スライム チャンク 統合 版。 【スライムチャンクを調べる!】スライムファインダーの見方と使い方|ぜんくら。

PS4から統合版のサバイバルで戸惑うことを解決します~座標・スライムチャンク・天空トラップタワー・シミュレーション距離~

スライム チャンク 統合 版

スライムが出現(スポーン)する条件 スライムが出現する条件は下記の通りです。 プレイヤーから適度に離れていること(エディションにより異なります)• 高さ2. 5マス以上、縦3マス横3マスのスペースが存在する(高さ2. 5マス未満だと小型・中型スライムのみスポーンします)• さらに以下二つの条件どちらかを満たすこと 湿地帯に出現 スライムは湿地帯に自然発生します。 z座標(高さ)が50~70の間で、さらに明るさ7以下の時に出現します。 つまり、湿地帯であれば通常モンスターと同じ条件でスポーンするということですね。 ただし、ゾンビやスケルトンなどの他のモンスターも湧くので効率が良いとは言えません。 スライムの出現確率は月の満ち欠けに影響し、満月の時に最も出現しやすくなります。 反対に新月の時には全くスポーンしなくなります。 大量にスライムボールを集めたい場合はスライムチャンクがオススメです! スライムファインダー スライムチャンクを自力探すのは困難です。 外部サイトを利用しましょう。 統合版 スライムチャンクの探し方 まずは統合版でのスライムチャンクの探し方をご紹介します。 PC・Win10、Switch、PS4、スマートフォン、タブレット、XBOX ONEなどが当てはまります。 自分の現在位置を調べる まずは自分の現在位置を調べましょう。 オプション画面から「座標を表示」にチェックを入れます。 すると上記のように座標が表示されます。 X座標とZ座標をメモしておいてください。 今回の場合は「X座標309」「Z座標-466」ですね。。 座標はマイナスが付く場合もあるので、マイナスまで含めてメモしてください!(例:Z座標-466) スライムファインダーに情報入力 スライムファインダーに情報を入力します。 seed値は入力しなくてOKです。 「Bedrock」(統合版)を選択します。 ブラウザによっては「岩盤」と表示されてることもあります。 (機械翻訳による誤訳です)• 先ほど調べた現在位置の座標を入力します。 「Go」ボタンを押します。 すると現在位置が赤丸で表示されます。 スライムチャンクは緑の四角で表示されます。 近場のスライムチャンクを選択し、座標をメモしておきましょう。 PC・Java版 スライムチャンクの探し方 次にPC・Java版のスライムチャンクの調べ方をご紹介します。 Java版の場合は「seed値」「現在位置」が必要になります。 自分のワールドのseed値を調べる まずは自分のワールドのseed値を調べましょう。 スライムチャンクを見つける際に非常に役に立ちます! スライムチャンク内でスライムを探す これでやっとスライムチャンクを特定することができました。 いよいよスライム探しになります。 その前にスライムが湧く条件をもう一度確認しておきましょう! 【スライムが湧く条件】• スライムチャンク内でz座標(高さ)が39以下• プレイヤーが適度に離れていること(エディションにより異なります)• 高さ2. 5マス以上、縦3マス横3マスのスペースが存在する(高さ2. 5マス未満だと小型・中型スライムのみスポーンします) となっています。 つまり、 z座標 39マス以下まで掘り進めて、天井まで3マスの広い空間を用意する必要があります! スライムボールを大量に手に入れるにはを作らなければいけませんが、大変な時間と手間がかかります;; まとめ 今回はスライムボールの集め方をご紹介しました。 ギミックを作るためには欠かせないスライムボールですが、普通にプレイしていては中々手に入れることができません。 効率的に集めるにはスライムチャンクを利用すると良いでしょう!• スライムは湿地帯もしくはスライムチャンクにのみ出現します。 湿地帯には他のモンスターも湧くため、スライムチャンクがオススメです。 スライムチャンクはスライムチャンクファインダー(外部サイト)を使って調べるのが簡単です。 スライムチャンクは拠点の近くにある物を利用するのがオススメです。

