第 五 人格 オフェンス 日記。 第五人格の庭師、医師、弁護士、泥棒の日記の内容をまとめて考察してみた

【第五人格】日本語版声優決定!吹き替え声優はこの人!【アイデンティティV】 【アイデンティティV】

第 五 人格 オフェンス 日記

医師 対ハンター用スキル ハンターに見つかったあとに逃げ切りやすくした内在人格です。 この内在人格のポイントは、雲の中で散歩という足跡減少をしてくれるスキルです。 ハンターに見つかっても足跡が早く消えるので逃げ切りやすくなります。 窓を乗り越えたあと移動速度アップ。 ここまで降れば案外逃げれることも多いです。 逃げ切ってから自己回復を目指します。 もちろんクールタイムがあるので逃げ切れないこともありますが、時間稼ぎにはなります。 逃げながら回復型 このスキルは1つ前の逃げ切ったあとに回復するのではなくて回復しながら逃げます。 私も試しましたがかなり難しい!ですが、回復できながら逃げれたら味方がめちゃくちゃ楽になります。 このスキルは治療時間が10〜20%減少できます。 さらにこの医師スキルで治療速度をアップさせます。 チームのお医者さん型 ハンターからの逃げやすさはそのままにチーム全体を考えて立ち回るスキル振りです。 一番上のスキルまでふると負傷した味方の位置が常に表示されます。 医者以外のキャラクターは中々自分では回復できなかったりしづらいので、負傷してる人を見かけたら積極的に助けに行きましょう!チームの生存力が上がります。 ハンターに出会わないようにする型 このスキル振りはあえて解読みすをしてハンターの位置を知ってハンターに出会わないよう立ち回るものです。 少々トリッキーになってます。 自らを欺くスキルをマックスまでふることで感電しても100%ハンターにに気づかれなくなります。 さらにこのスキルをふることで感電したときにハンターの位置を7秒間表示することができます。 これらのスキルを組み合わせるとわざと感電してもバレないどころか逆にハンターの位置を知ることができます。 近づかれる前に別の暗号機を進めるなど安全に立ち回れます! 庭師 ハンタータイマン用 庭師はイスを壊すのが主な役割ですが、イスを壊すとハンターに位置がバレるので狙われやすいです。 なのでハンターから逃げ切りやすいように、板・窓・足跡・ハンターの向きがわかる内在人格にしています。 さらに他のキャラクターと違うところは庭師でイスを壊せていたら風船にくくられても逃げられる可能性があるので抵抗速度を積んでいます。 耐久アップ型 さきほどのハンター用スキルを少しだけ変更して風船の抵抗速度をロケットチェアでの耐久アップに変えています。 うたた寝スキルをマックスまでふることでロケットチェア発射までのカウントダウンを9%低下させられます。 庭師はもともとロケットチェア耐性が10%あるので、味方の救助や解読すすめに役立ちます。 冒険家 ハンターに追撃させない型 冒険家は足跡が1秒減少する能力を持っていてさらに板や窓を乗り越えてもハンターにバレません。 それをさらに活かした型です。 足跡をマックスまでふることで他のキャラクターにはできない足跡を3秒も減少できます。 ハンターに出会っても逃げ切りやすく暗号解読を進めることができます。 新しく書き直したのでこちらも参考にどうぞ! オフェンス ハンターチェイス時間稼ぎ型 オフェンスは最もチェイス(おとり)に向いています。 スキルはこれらの能力をさらにあげたものです。 基本はハンターに自分を追わせつつ味方の解読時間を稼ぎます。 非常事態にはラグビーボールで逃げれたり味方が風船にくくられたときにタックルすれば助けられたりもできます。 調香師 忘却の香水は決まればチート級!調香師のおすすめスキルはこちら。

