ソニック グリーン車 値段。 新幹線グリーン車と普通車との違い 座席設備や待遇の差を写真付きで解説

「ソニック」に安く乗る方法|格安旅行研究所

ソニック グリーン車 値段

以下の回答以外にも、このようなこともあります。 ・車両の快適性を重視した台車を使用しており、(普通はありませんが)その車両に立っていたとしても、他の車両よりも快適にできている。 ・(今、ほぼ言えることですが)モーター車がグリーン車等には存在しない為に、音やごくわずかのモーター駆動による振動が、座席に伝わらなくて快適 ・(こちらもほぼ言えるのですが)架線からの電力を得るパンタグラフもないため、同様にごくわずかな音に対して、静粛されていて、快適になっている場合がある。 以下は、グリーン車等が、異様に快適な例です。 常磐線E657 先頭車両、及びグリーン車に、フルアクティブサスペンションを搭載 #フルアクティブサスペンション搭載車両は、かなり静か、カーブでの振動が全くといっていいほどありません。 E5系等グランクラス グリーン車よりも上のクラスであり、通常5列、グリーン車4列に対して、3列しかなく、車内サービスが 下手したら航空機のファーストクラス以上に良い 新幹線のグリーン車に乗ったことがあります。 赤ん坊が居たこともあり、行きに個室、帰りは座席でです。 座席がゆったりしています。 客室乗務員が個室だと呼べば来てくれますし、座席でもおしぼりがもらえたりします。 東海道新幹線では車内の雑誌もどうぞ持ち帰って下さいです。 個室だと、FMラジオを使えば聞ける音楽などが、個室にスピーカーが付いていて、自由に聞けるというのもありましたね。 長時間というのなら、グリーン車はおすすめ。 高い金額分のサービスがあります。 うまくいけば、芸能人とか乗っているかもね。 ただし、静かな環境を望む人も多いので、会話は静かめにね。 指定席はただ座れる場所が確保されただけだし、自由席も空いていれば変わらないから。 ただし、シーズンによっては自由席が満席状態で立っている人が多いと車内販売も来ないですけどね。 違いは、座席の広さと座席の前後の間隔、そして、座り心地ですかね。 例えてみれば、飛行機のエコノミーとファースト(もしくはビジネス)の違いという感じです。 まあ、飛行機には自由席はないですが。 新幹線とかの列車の場合、自由席と指定席の場合は、シートは広さや間隔、質は全く一緒です。 違いはどこに座っても良いのか指定してある席に座れるのかの違いです。 言い換えれば、指定席なら混んでいる日でも絶対に座れる、自由席なら立っていることになるかもしれないと言う違いです。 グリーンは指定席であって、なおかつ高級なシートをゆったり配置していると言うことです。 その分値段が高いと言うことですので、値段と快適さのバランスを考えれば良いと思います。 Q 恥ずかしい話なのですが新幹線に一度しか乗ったことがありません。 来月青森に行く可能性があるのですがこちらは奈良県なのですが のぞみと東京からははやて25号と言う新幹線を使用する予定です。 8時間くらいかかるみたいですので私にとっては長旅となりますので できるだけ疲れないように帰ってきたいと思ってるのですが 上記の新幹線には指定席とグリーン席がありますがどのように違うのでしょうか? 本当に初歩的な質問ですが、、 指定席の場合は座席が2席と3席があるけとグリーンの場合は2席と言う事と座席が広いようなことは聞きましたがどれくらい違うのでしょうか? 料金が倍近く違うのでかなり違うのかなって思ったりするのですが、、 実際はどうでしょうか? tok2. html 東海道新幹線の新型「N700系」は載ってないけど 「300、500、700系」で。 shinkansen. shinkansen. htm 新幹線に乗るには「乗車券(運賃。 グリーン車は 在ります) 停車駅数の関係で、八戸までの時間が少し変わります。 「こまち」は「秋田新幹線」で、八戸の手前「盛岡」で分離します。 htm 切符は、JR駅の「みどりの窓口」でもいいですし(新幹線駅でなくても可) 大手旅行代理店でも(往復)発券出来るので、お好きな方で… 指定席券は、乗車日の1ヶ月前AM10:00~発売になります。 cyberstation. aomori-airport. jr-odekake. html 4 また、新潟中越地震の「不通」区間が復旧すれば 「寝台特急 日本海」も在ります。 nifty. nebuta. tok2. html 東海道新幹線の新型「N700系」は載ってないけど 「300、500、700系」で。 shinkansen. shinkansen. htm 新幹線に乗るには「乗車券(運賃。 Q 普通列車のグリーン券を事前に買っても、いざ乗り込んだら満席で座れないということがあります。 払い戻し制度があるようですが、グリーン券を買う目的は、混雑している普通の車両を避けて、ゆっくり座っていこう、と思うから買うのですね。 立つ位なら普通の車両でいいわけです。 当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 しかも買って乗り込んでからでないと空席があるか分からない。 