次の

【マイクラ】チャンクが表示されないスイッチでも出来ちゃう、チャンクの境目の調べ方!【統合版】

スライム チャンク 統合 版

スライムチャンクを掘るためのツルハシ たくさん• チェスト 2個• ホッパー 8個• 砂 1個• サボテン 3個• 丸石など 1個• フェンス 8個• 鉄ブロック 4個• くり抜かれたカボチャorジャック・オ・ランタン 1個 スライムチャンクを探す そもそもスライムとは、湿地とスライムチャンクにしかスポーンしません。 なので、スライムチャンクを発見してそこにトラップを仕掛けます。 まずは、というサイトのSLIME FINDERを使って、スライムチャンクを探します。 上の赤丸部分にシード値、下の赤丸部分に現在地のX,Z座標を入れて「Find Slimes! 」ボタンをクリックすると、スライムチャンクが表示されます。 中心の赤い点が、プレイヤーがいるところで、緑色の四角がスライムチャンク…スライムがスポーンする場所です。 また、チャンクは、ワールドジェネレータ(乱れを位置付けて地形を生成するアルゴリズム)がワールド を管理しやすいように分割する技法である。 このようにシード値を表示してくれます。 座標を調べるには、「F3」と「G」を同時に押すと、デバッグ画面が表示されます。 赤い四角で囲ったところが、今プレイヤーが立っている座標です。 このうち、XとZ座標を使います。 あ、シード値と座標はリアルに遊んでいるワールドのものです。 興味があったらお使いくださいwww スライムチャンクを掘る スライムは高さ40以下でスポーンします。 スライムチャンクを見つけたら、まずは高さ40以下まで掘っていきます。 途中、渓谷とかにあたってしまうとちょっと厄介ですね。 スライムチャンクが周辺に複数あるはずなので、掘りやすそうな場所を選んで作業してみてください。 スライムチャンクの近くに来たら、チャンクの境界を表示させましょう。 「F3」と「G」を同時に押すと、チャンクの境界線が表示されます。 もう一度押すと消えます。 黄色いあみあみが境界線、青いライン(見る方向によって赤もあり)がチャンクの角の部分です。 画像でプレイヤーが立っているところがY座標34です。 この空間はY座標34~40の高さを掘っています。 スライムチャンクの周りに水流を流して処理するタイプのトラップを作ろうとしていたので、スライムチャンクより3ブロック広く掘っていますが、これは掘りすぎ。 スライム以外のモブが沸かないように沸きつぶしをしっかりします。 スライムは明るくてもスポーンします。 この掘る作業が終われば9割完成。 ここまでの地道な作業だけ、頑張ってください! トラップ部分 トラップ部分の土台を作ります。 チャンクの真ん中あたりに1ブロック掘って砂を置きます。 まわりをぐるりとホッパーで囲みます。 ホッパーはラージチェストに向かって連結させてください。 土台が出来たら、砂の上にサボテンを3ブロック置き、その上に丸石などの石系ブロックを置きます。 石ブロックの周囲(横)に仮ブロックを置き、その上にフェンスを立ててから仮ブロックを壊します。 この時、2か所だけ後からフェンスを設置します。 理由は次の項目へ。 アイアンゴーレムの召喚 アイアンゴーレムは自分で作ることができます。 縦の丁字形に4つの鉄ブロックを置き、カボチャかジャック・オ・ランタンをその上に 最後に設置する。 カボチャは最後に置かなければアイアンゴーレムは誕生しない。 カボチャは顔がついているやつです。 普通のカボチャでは反応しません。 必ずカボチャを最後においてください。 ブロックの配置はこうなります。 赤い矢印で指している、「アイアンゴーレムのわきの下」にあたる部分に他のブロックがあるとアイアンゴーレムになりません。 なので、周囲をフェンスで囲むときに、2か所だけ開けておいてください。 穴の開いたカボチャを置いた瞬間に、ブロックがアイアンゴーレムにかわるので、そのあとに残りのフェンスを設置するようにしましょう。 完成図はコチラ。 スライムチャンクにスポーンしたスライムが、アイアンゴーレムに向かっていき、サボテンで自爆します。 効率と待機場所 1時間放置後の効率です。 スライムのスポーン数は月齢に左右される(満月の時Maxで、新月の時はスポーンしない)ので、満月のころだともっと効率がいいかもしれません。 スライムのスポーン条件は、次の通り。 なので、25~32ブロック離れたところで待機するとベストです。 プレイヤーが25ブロック以内にいるとスポーンしない• 32ブロック離れるといったんスポーンするが徐々にデスポーン• 128ブロック離れるとすぐにデスポーンする 実はこのスライムトラップは拠点の家の地下に作っていて、家のベッドがあるところから縦方向に30ブロックくらい離れることになります。 待機させるにはちょうどいい箇所なんですよね。 スライムチャンクは結構あちこちにあるはずなので、待機しやすい箇所に作るのがベストです。 もし思うような場所に作れなかった場合は、30ブロック離れたとこに待機場所を作って、自動釣り機なんか置くといいかもしれませんね!!!.

