コンシーラー 保湿 cc クリーム。 BBクリームはコンシーラーの代わりになる?ムラにならない順番とは

イットコスメティクスとは?話題のCCクリーム&コンシーラーや日本での購入方法

コンシーラー 保湿 cc クリーム

1.CCクリームについて知っておくべき3つのポイント CCクリームは、BBクリーム 医療現場で使われていた保護クリーム の進化系として登場したアイテムと言われています。 BBクリームのような正式な由来はなく、メーカーによってさまざまな名称があり特徴も異なりますが、「Care」と「Control」 ケアと調整 の意味を持っているものが多いようです。 1-1.CCクリームは下地の一種 一般的なCCクリームの特徴は、肌の色ムラを整えてナチュラルな質感に仕上げるところであり、「下地」と「」の役割を担っています。 CCクリームは「下地」の一種であり、次に使うをより綺麗に見せることのできるアイテムです。 商品によっては、CCクリームでもファンデーションの役割を兼ねたものもあるので、確認してみてください。 そのため、単体使用ではなく、上からファンデーションを重ねるタイプのものが多いようです。 CCクリームは、自然に肌色を整えて見せつつ、肌全体の透明感を演出するナチュラルなアイテムと言えるでしょう。 一方でBBクリームは、【止め・下地・ファンデーション】などの機能が1つになっている、カバー重視の保護クリームと言われています。 全体的な肌のカバーを求める方は、CCクリームではなく「BBクリーム」を使用することをおすすめします。 また、濃いシミや色ムラをカバーしたい場合は、を併用すると良いでしょう。 コンシーラーの詳細についてはをご参照ください。 CCクリームの量は少なすぎてしまうと全体をカバーしにくくなり、多すぎてしまうとムラになったり、メイク自体が崩れやすくなってしまったりすることもあるので、適量をつけることが大切です。 の段階で保湿をしっかりと行い、肌によくなじませてからCCクリームを適量つけましょう。 肌にべたつきやヌルツキがなく、しっとりとした質感になってからベースメイクをするのが理想的です。 2.顔の5点 額・両目の下・あご先・鼻筋 にCCクリームをのせます。 鼻筋とあご先は少量で構いません。 3.顔の中心部から外側に向かって伸ばします。 この時、中指と薬指を使ってムラにならないように伸ばしましょう。 第二関節まで付くくらい肌に密着させて伸ばしましょう。 4.あごの下を伸ばします。 首と顔の色がなじむように、境目をよくぼかしましょう。 5.額を中央から生え際に向かって伸ばします。 生え際部分は細かく伸ばしましょう。 6.鼻筋と小鼻を上から下に向かって伸ばします。 ヨレを防ぐため、丁寧に塗り広げましょう。 7.指に残ったCCクリームをまぶたと目の際に塗ります。 まぶたと目の際はよく動く部分なので軽く塗るのがポイントです。 8.スポンジで全体をなじませます。 スポンジで押さえることによって肌に密着しやすくなり、メイク崩れしにくくなります。 9.スポンジの角を使って細かい部分を丁寧に押さえます。 脂の浮きやすい小鼻周りは特に丁寧に押さえましょう。 10.最後にファンデーションを重ねます。 よりナチュラルに仕上げたい日は、ファンデーションではなくフェイスパウダーをのせるのもおすすめです。 商品によって、肌に塗ったときの発色は異なるため、まずサンプルを使用して色味を確認してみると良いでしょう。 自分の肌に合わない色だと、白くなりすぎてしまったり、くすんで見えてしまったりすることがあります。 5.肌らぶ編集部おすすめ!CCクリーム ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいCCクリームをご紹介します。 今回は、メイクしながらのできる日常使いにぴったりなアイテムを選びました。 美容液・化粧下地・コントロールカラー・UVケアの役割を兼ね備えた、エトヴォスのです。 薄付きで、毛穴や肌の凹凸をなめらかに整えます。 気になる色むらをカバーしつつ、抜け感を感じさせる素肌っぽさを演出。 専用クレンジングを使わず、のみでオフできる手軽さも嬉しいポイントです。 6.まとめ CCクリームは「塗り方」と「選び方」を意識すると、ナチュラルに肌色を補正して見せることができ、次に使うファンデーションを綺麗に仕上げることが期待できます。