乗り込んでから空席を見つけたら余計に払わないといけない。 グリーン券を買うことの担保とは何でしょうか。 こんないびつな制度ってありますか? A ベストアンサー >当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 その通りです。 これが『乗車券』の効力です。 >グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 これは違います。 ちょっと誤解されているようですが、まず、普通列車のグリーン車には『指定席』 快速マリンライナー等 と『自由席』 湘南新宿ライン等 とがあります。 普通列車全列車が自由席なのではありません。 自由席では着席が保証されておらず、またグリーン車は車両の立入りにつきグリーン券が必要 これが『グリーン券を買うことの担保』 ですから、立席であってもグリーン券は必要です。 では、なぜ湘南新宿ライン等は指定席にしないのかということですが、指定席にした場合の混乱を避けるために自由席にしたということでしょう。 『指定席』ということは、列車・区間も指定されますから、現行の規定では乗り遅れた場合には無効となってしまいます。 また、列車1本遅らせる場合にも、変更手続が必要になってきます。 目的地を乗り越す場合にも、別の客が席を取っていれば、その席を譲らなければなりません。 このように、指定席は高密度・短い駅間距離で運転される通勤列車には合わないです。 自由席であれば列車は選びませんし、空いていなくても他車両より空いている車内で立つというニーズにも応えることができます。 そしてSuicaグリーン券も、まさに『自由席』だからこそ実現したといっても過言ではないでしょう。 本日の毎日新聞の本橋記者の記事 yahoo! のトップにも転載 も拝見しましたが、ちょっとズレている気がします。 会社負担も珍しくないため通勤客に売れているが、売れば売るほどグリーン車が混雑し着席が困難になるという問題点がある。 この点、枚数を限定する等の解決策は取られているのか。 グリーン車に転移する乗客数を考えてもある程度の増発等は必要なはずであるが、そうした措置は行われているのか。 といった点であるはずで、本橋記者の記事はうわべだけの批判にとどまり鋭い指摘を欠くもののように思われます。 mainichi-msn. html >当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 その通りです。 これが『乗車券』の効力です。 >グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 これは違います。 ちょっと誤解されているようですが、まず、普通列車のグリーン車には『指定席』 快速マリンライナー等 と『自由席』 湘南新宿ライン等 とがあ... A ベストアンサー ご質問のきっぷは 4月16日の朝10時から 発売されます。 みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。 値段は 乗車券:1,450円 指定席特急券:1,410円 合計:2,860円 ですので、お調べになった値段であっています。 乗車券と特急券の区間はぴったり合っている必要はありません。 乗車券はJRを利用する全区間を買った方が安くなります。 (まれに高くなってしまうこともあります) また、乗車券はいつ買ってもかまいませんので、当日でもかまいませんし、SuicaやPASMOのご利用でもかまいません。 SuicaやPASMOご利用の場合は、指定席特急券のみを購入すれば結構です。 なお、川崎からですと「踊り子箱根フリーきっぷ」という、特急指定席を利用して往復4000円というおとくなきっぷもあります。 2日以内に往復するようでしたらご検討下さい。 ただし、新幹線は使えません。 ご利用の場合は、みどりの窓口やビュープラザなどでどうぞ。 jreast. aspx の左側にある「キーワードでさがす」に 踊り子箱根フリーきっぷ と入力して検索ボタンを押して下さい。 検索結果の「踊り子箱根フリーきっぷ」と書かれているところをクリックすると詳細をご覧になれます。 このとき、横浜市内は横浜市内にあるJRの駅のほか、川崎・尻手・八丁畷・川崎新町・鶴見線内各駅が含まれます。 これは、矢向駅が前後を川崎市の駅に挟まれて路線的に飛び地になっているなどのため、横浜市内駅には上記の川崎などを含んで飛び地(飛び駅?)を解消するようにJRで定めていることによります。 JRのきっぷで横浜市内といえば、常に上記の川崎駅などが含まれます。 ご質問のきっぷは 4月16日の朝10時から 発売されます。 みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。 値段は 乗車券:1,450円 指定席特急券:1,410円 合計:2,860円 ですので、お調べになった値段であっています。 