競艇選手 体重 重い。 [珍事]女子戦で体重が軽い順で決着が5万舟!!体重差21kgの戦い│競艇万事屋

【競艇】選手の体重による有利不利はある?適正体重とレースの関係性

競艇選手 体重 重い

競艇 (ボートレース )で勝てる (稼げる )人はいるのかと考えたときに見つけたのが、勝てる (稼げる )情報を配信する 競艇(ボートレース)予想サイト。 中には高額な情報料金を請求し、当たらない買い目を提供する 悪徳・詐欺サイトも存在するようだが… ココでは 競艇(ボートレース)予想サイトの予想情報をメインに検証し、本当に勝てる(稼げる) 優良な 競艇(ボートレース)予想サイトを見つけるため、日々日々更新していくよ! 本当に 勝てる( 稼げる) 優良な 競艇( ボートレース) 予想サイト と認定した予想サイトはいくつかある。 正直数人に絞るのもかなり難しかったけど、長い歴史のある競艇(ボートレース)において、 【 レジェンド】と呼ぶに相応しい選手をピックアップしてみたよ~。 競艇(ボートレース)界のレジェンドたちを紹介! 競艇(ボートレース)は昭和20年頃から続いている歴史ある公営競技。 正直まだ競艇(ボートレース)を知り始めて1年くらいの僕には荷が重い題材だけど、今回は自分にとってもお勉強ってことで、頑張って書いていきますか。 競艇(ボートレース)の歴史の中では数え切れないほどのレースが開催されてきたね。 中でも競艇史を代表し、殿堂入りも果たしている歴代勝利数の多い競艇選手(ボートレーサー)を数人ご紹介しまーす! 北原友次(きたはら ゆうじ) 北原友次(きたはら ゆうじ)選手のプロフィール 名前 北原友次(きたはら ゆうじ) 生年月日 1940年5月2日 身長 158cm 体重 51kg 出身 岡山県 登録番号 1481 登録期 5期 デビュー年 1959年 引退年 2005年 SG優勝回数 7回 通算勝率 6. 74 通算勝利数 3417勝 その絶妙なインのさばきから 「インの申し子」と言わしめ人気を誇ったのが、岡山出身の北原友次(きたはら ゆうじ)選手。 通算勝利数は3,417勝を誇る、まさに 日本競艇(ボートレース)界の王貞治的な存在です。 知らなかったけど、すげー。 1940年生まれの北原友次(きたはら ゆうじ)選手がデビューしたのは1959年のことで、1964年には平和島競艇場での第11回全日本選手権を勝利、1978年には総理大臣杯を制するなど、1960年台から1980年台にかけて、数々の全国級タイトルを獲得。 2005年に引退するまでの記念優勝は46回、GI優勝は39回、通算勝率は6. 74と抜きん出た成績を残している。 2005年に引退するまでに積み上げた勝利数を、後進の誰かが打ち破るのは至難の技に違いないね。 倉田栄一(くらた えいいち) 倉田栄一(くらた えいいち)選手のプロフィール 名前 倉田栄一(くらた えいいち) 生年月日 1932年2月15日 身長 160cm 体重 51kg 出身 三重県 登録番号 318 登録期 5期 デビュー年 1952年 引退年 1992年 SG優勝回数 4回 通算勝率 6. 80 通算勝利数 3088勝 競艇界で神様と言ったら、きっとこのかたを抜きにしては語れない。 「神様倉田様」で知られている三重県出身の競艇選手(ボートレーサー)倉田栄一(くらたえいいち)選手。 通算勝利数は3088勝と、北原友次(きたはら ゆうじ)選手に次いで2位と、堂々たる勝利の記録を見れば、まさに競艇(ボートレース)界の神様的な存在。 1932年に三重で生まれた倉田栄一(くらた えいいち)が競艇(ボートレース)デビューしたのは、北原友次(きたはらゆうじ)選手に先んじる1952年のこと。 