海外 fx クレジット カード。 【2018年最新版】クレジットカードで入出金するって、どういうこと?

【海外FX】Gemforexでクレジットカードポイントを稼ぐ

海外 fx クレジット カード

みなさん、こんにちは。 海外太郎です。 今回ブログ記事を執筆するに当たって、ネタ探しのために(と興味本位で)過去記事のアクセス数を軽く調べてみました。 すると、2011年のこの記事が未だにアクセス上位にあることが判明しました! この記事から7年が経過していますが、 未だに海外FX会社への入金で最も手軽な方法は「クレジットカード」であることに変わりはありません。 そこで、今回はクレジットカード入出金の説明をアップデートかつ補足していこうと思います。 トレードシグナル配信中! クレジットカード入金はショッピング扱い 上で紹介した記事の繰り返しになりますが、 海外FX会社へのカード入金は通常のオンラインショッピングと同様、ショッピング枠の利用として処理されます。 海外FXの世界では、決済サービス会社(例:SafeChargeなど)が皆さんと海外FX会社の間に立って、クレジット決済を処理してくれ、カード入金を成立させてくれています。 クレジットカード出金はキャンセル処理 そして、カード入金が通常のショッピング扱いであるからこそ、 カード出金はその反対取引、つまりショッピングのキャンセル扱いとして処理されるのです。 だから、 海外FX会社でのカード出金の出金上限がカードで入金した金額となるのです。 使った金額以上のクレジット処理をキャンセルすることはできませんよね。 そして、FX取引で得た利益は銀行送金やビットコインなど別の出金方法で出金することになります。 では、具体例を挙げて出金手順を考えてみましょう。 クレジットカードで初回入金5万円 2. 国内銀行送金で追加入金5万円 3. FX取引して5万円の利益を獲得 この例で全額出金するときの順番は次のようになります。 カード出金で入金した5万円を出金 2. 銀行送金で追加入金の5万円と利益5万円をまとめて出金 カード入出金手数料はどこで発生するのか? 「クレジットカードで10万円入金したのに、取引口座では99,000円となってるのはなぜ?!」 と困惑される方もいらっしゃいますが、それは入金手数料がチャージされたからです。 カード入金の手数料ですが、発生されるタイミングとは次の2つが挙げられます。 ・決済サービス会社がサービス利用手数料を徴収 ・海外FX会社が入金手数料を徴収 カード入金手数料を課さない海外FX会社が増えてきましたが、決済サービス会社の利用手数料は徴収されることが一般的です。 こうした事情を踏まえると、 入金手数料を取らず、しかも決済サービス会社の手数料を補てんしてくれるXMの良さが再認識できますね。 お使いのクレジットカードの支払い請求額が確定する前だったらキャンセル処理も楽ですが、カード入金後から数か月経ってからカード出金をすることもありますよね。 この場合、ちょっと面倒くさいことになります。 今年の1月に実行したカード入金は翌2月にはすでに支払い済みとなっています。 今月になって1月のカード入金を出金するということは、決済会社に返金処理をさせることを意味します。 したがって、 カード会社からの返金を受け取るまでには、締め日前のカード出金以上に時間が掛かってしまいます。 カード会社から着金するまではストレスを感じながら待つことになるかと思います。 これを回避するためには、カード入金した金額を別の手段で出金することです。 「そんなことができるの?」、と疑問に感じている方もいらっしゃるかと思いますが、以下の2社はカード入金額を銀行送金で出金してくれます。 以上、今回はクレジットカード入出金についての耳寄り情報をアップデートしてみました。 皆さんのお役に立てれば幸いです。 トレードシグナル配信中! 上の友達追加ボタンをスマホでタップすると、LINEが立ち上がりますので、友達追加をお願いします。 また、PCでクリックするとQRコードが立ち上がりますので、LINEで読み取っても追加できます。 LINE ID「 kaigaifx」で検索もできます。