なお、例えばJRの利用区間が蒲田からのような場合は 「5月16日」に「踊り子1... Q 先日、横浜~小田原間を普通電車のグリーン車で移動したのですが料金を見てみると950円でした。 一方で、おなじ距離を走る特急の踊り子号の特急料金が900円だと知りものすごく違和感を感じています。 本来なら、普通電車のグリーン車のほうを特急の自由席より安くすべきだと思うのですがどうでしょうか? そうする意図がわかりません。 A ベストアンサー JRの旅客営業規則には、グリーン券は「特別車両券」・グリーン料金は「特別車両料金」と書かれており、これが正式名称となっています。 jreast. html この名称からもわかるように、グリーン車は「特別な車両」なのです。 東海道線・横須賀線の沿線である湘南地区には、昔から企業の重役クラスが邸宅を構えていました。 この人たちの『他の乗客よりも高い金額を払ってでも座って通勤したい』という要望を満たすために、二等車(三等級時代・二等級制になってからは一等車)が連結されていました。 等級制を採用していた頃は運賃そのものが「一等運賃」「二等運賃」という形で分けられていましたが、等級制廃止に伴い運賃+グリーン料金という形に改められました。 しかし、その後も引き続き普通の通勤・通学定期券と別途購入したグリーン券の組合せではグリーン車には乗車出来ず、定期券区間についても別途乗車券も購入する必要がありました(毎日グリーン車を使う人向けには、グリーン定期券があります) これは、グリーン車が過度に混雑するのを避けるために、価格面での差を大きくする意図があったのです。 グリーン車に気楽に乗れるようにすると、グリーン車も混雑して高いグリーン定期券を購入した人が座れないということにもなります。 グリーン定期券は指定席でないものの、高い金額を支払っているのに座れない状態になるとサービス面では問題がありますので、価格で敷居を高くしたのです。 普通列車のグリーン車の座席が特急の普通車並みなのは、グリーン車に割り当てが可能な限られた車両の中でいかに多くの座席を提供するかという点に主眼が置かれているからです。 グリーン車の利用が増えたからといっても、普通車の混雑も激しいですからグリーン車を3両・4両に増やすのは無理ですし。 2階建て車両を導入したのも、座席数を増やすためでした。 昨年10月の制度改正で、普通の定期券+グリーン券でもグリーン車に乗車出来るようになりました。 これは、2階建て車両の拡大で座席数が増えたこともありますが、Suicaグリーン券の導入などで車内改札の省略をはかるという、合理化の側面の方が大きいようです。 料金面では、通勤利用がほとんどないホリデー料金は引き下げられましたが、100kmまでの平日料金は据え置かれています。 この点では、まだ平日は敷居を高くしておく必要があるということですね。 このように、グリーン料金は「高くすることに意味がある」のです。 余談ですが、数年前の「鉄道ジャーナル」に、1970年代に横須賀線に新しい車両が導入され、それまでの車両より座席のレベルが下げられる(当時も、グリーン定期券利用者が座れないという事態になっていたようです)ことになったとき、国鉄幹部からグリーン定期券利用者宛てにお詫びの手紙が送られたことがあるというエピソードが掲載されていました。 当時の国鉄にとって、グリーン定期券利用者がいかに『特別なお客さん』であったということがわかるエピソードですね。 JRの旅客営業規則には、グリーン券は「特別車両券」・グリーン料金は「特別車両料金」と書かれており、これが正式名称となっています。 jreast. html この名称からもわかるように、グリーン車は「特別な車両」なのです。 東海道線・横須賀線の沿線である湘南地区には、昔から企業の重役クラスが邸宅を構えていました。 この人たちの『他の乗客よりも高い金額を払ってでも座って通勤したい』という要望を満たすために、二等車(三等級時代・二等級制になってからは一等車)が連... A ベストアンサー 既に回答に出ている部分との重複も多くなりますが、少しでも参考になればと思い一個人としての見解を・・・。 まず結論から言いますと、修善寺が目的地であるなら私ならただの「踊り子」を選びます。 やはり乗換え無しが最大の理由です。 ただし正直言って座席は決して褒められたものではありません。 私は個人的に列車の座席にこだわる方なので、踊り子の座席は「う~ん、ちょっとねぇ」というのが率直な感想です。 でも普段座席の乗り比べとかするタイプの方でなければ何とか及第点というところではないでしょうか。 スーパービューの方にも乗ったことがありますが、たしかに座席・乗り心地は格段に上です。 ただしスーパービューを使って修善寺に向かうには、熱海・三島と2回の乗換えが必要になります。 しかも熱海以遠は普通の電車(いわゆる通勤型)に乗ることになるでしょう。 普通(又は快速)のグリーン車利用というアドバイスも出ていますが、 これも基本的には熱海・三島での2回の乗換えが必要になり不便でしょう。 ただ座席のレベルから言えば、踊り子のシートよりより普通列車グリーン車のシートの方が上です。 