復活の日 小松左京。 復活の日

復活の日 小松 左京:文庫

復活の日 小松左京

ってどこかで聞いた話のような? そう、まさに現在、2020年の新型コロナウイルス大流行を預言しているかのごとき内容で、SNSを中心に話題沸騰なんだそうな。 いや、気付いて発掘してきた人スゴイよね。 本書で描かれている「未知のウイルス」により世の中が大混乱に陥っていく過程。 現代社会は、まさにそれを現在進行形でなぞっているように思えて、半世紀以上前にこれを著した小松左京氏の慧眼にマジで恐れ入ります。 最初は小さな扱いだった新聞のウイルスの記事がトップ記事扱いへと変わり、国際面もウイルスの記事ばかりになり、各国が緊急措置命令を次々と打ち出す。 国内では、スポーツも娯楽もイベントが軒並み中止となり、経済指標がどんどん悪化していく。 やがて「報道の向こう側」にあったウイルスの流行が我が事へと迫り、病院へ人々が殺到して診察や治療を受けるために数時間も行列を作って待つ事態に。 病院では他科の医師や看護師までが駆り出されてさながら戦争状態。 そして医師や看護師も次々とウイルスにより命を失っていく。 死体は片付けられる余裕もなく、院内の廊下や台に放置されたまま。 日本政府は非常事態宣言を出すかどうか、自衛隊を出動させるかどうかで紛糾。 都会から逃げ出して、(ウイルスが蔓延していないように見える)地方へ疎開しようとする人々と、そんな人々を入れまいとする地方の人々の間で発生する小競り合い。 ・・・これ、現在のことじゃないですよ。 この小説で描かれていることですよ。 しかも蔓延し始めた季節が春の始め頃という設定までもが現在の状況と重なっていて、よりリアル。 こんな昔に描かれた大混乱を、50年以上も経った世界に生きる私たちが全く同じようになぞっている・・・。 人間は進歩しているのだろうか?と愕然とさせられます。 ちなみに、本書の中にはこんな文章があって。 病原体は、それ自体のもっている 毒性以外のさまざまな要素によって、はじめて社会的問題になる。 まずその病原体が、まだどこでも知られていないこと。 (真偽のほどは定かではないものの)新型コロナウイルスも人為的に作られたものが漏れ出したのでは?なんて噂もありますが、もし仮にそれが真実だったとしたら、社会に与えるインパクトを最大化するよう絶妙に計算された毒性と感染力だな・・・と思わずにいられないですよね。 ただ、既存のいくつかの薬が新型コロナウイルスには効果がありそうだと言われていることが、この小説の設定とは異なるせめてもの救いでしょうか・・・。 行き着く先は・・・ とは言え、こうも現代とそっくりの過程が描かれていると、その先はどうなるの?ってやっぱり気になりますよね。 結論から言いますと・・・。 さらなる悲惨な日々が描かれた後に。 1万人程度の人間を残して、ほぼ人類は全滅するというストーリーです。 ま、小説だからね!と片付けてしまうのは簡単なのですが、でも種の滅びというのは、こういう形で気付かないうちに密やかに始まるのかもしれないな・・・と思わされるリアルさがありました。 今だから読みたい1冊であると同時に、あまりのリアルさに今読むには刺激が強すぎる1冊とも言えますかね。 新型コロナとの戦いが無事に終わった暁には、全力でおススメしたいですが。 ただ、タイトルに「復活の日」とあるように、人類滅亡でストーリーが終わるわけではありません。 とあることをきっかけに蔓延していたウイルスが無毒化され、残された1万人余りの人々が復活へ向けて歩み始めるシーンで終わるのですが、このウイルスを無毒化したものもまた、かつて人類を恐怖に陥れた軍事競争の産物だったという、なんともアイロニックな結末で。 希望のラストシーンなのか、再び悲劇へと邁進するラストシーンなのか・・・、何とも言えない読後感の1冊でありました。 おススメですが至極難解 ということで、後半にいくほど先が気になってページをめくる手が早くなってしまう本書ですが。 正直言いますと。 めちゃくちゃ読みにくいです。 ウイルスの説明なんかも専門的で小難しいし、比喩も多くて文章は回りくどいし、登場人物や場面が次から次へと変わるのでなかなか頭に入ってこない。 いやぁ・・・。 昔の小説って難解だよね。 とつくづく思いました。 この時代って、皆さんこんな難解な小説を娯楽として楽しんでいたんですかね。 最近はサラッと読みやすい小説が多いので、なかなかこういう難解な文章は取っつきにくく、 人間ってだんだんバカになっているのかもしれんのぅ。 なんて思ってしまいました。 え?バカなの私だけ? たまにはこういう難解な文章を読んで、易きに流れがちな脳の力を鍛えた方がいいかもしれませんね。 今月はこれでやっと2冊目と、読書量がめちゃくちゃスローペースです・・・。

