ハイネ イーゲル 特徴。 メディカルフーズ情報|よくある質問|【公式】大塚製薬工場 医療関係者向けページ Otsuka Pharmaceutical Factory, Inc.

ハインリヒ・ハイネ

ハイネ イーゲル 特徴

しかし、投与速度や他の要因を考慮しても改善しないケースもある。 評価方法は、排便回数とBristol Stool Scale。 また、本研究は疫学研究に関する倫理指針に従っている。 【結果】 症例1の患者は90歳女性の気管支喘息患者で、身長154cm、体重33. 8kg。 平成25年12月26日入院となり、初期から経鼻経管栄養を使用。 第28病日より下痢となり、増悪と寛解を繰り返す。 使用前1週間で1日平均排便回数3回が、使用後1週間で1日平均排便回数は1. Bristol Stool Scaleはタイプ7からタイプ6へ改善し、その後、悪化はなし。 症例2の患者は98歳女性のうっ血性心不全患者、身長151cm、体重46. 7kg。 平成25年9月26日入院。 第120病日より経鼻経管栄養を開始。 第129病日から下痢。 使用前1週間で1日平均排便回数1. 3回が、使用後1週間で1日平均排便回数は0. 下痢の回数は減り、患者のQOLが改善。 Bristol Stool Scaleはタイプ7からタイプ6へ改善し、その後、悪化はなし。 投与速度を遅くする等、下痢の改善を様々試みたが改善しない場合の有用性が期待される。 今回はパイロットスタディのような位置付けだが、今後はもっと症例数を増やし、検討したい。 第30回日本静脈経腸栄養学会学術大会で発表.

次の

医療法人前橋北病院

ハイネ イーゲル 特徴

しかし、投与速度や他の要因を考慮しても改善しないケースもある。 評価方法は、排便回数とBristol Stool Scale。 また、本研究は疫学研究に関する倫理指針に従っている。 【結果】 症例1の患者は90歳女性の気管支喘息患者で、身長154cm、体重33. 8kg。 平成25年12月26日入院となり、初期から経鼻経管栄養を使用。 第28病日より下痢となり、増悪と寛解を繰り返す。 使用前1週間で1日平均排便回数3回が、使用後1週間で1日平均排便回数は1. Bristol Stool Scaleはタイプ7からタイプ6へ改善し、その後、悪化はなし。 症例2の患者は98歳女性のうっ血性心不全患者、身長151cm、体重46. 7kg。 平成25年9月26日入院。 第120病日より経鼻経管栄養を開始。 第129病日から下痢。 使用前1週間で1日平均排便回数1. 3回が、使用後1週間で1日平均排便回数は0. 下痢の回数は減り、患者のQOLが改善。 Bristol Stool Scaleはタイプ7からタイプ6へ改善し、その後、悪化はなし。 投与速度を遅くする等、下痢の改善を様々試みたが改善しない場合の有用性が期待される。 今回はパイロットスタディのような位置付けだが、今後はもっと症例数を増やし、検討したい。 第30回日本静脈経腸栄養学会学術大会で発表.

次の

エンシュア、エネーボ、ラコール、イノラスの違い

ハイネ イーゲル 特徴

ご質問ありがとうございます。 私自身も業務で経管栄養を実施する機会が多くありました。 今回のご質問内容を拝見し自分の知識も深めたいと思ったので、調べたこと・学んだことを回答させていただきます。 経管栄養剤には、本当にたくさんの種類があります。 質問者さまの病棟で使用されている物の中では、ラコール半固形は医薬品タイプで保険適応となります。 処方が必要な物ですね。 残りの3種類は、食品タイプの栄養剤で市販されています。 それぞれの特徴について簡単にまとめてみます。 【ラコール半固形】 医薬品タイプ:処方箋が必要 形態:半固形 単価:約250円位 エネルギー:1. また、液状と違うため瘻孔周囲からも漏れにくくスキントラブルの予防の点からもメリットがあります。 注意すべき点として半固形形状の場合は、消化吸収の過程において胃の機能(貯留・蠕動運動)が必要なため、胃全摘後の患者さんには適応にならない点です。 また、牛乳タンパクアレルギーのある患者さんでは重篤な副作用であるショックやアナフィラキシーショックが起こる可能性があるため、使用が禁忌となっていることにも注意が必要です。 【メイバランス】 食品タイプ 形態:液体 単価:約250~325円位 エネルギー:1. 0~2. 0~2. 0やHP・Rなどさまざまな種類があります。 メイバランスRには、水分やナトリウムが多めに含まれています。 一般的に食品タイプの経管栄養剤は医薬品タイプよりも種類が豊富です。 【メイフロー】 食品タイプ 形態:とろみ状流動 単価:約400~450円位 エネルギー:1. 半固形タイプほどではないにしろ、とろみがあることで瘻孔周囲から漏れてスキントラブルにつながるリスクは液体よりも低いと考えられます。 【ハイネイーゲル】 食品タイプ 形態:液体 単価:約400~450円位 エネルギー:0. 成分にペクチンが含有されており、体内で胃酸と混ざることでゲル化します(胃酸の程度によってはゲル化しない場合もあるようです)。 ご質問の4種類の栄養剤について、簡単にまとめてみました。 いずれも半消化態栄養剤のため、腸管の消化吸収機能が保たれていることが使用前提です。 糖尿病や慢性腎不全などの腎疾患や肝疾患、免疫疾患などが既往としてある場合は症状が悪化するケースも考えられます。 そのため、病態に応じた栄養剤を使用する必要があります。 おわりに.

次の