1961年には第7回全国地区対抗を制し、同じ年の全日本選手権も制するなど圧倒的な強さを見せていた。 1992年に引退を迎えるまでに、記念優勝35回、GI優勝31回、通算勝率6. 80と優れた成績を残してきたことを考えると、 知名度で言えば競艇(ボートレース)界ナンバー1かも? 岡本義則(おかもと よしのり) 岡本義則(おかもと よしのり)選手のプロフィール 名前 岡本義則(おかもと よしのり) 生年月日 1935年2月22日 身長 158cm 体重 50g 出身 福岡県 登録番号 1488 登録期 6期 デビュー年 1959年 引退年 1997年 SG優勝回数 3回 通算勝率 7. 45 通算勝利数 3031勝 通算勝利数が上位の中でも、そのターンのうまさから 「魔術師」と呼ばれたのは、福岡県出身の岡本義則(おかもと よしのり)選手。 積み上げた通算勝利数は3031勝と、競艇選手(ボートレーサー)の中でも3,000勝をクリアしている数少ない選手の一人。 デビューしたのは1959年で、1964年に蒲郡競艇場で第10回 全国地区対抗戦競走、1968年には総理大臣杯を制覇するなど偉業を達成し続けた。 1997年に引退するまでに、記念優勝31回、GI優勝31回、通算勝率は7. 45と、他を圧倒する数字だね。 全国に24競艇場があるうち、17場で優勝をした経験があるほどで、まさに 競艇(ボートレース)界の魔術師の名前に相応しい選手だったんだね! 松井繁(まつい しげる) 松井繁(まつい しげる)選手のプロフィール 名前 松井繁(まつい しげる) 生年月日 1969年11月11日 身長 169cm 体重 50g 出身 大坂県 登録番号 3415 登録期 64期 デビュー年 1989年 SG優勝回数 12回 通算勝率 7. 76 通算勝利数 2257勝 競艇(ボートレース)が盛んな近畿地区の絶対的なエース選手であり、 「絶対王者」という異名を持っている。 選手ごとに苦手な競艇場がありますが、松井繁(まつい しげる)選手の場合は江戸川競艇場を苦手としており、今まで優勝したことがないらしい。 えーっと今は37億円くらいだっけ? こりゃ40億もあっという間だな。 笑 もう既に引退している選手と現役の松井繁(まついしげる)選手を比較してみたけど、松井繁(まついしげる)選手でもまだ2257勝なんだね。 SG優勝回数は圧倒的に多いけど、通算勝利数は届かないんだ。 昔と今の競艇(ボートレース)もそれなりに変化していて勝利数はそこまで伸びないみたい。 それでも レジェンドとしての称号は並大抵のものじゃないから、今後も頑張って是非とも記録更新してくれることを願っております! まだまだ現役で競艇(ボートレース)業界を盛り上げてくださいね! そんじゃ今日はこのへんで~。 競艇初心者でも 稼ぐための 必勝法 予想 をする上で様々な情報を収集して的中 を狙う 【予想のプロ】 がいる。 「競艇(ボートレース)で稼ぎたいけど知識も経験もゼロ。 」 「もっと楽して稼げるようになりたい。 」 「情報収集して稼ぎたいけど、そんな時間や労力をかけるのはちょっと・・・」 という方には 競艇(ボートレース)予想サイトがオススメだ。 競艇(ボートレース)予想サイトとは、 個人では難しい膨大な情報の収集や、データ解析・分析し、僕たちの代わりにレースを予想し、買い目提供するサービスを行っているサイトだ。 今やたくさんの 競艇(ボートレース)予想サイトが存在しているが、そのほとんどは無料で会員登録ができ、無料で予想を提供してくれるサイトも多い。 とりあえず手っ取り早く稼ぎたい方にはこういう手段を使うもアリだろう。