次の

復活の日 改版の通販/小松 左京 角川文庫

復活の日 小松左京

今回紹介するのは、 小松左京 著 『復活の日』です! 最初に感想を述べると、 普通に面白かった。 超絶面白いわけではないですが、期待通りに面白かったです。 個人的に、破滅とか、パニック系のSFが好きなので、かなり期待値高めだったんですけど、読み終えるとかなり満足度の高い作品になりました! そして、なによりこの小説の一番すごいところが、 1964年に書かれたってことです。 すごいですよね。 今から50年以上、つまり半世紀以上前に書かれた作品が、SFの分野で現役並みに面白い。 映画でも、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』など、不朽の名作と呼ばれる作品は数多くありますが、 僕は、今作を読んで 芸術作品は永遠だなと改めて思いました。 生物化学兵器として開発されたこの菌を搭載した小型機が冬のアルプス山中に墜落する。 やがて春を迎え、爆発的な勢いで世界各地を襲い始めた菌の前に、人類はなすすべもなく滅亡する…南極に一万人たらずの人々を残して。 人類滅亡の恐怖と、再生への模索という壮大なテーマを描き切る感動のドラマ。 著者:小松左京 出版日:1964年書き下ろし (角川文庫版:2018年8月24日) 映画化:1980年公開 こんな人におすすめ!• パニック系が好きな人• 日本のSFの名作に興味がある人• 「生き残ったのは南極にいた1万人だけ」と聞いて、ワクワクする人 【ネタバレなし】書評 ここからは、皆に読もうと思ってもらえるように、 ポイントを3つに分けてネタバレなしで書評をしていきます。 読もうか迷っている方は是非ご覧ください! ーあと 十万年 ・・・も生きのびれば、人類もようやく「文化」の名に値するものをもちうるだろう。 十万年ーそれ以下では、とてもだめだ。 小松左京 著『復活の日』 1.生物兵器の恐ろしさ 「たかが風邪で人が死ぬ」 この一文をここまで怖く感じるとは。 あなたは想像できますか? だんだんと死亡率が上昇し、病院が患者であふれかえり、人がばったばったと死んでいくその光景を。 終いには、処理が間に合わないために街中に死体が放置され、死臭が充満する地獄の世界ですよ。 たった二ヶ月足らずで。 僕は本書を読んで、 ウイルスなどの生物兵器の恐ろしさを、身をもって実感したような気持ちになりました。 本格SFらしく、ウイルスや細菌などの詳しい説明もあり、とても勉強になりましたし、 また、その毒牙にかかった世界の人々が死んでいく描写も、非常にリアリティを持って描かれています。 現実で100%起こらないと言い切れないところが、SFの面白いところであり、怖いところだと思いました。 2.南極の生活 生き残った人類は、南極にいた1万人だけ。 人類の存亡がかかった状況で、なんと 女性が16人しかいない。 それに対して、男性約1万人、つまり 1万対16の構図です。 漫画でありそうなシチュエーションですね笑 さて、皆さんならこの状況どう解決しますか? なんかいろいろな問題が発生しそうで怖いですけど、南極の人たちはこの状況を乗り越えます。 個人的に結構好きな場面なので、 皆さんも注目して読んでみてください! 3.作品のメッセージ性 『復活の日』は割と、最初の方から作品のメッセージ性が伝わってきました。 そのせいか、 物語に一貫した空気を感じて、すごい読みやすかったです。 人々が絶望の淵に立ったとき、一体何を「 思い」、何に「 気づく」のか。 僕は、この物語を読んでからというもの、日々のニュースに対する見方が変わりました。 殺人や強盗、いじめだけじゃなく、 北朝鮮のミサイル問題などの国際的な問題もそうです。 足下を見ればそこに根本的な答えがあるのではないか、と考えるようになりました。 まとめ ここまでの内容をまとめると、 『 復活の日』は、 SF好きなら読んで損はないよってこと。 すごくおすすめできる一冊なので、ここまでお付き合い頂いた方は是非読んでみてください! 読んだ後、「人間とはなんぞや?」と人間の本質とか可能性を考えたくなるような本だと思います!.