あと#4の方の回答で踊り子のグリーン車利用を薦める文章がありますが、修善寺直通の踊り子にはグリーン車はありません。 グリーン車の部分は熱海で分割されて伊東・下田方面に向かってしまいます。 沼津からの船の案を提案されている方もいますが、修善寺が目的地ならあまりオススメできないかも・・・。 西伊豆の海沿いの温泉が目的地なら良い選択肢の一つになるでしょう。 それから踊り子の窓の揺れの問題ですが、進行方向左側の座席に座ればそれほど気になることはないと思います。 特に往路は左側が海側になるのでその分景色も楽しめます。 (景色が良いと言える箇所はそう多くはないですが・・・) 質問者さんの選択肢には無いのかも知れませんが、既出の通り三島まで新幹線という方法もあります。 時間は圧倒的に早いけど、乗換えの手間と費用が個人的にはネックです。 長くなってしまいましたが、以上の理由から個人的意見としては修善寺直通の踊り子がオススメです。 あまり積極的に選びたい列車ではありませんが・・・(苦笑)。 伊東・下田方面は列車的に優遇されています。 修善寺方面ももう少しどうにかならないものかなぁ、と感じる今日この頃です。 まず結論から言いますと、修善寺が目的地であるなら私ならただの「踊り子」を選びます。 やはり乗換え無しが最大の理由です。 ただし正直言って座席は決して褒められたものではありません。 私は個人的に列車の座席にこだわる方なので、踊り子の座席は「う~ん、ちょっとねぇ」というのが率直な感想です。 でも普段座席の乗り比べとかするタイプの方でなければ何とか及第点というところではな... A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機... Q PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか? 東京近辺に住んでいます。 今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。 事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い メリットやデメリットなど があまりよく分かりません。 年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!! A ベストアンサー SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があります。 カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。 定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。 単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。 ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。 費用はどちらも購入時に500円かかります。 この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。 要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。 利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。 現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。 古いSUICAは無料で取り替えてくれます。 そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。 JRには電子グリーン券の機能があります。 主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。 グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。 コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。 JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。 チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。 コンビニでも同じです。 最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。 ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。 逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。 SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があり...

