グループホーム 川崎市川崎区。 川崎市:認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

【川崎市川崎区】グループホーム一覧|LIFULL介護(旧HOME’S介護)

グループホーム 川崎市川崎区

居室設備• 避難設備• 防災設備• 異常監視システム• 見守モニターカメラ• インターホン• オートロック• ナースコール• フローリング• フラットフロア• 冷暖房• エアコン• 空調換気設備• 空気洗浄機• 床暖房• キッチン• ガスコンロ• 電磁調理器• 冷蔵庫• 洗濯機• 洗濯機置場• 洗面化粧台• 一般浴室• 介護浴室• 浴室暖房乾燥機• トイレ• 車椅子対応トイレ• 暖房便座付トイレ• 温水洗浄機能付トイレ• 手動介護ベッド• 電動介護ベッド• テレビ• 地上波アンテナ• BSアンテナ• CSアンテナ• ケーブルテレビ回線• インターネット接続• 電話機• 電話回線• クローゼット• カウンターデスク• カーテン• カーテン(レース・ドレープ)• 照明器具• 下駄箱• 車いす対応洗面台 共用設備• 駐車場• 避難設備• 防災設備• 異常監視システム• 見守モニターカメラ• オートロック• ナースコール• エントランスホール• フロント• エレベーター• 寝台用エレベーター• メールボックス• トランクルーム• 共用トイレ• 車椅子対応トイレ• 公衆電話• 冷暖房• 自販機• 喫茶店• レストラン• 調理室• 洗濯室• 更衣室• 洗面室• 一般浴室• 個人用浴室• 家族用浴室• 介護浴室• 大浴場• 天然温泉• プール• 医務室• 施設内クリニック• 図書室• AVルーム• リビングルーム• テラス• ウッドデッキ• 家庭菜園• 喫煙室• 応接室• 談話室• 集会室• リハビリ室• トレーニングルーム• 多目的ホール• カラオケルーム• 理美容室• エステティックサロン• マッサージ治療院• 来客用宿泊施設• 運動浴プール(温水)• サウナ• 緊急通報システム• 健康管理室• ヘルパーステーション• 化粧室• スタッフルーム 閉じる.

次の

神奈川県 川崎市高津区でグループホームの介護求人【介護求人ナビ】

グループホーム 川崎市川崎区

あり 地域・市町村との連携状況 町内会、商店会に加入し其々の総会に出席し現状報告を行いセンターに対して理解、協力、助言を頂く。 地域行事への参加で交流を深める。 市職員が運営推進会議委員。 介護予防および介護度進行予防に関する方針 医療スタッフ、ご家族、地域住民と一体となったチームケアを促進しADLの向上を図る。 利用に当たっての条件 認知の状態である事。 小人数による共同生活を営む事に支障が無い事。 自傷他害のおそれが無い事。 常時医療機関において治療を要する必要の無い事。 退居に当たっての条件 要介護認定が、自立、要支援の認定がされた場合。 死亡した場合。 介護保険施設に入居の場合。 常時医療行為が必要となる場合。 ホームを離れた機関が30日以上となった場合。 共同生活が営めなくなった場合。 1単位=10円で算出した概算料金です。 正確な料金は各事業所にお問い合わせください。 利用者が調理を行う設備状況 あり 居間、食堂、台所の設備状況 居間と食堂は兼用。 コンロはIHを使用で火を使用していないので火傷、火事などの事故が軽減。 TVを観たり、本を読んだりとゆったりと過ごせるようソファー 2人掛け、3人掛け を用意。 自動水洗の洗面台2ヶ所。 その他の共用施設の設備 あり ベランダ。 趣味で家庭菜園 長めの廊下。 健康管理の為、ウォーキング バリアフリー 玄関より段差なく、そのままリビング、居室、トイレへの移動が可能。 広いエレベーター設置。 テレビ回線 各居室内にあり 外線電話回線 一部あり 緊急通報装置 一部あり 土地建物 事業所法人が所有 延床面積 敷地面積 貸借 抵当権 契約開始日 契約終了日 契約自動更新 事業所建物 事業所敷地 434. 7人 計画作成担当者 1人 1人 2人 0.