次の

【第5人格】オフェンスキャラストーリー解説

第 五 人格 オフェンス 日記

【庭師の日記1】 ・弁護士と泥棒の喧嘩が日に日に激しくなることに頭を悩ませる庭師は、弁護士と泥棒それぞれに仲良くするようお願いしに行く。 ・弁護士は泥棒をゴキブリに例えるなどかなり嫌っている様子(お前が言う?) ・泥棒を探しにダイニングへ行くとそこにちょうど到着する医師。 あとから泥棒も現れる。 ・泥棒は庭師にあからさまに好意を持っている模様(気持ち悪い)しかし、庭師が誘いを断った途端、態度が不穏になる。 ・医師は泥棒とは距離を置くように勧める。 ・ 中庭にはオオカミナスビ(のこと。 有毒植物で、葉表面の油に触れると、かぶれてしまう)が植えられ、その隣には 案山子が立っている。 ・2人の喧嘩について悩む庭師に、案山子が話しかけてくる。 彼(?)は「」と名乗り、庭師の悩みを聞くという。 ・最初は信用しない庭師だが、一応弁護士の要望を泥棒に伝えてほしいとお願いしておく。 案山子は快く了承する。 しかしその姿を泥棒が物陰から見ていた。 【庭師の日記2】 ・その夜から泥棒と弁護士は喧嘩しなくなったので、庭師は案山子を信用し、頻繁に中庭に通うようになった。 ・ 二階の手すりが壊れかけているのを修理しようとしたが、木自体が腐っているため不可能だった。 ・案山子との逢瀬を楽しむ庭師。 そこへ医師がやってきて案山子を紹介してほしいとお願いされる。 【庭師の日記3】 ・医師と仲良くなったらしい庭師。 彼女のことを天使とまで形容する。 ・もっと仲良くなるため彼女の部屋へ向かうところで、泥棒がしていた(気持ち悪い) ・再び泥棒の誘いを断る。 すると、泥棒の態度が急変し、突然殴りかかってくる(気持ち悪い) ・泥棒は屋敷中を追いかけ回して「案山子より俺のほうが良い恋人のはず」と庭師に迫る(気持ち悪い)が、拒絶される。 【庭師の日記4】 ・次の日泥棒は失踪したらしい。 ・荘園の主はみんなを集め、ゲームが始まった。 ・庭師は大きなスーツケースに案山子を詰めて一緒にゲームに参加した。 だが、案山子が入っているはずのスーツケースからはうめき声が…。 (泥棒に似た声) ・庭師は 「昔私の世話をしてくれたように」 案山子を見捨てないと語りかける。 ・医師と弁護士が少し離れたところで会話している。 弁護士から医師を引き離したいが、ハンター(復讐者)が近くにいる。 ・案山子を運びながらハンターを避けて2人のもとへ。 しかし、すでに2人の姿はなく、医療キットが地面に落ちている。 ・医師に気づいてもらうため、案山子を燃やそうと考える(なんで?) ・案山子は「ある意味で自分の一部」であるという。 (人格的な?) 【医師の日記1】 ・医師は昔 「とある事件」 を起こしているようだ。 ・罪を償うためにゲームに参加した。 「 彼女」 を治したいと思っている。 ・泥棒が屋敷内をウロウロして庭師を探し回っている。 医師いわく「気持ち悪い」 ・泥棒からなんとか逃れた庭師は中庭へ向かう。 後を追う医師。 ・案山子とイチャイチャする庭師(案山子は無言) ・医師は庭師と仲良くなり、彼女を治療したいと思っているようだ。 【医師の日記2】 ・ 「彼女」の精神状態は前より悪くなっているらしい。 ・庭師が呼びに来る。 泥棒が2階から落ちて怪我をしたらしい。 ・庭師は 「人の落ちた音」を聞いて駆けつけたらしい。 ・医師は2階の手すりを調べる。 もともと腐っていた木の手すりに何らかの仕掛けがされていることに気づく。 事故ではない? 【医師の日記3】 ・庭師の 「人の落ちた音」 という発言と、手すりの細工を怪しく思う医師。 ・案山子について話す庭師に案山子を紹介してほしいと頼む。 ・道中、庭師からどこの病院で働いていたか尋ねられる。 