次の

【マイクラ】チャンクが表示されないスイッチでも出来ちゃう、チャンクの境目の調べ方!【統合版】

スライム チャンク 統合 版

統合版ではコレが1番簡単なスライムトラップだと思います。 作る前の注意 今回作るスライムトラップは統合版で動作を確認しています(Windows10、ver1. 他のエディションでは動かない場合がありますので、1度クリエティブモードで動作を確認してください。 PC・Java版ではモンスターの出現条件が異なるため、正しく動作しません。 Java版の作り方はコチラをご確認ください。 統合版(BE版)• Windows10版(Java版とは別です)• Switch版• PS4版• スマートフォン、タブレット版(旧PE版)• Xbox ONE版 正しく動作しないエディション• 申し訳ありません。 統合版スライムトラップの概要 スライムは特定の場所(スライムチャンク)、高さ39以下に出現します。 スライムチャンクの探し方は後ほど詳しく説明しますが、平原で高さ39まで掘ると考えておいてください。 このような穴を掘ると、穴の底にスライムが出現します。 穴の底に出現したスライムはアイアンゴーレムで誘導します。 画像のように配置することで、アイアンゴーレムとスライムを接触させることなく、サボテンに誘導することができます。 サボテンの接触ダメージでスライムを処理し、下に置いたホッパーでアイテムを回収します。 1時間放置して集まったスライムボールの量です。 普通にプレイするなら、このペースでスライムボールが集まれば十分だと思います。 準備するもの• 鉄ブロック、ホッパーを作るのに大量の鉄インゴットが必要になるのでそこだけ少し面倒です。 必要な道具は少ないですが、大きな縦穴を掘ることになるのでツルハシ、スコップを大量に用意しておきましょう。 場合によってはを使うのもアリです(ビーコンは採掘スピードがアップする建築物です。 ) 統合版スライムトラップの作り方 まずは平原を探す 後で詳しく説明しますが、スライムトラップは平原(平らで何も無い場所)に作るのがオススメです。 山、森、ジャングル、川のある場所は避けてください。 平原を見付けたら座標を確認しておいてください。 スライムチャンクを探す スライムはどこにでも出現するわけではありません。 「スライムチャンク」と呼ばれる特定のエリアに出現します。 スライムチャンクを探すにはスライムファインダー(外部サイト)を使いましょう。 次のような順番で操作してください。 seed値は入力しなくてOKです。 (Java版では入力する必要がありますが、統合版では不要です)• Bedrock(統合版)を選択します。 お使いのブラウザによっては「岩盤」と書かれている場合もあります(機械翻訳による誤訳)。 現在の座標を入力してください。 最後に「Go」ボタンを押します。 するとこのように、現在地が赤丸で表示されます。 スライムチャンクは緑色のブロックで表示されています。 最寄りのスライムチャンクを見付けましょう。 良い場所が見つかったら座標をメモしておきます。 先ほどのスライムチャンクを参考にし、掘る場所を確認します。 座標を間違えるとスライムが出現しないので、しっかりと確認してください。 スライム穴を掘る スライム穴を掘り始めます。 スライムは「スライムチャンク」「高さ39以下」という条件で出現します。 高さ39になるまで掘りましょう。 綺麗な箱型になるように掘りましょう。 穴掘りが最も大変な作業です。 ツラいと思いますが頑張ってください。 どうしても厳しい場合はを使うのもアリだと思います。 穴が掘れたらスライムが出現するのを確認してください。 モンスターはプレイヤーから少し離れていないと出現しないので、穴の上(フチ)で待機して様子を見てください。 もしスライムが湧かなかったら座標を確認してください。 穴の底にモンスターが湧かないように、松明を置いて湧き潰しをします。 モンスターは松明を置くと(一定以上の明るさを確保すると)出現しなくなりますが、スライムは明るさの影響を受けません。 松明で湧き潰しをするとスライムだけが出現するようになります。 