マッサージ 資格 種類 民間。 マッサージ業界の国家資格別の平均年収と取得費用 | もみすた

資格不要でもOK?マッサージ師として独立開業するために知っておきたいこと

マッサージ 資格 種類 民間

資格をとる方法は? 豊富な種類から目的に合ったものを探す マッサージは、主に国家資格と民間資格の2つに分けられ、リンパマッサージやリフレクソロジー、タイ古式マッサージ、整体、アロマテラピー、カイロプラクティック、あん摩、鍼灸など種類はさまざま。 基本的にはどのマッサージも人の身体の不調を緩和し、心や体を癒す効果があります。 本来、マッサージ師とは国家資格を必要とする「あん摩マッサージ指圧師」のことを指しており、それ以外の多くはセラピストに分類される民間資格取得者です。 セラピストは、独自のマッサージ法などを教えている場合が多く国家資格に比べて比較的に取得しやすいのが特徴ですが、マッサージ師もセラピストも明確な線引きがされておらず、一括りで認識されてしまっているのが現状です。 国家資格と民間資格の取得方法 マッサージの国家資格を取得するには、まず専門学校や大学を卒業して受験資格を得て、試験に合格することが必要です。 資格認定後にでマッサージ師として活躍できるようになります。 民間資格では、目的の民間資格を取り扱う機関の試験を受けて合格する必要があり、難易度は資格によって異なるので、自分の興味があるマッサージの資格取得に合わせて学びましょう。 マッサージは人の体に触れて心身に影響をあたえる施術です。 そのためしっかり学び資格を取ることが大切。 ですから、民間資格と言っても気を抜いてはいけません。 マッサージ関連の仕事に就職するには、資格をもっていることが前提として求められます。 独自で学ぶこともできますが、スクールや通信講座などでサポートを受けながら学べばより効率的に資格をとることができるでしょう。 確実に技術と知識を身につけるならスクールがおすすめ 国家資格はとるならスクールに通い学ぶのが一番です。 はり灸やあん摩マッサージは筋肉や血流、自律神経に働きかけるので的確な技術と知識が必要になります。 それには実際にマッサージの経験を積むことが必要不可欠。 独学や通信では指導を得ることが難しいため、スクールに通うのが良いでしょう。 国家資格だけでなく民間資格も同じです。 最近は仕事をしながらでも通えるスクールが増えています。 午前中もしくは午後に仕事と授業をそれぞれ割り振って頑張っている人も少なくありません。 スクールに通ってマッサージの技術を身につけようと考える人の年齢層も広く、若い世代からシニア世代まで多くの方が受講されています。 育児に忙しい方に向け、特殊な授業スタイルをとっているスクールもあるので、目的の資格や自分の生活スタイルに合ったスクールを探すと良いでしょう。 スクール選びのコツは「学びのコスパ」 マッサージ資格を取得するためのスクールを選ぶ際、最も気をつけて欲しいのが学びのコスパです。 リラクゼーション施設としてのエステが増加している現在、施術を受ける人がマッサージに求めるものは、どんな資格を持っているかではなく、どれだけの技術を持っているか、ということ。 そのためには、一生懸命座学を学ぶのではなく実際に手を動かしてスキルを磨き続けていく必要があります。 学んで終わりにしてしまっては、マッサージの資格は生きません。 卒業後も負担なくスキルを磨ける場が用意されているか、ステップアップ形式で基礎から徐々に学んでいけるか、といった学びやすい環境の有無が人々により癒しを届けていきます。 マッサージ資格の勉強法について リンパマッサージ 人体の仕組みについて一から勉強する必要があります。 