「 クリニックを経営していた。 たまに精神病院にボランティアへ行った」と答える。 ・精神病院でのボランティアについても尋ねられる。 病院側から治療の「要求」があったりもするらしい。 ・ここへ来た理由を聞かれ 「約束を守るため」と答える。 昔一人の女の子に必ず治すと約束したが、できなかった。 それをずっと後悔しているという。 ・案山子はやっぱりしゃべらない。 医師は庭師の妄想だと思ってはいるが、話に付き合っている。 ・庭師は医師に突然抱きついたり手をつないだりしてくる(百合) ・その様子をのぞき見ていた泥棒が去っていくのに気づく医師。 その後ろで庭師が黒い笑みを浮かべていた。 【医師の日記4】 ・ゲームが始まる前に泥棒は失踪した。 ・エマ……いや リサのためにもゲームに勝とうと決意する。 ・ゲーム中に弁護士に話しかけられ、「金ならいくらでもあるが刺激が欲しくて参加したが、危険すぎるので同盟を組もう」と持ちかけられる。 (嘘つけ金ないだろ) ・2人で軍需工場内へ。 弁護士はこの工場について何かを知っている様子。 ・医師はこの工場名に聞き覚えがあった。 壁に書かれた「I will find you(お前らを見つけ出す)」というメッセージで、ここが騙された工場長レオ・ベーの工場であることを思い出す。 ・弁護士の様子が少しおかしい。 外になにかあるから見に行ってほしいと頼まれる。 ・医師が見に行ってもなにもない。 その時、突然復讐者が襲いかかってきた! 【弁護士の日記1】 ・弁護士は自分からマーシャ(復讐者の元妻)を奪った女を招待客の中から探し出そうとしているらしい。 ・どうやら弁護士はもともと泥棒を知っているようだ。 「慈善家」ではないことも。 だから嫌っているらしい。 ・弁護士が食事のために席に着くと、さっきまであった食器セットがまるごとなくなっている。 嘲笑する泥棒(腹立つ)こいつの仕業らしい。 ・しかたないので、バルブを開けに行く。 しかし、その帰りに何者か(仮面をつけた復讐者?)に襲われる。 ・これが荘園の主が言っていたルール違反の「懲罰」なのかもしれない。 【弁護士の日記2】 ・医師が到着する。 弁護士は病院関係者が嫌いらしい。 ・弁護士は中庭の に触れようとする。 そこへ庭師がやってきて、やめたほうがいいと忠告する。 しかし、弁護士は構わず葉に触れてしまう。 ・弁護士は庭師がなにか企んでると思い、信用していない。 【弁護士の日記3】 ・弁護士がに触れた場所はかぶれて水疱ができ、3日後には潰瘍になってしまう。 ・ダイニングの泥棒の席にブルーベリーパイが置かれてる。 ・だがよく見るとブルーベリーではなく、 の実(もちろん有毒。 死に至ることも)だった。 ・誰がこんなことをしたのか突き止めようと、全員に手を見せるように要求する泥棒(触れればかぶれるため。 でも医師と庭師手袋したまま…) ・弁護士の手にはかぶれた痕が…。 もちろん疑われる。 ・しかし、弁護士の症状的に触れてから2日は経っていると医師が指摘。 の実は夏場に2日も持たないので、2日前に採ったのならパイには使えない。 ・庭師も3日前に中庭で忠告したことを思い出し、その場は疑いは晴れた。 しかし犯人はわからずじまい。 【弁護士の日記4】 ・庭師と医師が会話しているのを物陰から聞く弁護士。 ・会話の内容は医師の日記3と同じ、どこの病院で働いていたか。 弁護士はなにか心あたりがあるようだ。 ・弁護士はして医師の部屋に侵入し、そこで日記を見つける。 ・日記には1枚の古い写真が挟まれている。 (見えづらいけどおそらくアルファベットで " リディア・ジョーンズクリニック"と書いてある) ・弁護士は「 ようやく見つけた」と言い、日記の最後には「マーシャ、 地獄で会おう」と書いている。 