次の

No.7809「川崎市川崎区」9床×グループホーム×介護職員

グループホーム 川崎市川崎区

本事業所において提供する指定(介護予防)認知症対応型共同生活介護は、介護保険 法ならびに関係する厚生労働省令、告示の趣旨及び内容に沿ったものとする。 1 利用者の人格を尊重し、常に利用者の立場にたったサービスの提供に努めるとともに、 個別の認知症対応型共同生活介護計画(以下「介護計画」という。 )を作成することにより、利用者が必要とする適切なサービスを提供する。 2 利用者及びその家族に対し、サービス内容及び提供方法についてわかりやすく説明する。 3 適切な介護技術を持ってサービスを提供する。 4 常に、提供したサービスの質の管理、評価を行う。 5 身体的拘束その他利用者の行動を制限しない。 ただし、利用者または他の利用者等の 生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合はこの限りではない。 しかしその場合も速やかな解除に努めるとともに、理由を利用者本人に説明し、理由及び一連の経過を利用者代理人に報告する。 1)可能な限り自立した生活を送ることが出来るよう「自立援助」を基本とし、援助事項と管理事項を区分し、生活の再構築を目指します。 また、介護計画に基づき心身の状態に応じて、個別に必要なサービスを提供します。 2)生活の主体は利用者であり、自己決定権をもちます。 ホームは「自由な生活空間」と考え、一律のルールやスケジュールで管理した運営は行いません。 併せて、原則として身体の抑制や、夜間帯を除き、ホームの玄関、出入り口の施錠等による行動制限は行いません。 3)共同生活を営む者同士の「集団の力」を活かし、互いに助け合い、生活が営まれるように援助します。 4)地域を生活圏とし、「地域の一員」として暮らしていけるようにします。 5)家族と「共に築く」ことを重視します。 6)ホーム完結型ではなく、法人内外の機関と連携し、また、ボランティア等の協力を得て生活を援助します。 川崎市の東端にある地域が川崎区。 多摩川の下流は、東京都と神奈川県の境を流れていますが、川崎区は、多摩川の河口に近い下流域の大部分を占めています。 東京湾に面していることもあって、埋立地もかなりつくられてきました。 海に近いことから工場や倉庫が多く立ち並ぶほか、鉄道や幹線道路が多数通る場所でもあり、経済的に大きな役割を果たしてきました。 人が多く立ち寄る場所であることから商業施設もたくさん存在します。 ベッドタウンとしての役割も大きく、いまだに住宅地の建設ラッシュが続いています。 川崎区を走る鉄道といえば、JRの東海道線や京浜急行電鉄が有名ですが、南武線や鶴見線も忘れるわけにはいきません。 東京湾アクアラインや首都高速道路も使いやすい場所で、交通面では心配が少ない土地です。 多摩川の向こうには、羽田空港があることも注目に値します。 川崎市の人口は、過去半世紀を通してずっと増え続けていますが、川崎区の場合、1970~80年代前半にかけては人口が減り続けていました。 80年代後半から人口が増加に転じ、90年代前半には再度減少しています。 21世紀に入ってからはまた人口が増加傾向を示し、以後は人口が順調に回復しています。 こうした事情があるからかもしれませんが、川崎区は市内の他の区域と比べて高齢化率が顕著です。 2012年のレポートでは、川崎市全体の高齢化率は17. 1%でしたが、川崎区だけで見ると20%をわずかに超えていました。 2014年に入ると、川崎市全体の高齢化率は18. 4%ですが、川崎区は21. 3%になっており、高齢化対策の重要性が浮き彫りにされました。 川崎内の要介護認定者も、2014年に3673人という多さになっています。 行政による福祉政策も随時進められています。 川崎区は、市内で人口がいちばん多い区ではありませんが、グループホームや老人いこいの家の数は市内でいちばんの多さです。 地域包括支援センターも市内でいちばん多く、高齢者の暮らしに関する相談がしやすいエリアであることは間違いないでしょう。 高齢者向け住宅や、民間の有料老人ホームなどに目を向けると、毎月の使用料が極端に安い施設が目立つエリアではありません。 それでも、月に10万円台の負担から相談可能な施設もありますし、入居一時金がゼロになる可能性のある施設もあります。 川崎区の場合、まだ施設が増える可能性が非常に高く、また生活の便利さではずば抜けている土地であることから、高齢者にとって将来的にどんどん暮らしやすくなっていくという希望に満ちあふれています。

次の