かなり複雑なものも多いのですが、スクールでは細かくわかりやすく教えてくれるので安心できるでしょう。 ただ単にマッサージの知識と技術だけを磨けばよいわけではなく、禁忌になることやリンパ体操などに関する知識も求められます。 注意しなければならないのが、受験する資格の種類によってはアロマオイルに関する基礎知識が求められるということ。 よりリラックスをするために、アロマを使ったマッサージを取り入れているところも増えたため、そういった試験を選択する場合はよく勉強しておきましょう。 リフレクソロジー 実技試験を伴うものと伴わないものがあります。 自分が取得しようと思っている資格では実技が行われるかよく確認し、行われる場合はしっかり勉強しておかなければなりません。 リフレクソロジーの理論のほか、身体に栄養素が入った後にどのような働きをするのか、基本的な身体の仕組みなどを学びましょう。 タイ古式マッサージ 通常のマッサージに関する基本的な知識だけでなく、タイ古式マッサージの歴史に関する知識が求められることもあります。 日本のマッサージとは、用いられる基本的な手技も多少異なるため、専門的に勉強しなければなりません。 実際にタイ古式マッサージを受けてみるのもおすすめです。 一度本場でタイ古式マッサージを受けてみるとポイントもつかみやすくなるでしょう。 整体 学科試験のほか、実技試験もあるため、両方について学んでおかなければなりません。 学科については解剖基礎や解剖生理学、運動学、生理学などについて学ぶ必要があります。 近年は生活習慣病が原因で体調を崩して整体を訪れる人も増えたことから、生活習慣病に関する問題が出ることもあるようなのでこちらも学んでおきましょう。 実技内容も試験によって違いはありますが、整体を行ったことにより身体にどのような変化が起きたのか、きちんとバランスが整ったかなどが確認されます。 アロマセラピー 香りに関するテストになるため、普段から生活にアロマを取り入れて自分でその効果を実感しておくと理解しやすいです。 香りを嗅いでその精油が何かを答えるテストや、精油の働きに関する基礎知識、精油の正しい使い方やブレンドなどに関する問題が出されます。 誰でも好きな香りと苦手な香りがありますが、自分の好みではない香りについてもしっかり学んでおきましょう。 カイロプラクティック 筆記試験や実技試験が行われます。 内容は試験によって異なるものの、実技では関節や骨格の歪みなどをしっかり矯正できているかが重視される試験です。 人と接する仕事ということもあり、コミュニケーションの分野から問題が出されることもあります。 普段から人との接し方について考えてみましょう。 按摩 模擬試験や過去問題を参考にした勉強が効果的です。 過去の問題をしっかり確認しておくと、どのような分野の問題が多く出されるのか理解できます。 特に重要とされる科目が解剖学と生理学なので、この2つはしっかり知識を深めておきましょう。 鍼灸 鍼灸の試験で重要とされている科目は臨床医学各論と東洋医学臨床論です。 他には解剖学や生理学からの出題数も多くなるので、このあたりはしっかり学んでおきましょう。 按摩と同じく、過去問題を参考にするのがとても勉強になります。 過去問題をすべて解いてみると自分にとってどの分野の知識が足りていないのか理解できるでしょう。 按摩と鍼灸の場合、学校で専門的に学んだ上で試験に挑むため、普段の授業をしっかり受けておけばそれほど心配する必要はありません。 ただし、学校で学んでいるから対策を取らなくていいと考えてしまうと試験を突破できない可能性も出てくるので注意しましょう。