次の

新幹線のグリーン車と普通車ってこんなに違う?料金、設備、サービスの違いをご紹介

ソニック グリーン車 値段

グリーンから見たDXグリーン。 ガラスで仕切りがあります。 グリーン車だって特別な空間なのに、DXグリーンはさらにワンランク上という感じがひしひしと伝わってきます。 にちりんのDXグリーン座席配置は、1人席と2人席の横3列構造で、全部で1列あります。 席番号は、1番です。 で、宮崎駅方面に向かって、右手の一人席がC席です。 反対側は二人席で、窓側がA席で、通路側がB席です。 という感じの、全部で3席の超プレミアムな空間です。 ちなみに、私の席は、1C席でした。 シートピッチという考え方はDXグリーンにはないと言っても過言ではありません。 前後長すぎです。 およそ、2席分あります。 その分、リクライニングがすごく、ものすごく倒れます。 フラットにこそなりませんが、グリーン車の倍くらい倒れますので、はっきり言って寝ることができます。 DXグリーン車の座席ですが、グリーン車よりもさらに大きな座席です。 座り心地も抜群にいいです。 リクライニングは電動です。 フットレストはありませんが、足の部分も上げることができますので問題なくリラックスできます。 航空機みたいな荷物棚。 ハンガーもあります。 座席周りの収納は、DXグリーンにはじないくらい十分すぎです。 コンセントは、各席に1個以上あります。 窓際の側面にもありますので、A席とC席に至っては、コンセントが二つあります。 で、車内販売ですが、にちりんにはありません。 大分駅-宮崎駅は3時間の長丁場なので、ドリンクや軽食等があった方がよりDXグリーンの優雅さを味わえると思います。 で、にちりんからの車窓ですが、A席は、なんといっても日向灘ですね。 あと、かつてのリニアモーターカーの実験線もいいです。 反対のC席ですが、延岡市街や九州山地の山々が望めます。 最後に、トイレに行く時は、DXグリーンからグリーン車を通り抜けることになるのですが、その時に、普通のグリーン車がしょぼく感じてしまうくらいDXグリーンは立派な座席と空間です。 もちろん、グリーン車もかなりいい座席ですよ。 DXグリーンがすごいだけなのです。 それでいて、DXグリーン料金はというと、他のJRのグリーン料金なみの金額です。 というより、少し安いときたもんだ! グリーン車至っては、さらに安いわけですが、JR九州のグリーン車料金って本当にリーズナブルです。 大分ー宮崎くらいの長距離移動であれば、DXグリーン車はおすすめですよ。 以上が、にちりんのDXグリーンに乗車した際のレポートです。 2015年8月上旬• コロナ禍だからこそ自宅であのライザップのダイエットしませんか?.

次の

グリーン席と指定席の違いは?