次の

CCクリームのきれいな塗り方と化粧直し、併用したい時短アイテム

コンシーラー 保湿 cc クリーム

1.CCクリームについて知っておくべき3つのポイント CCクリームは、BBクリーム 医療現場で使われていた保護クリーム の進化系として登場したアイテムと言われています。 BBクリームのような正式な由来はなく、メーカーによってさまざまな名称があり特徴も異なりますが、「Care」と「Control」 ケアと調整 の意味を持っているものが多いようです。 1-1.CCクリームは下地の一種 一般的なCCクリームの特徴は、肌の色ムラを整えてナチュラルな質感に仕上げるところであり、「下地」と「」の役割を担っています。 CCクリームは「下地」の一種であり、次に使うをより綺麗に見せることのできるアイテムです。 商品によっては、CCクリームでもファンデーションの役割を兼ねたものもあるので、確認してみてください。 そのため、単体使用ではなく、上からファンデーションを重ねるタイプのものが多いようです。 CCクリームは、自然に肌色を整えて見せつつ、肌全体の透明感を演出するナチュラルなアイテムと言えるでしょう。 一方でBBクリームは、【止め・下地・ファンデーション】などの機能が1つになっている、カバー重視の保護クリームと言われています。 全体的な肌のカバーを求める方は、CCクリームではなく「BBクリーム」を使用することをおすすめします。 また、濃いシミや色ムラをカバーしたい場合は、を併用すると良いでしょう。 コンシーラーの詳細についてはをご参照ください。 CCクリームの量は少なすぎてしまうと全体をカバーしにくくなり、多すぎてしまうとムラになったり、メイク自体が崩れやすくなってしまったりすることもあるので、適量をつけることが大切です。 の段階で保湿をしっかりと行い、肌によくなじませてからCCクリームを適量つけましょう。 肌にべたつきやヌルツキがなく、しっとりとした質感になってからベースメイクをするのが理想的です。 2.顔の5点 額・両目の下・あご先・鼻筋 にCCクリームをのせます。 鼻筋とあご先は少量で構いません。 3.顔の中心部から外側に向かって伸ばします。 この時、中指と薬指を使ってムラにならないように伸ばしましょう。 第二関節まで付くくらい肌に密着させて伸ばしましょう。 4.あごの下を伸ばします。 首と顔の色がなじむように、境目をよくぼかしましょう。 5.額を中央から生え際に向かって伸ばします。 生え際部分は細かく伸ばしましょう。 6.鼻筋と小鼻を上から下に向かって伸ばします。 ヨレを防ぐため、丁寧に塗り広げましょう。 7.指に残ったCCクリームをまぶたと目の際に塗ります。 まぶたと目の際はよく動く部分なので軽く塗るのがポイントです。 8.スポンジで全体をなじませます。 スポンジで押さえることによって肌に密着しやすくなり、メイク崩れしにくくなります。 9.スポンジの角を使って細かい部分を丁寧に押さえます。 脂の浮きやすい小鼻周りは特に丁寧に押さえましょう。 10.最後にファンデーションを重ねます。 よりナチュラルに仕上げたい日は、ファンデーションではなくフェイスパウダーをのせるのもおすすめです。 商品によって、肌に塗ったときの発色は異なるため、まずサンプルを使用して色味を確認してみると良いでしょう。 自分の肌に合わない色だと、白くなりすぎてしまったり、くすんで見えてしまったりすることがあります。 5.肌らぶ編集部おすすめ!CCクリーム ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいCCクリームをご紹介します。 今回は、メイクしながらのできる日常使いにぴったりなアイテムを選びました。 美容液・化粧下地・コントロールカラー・UVケアの役割を兼ね備えた、エトヴォスのです。 薄付きで、毛穴や肌の凹凸をなめらかに整えます。 気になる色むらをカバーしつつ、抜け感を感じさせる素肌っぽさを演出。 専用クレンジングを使わず、のみでオフできる手軽さも嬉しいポイントです。 6.まとめ CCクリームは「塗り方」と「選び方」を意識すると、ナチュラルに肌色を補正して見せることができ、次に使うファンデーションを綺麗に仕上げることが期待できます。

