バンギ 育成論。 【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【剣盾育成論】耐久振り弱保バンギラス

バンギ 育成論

火力を伸ばすために特攻には最大まで努力値を振りつつ、HPに努力値を多めに振りました。 残りは「ドリュウズ」の「じしん」を2回耐えられるように防御に努力値を、「ウォッシュロトム」を始めとするフォルムチェンジロトムの「10まんボルト」を2回耐えられるように特防に努力値を振っています。 「こおりのつぶて」が少しでも威力が出したい場合は「れいせい」で攻撃に努力値を4、威力を気にしない場合は「ひかえめ」で素早さに努力とを4振るといいでしょう。 やけどを解除してしまうため、使用する場合はパーティと要相談。 高火力の水技。 火力重視の場合はこちら、命中重視の場合はなみのりorうたかたのアリアを採用しよう。 威力重視の氷技。 ダイマックス時にダイアイスを使用しておくと、必中高火力技にできる。 フリーズドライよりも威力があり、命中が安定している氷技。 ある程度の威力を確保しつつ命中安定を重視したい場合。 フリーズドライを採用しない場合の水タイプへの攻撃技。 命中を重視したい場合は10まんボルト。 もともと耐久力があるため倒れにくく、長く場に残りつつ相手と戦う事ができます。 「ひかりのねんど」を持たせることで、キョダイセンリツによって発動する「オーロラベール」効果の持続ターンが8ターンとなり、倒れた後の後続へのサポートにも繋がります。 なお、基本的にダイマックスをラプラスに切ることになるため、一緒に選出するポケモンはダイマックスせずとも戦えるポケモンがいいでしょう。 HPは状態異常や天候ダメージが一番小さくなる「」に調整、残りは低めの防御に割り振っています。 やけどを解除してしまうため、使用する場合はパーティと要相談。 高火力の水技。 火力重視の場合はこちら、命中重視の場合はなみのりorうたかたのアリアを採用しよう。 フリーズドライよりも威力があり、命中が安定している氷技。 ある程度の威力を確保しつつ命中安定を重視したい場合。 こおりのつぶて 先制技。 あられが降らせられないため、倒しきれなかった相手への最後のひと押しに。 ラプラスの役割と立ち回り 特殊アタッカーに強い高耐久 「ラプラス」はHPと特防の種族値が高く、HPに努力値を振るだけで、サブウェポンとして採用されている弱点技の多くを受けられるようになります。 攻撃や特攻も低いわけではないため、相手の攻撃を受けつつ戦うことができるポケモンです。 ラプラスの対策 高火力のポケモンで押し切る 「ラプラス」は耐久が高いものの、攻撃や特攻の種族値は特別高いわけではないため、高火力を発揮できるポケモンで一気に押し切ってしまいましょう。 弱点を突くと、なお倒しやすいです。

次の

バンギラスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バンギ 育成論

サン・ムーンでは、野生のポケモンの「仲間を呼ぶ」を繰り返すことにより、確定で... バンギラスおすすめ育成 特性 「 」・・・戦闘に出ると5ターンの間、天気がすなあらしになる。 すなあらしの環境下では、いわタイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、いわ、じめん、はがねタイプ以外のポケモンは、毎ターン最大HPの16分の1のダメージを受けます。 それ以外にも影響を受ける技や特性あり。 すなあらしの状態はバンギラスにとって有利な天気と言えます。 ちなみに、メガシンカ後の特性も同じです。 性格 メガシンカ後の圧倒的な攻撃力を活かすために、特攻を下げる性格にします。 そこから攻撃を上げるか、素早さを上げるかはお好みで。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 努力値・個体値 努力値は、攻撃と素早さを中心に振りましょう。 個体値も、この2項目を特に大切にしましょう。 技 :自分の攻撃、素早さを1段階ずつ上げます。 これで破格の攻撃力を手にします。 :物理あく攻撃。 20%の確率で相手の防御を1段階下げます。 :高威力の物理いわ攻撃。 急所に当たりやすい特徴があります。 「 」も候補。 メガシンカ後の高い耐久力を活かしステータスを上げ、相手に合わせた多彩な攻撃で一気にケリを付けます。 4枠目には「 」「 」など環境に合わせた技を選択しましょう。 アイテム :バンギラスをメガシンカさせる。 メガシンカ後の能力を考えると、これ以外には考えられません。 関連ポケモン.

次の

バンギラス育成論

バンギ 育成論

もくじ• 【きんちょうかん 夢特性 】 すべての相手は『きのみ』を使用できなくなる。 ワイルドエリアには「砂塵の窪地」に固定シンボルで出現します。 覚える技も強力なものも多く、技範囲もそれなりに広いですね。 特性「すなおこし」のすなあらし状態で、 「いわタイプポケモンの特防が1. 5倍」になるので、かなりの耐久力を得られます。 すなあらしの効果でじわじわとダメージも与えられますし、きあいのタスキを自然に潰せるのもメリットと言えます。 バンギラスは弱点が少し多めですが、 ダイマックスによりHPが倍になるので一撃で落とされる心配はほぼ無いでしょう。 その弱点の多さと耐久力を利用するために、 持ち物「じゃくてんほけん」を使います。 じゃくてんほけんは、 「弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にする」というアイテムです。 これにより化け物じみた火力になりますし、だいもんじを採用しても十分な火力を出せるようになります。 そこまで喰らわない程度の弱点が飛んでくるタイミングで受け出しし、上手く発動させるのが強いですよ! バンギラスの育成論 特性 【すなおこし】 戦闘に出ると5ターンの間、天喜が『すなあらし』になる。 このバンギラスは、 高い耐久力と多めの弱点を利用した「じゃくてんほけんバンギラス」です! 弱点を突かれても、インファイトなどのかくとう技が来ない限りは落ちることはありません。 ダイマックス込みであれば、より安全に「じゃくてんほけん」を発動し、居座ることも可能です。 初手出しで、いきなりダイマックスするのもおすすめです。 安全に発動させるのであれば、「ナットレイ、アーマーガア」のジャイロボールやアイアンヘッドに対してですね。 ジャイロボールは素早さの差が大きく無いので威力が減少し、アイアンヘッドはアーマーガア程度の攻撃力であれば平気です。 ナットレイは「ほのおのパンチ」で確1で、アーマーガアは確2となっています。 「じゃくてんほけん」発動後に、ほのおのパンチorだいもんじでアーマーガアも楽に倒せますし、受け出しするにはおすすめの相手です。 ナットレイを想定する場合は、「ゴツメ&てつのとげ」のダメージが痛いので、だいもんじの方が良いでしょう。 タイプ一致「ストーンエッジ」は命中不安でしたが、ダイマックスであれば必中なのも強みとなります。 「アイアンヘッド」はオーロンゲなどのフェアリー対策に。 「かみくだく」はタイプ一致のメインウェポンであり、ドラパルトやサニーゴに有効です。

次の