音楽 記号 一覧。 演奏記号

音楽記号・表記一覧

音楽 記号 一覧

強弱記号 強弱記号には一定の強さを表すものと、部分的に出てくるものに分かれます。 一定の強さを表す記号 記号 読み方 意味 ピアニッシモ 非常に弱く ピアノ 弱く メゾピアノ やや弱く メゾフォルテ やや強く フォルテ 強く フォルティッシモ 非常に強く 他にもpppやfffなど3つ、4つと並んでいるものもありますが、楽譜ではピアニッシモ・フォルティッシモぐらいまでがよく出てきます。 部分的に出てくる記号 【クレッシェンド】 だんだん強く弾く。 cresc. と英語で表記されている場合もあります。 【デクレッシェンド】 だんだん弱く弾く。 decrees. と表記されている場合もあります。 (滅多にない) 他に ディミヌエンドという音楽記号もあります。 デクレッシェンドと同じようにだんだん弱くという意味になります。 ディミヌエンドはdim. と表記され、だんだん弱くの場合は かdim. のどちらかで書かれている場合が多いです。 装飾に使われる記号 装飾音符 このように小さく音符が付いている場合です。 文字通り、装飾しているだけなので 短く音を付けて弾きます。 この音符は 拍数には入らない音符になります。 なので拍数が狂わないように、なるべく短く弾きましょう。 トリル 楽譜では1個の音ですが、この記号が付いていたら 2つの音を連続で弾きます。 このようにドの音にトリルが付いている場合。 こんな場合は ドとレを交互に弾きます。 交互に弾く速さはしっかりと決まっているわけではないですが、なるべく早く弾く場合が多いです。 音符で書いたらこんな感じですね。 アルペジオ 和音の音符になっていますが、弾くときは 下から順に弾いていきます。 上記の場合は下から順にドミソと弾いていきます。 順番に弾きますが、これは和音なので 最初に弾いた音は離してはいけません。 弾く速さとしては特に決まりはありませんが、装飾音符よりは少し遅いぐらいです。 オクターブ記号 オクターブとは、同じ音の上の音階や下の音階をさします。 例えばドの音の場合。 1オクターブ上げる記号 楽譜上でこんな記号が出てくるときがあります。 この記号が出てきたら 1オクターブ上で弾きましょう。 この楽譜は これと同じですが見づらいですよね。 なので楽譜では 見やすくする為にオクターブ記号を使って簡単に読めるようになっています。 1オクターブ下げる記号 こちらもこの記号が出てきたら 1オクターブ下げて弾きましょう。 これと同じ意味ですが、やはり見づらい… もっと上や下に線が増えたらすぐに読めないよ… 独学でピアノを弾く 大人になってから趣味でピアノを弾こうと思うと、まずは楽譜の読み方につまづくのではないでしょうか。 でも 楽譜の読み方は一度覚えてしまえば、どんな曲だって読めます。 楽譜が読めたらきっと弾きたくなりますよ! 楽譜は1冊買おうと思うと高いです。 そんな時は欲しい曲が1曲から買えるがとっても便利です。 自宅で購入してプリンターで印刷できる、とってもお手軽な楽譜です。 初級・中級・上級と分かれており、 自分のレベルに合った楽譜を購入することが出来ます。 一応楽譜によく出てくる記号は載せたつもりです。

次の

音楽の楽譜用語、音符、拍子記号の一覧と意味の解説

音楽 記号 一覧

全音符• 付点2分音符• 2分音符• 付点4分音符• 4分音符• 付点8分音符• 8分音符• 16分音符• 付点8分+16分音符 音符• 全休符• 2分休符• 付点4分休符• 4分休符• 8分休符• 16分休符 休符• ト音記号• ヘ音記号• 終止線• シャープ• フラット• ナチュラル• フォルテッシモ• フォルテ• メゾフォルテ• メゾピアノ• ピアノ• ピアニッシモ• ブレス• 4分の2拍子• 4分の3拍子• 4分の4拍子• 8分の6拍子• クレシェンド• デクレシェンド• 反復記号• 反復記号• スラー• アクセント• スタッカート• 速度記号• フルート• オーボエ• クラリネット• ファゴット• ホルン• トランペット• トロンボーン• パイプオルガン• シロフォン• グロッケン• クラベス• シンバル• マラカス• チェレスタ• ヴァイオリン• ヴィオラ• チェロ• コントラバス• ハープ• ピアノ• チェンバロ• ギター• ティンパニ• ティンパニ2• 小太鼓• 大太鼓• トムトム• ボンゴ• コンガ• 三味線• リコーダー運指シール リコーダー運指シール• 鍵盤運指シール 鍵盤運指シール.