スライム処理装置 次にスライムを処理するための装置を作ります。 どの辺でも良いので横穴を掘ります(辺の中心になるように掘ってください)。 横3マス、高さ3マス、奥行き4マスのスペースで掘ってください。 床1マス分を掘り下げてください。 チェストとホッパーを画像のように置いてください。 必ずチェスト向きになるようホッパーを設置してください。 スニークしながらチェストに向かってホッパーを設置すれば連結することができます。 Windows10版ならShift押しでスニーク状態になります。 ホッパーの中心に砂を置き、その上にサボテンを3マス分置きます。 サボテンは砂の上でしか育たないので注意しましょう。 スライムが奥に入らないようにガラスで覆います。 誘導用アイアンゴーレム 次に誘導用のアイアンゴーレムを設置します。 先ほどの穴を上側に広げます。 横3マス、高さ4マス、奥行き2マス分ひろげてください。 柵とハーフブロックを設置します。 誘導用アイアンゴーレムを設置します。 画像のように鉄ブロックとカボチャを置いてください。 カボチャは最後に置きましょう、置く順番を間違えるとアイアンゴーレムになりません。 この状態でスライムが湧くと、アイアンゴーレム目がけて集まってきます。 サボテンでスライムを処理し、ホッパーでアイテムを回収する仕組みです。 近過ぎるととスライムが出現しないので、地上(穴のフチ)で待機するようにしましょう。 地上の湧き潰し モンスターの出現をスライム穴に集中させるため、地上の湧き潰しをします。 面倒な場合は湧き潰ししなくてもOKですが、トラップの効率が落ちます。 待機場所から半径54マス分の湧き潰しをします。 (モンスターはプレイヤーから半径54マスの範囲に湧きます。 ) モンスターは松明を置く(明るさが一定以上になる)と出現しなくなります。 大変ですが、半径54マス全てに松明を置いてください。 より効率を求めるなら、待機場所に立ってから難易度をピースにしてモンスターをリセットしてください。 難易度を元に戻すとモンスターが出現し始めますが、湧き潰しをしているのでスライム穴にスポーンを集中させることができます。 これで完成です!あとは穴のフチで放置してればスライムボールが自動で溜まります。 拠点の近くに作っておけば自然とスライムボールが溜まるようになるのでオススメです。 長時間放置するとファントムが出現するので注意しましょう。 統合版のスライム出現条件 スライムが出現する条件に付いて詳しく説明します。 「興味のない方」「とりあえず動けば良い方」は読み飛ばしても大丈夫です。 【スライムが出現する条件】• スライムチャンク内である。 高さが39以下である。 プレイヤーから半径54マス以内、25マス以上離れている。 「地表」と「地下」で別々に出現数がカウントされ、他のモンスターと合わせて8体しか出現しない。 「地表」と「地下」合わせて16体になる。 「地表」と「地下」は統合版にしかない特殊な仕様です。 「地表」とはその名の通り「空に1番近い地面」のことであり、上に遮る物の無い足場のことを指します。 「地下」とは上に遮る物のある足場のことを指します。 地面の中と考えてもらっても大丈夫です。 今回のスライムトラップでは「地表」の判定を利用してモンスターの湧きをスライム穴に集中させています。 「地下」を利用すればトラップの効率を2倍にすることができますが、半径54マス以内の全ての洞窟を湧き潰しする必要があり、大変なので省略しています。 参考にした動画 今回のスライムトラップはばっちさんの動画を参考にしました。 作り方を動画で確認したい方は是非参考にしてみてください。 まとめ• 統合版で作れる1番簡単なスライムトラップです。 完全放置で自動でスライムボールが集まります。 拠点の近くに作るのがオススメ。 スライムは「スライムチャンク」「高さ39以下」に出現します。 アイアンゴーレムでスライムを誘導し、サボテンで処理します。 今回は統合版で作れる1番簡単でシンプルなスライムトラップを紹介しました。 スライムボールを沢山集めたい方は是非作ってみてください。

次の