の人に使ってはいけません。 「承知いたしました」という言葉を使うようにしましょう。 こういった言葉選びや、言い回しこれは仕事をするうえで、とても重要です。 今回紹介した例文やフレーズを参考にして、どんどんメールのやり取りをすれば、自然とフレーズが身につくはずです。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

次の

「了解しました」の正しい使い方

承知致しました

「承知しました・承知いたしました」の意味と違い、使い方、注意点についてビジネスメールの例文つきで誰よりもくわしく解説していく記事。 まずは結論として、 「承知しました・承知いたしました」の意味はどちらも「わかった・了解した」の丁寧な敬語表現です。 もっと堅苦しくすると「目上のヒトの命令などをうけたまわる」という意味。 例文「面接日程の件につき承知いたしました」 例文「承知しました。 それでは明日10時に伺います」 例文「承知しました。 すぐに用意します」 などのようにビジネスメールの冒頭に使うと目上の方(上司)へはもちろんのこと、社外の取引先(就活・転職メールもふくむ)にも使えるすばらしい敬語表現になります。 とくに上司や取引先から依頼・指示をうけたとき返事として使える敬語です。 「OK、わかったよ!」の敬語バージョンだとお考えください。 で話はもどって、 「承知しました・承知いたしました」の違いは敬語の使い方にあり、「承知いたしました」のほうが丁寧な敬語となります。 くわしい敬語の使い方については本文にて。 ここで注意点をひとつ。 「承知いたしました」は「了解いたしました」と言い換えしても意味・敬語の使い方としてはOK。 でも「了解」という言葉を失礼だと感じてしまう目上のヒトもいます。 たしかに「了解いたしました」という言葉よりは「承知いたしました」という言葉のほうが丁寧です。 これは間違いありません。 ところが「承知」のほうが丁寧だよ、というだけであってこれでは「了解」を使ってはいけない理由にはなりません。 丁寧度を考えると「承知 >> 了解」になるという話。 ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではメール例文をまじえながらくわしく進めていきます。 目上の方や取引先などへ「OK、わかったよ!」と返事をしたいときに使える「承知しました、承知いたしました」ですので、この機会にマスターしておきましょう。 この記事の目次• 「承知しました・承知いたしました」 意味は「わかりました」 冒頭でも解説したとおり「承知しました」の意味は「わかりました・了解しました」です。 「OK、わかったよ、了解!」の丁寧な敬語としてビジネスシーンでよく使います。 承知の意味はおおきく3つ もうすこし詳しく「承知」の意味について考えると… おおきく以下3つの意味があります。 目上の人の命令などをうけたまわること• 相手の願い、要求などを聞き入れること• わかること、知ること 承知=知る+承る(うけたまわる)でなりたちます。 「承知」に使われる「承る(うけたまわる)」の意味 「承る(読み:うけたまわる)」の意味は…• つつしんで聞く• 「受ける」の謙譲語 これを考えると「承知しました」は… 「知って受けましたよ=わかりました!」みたいな意味になるのでしょう。 受けるの謙譲語が「承る」なので「承知」にはもともと謙譲表現をふくむと考えることもできます。 ほかには承諾(しょうだく)、承認(しょうにん)、承服(しょうふく)といった言葉に組み込まれていますね。 これらはいずれも、目上のひとに敬意をはらって使うフレーズです。 自分をへりくだる(下げる)ことで、相手を敬っている。 とにかく「了解」よりも丁寧な表現であることだけは確か。 「承知しましたvs. 承知いたしました」違いは敬語の使い方 つづいて「承知しました・承知いたしました」の違いについて。 さきにも解説したとおり敬語の使い方に違いあり。 そこで、それぞれの敬語のなりたちを復習しておきましょう。 承知しました:敬語のなりたち 「承知しました」は、 原型「承知する」に丁寧語「ます」+過去形を使い敬語にしています。 敬語の一種である 承知いたしました:敬語のなりたち 「承知いたしました」は、 原型「承知する」に「する」の謙譲語「いたす」を使い、 さらに丁寧語「ます」+過去形を使い敬語にしています。 この謙譲語+丁寧語、あるいは尊敬語+丁寧語は敬語のなかでも最上級の丁寧レベルに位置します。 丁寧度は「承知いたしました > 承知しました」 これまでのことから言えるのは…• 丁寧レベル「承知いたしました > 承知しました」 ということです。 目上の人(上司)や取引先・ビジネスメールにつかうときには「承知いたしました」とするのがもっとも丁寧な敬語。 とはいえマナー講師でもない限りは気にしないでしょうけど…。 誤解のないようにしておきますが、どちらも敬語としてはすばらしい表現であり目上の方(上司・先輩)やビジネスメールで使えます。 ただ少し丁寧度に違いがあるよ、ということですね。 「承知しました・承知いたしました」の使い方 「承知しました・承知いたしました」を使うビジネスシーンは、目上の人(上司)や取引先にたいして「了解!」と返事をするとき。 それではビジネスシーンごとにメール例文でみていきましょう。 【使い方】了解メール 「了解メール」のなかには、上司からの指示にたいする了解、取引先の提案にたいする了解、アポをOKする・・・などがあります。 このようなビジネスメールで「承知いたしました」としてあなたの意思を表明する好感がもてます。 例文「承知いたしました。 それでは頂いた案で社内確認をとります」• 例文「承知いたしました。 それでは8月13日10時に伺います」• 例文「承知しました。 いずれもメール冒頭に使うと好感度UPします。 例文「ご承知おきください」 ・意味は「知っておいてください」 ・あらかじめ知っておいて欲しいことがあるとき、注釈に使う ・例)お支払いいただけない場合は法的手段もやむを得ずと考えておりますので、ご承知おきください• お詫びメールでは「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」を使う。 【注意点】「承知しました・承知いたしました」はこう使う! つづいて「承知しました・承知いたしました」を使うときの注意点を解説します。 クレームがあったからといって謝罪メールにホイホイと使ってしまわないよう、十分にご注意ください。 【注意・使い方】「承知!」とは使わない きわめて初歩的なのですが… 「承知しました・承知いたしました」は使っても「承知!」と単体で使うのは止めましょう。 とくに理由もないのですが、このような表現は聞いたことがないからです。 「了解!!」 みたいな感じで「承知!!」と使うヒトがいたら、それはそれでクールでカッコいい使い方なのですけどね。 とにかく目上の人に敬語を使うときには、何かを省略したフレーズを単体では使わないほうが無難。 心の狭いおっさんはそんな些細なことでもキレちゃいます。 【注意・使い方】「理解 vs 承知 vs 了解 vs 了承」の違い つづいて「承知いたしました・了解いたしました・了承いたしました」の違いについて。 「いたしました」の部分はおなじなので「承知・了解・了解・理解」の違いについて語ります。 語源を考えるとわかりやすいので、以下をご参考までに。 理解=理(ことわり)+解(わかる) ・意味や意図を正しくわかる意が中心となる• 了解=了(おわる)+解(わかる) ・相手の考えや事情をわかった上で、それを認める意がある• 了承=了(おわる)+承る(うけたまわる) ・「了承」は「了解」とほぼ同じに使うが、「了解」よりも承認する意が強い• 承知=知(しる)+承る(うけたまわる) ・「承知」は「了解」とほぼ同じ意味だが丁寧レベルの違いあり ・丁寧レベルは「承知 > 了解」となる まぁなんかイロイロ考えると深みにはまるので、例文で考えましょう。 上司の提案がわかる!!の意味で使われるのは「理解」だけ。 上司の提案を受け入れる・承諾する!!の意味で使われるのは「承知・了解・了承」。 使い方の違いは…• 「承知しました」は分かった上で相手を受け入れるときに使う。 「了解しました」もおなじ意味 ただし丁寧レベルが「承知」よりも低い。 「了承」は許しを得たいときに使う 「了承しました」とは使わず「ご了承ください」とお願いベースで使われる。 【参考】 【注意・使い方】「承知いたしました」は二重敬語ではない 「承知いたしました」を二重敬語だから間違い! と解説するウェブサイトがあります。 「承知」という言葉のなかに「承る」という謙譲表現がはいっててかつ、謙譲語「いたす」もあるのだから「謙譲語+謙譲語=二重敬語」になる! ということだと思います。 が、この解説は間違いであり「承知いたしました」は二重敬語ではありません。 なぜなら「承知」の原形はなに? ときかれても誰も答えられないから。 二重敬語とは、おなじことばに対して二回おなじ敬語を使うこと。 たとえば「お伺いいたします」などが二重敬語の例。 行く・聞くの謙譲語「伺う」に「する」の謙譲語「いたす」を使っていて、明らかにダメなやつ。 でも原形の無い「承知」にたいして二重敬語もクソもありません。 「承知しました・承知いたしました」を使ったメール返信例文【全文】.