【泥棒の日記1】 ・泥棒は食卓に用意されている弁護士が見ていない隙に食器を下げる。 多分単なる嫌がらせ。 ・怒る弁護士に同情する庭師。 ・そんな二人を見て、みんなを軽蔑しているような嘘つき(弁護士)に安い同情をしている(庭師)と思っている泥棒。 【泥棒の日記2】 ・庭師が案山子に向かって独り言を言っているのを目撃した泥棒。 何かを思いついた様子。 ・庭師と弁護士が中庭で話している内容を草むらで盗み聞きする。 (弁護士日記2の内容) ・泥棒は一旦廊下のクローゼットの中に隠れて二人をやり過ごそうとするが、庭師は気づいている? ・泥棒は再び中庭に戻り、の葉に触れないように、 実を採取する。 【泥棒の日記3】 ・金は人間のように歩くものだ。 金が他人のポケットから常に俺のもとへ歩いて来てくれればいいのに、と思っている泥棒。 ・泥棒は階段の上の手すり近くに金貨がおいてあるのを見つける。 ・金貨を取ろうとしたとき、 手すりが折れて1階に落下してしまう。 ・それを目撃していた庭師は医師を呼びに行く。 ・泥棒はその間に金貨を再び回収してから医師の治療を受ける。 ・富裕層の婦人だけを診る医師が、自分のような下等な人間を診るとは皮肉だな、と感じている( ジョーンズ医師と呼んでいる)弁護士に対する態度といい、階級にかなりのコンプレックスがある様子。 ・医師が 指名手配されているからかもしれない、とも。 ・庭師のおかげだから、恩を返さなければと考える。 ・泥棒は案山子の中に入って、庭師を抱きしめる(気持ち悪い) ・庭師は大喜びし、医師も呼んでくると中庭を出ていってしまう。 焦る泥棒。 ・急いで中庭にあったわらで案山子を直し、草むらへ隠れる。 ・医師が来た頃にはもう案山子はただの案山子になっている。 ・これでもう庭師は自分の誘いを断らないだろうと確信する泥棒。 ・ 明日も同じように(案山子のフリを)やろうと思う。 【まとめ】 ・復讐者の元妻のマーシャはすでに故人となっている。 ・死の原因は医師のようだ(医師の背景推理に出てくる"ある婦人"がマーシャ?) ・弁護士はなんらかの理由で参加者の中にマーシャを殺した犯人がいると思い、ゲームに参加した。 (招待状に書いてあったのかも?) ・弁護士は医師の経営していたクリニックの名前から、医師がマーシャを殺した犯人だと断定。 ゲーム中に取引を持ちかけるフリをして罠にかけた。 (ハンターに襲わせた) ・医師が昔治すと約束して果たせなかった女の子は庭師。 ・児童精神病院(元は泥棒の孤児院)にボランティアに行った際、庭師を治療したがその時は治せなかった。 (その後逃亡生活になったからかも) ・庭師と再会した医師は案山子と親密そうに話す庭師を見て病は治っていないと思い、今度こそ治そうと決意する。 ・泥棒は医師の素性を知っていた。 昔孤児院に治療に来たからかも? ・庭師は執拗に迫る泥棒を手すりに細工し、金貨でおびき寄せて二階から落ちるように仕向けた。 ・泥棒は庭師と案山子の会話を聞いていたので、願いをかなえるため弁護士と喧嘩しなくなったのかも。 (案山子が叶えたわけではない) ・泥棒は庭師の気を引くために、案山子の衣装を着て、案山子になりきった。 ・泥棒が「明日も案山子のふりをする」と言った翌日に失踪&庭師がゲームに持ち込んだスーツケースからは泥棒の声がする。 つまり中身は泥棒(スーツケースに「昔世話してくれたように」と語りかけている&泥棒の盗み聞きに気づいていた風のある庭師は中身が泥棒だとわかっている?) ・の実のパイを作ったのは泥棒?弁護士がの葉に触れていたことを知っていて、(手にかぶれた痕が残っているから)疑わせるための自作自演? 今後はもう追加されないのかなあ?復讐者視点の日記とかも見たいところ。 eighthoneybee88.