ソニック グリーン車 値段

う~ん…行きはともかくとして、帰りは混む可能性は否定できません。 クリスマスに関東・関西に遊びに行った人たちのUターンや、帰省する人たちのラッシュが重なりますので。 その時期はフェリーですら混みますよ。 私が2日前にその区間の29日の分を確認に行ったら、グリーン席以外(つまり指定席も)満席でした。 空いてるのは1席だけだったり。 まあ、私の場合は年末ギリギリなので、ちょっと違うかもしれませんが。 指定席が満席=自由席も空きが少ない可能性大。 ということで。 博多駅から乗る方も案外多いので。 自由席でイケそうだと判断したら、「ありがとうございます、ちょっと考えてみます(愛想笑い)」でやりすごしましょう!(笑) すてきなご旅行になりますように! 関東地区の最寄駅のJRみどりの窓口でも購入できます。 東京駅~小倉駅間の新幹線特急券と 小倉駅~大分駅間の特急券を同時に購入されますと 在来線の小倉駅~大分駅間の特急料金が半額となります。 最寄駅(東京都区内)~大分駅間の普通乗車券を 購入されますとお帰りも同じ経路で戻れられますと 往復割引が適用となりゆきとかえりの片道普通乗車料金が それぞれ1割引となります。 12月22日に小倉駅~大分駅間のソニック号ですが 自由席は、4号車~6号車と7号車の車両もあります 博多駅始発で平日ですので座れるでしょう。 大分駅~小倉駅間の26日は、日曜日ですので 年末年始のような混雑はないでしょう。 jr-odekake. jrkyushu. yoyaku. jrkyushu. jrkyushu. jrkyushu. jr-odekake. jrkyushu. yoyaku. jrkyushu. A ベストアンサー ソニックは小倉で結構入れ替わるので自由席でも並べば座れます。 双方向に使えます。 ただしご質問の時期 3月16日~4月8日 は指定席1枚につき500円追加が必要です。 それでもだいぶ安いのですが。 また、出発地によってはもっとお得な割引きっぷをご紹介できるかもしれません。 このような質問をされる場合には情報を小出しにせず、旅程をなるべく詳しく書いた方がよろしいかと思います。 なお、 3さんも 6さんも微妙に違っているのですが 「振り子列車」はカーブを高速で通過するための仕組みで車体を内側に傾けます。 その結果、乗客にとっては遠心力が打ち消されるため「揺れ」を感じ"にくい"ようになっています。 大阪から和歌山方面の列車は同じ振り子でも制御のない振り子列車がほとんどですので、こちらはカーブに入ってからいきなり大きく傾くので不快な揺れを感じさせます。 ただ、カタカタカタ……という小揺れを感じることはあります。 jrkyushu. 双方向に使えます。 ただしご質問の時期 3月16日~4月8日 は指定席1枚につき500円追加が必要で... また、なるべく、乗車時には直ぐに車掌室に出向き、特急券(座席指定の場合は指定席特急券)を発券してもらう。 もしも、満席の場合は自由席特急券になり、車掌の配慮で指定席に空きが出来れば指定席特急券を発券してもらう。 >でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね? いいえ、手元の乗車券の発行駅や車内検札等で、ある程度は分かります。 自己申告と言うか、特急券の購入が出来なかったor車内で購入の理由事情を述べて必要な種類の切符を購入します。 尚、無断でで乗車していて、特急電車が数駅を通過してから車内検札時に特急券を持たず無断で乗っている場合は、ご指摘のように特急の乗車区間が分からない場合も出てきますので、その場合は車掌の判断で、利用客の申告通りor始発駅や乗換え可能な駅からの乗車と見做される可能性もあります。 Q JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 指定席は、みどりの窓口に券を持って行ったら決めてもらえた。 新幹線以外の特急とか指定席との併用は可能? 質問がいろいろ曖昧なんですが、この辺の疑問を解消したいと思ってます。 アドバイスお願い致します。 JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 A ベストアンサー まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に必要。 前述の通り特急だけは指定席券というものが存在せず、特急券に包括されます。 またグリーン車指定席もグリーン券+指定席券ではなく、グリーン券に包括されています。 ということで特急の指定席に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券 特急の自由席に乗る場合は、乗車券+(自由席)特急券 特急のグリーン車に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券+グリーン券 急行の指定席に乗る場合は、乗車券+急行券+指定席券 という感じになります(詳細は興味があればということで)。 1.そのきっぷの券面に「指定席特急券」とか「指定席用」とか書いてあれば、 指定席特急券としての効力があります。 