次の

「了解しました」の正しい使い方

承知致しました

ビジネスシーンでは、お客さまや取引先、上司から何らかの依頼を受けることが多々あります。 今回は、そんな時に返答する言葉、「承知いたしました」「かしこまりました」「承りました」について調べてみました。 謙譲語ではないため、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたります。 では、取引先や目上の人に対しては、どのような言い方が正しいのか。 いくつかご紹介しましょう。 「承知」という言葉には、「事情などを知ること。 わかっていること」「依頼・要求などを聞き入れること」といった意味があります。 「承知する」がすでに謙譲語であることから、「する」を「いたす」という謙譲語に変換せずとも失礼にあたることはありませんが、一般的に、「承知しました」よりも「承知いたしました」とした方がより丁寧な表現であるとされています。 「承知いたしました」の例文• 「打合せ場所変更の件、承知いたしました」• 「承知いたしました。 すぐに在庫を確認して参ります」• 「承知いたしました。 「かしこまる」という表現です。 辞書には、「身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとる」「命令・依頼などを謹んで承る意を表す」と記載されています。 しかしながら、両者の意味を比較すると、「かしこまりました」の方がより敬意を表しているニュアンスが強いことから、どちらかと言えば「かしこまりました」の方が丁寧な表現という見解もあるようです。 「かしこまりました」の例文• 「かしこまりました。 ただ今お届け致します」• 「承る」とは、「受ける」「聞く」「伝え聞く」の謙譲語です。 また、「承」という漢字には、「前のものを受け継ぐ」「相手の意向を受け入れる」という意味があります。 つまり「承りました」は、単に「わかりました」という気持ちをへりくだって言うだけではなく、相手の話や意向・依頼を「確かに引き受けた」「しっかりと聞きました」という表現になります。 基本的には、取引先やお客さまなど、社外の人に対して使う言葉になります。 「承りました」の例文• 「ご注文承りました。 明日、発送致します」• 「ありがとうございます。 いずれも、目上の人や取引先・お客さまなどに使う謙譲語です。 親しい間柄の人に使うと、よそよそしい感じを与えてしまいます。 親しい人には「了解しました」を、上司や取引先には「かしこまりました」を、お客さまの電話では「承りました」を使うなど、相手や状況によって使い分けるようにしましょう。

次の