次の

【競艇マスター】予想には選手を確認!チェックするポイントを徹底解説

競艇選手 体重 重い

引用元: しかし、階級だけで選手の強さを判別するのは注意が必要です。 理由は、 同じ階級でも300人ほどの選手が所属しているためです。 これだけ人数がいると、クラスの中で1位~300位ほどの順位があります。 例えば、A1級の300位とA2級1位は実力もそれほど変わらないといえますね。 実際にどの選手が「どの階級の中の何位なのか」ということは分かりませんが、単純に階級だけで判別するということは気を付けた方がいいです。 クラスは選手をざっくり判別するの時のもので、細かい部分は勝率を見ることをおすすめします。 勝率の見方についてもこの後解説していきます! クラスの更新時期も確認 階級は半年に一回、レースの成績によって更新されます。 審査時期と実際に階級の反映時期についてまとめてみました。 審査時期 反映時期 前期 5月1日~10月31日 1月1日~6月30日 後期 11月1日~翌4月30日 7月1日~12月31日 クラスの更新時期で特に注意してほしいのが 6月と12月!この時期は半年以上前の成績を元に決まっているのであまり当てになりません。 反対に、 1月と7月は成績の反映が直近となっているので信頼できます。 選手の番号と色をチェックせよ! 引用元:• 1号艇:白• 2号艇:黒• 3号艇:赤• 4号艇:青• 5号艇:黄色• 6号艇:緑 コースの中で最も有利とされるのはインコースで。 そのため、1号艇の選手はインコースを取りやすくなっており優勢。 つまり、 1号艇の選手は1着になる可能性が最も高いということになります。 また、 A級選手がインコースの時は上位入賞の確率がかなり高いです。 一方、B級選手がインコースで、他にA級選手など階級が高い人がいた場合、B級選手は結局外に流れてしまうことが多いため予想から外しておいた方が無難。 モーニングレースでは実力の高い選手を1号艇に配置する傾向があります。 競艇初心者は、まずモーニングレースからトライしてみるといいかもしれません。 選手の個人のクセをチェックせよ! 引用元: 難水面の競艇場では、特に当地勝率を確認しましょう。 全国24カ所のボートレース場は、選手から見て走りやすい「静水面」と、走りにくい「難水面」に分けることができます。 難水面の競艇場では、そのレース場に慣れていない選手が実力を発揮しにくいという特徴があります。 当地勝率が良ければ、そのコースに慣れていたり、得意としていたりするということが考えられます。 静水面と難水面の競艇場を下記にてまとめているので参考にしてみてください。 静水面:多摩川、浜名湖、蒲郡、常滑、住之江、尼崎、徳山、下関、若松、唐津• 難水面:桐生、戸田、江戸川、平和島、津、三国、びわこ、鳴門、丸亀、児島、宮島、芦屋、福岡、大村 3. 現在開催されているレースの成績を確認 現在開催されているレースを確認しましょう。 出走表の「今節成績」が該当します。 データ数は少ないですが、最新情報を知ることができるメリットがあります。 この勝率が選手の直近の実力という訳です。