「自由席特急券」とか「自由席用」とか書いてあれば自由席しか利用できません。 (指定席と自由席の差額を支払えば、指定席に乗れるものはあります) また一部には、乗車券の効力のない特急券のみのチケットも存在します。 (その場合、券面にその旨表記があります) 2.yahoo路線情報についていえば、特別料金は特急料金のことは示しているのですが、 それが指定席特急料金なのか自由席特急料金なのかは見てもわかりません。 たいていは指定席特急料金ですが、自由席の場合のこともたまにあります。 いずれにしても特急に乗る場合には必要な料金です。 3.青春18きっぷは、ごく一部の例外を除いて普通(快速)列車専用のきっぷのため、 乗車券(運賃)に相当するという考えではなく、専用券と考えた方がいいでしょう。 併用が認められているのは#4さんの回答にある通り、 普通(快速)列車の普通車指定席とグリーン車自由席、それとライナーです。 まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に... A ベストアンサー 回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。 ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。 以下に並べてみましたので、参考にしてください。 「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋 最もポピュラーなタイプ。 シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。 「ダブル」・・・ダブルサイズ以上(不通はクイーン以上)のベッドが一つある部屋 ツインよりは数が少ない。 一つのベッドに2人で寝る 「トリプル」・・・ベッドが3つ、或いはツインに簡易ベッドが一つある部屋 あまり一般的ではないので、簡易ベッドはソファーベッドの場合が多い。 或いは、シングル1+ダブル1の場合もある 「フォース」・・・4人用。 滅多にないタイプ。 多くの場合、クイーンベッドが2つある感じ。 アメリカなど家族旅行の盛んなところで見られる。 「セミスイート」・・・スイートに準じる部屋 ジュニアスイートともいう。 「スイート」・・・ベッドルームとリビングルームが分かれている部屋 一般的には最上級の部屋。 中には数十万~百万前後の部屋もある。 中堅クラスのホテルなら数万円で利用できるので、特別な記念日などに利用する人も多い。 シングルまたはダブルベッドと組み合わさっているのが一般的。 「キチネット」・・・簡易キッチン(コンロとシンク、若干の料理器具など)がついている部屋。 ホテルの部屋で自由に調理することができるタイプ。 都会のシティホテルには少なく、リゾートのコテージや郊外のモーテルなどでよく見られる。 セミダブル幅120~130cm 長さ 同上 ・・・これも一人用。 2人ではちょっと狭いかも。 その分お互いが密着できるかな? ダブル 幅140~150cm 長さ 同上 ・・・ようやく2人で寝れるサイズです。 クイーン 幅160~170cm 長さ 同上 ・・・ダブルルームのベッドはふつうこのサイズです。 キング 幅180~200cm 長さ 同上 ・・・真横になって寝ても大丈夫。 ベッドの上でプロレスも出来ます。 海外では、利用する人数に関わらず、一部屋~ドルなどで設定されています。 ツイン100ドルなら、何人で利用しても100ドルです。 (もちろん人数の制限はありますが) 日本でも外資系のホテルではこのシステムを導入しているところがあります。 参考URLもどうぞ。 回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。 ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。 以下に並べてみましたので、参考にしてください。 「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋 最もポピュラーなタイプ。 シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。 「ダブル... A ベストアンサー JRを利用するか、それとも高速バスを利用するか次第ですが、JR利用について何点か。 どうしても一旦、博多まで新幹線をご利用であればNo. jrkyushu. jrkyushu. jrkyushu. jrkyushu. 「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特」は「九州新幹線2枚きっぷ」とは異なり、標準で普通車指定席が利用できる上、指定列車の出発前且つ、きっぷ受取前まであればインターネットを通して何度でも時間帯・区間の変更が可能となっています。 クレジットカードでの決済が必要ですし、インターネットでの購入に抵抗があればお薦めし辛いですが、基本的には「九州新幹線2枚きっぷ」や「2枚きっぷ」を駅で購入するより便利でオトク感もあるのでお薦めしておきます。 jrkyushu. どうしても一旦、博多まで新幹線をご利用であればNo. 3さんが回答なさっているよ...

次の