次の

『復活の日』『首都消失』で再注目 小松左京がシミュレーションした、危機的状況の日本|Real Sound|リアルサウンド ブック

復活の日 小松左京

生物兵器を積んだ小型機が、真冬のアルプス山中に墜落。 春になり雪が解け始めると、各地で奇妙な死亡事故が報告され…。 人類滅亡の日を目前に、残された人間が選択する道とは。 著者渾身のSF長編。 【「TRC MARC」の商品解説】 吹雪のアルプス山中で遭難機が発見された。 傍には引き裂かれたジェラルミン製トランクの破片。 中には、感染後70時間以内に生体の70%に急性心筋梗塞を引き起こし、残りも全身マヒで死に至らしめるMM菌があった。 人類滅亡の日を目前に、残された人間が選択する道とは。 著者渾身のSF長編。 投稿者: とも - 小松左京ブームが再来したのか、それとも、この所の「新型コロナ」の影響なのか、この復活の日もそれらに乗るかのように再版されたのを購入。 小説誌に連載されていたのが確か1964年、前回の東京オリンピックに涌いている最中であり、大阪万博なども控えていた時だ。 高度経済成長にあった日本からすれば、異様な作品だったのだと思う。 現代の世界からすれば数世代も前の社会背景ではあるが、自国第一主義を掲げるアメリカ、大国となった中国、ロシアとなった旧ソビエト、そして経済が安定せず何も決められない日本、作品の中で語られる国と現代の差異はあまり無いように思える。 『見えない敵』とそれの犠牲者、各国中枢までに及ぶ恐怖、 時代背景は違うものの、新型肺炎(新型コロナウイルス)の渦中にある現在と照らし合わし、比較しながら読んでみるとなかなか面白い。 小松左京の想像は、まるで現代を見透かしていたようにも見える。 人間という動物は、武器を作り、過保護とも言える恐怖を持ってしか生きられないのではないか。 この小説が暗に記していたのは、如何に人間が愚かで弱い動物ということだろう。 読み始めたのが3月で、死体が累々と横たわり始めたところを読んでいるときに欧州の高齢者介護施設でスタッフが逃げ出して施設に死体が並んでいたニュースが流れていて、現実と書物の世界が重なってゾッとした。 映画の印象があるので1970-80年代に書かれたものだと思っていたら、私が生まれる前、1960年代の作品だと知って驚き。 癌に関するくだりを除けば全く古さを感じさせない。 これほどの科学的知識と考察力がある作家だと、現実になったことを考えて怖くなるのではないだろうか。 東日本大震災に作者は何を見たのだろう。 もし存命だったら今の状況をどう見ただろう。 (結末は異なるが)ネビル・シュートの『渚にて』といい、人類の最後の生き残りは地球の南にいることになるのだろうかと思っていたら、作者は『渚にて』を参照したらしい。 生頼範義が描いたこの表紙が当時の映画のポスターだと思って購入したのだが、調べてみると違っていたらしい。 この画が好きだけど、読み終えるとストーリー盛り込みすぎではとも思う。 壮大なドラマなんだけど、個としての人間ではなく集合体としての人類に深く訴えかける愛、理解、哲学、 決して知識やアイディア・空想にとどまらないSF 核戦争や巨大隕石や未知の知的生命体の襲来でもなく、人類が滅亡していく、それも何が起こっているのかも分らぬまま日常の中で、ちょっとしたなんでもないことを いつもどおり乗り越えたら、明日は必ず来るはずだと、 それすら考えることない中で、急激な加速を伴い、 どうしようもないままで、という描写がとても切ない。 それをもたらしたのが国家という人類の分断であり、世界の幸福に資するべきはずの人間の知的探求心と科学の不幸な行く末だったことも。 自身の人類の最後(最期)の時を迎えて後悔を吐露する姿、自らの死は避けられないものと直視しながらも、ゼロではない可能性にかけ、後世に、自らの名声ではなく何かを残そうとする姿にも、集団を助けるために犠牲になるものを送ることに、外に知らせることなく賭けではなく、自らの命を静かに捧げる艦長・乗組員も。 情報が世界を駆け巡る現在の世界では異なった展開も考えられるが、いまでも・いまだからこそ、ともいえる。 2018年現在の米国大統領の威勢が、本書の前大統領と 同じでないことを祈る。 傍らには引き裂かれたジュラルミン製トランクの破片。 春になり雪が解け始めると、ヨーロッパを走行中の俳優が心臓麻痺で突然するなど、各地で奇妙な死亡事故が報告され始める。 人類滅亡の日を目前に、残された人間が選択する道とは。 (あらすじより) 新型コロナウイルスで復刻したのかな? 確かに現在の状況に似てますね。 作品の中の致死率はえげつないですが。 なかなかの読み応えでした。 しかし、表紙はこうゆうほうが好きだなぁ 最近の表紙はお洒落すぎるし、タイトルで語りすぎるの.

次の