次の

BBクリームはコンシーラーの代わりになる?ムラにならない順番とは

コンシーラー 保湿 cc クリーム

1.CCクリームとは? よく耳にするCCクリームとは一体どんなアイテムなのか、 まずはたっぷりとご紹介いたします。 ですがCCクリームには決まった定義などはなく、 「Color(色味を) Control(コントロールする)」「Color(色味を) Conditioning(整える)」「Complete(完璧に) Correction(補正)」など、メーカーによってCCの解釈はさまざま。 そのため、色味を補正するためにピンクやラベンダーのカラーをしたものや、カバー力をアップさせるためにの役割も持ったものなど、商品によって少しずつ変わってきます。 しかしどのCCクリームからも統一して感じられるのは、素肌感を演出するナチュラルな仕上がりだということ。 ファンデーションの厚塗り感が苦手という方でも使いやすいアイテムでしょう。 また、CCクリームは効果が高いものも多く、しっとりとした使用感を味わえるものも多いです。 ではこの2つのアイテムにはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれの基本的な特徴を分かりやすく分けると、次のようになります。 どちらにも化粧下地の役割があり、プラスでそれぞれ他の役割も併せ持っています。 まずBBクリームは、日焼け止めからファンデーション、なども兼ねているものが多く、1本で肌悩みなどをしっかりときれいにカバーしてくれます。 そのため、とにかくカバー力重視という方にはBBクリームがおすすめ。 一方CCクリームは、が主な役割で、色を塗って肌をカバーするというより、色味で肌悩みをぼかして補正するという効果があります。 そのため、BBクリームよりはカバー力が弱め。 しかしその分厚塗り感がないので、ナチュラルなを好む方におすすめです。 カバー力が気になる方は、としてCCクリームを使って、その上からファンデーションを重ねるという使い方もあります。 しかし最近では、ファンデーションやコンシーラーの役割を持ちカバー力が高いCCクリームも登場し、さらに止め効果があるものがほとんどです。 それでもやっぱりCCクリームの特徴である軽めのテクスチャーは健在。 丁寧にカバーしながら、ナチュラルに仕上げてくれます。 2.CCクリームの選び方 今ではさまざまなメーカーから発売されているCCクリーム。 種類も多すぎて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。 そこでこちらでは、自分にぴったりのものを見つけるための、CCクリームの選び方をご紹介します。 1本でベースメイクを仕上げたいなら、ファンデーションの役割までしてくれるものを選ぶと、肌悩みまできれいにカバーしてくれます。 お手持ちのファンデーションと合わせて使いたいなら、化粧下地とコントロールカラーの役割を持ち色味を補正してくれるものを。 ファンデーション効果のあるCCクリームにさらにファンデーションを重ねると、せっかくナチュラルに仕上がるCCクリームでも厚塗り感が出やすくなってしまうので注意です! 他のベースメイクアイテムとの組み合わせや、仕上がりのイメージを想像して、自分が求める役割を持ったCCクリームを選んでみましょう。 CCクリームには、肌色に近いベージュやオークル系のカラーのものと、コントロールカラーとしてピンクや紫の色をしているものがあります。 ベージュやオークル系のものなら、自分の肌色やファンデーションの色味に合った、不自然な仕上がりにならないものを選びましょう。 コントロールカラーとしてCCクリームを使うなら、血色感を出したいときはピンクを、透明感を出したいときは紫をなど、自分の肌悩みを補正してくれるカラーのものを選びましょう。 化粧下地や日焼け止め、ファンデーションなどの役割を持つ、パラドゥのCCクリームです。 隠しイエローの効果で、肌のくすみもきれいにカムフラージュ。 薄付きでスルスルと伸び、ぴったりと肌に密着するのでべたつきにくく、その後のファンデーションの色ムラやよれも防いでくれます。 4.CCクリームで簡単ナチュラルメイクを 今回は、人気のCCクリームについてご紹介いたしました。 薄付きでナチュラルなのに、肌をきれいに見せてくれるCCクリームは、若い世代から大人の女性にまでぴったりなアイテム。

次の