次の

競艇のレースタイムを分析してみた

競艇選手 体重 重い

出走表とは?• 勝つための出走表の見方は?• 出走表から見る予想方法は? など、出走表の見方から出走表を使って勝つ方法を解説していきます! 出走表とは?:レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載 「出走表」とは、 各レースに出走するメンバー一覧表のことで、別名『番組表』と言います。 各競艇場の入口などで無料で入手できますよ。 出走表には、レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載されているので、予想の際は欠かせない情報源と言えますね。 また、選手が実際に走るコースの成績は紙の出走表だけではなく、競艇の公式HPでもチェックすることができます。 競艇の公式HPは選手データを分かりやすく表示 競艇の公式HPでは 棒グラフでコース別成績をまとめるなど、選手データを分かりやすく表示しています。 紙の出走表と違い、進入回数や1、2着回数の具体的な数値は分かりませんが、レース直前でもスマートフォンから簡単にアクセスできるのでぜひ活用しましょう。 勝つための出走表の見方は? 出走表には、予想には欠かせない情報がたくさん詰まっています。 では、競艇で勝つための出走表の見方をご紹介します。 00以上で、A1級とA2級を除く勝率上位者 0. 一般戦でA1級選手が1号艇にしかいない場合は、高い確率でA1級選手は1着を獲ることができます。 2連率:その選手が2着以内に入った割合• 3連率:その選手が3着以内に入った割合 を表しています。 2連率・3連率の数値が高い選手は勝率も高いと考えましょう。 節の初日はデータが無いので利用できませんが、 節の最終日には5日分のデータが掲載されます。 公式HPでは出走表の右側に掲載されているので、予想時は確認すると的中率が上がりますね。 出走表を使った予想方法は? 競艇で勝つためには、出走表を使って予想を立てましょう。 ここでは出走表を使った予想方法をご紹介します。 級別は半年ごとに選手の成績に応じて更新されています。 期 審査期間 実施期間 前期 5月1日~10月31日 1月1日~6月30日 後期 11月1日~4月30日 7月1日~12月31日 6月や12月に級別を使って予想する際は、級別が半年以上前の成績を元に決まっているので参考にできません。 逆を言うと、 6月や12月のレースで A1級選手に異常に人気が集まっている(その選手のオッズが異常に低い)レースを見つけたら、間違った賭け方を他の人がしていると考えられます。 級別だけで選手の強さは判断できない 勝つための見方で先述した通り、「級別」は選手を成績が高い順番に並べて、定員数を満たすように決められています。 同じ等級に320人もいるので、同じA1級の選手でも成績1位の選手と成績320位の選手では、実力の差が大きく異なります。 つまり、成績320位のA1級選手と成績321位のA2級選手では、実力の差はほぼ無いとも言えます。 そのため、 級別だけでは選手の細かい実力差は判断できません。 勝率 特徴 人数 8. 00以上 超一流 約10人 2019年後期では7人のみ 7. 00~8. 00 一流 約80人 6. 00~7. 00 そこそこ強い 約300人 5. 00~6. 00 中堅 約400人 4. 00~5. 00 少し実力不足 約400人 3. 00~4. 00 実力不足 約200人 3. 00~2. 00 ほとんど舟券に絡まない 約100人 2. 00以下 絡むことが無いに等しい 約100人 勝率に「1. 00」以上の差がある場合は、明らかに実力が違います。 「現在勝率」は予想の際に最も重要 出走表に記載された勝率には、次の2つがあります。 競艇の公式HPの出走表の「全国」の欄には、紙の出走表の「現在勝率」が書かれています。 選手は必ずどこかの支部に所属し、レースを行なっていないときは所属する支部にある競艇場で練習を重ねています。 つまり、水面の特徴やレース場内の広さなども熟知しています。 その競艇場に慣れているかどうかは、 「当地勝率」で確認できるので参考にしましょう。 また水面の性質を知っておくと、選手の特徴や決まり手も予想しやすいと思います。 下の表で全競艇場を「静水面」と「難水面」に分けたので、参考にしてみてください。 しかし、体重が重い方が有利になるレースもあります。 ベテラン選手はナイターレースで不利• 若手選手は「まくり」が主体 と捉えましょう。 競艇のスタートは、選手がスタートライン付近に設置された大時計を見ながらスタートタイミングを合わせています。 しかしベテラン選手は大時計が見えづらいナイターレースでは不利と思われます。 競艇選手のピークは35歳と言われているので、夜に開かれる ナイターレースでは実力を発揮しづらいと言えます。 若手選手は「まくり」が主体 一方の若手選手は、決まり手で「まくり」の戦略を取ることが多くなっています。 選手歴の浅い若手選手にとって「まくり」は、レバーを握ったままスピードターンを決めるだけなので、勢いがあれば決まることが多いです。 2~6コースの選手の第1ターンマークの戦略では、「まくり」も決まりやすいので第1ターンマークの展開を予想するときに役立ちます。 まとめ:予想の際は出走表の情報をバランス良く使おう! 今回は、選手の情報が掲載されている出走表について解説してきました。

次の