次の

音楽の楽譜用語、音符、拍子記号の一覧と意味の解説

音楽 記号 一覧

ある音に他の音を補い華やかさを与えて、旋律を飾るために付け加えた音を 装飾音といいます。 時代様式や作曲家によって様々であり、定型化された装飾音は 装飾記号を用いて記します。 旋律に装飾する歴史は古くグレゴリオ聖歌にも見られ、18世紀頃には装飾することが音楽の基本的な条件の一つになり、この時代の装飾には演奏家が即興的に自由に装飾する自由装飾(イタリア式装飾)と、作曲家が楽譜に小音符や記号で記す定型的装飾(フランス式装飾)がありました。 しかし、定型的装飾もこの時代には共通の定型がありませんでしたので、各国の時代や作曲家により名称や奏法などは様々で現代に至っても演奏上、最も原則を定めにくい分野となっています。 そのため出版されている楽譜で、バロック時代の楽譜に付けられた装飾記号の大半は、作曲者の関係者や後世の演奏家、校訂者が記入したものに他ならず、時代や出版社によって違いやバラつきがあります。 装飾音を示す記号の多くは、その音の動きを記号化したものです。 装飾音の記し方では例外なく基になる音符より小さく記し、そしてどのような高い音でも符尾(棒)は上向きに記します。 基になる音より前に付くものが一般的で、装飾音の種類には、小音符に斜線を持たず原則的にその音符の長さを演奏する 長前打音と、斜線が入った8分音符の小音符でなるべく短く演奏する 短前打音があります。 長前打音は演奏者の解釈により扱い方は様々で、短前打音についても短くの度合いは曲想やもとの速度によって違ってきます。 他に複数の音からなる 複前打音があり、斜線は入れずに小さな16分音符で記され短く奏します。 装飾音の奏法例 装飾記号 定型化された装飾音は「装飾記号」を用いて記され、装飾記号はどれも演奏の動作を助けます。 装飾記号は演奏すべき音を正確に記さないことからも、略記法にも近いものがあります。 トリル は、記号の付いた音とその2度上の音を素早く交互に繰り返して演奏します。 繰り返す回数や音形は曲の速さによって変化します。 モルデント は、その音符とそのすぐ下の音とを1回(複モルデントは2回)反復させて演奏します。 プラルトリラー(プララー) は、その音符とそのすぐ上の音とを1回、 は2回反復させて演奏します。 ターン (転回ターン) は、その音を中心に上下の音を回転するように演奏します。 トレモロ は、1つあるいは複数の音符や和音を素早く反復させて演奏します。 アルペジオ は、和音を同時にではなく下または上から順番に弾いて演奏します。 記号に指示がない場合は下から上に演奏することが多いですが、記号の先に矢印を付けてアルペジオを行う方向を指示している場合もあります。 装飾記号の奏法例 トリル 外国語表記 〔伊:trillo〕 〔英:trill〕 解説 「 その音符と2度上の音を素早く反復させて演奏する」 2度上の音に臨時記号を付けたい場合は、トリル記号の上に臨時記号を付けます。 ギターではハンマリング・オンとプリング・オフを、素早く繰り返して行います。 外国語表記 〔伊:arpeggio〕 解説 「 和音を同時にではなく下または上から順番に弾いて演奏する」 記号に指示がない場合は、下から上に演奏することが多いですが、記号の先に矢印を付けて、その方向を指示している場合もあります。 音符の符尾に斜線を付けて表し装飾的に演奏する。 もとの音符の拍の位置で演奏する場合と、その拍より少し前に演奏する場合があります。 もとの音符の拍の位置で演奏する場合と、その拍より少し前に演奏する場合があります。

次の