次の

アロマの資格とは?種類や違い・費用・メリットをまとめて紹介!

マッサージ 資格 種類 民間

あ行の民間資格 41• か行の民間資格 74• さ行の民間資格 70• た行の民間資格 28• な行の民間資格 29• は行の民間資格 58• ま行の民間資格 21• や行の民間資格 8• ら行の民間資格 13• わ行の民間資格 3• A-Z行の民間資格 54• 生活関連の民間資格 62• 法律系の民間資格 5• 会計系の民間資格 4• コンサル系の民間資格 17• 不動産系の民間資格 12• 医療系の民間資格 6• 電気系の民間資格 4• 無線系の民間資格 0 工業系の民間資格 19• スポーツ系の民間資格 15• 教育関連の民間資格 2• ご当地検定民間資格 37•

次の

リンパマッサージの国家資格とは

マッサージ 資格 種類 民間

タイ古式マッサージ師になるには資格が必要? ゆくゆくは自分でタイ古式マッサージの技術を身につけて開業したい、そう思ったとき、プロのタイ古式マッサージ師となるには資格は必要なのでしょうか。 国家資格はなく民間の資格のみ 本場のタイでは、国の保健省が管轄しているタイ古式マッサージですが、日本では国家資格は存在しません。 日本でも、タイ古式マッサージに関する資格は複数存在しますが、それらはすべて民間団体が主催・認定している資格です。 資格、学歴は問われない タイ古式マッサージには、医師のような国家資格は存在しません。 つまり、日本でプロのタイ古式マッサージ師になるためには、資格は必要ないということ。 また、国家資格が存在しないため、学歴や経歴などが問われることもありません。 マッサージを行う場合はあん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許などが必要ともある タイ古式マッサージの施術を行う場合や、お店やサロンを開業するときには資格は必要ありませんが、注意しておきたいこともあります。 日本の法律によると、あんまやマッサージ、指圧、鍼灸といった施術を行うとき、それぞれの免許が必要となりますが、同時にこれらの施術以外のものは、法律的には「マッサージ」と認められていません。 そのため、タイ古式マッサージの施術を行うお店を開業、そこでお客様に施術を行うとき、「マッサージ」と看板に明記したり、メニューに記述したりすると違法となる可能性があります。 また、マッサージと明記するときには、治療行為ではないことや、あんまやマッサージ、指圧でないことをはっきりさせる必要があります。 そのため、タイ古式マッサージのお店やサロンでは「リラクゼーション」「トリートメント」とうたうケースが多いようです。 タイ古式マッサージ師の資格の種類 それでは、日本で取得できるタイ古式マッサージの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格 「JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格」は、日本タイ古式マッサージ協会が発行する認定セラピストの資格です。 この資格はタイ古式マッサージに関する知識と技術を持ったセラピストとしてサロンで働く人や、開業を目指す人のために開発されたもので、本場タイの「タイ伝統医療協会」と提携、専門的なカリキュラムを導入しているという特徴があります。 そのため、本物のタイ古式マッサージに関する知識と技術を習得することはもちろん、人間の身体に関する専門知識やマーケティング能力などを身につけることができます。 IBMA認定 タイ古式マッサージセラピスト 「IBMA認定 タイ古式マッサージセラピスト」は国際ボディメンテナンス協会が発行しているタイ古式マッサージセラピストのための資格です。 タイの政府文部省・厚生省と提携していて、講座を受講して試験に合格することで、タイ国政府文部省・厚生労働省指定校の修了証を取得することもできます。 資格にはベーシックとマスターがあり、ベーシックではエネルギーラインに沿った100種類以上の古式マッサージを学ぶことができます。 マスターでは、姿勢の分析や姿勢改善のためのストレッチテクニックや、資格コース指導法を学ぶことも可能で、セラピストの育成も可能になります。 なお資格の取得後は認定団体のバックアップを受けることで、指定校や認定教室での開講も可能になります。 TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト資格 「TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト資格」は日本トラディショナルタイマッサージ協会が主催する資格です。 この資格の特徴は、セラピストからセラピストを育成する指導員として活動できる資格まで、七つの段階に分けて資格が設定されているという点。 最初から高いハードルが設定されている場合、なかなか学習が追い付かず、ついついあきらめてしまうという経験がある方も少なくないかもしれませんが、細かくステップを設定することでモチベーションを保つだけでなく、しっかりと段階に応じた知識と技術を身につけることができます。 資格の取得方法 日本国内でも様々な資格が設けられているタイ古式マッサージ。 では実際に資格を取得したいと思った場合、どのような手順があるのでしょうか。 日本のスクールに通学する タイ古式マッサージについての資格を取得したいと考えたとき、もっとも一般的なのが日本国内のスクールに入学、通学して技術を学ぶという方法です。 日本の場合、タイ古式マッサージに関する国家資格は存在せず、民間の団体が主催・認定する資格のみです。 これら民間団体は、多くの場合スクールを開講していて、そこで所定の講座を受講したり、試験に合格したりといった手順を踏むことで資格を取得することができます。 ただし、それぞれの団体によって資格取得のための条件が異なることや、内容にも違いがあるため、スクールを選ぶときには立地や学費だけでなく、自分が通うスクールがどのような資格を主催・認定しているのか、その資格を取得するとどのようなメリットがあるのかといった点をあらかじめ知っておくとよいでしょう。 タイに留学する タイ古式マッサージに関する資格を取得したいという場合、思い切ってタイに留学するという方法もあります。 タイでは、タイ古式マッサージに関する国家資格があるため、タイに留学してスクールに通い、試験に合格するとタイの国家資格を取得することができます。 もちろん、タイの国家資格をそのまま日本でも使うことはできませんが、タイの国家資格を保持していると、サロンやお店などで働くときにも、自分でお店を開業する場合にもお客様からの信頼を得ることができるため、非常に便利です。 最近では、タイのスクールでも日本人の受け入れ態勢が整っているところや、日本語による通訳サービスを行っているところも少なくなく、費用の面でもリーズナブルになっていることもあるため、タイに留学してタイ古式マッサージの資格を取得する人は年々増加していると言われています。 入社してから会社で受講して取得する タイ古式マッサージのサロンやお店の中には、未経験者歓迎というところもあります。 そういったサロンなどでは、入社後に研修を行い、タイ古式マッサージの技術や知識を習得することができます。 また、それらのお店の中には民間団体と関係の深いところもあるため、実際の施術や実務を通じて勉強して、それから資格を取得することができます。 また、ワークショップを行って技術を身につける企業や、タイの認定資格が取れる社内スクールを設けているところなどもあり、どのような内容が学べるか、どのような資格が取得できるかは企業によって異なります。 まとめ サロンやお店で働く場合にも、自分で開業する場合にも、取得していると非常に便利なタイ古式マッサージの資格。 もしこれからタイ古式マッサージを仕事にしたいと考えている方は、思い切って資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の