ファクト フル ネス 関 美和。 関美和(翻訳家)の経歴や年齢と大学は?離婚と子供や45歳で法学部入学?

楽天ブックス: FACTFULNESS(ファクトフルネス)

ファクト フル ネス 関 美和

世界への認識を妨げる「ドラマチックな本能」 多くの人が、チンパンジーにすら勝てないのはなぜだろう? ランダムに答えた場合よりも、たくさん間違えてしまうのはなぜだろう? 「ファクトフルネス」 ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド(上杉周作、関美和約) この本の結論は、 ドラマチックな本能に流されず、事実で正しく世界を認識しよう というもの。 記事冒頭のクイズの正解は 「3. 60パーセント」。 しかし、ほとんどの人間が「1. 20パーセント」か「2. 40パーセント」を選んでしまうのだそうです。 著者は、様々な国やグループの人に対してこういった「クイズ」を試してみたものの、まともに正解できる人がほとんどいなかった。 3つの正解のうち適当に1つを選ぶ「チンパンジー」よりも回答率の高い集団は、ほとんどいなかったそうです。 つまり、ほとんどの人間が何らかの原因で「世界の見方を誤っている」。 著者が出した その原因は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」です。 その本能が、ほとんどの人間に世界への認識を誤らせている。 著者は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」の具体例を示し、それぞれの「本能」を抑え「世界を正しく認識する方法」を教えてくれるのです。 「ファクトフルネス」と著者の紹介 「ファクトフルネス」の主な著者は ハンス・ロスリング。 ハンス・ロスリングは医師であり、公衆衛生学者でもあります。 2005年に、オーラ・ロスリング(息子)とアンナ・ロスリング・ロンランド(息子の妻)と共にギャップマインダー財団を設立しています。 このギャップマインダー財団の活動は「事実に基づく世界の見方」を広めること。 ハンス・ロスリングは長らくこの活動に携わってきたとのことです。 残念ながら、ハンス・ロスリングは「ファクトフルネス」出版前の2017年2月に亡くなっています。 そして「ファクトフルネス」はハンス・ロスリングが 息子のオーラと、その妻アンナと共に死の直前まで書いた本です。 ハンス・ロスリングの死後、オーラとアンナがこの本を完成させ、2018年に出版となりました。 ハンス・ロスリングの遺志を継いで出版された「事実を基に世界を見る」ための本なのです。 「ファクトフルネス」の内容 「ファクトフルネス」とは この本のタイトルにもなっている「ファクトフルネス」とは 「事実に基づいて世界を見ること」を意味する著者の造語です。 「ファクトフルネス」の冒頭には、この記事のはじめに紹介したようなクイズが「あと12問」掲載されています。 すでにご紹介したとおり、様々な国や知識層の人にこのクイズを試してみても、 ほとんどの人が「チンパンジーよりも悪い点」しかとることができない。 その原因は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」。 「本能」というだけあり、 誰もがその「本能」を持っていて、そして世界を誤って認識してしまう。 著者によれば、この 「本能」は10種類あるとのこと。 この「ドラマチックに世界を見てしまう本能」を抑えなければ正しい世界の姿は見えてこないのです。 10種類の「本能」 著者が示す 10種類の「本能」は、次のとおり。 この10種類の「本能」について、著者はクイズの結果や現在の世界のデータから、それぞれが「どのような本能」かを教えてくれます。 そして、 それぞれの「本能」を抑える方法まで示してくれているのです。 世界は思ったほど悪くはない この「ファクトフルネス」が教えてくれる「ドラマチックに世界を見てしまう本能」は、「本能」だけあって、どれも身に覚えがあるようなものになっています。 例えば「分断本能」や「ネガティブ本能」の説明の中では、ほとんどの人が「実際よりも世界は悪い」と認識していることが示されます。 つまり ほとんどの人は「事実(データ)が示す世界」よりも「悪い世界」をイメージしている。 それが人間の「本能」なのだとこの本は指摘しています。 ただ問題なのは、ほとんどの人が 事実(データ)に関心も抱かず、ただ漠然と「本能」のままに世界を認識していること。 そしてまた、 ぼくが連想したのは以前に紹介した本「最高の体調 ACTIVE HEALTH」のこと。 「最高の体調 ACTIVE HEALTH」 では、「生物としての人間の肉体」が現代という時代に適応していないことが指摘されていました。

次の

関美和(翻訳家)のプロフィールや年齢は?経歴や学歴、翻訳家になったきっかけも!

ファクト フル ネス 関 美和

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

NHK番組表・トップページ

ファクト フル ネス 関 美和

もくじ• ファクトフルネスの意味 思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。 そんな 希望を抱かせてくれる本。 ーバラク・オバマ元米大統領 名作中の名作。 世界を正しく見せるために欠かせない1冊だ ービル・ゲイツ ファクトフルネス。 ニス (ness)=欠如している、欠けている もとの言葉はこのあたりから発生していると考察するのですが、実は造語です。 ファクトフルネス FACTFULNESS とは、本書の中では「データを基に世界を正しく見る習慣」を意味します。 多くの人は、「自分が知っている世界は、事実とそうかけ離れたものではない」と信じこんでいますが、それは本当に事実(ファクト)でしょうか? 全世界でベスト・セラーを記録した「ファクトフルネス」のテーマは実にシンプルです。 世界は私たちが考えているより良い状態にある• 私たちには、世界を「われわれ」と「彼ら」という2つの陣営に分割する傾向がある• 常にあらゆることを心配し、事実に基づいた世界観を持つことができずにいると、私たちにとっての最大の脅威に集中できなくなる可能性がある• 私たちは大抵のことについて、悪化しているときに変化に気づきやすい• 私たちは「恐怖による支配」というレンズを通してメディアを見ている データを調べて分析をするのは簡単ですが、世界を十分に理解したいなら実際に人と議論する必要があります。 世界がいかに動いているかを理解し、あまりにも多くの人たちの判断を鈍らせている私たち。 人間が持っている生来の偏見を浮き彫りにするために筆者ロスリングが推奨するのは、現実の世界での実際に体験です。 真実を伝えることができるのは、事実だけです。 事実を信頼し、事実を最前線で実感すること。 それに勝る学習は無いのではないでしょうか。 ゲイツ氏がなぜ新社会人に贈呈したか? たとえば、「人間が何か選択しようとしたとき」の正解率はなんとチンパンジー以下だというのです。 その理由は、人間がこの世界を認識するときにはかならずバイアス(思い込み)が働くから。 さらに面白いのは、高学歴・専門家・社会的な地位がある人ほどバイアスに陥りやすいということです。 例えば、人間の記憶に残るのはインパクトのあるネガティブな情報の方が多いこと。 長く生きれば生きるほど、たくさん学べば学ぶほどに、負の情報が頭に蓄積される量が多くなるのです。 その情報が変化しているとしても、人の記憶ははなかなか上書きされにくい特性もあります。 それこそがバイアスの落とし穴なんですね。 だからこそ、これから新しく社会に出ていく前の若者には、バイアスのかからない状態で世界を見て欲しい。 正しく世界を認識するためのスタートとして、こちらもおすすめです!.

次の