次の

【アイデンティティ5】サバイバーおすすめスキル(内在人格)【第五人格】

第 五 人格 オフェンス 日記

医師 対ハンター用スキル ハンターに見つかったあとに逃げ切りやすくした内在人格です。 この内在人格のポイントは、雲の中で散歩という足跡減少をしてくれるスキルです。 ハンターに見つかっても足跡が早く消えるので逃げ切りやすくなります。 窓を乗り越えたあと移動速度アップ。 ここまで降れば案外逃げれることも多いです。 逃げ切ってから自己回復を目指します。 もちろんクールタイムがあるので逃げ切れないこともありますが、時間稼ぎにはなります。 逃げながら回復型 このスキルは1つ前の逃げ切ったあとに回復するのではなくて回復しながら逃げます。 私も試しましたがかなり難しい!ですが、回復できながら逃げれたら味方がめちゃくちゃ楽になります。 このスキルは治療時間が10〜20%減少できます。 さらにこの医師スキルで治療速度をアップさせます。 チームのお医者さん型 ハンターからの逃げやすさはそのままにチーム全体を考えて立ち回るスキル振りです。 一番上のスキルまでふると負傷した味方の位置が常に表示されます。 医者以外のキャラクターは中々自分では回復できなかったりしづらいので、負傷してる人を見かけたら積極的に助けに行きましょう!チームの生存力が上がります。 ハンターに出会わないようにする型 このスキル振りはあえて解読みすをしてハンターの位置を知ってハンターに出会わないよう立ち回るものです。 少々トリッキーになってます。 自らを欺くスキルをマックスまでふることで感電しても100%ハンターにに気づかれなくなります。 さらにこのスキルをふることで感電したときにハンターの位置を7秒間表示することができます。 これらのスキルを組み合わせるとわざと感電してもバレないどころか逆にハンターの位置を知ることができます。 近づかれる前に別の暗号機を進めるなど安全に立ち回れます! 庭師 ハンタータイマン用 庭師はイスを壊すのが主な役割ですが、イスを壊すとハンターに位置がバレるので狙われやすいです。 なのでハンターから逃げ切りやすいように、板・窓・足跡・ハンターの向きがわかる内在人格にしています。 さらに他のキャラクターと違うところは庭師でイスを壊せていたら風船にくくられても逃げられる可能性があるので抵抗速度を積んでいます。 耐久アップ型 さきほどのハンター用スキルを少しだけ変更して風船の抵抗速度をロケットチェアでの耐久アップに変えています。 うたた寝スキルをマックスまでふることでロケットチェア発射までのカウントダウンを9%低下させられます。 庭師はもともとロケットチェア耐性が10%あるので、味方の救助や解読すすめに役立ちます。 冒険家 ハンターに追撃させない型 冒険家は足跡が1秒減少する能力を持っていてさらに板や窓を乗り越えてもハンターにバレません。 それをさらに活かした型です。 足跡をマックスまでふることで他のキャラクターにはできない足跡を3秒も減少できます。 ハンターに出会っても逃げ切りやすく暗号解読を進めることができます。 新しく書き直したのでこちらも参考にどうぞ! オフェンス ハンターチェイス時間稼ぎ型 オフェンスは最もチェイス(おとり)に向いています。 スキルはこれらの能力をさらにあげたものです。 基本はハンターに自分を追わせつつ味方の解読時間を稼ぎます。 非常事態にはラグビーボールで逃げれたり味方が風船にくくられたときにタックルすれば助けられたりもできます。 調香師 忘却の香水は決まればチート級!調香師のおすすめスキルはこちら。

次の