アキラ 映画。 AKIRA

「AKIRA/アキラ」感想 この映画が地上波ゴールデンで放送されない7つの理由

アキラ 映画

映画『AKIRA』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 AKIRA 評価• 点数: 70点/100点• 第三次世界大戦によって廃墟になった東京だが、2019年には復興も進められネオ東京として蘇っていた。 そんな中職業訓練生の鉄雄は友人の金田たちとバイクを飛ばしていた所、突然現れた奇妙な子供に驚き事故を起こす。 そして鉄雄は軍に連れ去れてしまう。 実は軍部は子供の姿のままのエスパー実験体を研究しており、先の子供のその内の1人だったのだ。 そして鉄雄も同様に実験体となり、恐るべき超能力に目覚めてしまう。 その力は、かつて余りの危険さゆえに封印されたエスパーアキラに匹敵し、その封印をも解き得る程だった。 一方で金田は偶然出会ったゲリラの少女ケイと協力し、鉄雄を救うべく軍の施設に侵入する。 しかしそんな金田を鉄雄は超能力でもってはねのけると、アキラが封印されているオリンピックの会場建設場に向かう。 最早軍を持ってしても鉄雄を止めることは出来なくなっていたのだ。 金田や軍、ゲリラまでもが鉄雄を追ってくるが、ついに鉄雄はアキラの封印を解いてしまう。 しかしそこにあったのはアキラの脳神経だけであった。 軍は鉄雄を攻撃するが、鉄雄の力は暴走し全てを飲み込んで行く。 ついに金田も吸収されようとした時、エスパーの子供たちがやってくると自分たち諸共鉄雄を他の次元に飛ばし、未来へと希望をつなぐのだった。 AKIRA 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『AKIRA』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 見かけに反してその実は空っぽなのだ。 そこに住む人々の多くも同様に空虚な存在として描かれる。 日和見主義の政治家たちに新興宗教団体。 イマイチ市民の支持を得ているようにない東京オリンピックもその1つで、それを隠すかのように箱ものだけが巨大化している。 これらには未来へと向かう力がない。 最たる例がアキラの封印だろう。 アキラには全てを変える力が秘められているにも関わらず、人々はかつての暴走を恐れ封印している。 全ての可能性を諦め腐っていくしか道が残されていない街、それがネオ東京なのだ。 ラストの意味 暴走した鉄雄を止めるためエスパーの3人は鉄雄を異次元へと連れ去る。 可能性の芽は失われてしまった。 しかしその時エスパーの1人はこのような言葉を残す。 「でもいつか私たちにも」。 いつか私たちもアキラの力を得ることが出来ると言うのだ。 その力とは、超能力というよりは未来を切り開いていく力のことなのだろう。 崩壊した街を背景にモノローグは続く。 「もう、始まっているからね」と。 崩壊は逆説的に再生や希望を彷彿させる。 生き残った金田たち若い世代が、新しい世界を作り上げる未来を予感させる終わり方だ。 AKIRA まとめ 原作者本人が監督を務めるという珍しいケースだが、それ故に大友の世界観を見事に表現している。 荒廃したサイバーパンク的世界観は見事で、80年代的エッセンスを効果的に使用した美術や衣装は今見ると逆に新鮮味があって良い。 活劇に対するこだわりは異常なほどで、冒頭のバイクでの暴走シーンや、ラストの崩壊するスタジアムの破壊描写は圧巻。 当時としては異例の10億円という制作費もうなずける出来映えだ。 一方でストーリーは詰め込み過ぎでやや分かりにくいものになっている。 全6巻の原作を2時間で描くのであるから当然ではあるが、SF的なストーリーとメッセージ性が密接につながっている点も本作を難解にしている。 音楽は芸能山城組が担当。 独特の世界をうまく表現している。

次の

映画アキラ 大友克洋 AKIRA 1988 アニメ映画

アキラ 映画

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:近未来の東京を舞台に超能力者や暴走族、軍隊、ゲリラたちの戦いを描くアニメ。 大友克洋原作の同名漫画の映画化で、脚本は大友と「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」の橋本以蔵が共同で執筆。 監督は「迷宮物語」の大友克洋、撮影は「ダーティペア」「オバケのQ太郎 とびだせ! 1/100大作戦」の三沢勝治がそれぞれ担当。 KINENOTE あらすじ:1988年7月、東京で核爆発が発生、第3次世界大戦が勃発した。 2019年、ネオ東京では軍の指揮下で新兵器・超能力の研究が進められていた。 キヨコ(25号)、タカシ(26号)、マサル(27号)ら永久幼年者はエスパーの実験体で、もう一人のアキラと呼ばれる28号は超能力があまりに強大でコントロールできないためカプセルの中で眠らされていた。 職業訓練校生の鉄雄は友人の金田らとバイクで走っていたところタカシと遭遇。 避けようとしたが、転倒して重傷を負ってしまう。 そして鉄雄はタカシと共に軍に連れ去られ、エスパーとしての訓練を受けた。 やがて鉄雄は恐るべきパワーを身につけ、周囲を破壊していく。 自分にも軍にもコントロールできないのだ。 その力はアキラにも匹敵し、またアキラを目醒めさせる危険も出てきた。 金田はゲリラのケイと手結んで鉄雄を止めようとするが、どうにもならなかった。 軍の施設を抜け出し、アキラの眠るオリンピック会場建設場へ進む鉄雄を、軍やゲリラ、金田らが追う。 鉄雄はついにアキラのカプセルを壊すが、アキラの正体はバラバラに保管された脳神経だった。 キヨコ、タカシ、マサルは3人の力を合せてアキラを甦らせ、鉄雄を全く別の宇宙へと連れ去るのだった。

次の

映画『AKIRA』あらすじネタバレと感想解説。アキラの正体と肉塊となった鉄雄を考察!