次の

海外FX口座の入出金に使えるVISAデビットカード

海外 fx クレジット カード

海外FXへのクレジットカード入金でポイントはたまる? クレジットカードには、 「ショッピング枠」と 「キャッシング枠」があります。 ショッピング枠とは、クレジットカードを使った 買い物のことです。 それに対し、キャッシング枠とは、クレジットカードを使って 現金を借りることです。 このうち、 海外FXでクレジットカード入金をするときに使うのは、 ショッピング枠、つまり買い物と同じ枠です。 海外FXへの入金はショッピング枠扱いのため、クレジットカードで店舗やネットショップで商品を購入したり、サービスを利用したりした場合と同様に、 クレジットカードが設定したポイントが付与されます。 ただし、FX口座から出金すると、 ショッピングのキャンセル扱いとなります。 そして、ショッピングがキャンセルされると、 ポイントが付与されません。 「それならクレジットカード以外の方法で出金すれば良い」とお考えかもしれませんが、マネーロンダリング防止の観点から、クレジットカードで入金した場合、その入金額を上限として クレジットカードから優先して出金しなければならないというルールがあります。 しかし、クレジットカード入金でポイントが貯まる 裏技があります。 その方法とは、クレジットカードで入金した後、 1年間出金しないという方法です。 海外FXでは、海外の決済代行会社を利用しており、 キャンセル処理の期間が長いのが特徴です。 そして、その代行会社では通常、キャンセル可能な期間が 1年となっています。 つまり、クレジットカードから海外FX口座に入金してから1年間経過すると、クレジットカードの入金、つまり ショッピングのキャンセルが不可能となり、ポイントが確定されます。 その後は、クレジットカード以外の出金方法で出金できます。 ただし、出金に海外送金を利用する場合には、 出金手数料が4,000円以上かかることがあるため、ポイント以上の手数料を取られてしまうこともあります。 クレジットカードのポイント 還元率は会社により異なりますが、還元率が1%だとすると、4,000ポイントためるためには40万円以上のクレジットカード入金が必要となります。 40万円以上の入金ができる、または海外送金よりも安い手数料で出金できる海外FX業者を利用するのであれば、ポイント付与による利益をねらっても良いでしょう。 また、海外FX業者の GEMFOREXにはクレジットカード出金がないため、クレジットカードで入金した金額を、クレジットカード以外の方法で出金することになります。 つまり、GEMFOREXでクレジットカード入金をすると、入金から1年経過せずに出金しても、 ポイントがたまります。 ただし、クレジットカード入金して、一度もトレードをしない、もしくは入金した金額に対し少なすぎる金額や回数のトレードをしただけで出金した場合、ポイント付与のみを目的にショッピング枠を利用したと判断されて、 出金拒否される可能性があります。 海外FXに入金できるクレジットカード、できないクレジットカード 海外FX業者に入金できるクレジットカードの ブランドは、業者により異なります。 多くの海外FX業者で利用できるクレジットカードのブランドは、 VISAと Mastercardです。 その他のブランド、例えば日本人の多くが利用するJCBなどのブランドは、利用できない可能性が高いです。 例外として、 GEMFOREXではVISAとMastercardに加え、 JCB・AmericanExpress・DINERS・DISCOVERと多様なブランドのクレジットカードを使うことができます。 また、入金上限額や デビットカード利用の可否、月入金回数の上限など、細かい条件も業者により、またクレジットカードのブランドによっても異なります。 効率よく海外FXへの入金でポイントをためるには、 ショッピングによるポイント還元率が高いクレジットカードを選びましょう。 Orico Card THE POINTは、ポイント還元率が1. 0~2. 0%とかなりお得です。 ブランドはMastercardまたはJCBを選ぶことができますが、 Mastercardの方が、より多くの海外FX業者に対応しているため、適しています。 0%のポイント還元率を受けるおすすめの方法は、 入会後6か月間にショッピングする方法です。 入会後6か月間は、ポイントが2. 0%になるため、ねらい目となります。 楽天カードも、ポイント還元率が高いため、おすすめのクレジットカードです。 特に、楽天カードは海外利用の場合にポイントが2倍になるキャンペーンを行っていることがあり、それを利用すると 還元率が2. 0%となり、お得です。 航空機を良く利用するかたには、マイルが効率的にたまる マイレージプラスセゾンVISAカードがおすすめです。 年会費が6,500円以上(税抜)必要となりますが、ショッピング枠利用時に、1,000円につき15マイル、つまり1. 5%の還元率となります。 たまった マイルは、航空券の購入だけでなく、ホテルやレンタカーなど多様な使い道があります。 しかも、ユナイテッド航空のマイレージが、2019年8月より実質有効期限なしとなったため、長期間カードを使用しない限り、マイレージが使えなくなることはありません。 まとめ 海外FXへのクレジットカード入金でポイントがたまる場合があるということと、海外FXに入金できるクレジットカード、入金できないクレジットカードの違いについて見てきました。 内容をまとめると以下のようになります。 まとめ• 海外FXでクレジットカード入金すると、クレジットカードのポイントが付与される• 海外FXにクレジットカードで入金した金額は1年以上経過するとショッピングのキャンセル扱いとなり、ポイントが消失しない• 海外FXで利用できる主なクレジットカードのブランドはVISAとMastercard 海外FXの入金方法の一つ、 クレジットカードによる入金は、手数料や反映スピードで他の入金方法より有利な上、クレジットカードの ポイントがたまることがあります。 海外FXへのクレジットカード入金は、クレジットカードの ショッピング枠扱いになり、出金はショッピングのキャンセル扱いとなるため、通常の出金方法ではポイント付与もキャンセルになります。 しかし、入金してから 1年以上経過することにより、ショッピングのキャンセルが不可能となるため、ポイント付与が確定されます。 海外FXに入金できるクレジットカードのブランドは限られていますが、 VISAと Mastercardはほとんどの業者で利用可能です。 ポイント還元率はクレジットカードにより異なるため、できるだけ 還元率の高いクレジットカードや方法を選びましょう。