アキラ 映画

解説 漫画家の大友克洋が1982年から「ヤングマガジン」で連載した同名コミックを、大友自らが監督を務めて1988年にアニメーション映画化。 近未来の東京を舞台に超能力者と暴走族の少年たちや軍隊が繰り広げる戦いを描き、製作期間3年、総製作費10億円という当時としては破格の歳月や労力をつぎ込んで生み出された濃密でハイクオリティなアニメーションが国内外に多くの影響を与えた伝説的な一作。 1988年7月、関東に新型爆弾が落とされて第3次世界大戦が勃発。 それから31年が過ぎた2019年、東京湾上に築かれた新たな都市=ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控え、繁栄を取り戻しつつあった。 ある夜、職合訓練校に通う不良少年の金田と仲間の鉄雄らは、閉鎖された高速道路でバイクを走らせていたが、そこで26号と呼ばれる奇妙な男と遭遇する。 その男は、軍と対立するゲリラによって、「アキラ」という軍事機密と間違えてラボから連れ出され、軍に追われていた。 そこへ現れた軍によって、26号と接触して負傷した鉄雄が連れ去られてしまい……。 製作から30年以上を経た2020年、4Kリマスターと音楽監督の山城祥二指揮のもとで行われた5. 1ch音源のリミックスを施した「AKIRA 4Kリマスターセット」が20年4月23日にブルーレイ発売。 それを受けて同年4月3日から全国のIMAXシアターで4Kリマスター版が劇場公開される。 1988年製作/124分/PG12/日本 配給:東宝 日本初公開:1988年7月16日 スタッフ・キャスト 80年代、バブル絶頂時に制作費10億円を投入して作られた本作は、今見ても色褪せない。 リアルを追求した2コマ打ち作画に、プレスコでリップシンクされた表情芝居、カメラを意識したレイアウト、当時としては画期的だったCGの導入、細部までこだわり抜いた背景美術など、技術的な見どころだらけの作品だ。 大友克洋の絵をそのまま動かすことを目標に作られた本作は、日本アニメの歴史におけるエポックメイキングな作品であることは間違いない。 もともと、リアル志向の大友のデッサンを動かすだけでも大変な作業だったろう。 本作が作られたのは日本がバブル経済絶頂期の80年代だが、あの時代でなければこのプロジェクトは成立しなかっただろう。 世紀末を迎える当時の終末論的な空気感を感じさせる内容が、2020年代の今の日本とどこかリンクしてしまうのが恐ろしい。 日本社会が退廃的な方向に行くことが決定的になってきた今、この映画の空気感は公開当時よりも一層リアルに感じられるかもしれない。 新型コロナウイルス対応のおかげで、仕事が多忙を極め、鑑賞後2か月以上も経ってのレビュー投稿となってしまいました。 そのため、記憶が曖昧なところが多々ありますが、ご容赦ください。 劇場公開は1988年。 当時から興味はあったものの、時間が取れずに結局見逃してしまったAKIRA。 それがまさか今になってまたスクリーンに帰ってくるとは!しかもIMAXで!これはもう見るしかない!というわけで、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で強く自粛が求められる前に突撃してきました。 観賞後の率直な感想としては、期待どおりおもしろかったです。 さすがにビジュアル的にはレトロ感が拭えませんが、スピード感は今見てもまったく遜色ありません。 冒頭のバイクチェイスでテールライトが流れる光跡は、幻想的で美しさを感じるほどでした。 アジアンテイストあふれる音楽も、混沌とした世界観に絶妙にマッチしているように感じました。 これを30年以上前に描いていたとは驚きです。 予備知識は、金田と鉄雄と赤いバイクが登場することぐらいしかありませんでしたが、ストーリーは問題なく楽しめました。 なるほど、こういう話だったのですね。 SF好きの自分にはとてもおもしろい作品でした。 ただ、よく理解できてないところもあるので、できれば最新の技術でリメイクして、テレビシリーズでじっくり描いてくれないかなーなんて思いました。 持たざる者が中心に引っ掻き回す、物語の核となるのは"金田"であり不良少年、近未来の暴走族、バイクのディテール、スピード感に暴力、PUNKな要素が垣間見れる描写に魅力が溢れている。 超能力者と軍と国家情勢、それだけなら何の面白味も斬新さも無い単なるSF。 アニメーションは好んで観ない、コレは最高、アニメーションって意識もない、ただ最高な映画。 金田と鉄雄の関係性、力を持った哀しき末路な鉄雄の心情、大佐の優しさを感じる存在感などキャラクター描写に感情移入も出来、声優の荒い感じな演出も好み。 もっと壮大な物語を展開する原作漫画を合わせて読むべきだし、ハリウッドで実写化って何年も前から頓挫しての繰り返し、無謀な事はヤメテクレ!!• 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の