次の

海外FXの入金・出金方法まとめ!クレジットカード・銀行送金での入出金を解説!

海外 fx クレジット カード

「じゃあ、わざわざ海外のFX会社を使う必要なんてないんじゃないの?」 と思う方も多いかと思いますが、2011年に日本国内のFX会社にはレバレッジ規制というものが適用されてしまい、個人投資家は最大25倍までのレバレッジでしかトレードできなくなったのです。 スキャルピングトレードやデイトレードの数pipsの変動で儲けるためには、ハイレバレッジトレードが欠かせない為、国内FX会社から海外FX会社に口座を移し変える投資家が急増しているのです。 顧客が増えると同時に海外のFX会社も日本向けに日本人スタッフを雇用し、日本語でサービス提供をしているのです。 海外FXに関してはこちらのサイトが詳しく書いています。 今まで国内FX会社でFXトレードをしていた方にとっては、海外FX会社に移行するだけで、 まるまるポイントがお得になることになります。 これが海外FXでクレジットカードのポイントを貯めるおすすめの方法なのです。 FX口座への入金でポイントを貯めるおすすめの「お得技」の期待できる費用対効果 通常はポイントがつかないFXトレードの投資資金に対してポイントが付与される 利用するコスト 0円 FX口座への入金でポイントを貯めるおすすめの「お得技」の手順 1.海外FX業者を比較する 参考: 2.海外FX業者の口座を開設する 3.高ポイント還元率のクレジットカードで口座に入金 4.FXトレードをする(しなくても良い) 5.1年経過するのを待つ 6.クレジットカードではない取引手数料の安い出金方法で出金する FX口座への入金でポイントを貯めるおすすめの「お得技」の注意点 出金すると海外FXのクレジットカード入金がキャンセル扱いになる!? 海外FXのクレジットカードの入金は、出金をするとキャンセル扱いになってしまうのです。 50万円のクレジットカード払いでの海外FX口座に入金をして、1カ月後に10万円出金しようとすると、10万円のクレジットカード払いがキャンセル扱いになり、実質40万円のクレジットカード払いが発生したことになります。 この場合は、ポイントが40万円分しか付きません。 海外FXの出金方法は、海外送金やペイパルなどが利用できるのですが、クレジットカードでの入金のときはその入金額に達するまでは優先的にクレジットカードによるキャンセル出金処理になってしまうのです。 例: 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 300万円 ポイント還元率(下限) 1. 9日 3.

次の