フェンネル 育て 方。 フェンネルの食べ方を葉・種・茎パーツ別に紹介!根のスープがおすすめ│SEKAIE

【フェンネル】育て方、効果・効能など|ハーブのホームページ

フェンネル 育て 方

肥料 季節・日常の手入れ ポイント 支柱立て 草丈が高くなると倒れやすくなるので、支柱を立てます。 収穫 葉や茎はいつでも収穫できます。 できるだけやわらかい部分を収穫します。 球茎は春まきなら7月の頭、秋まきなら11月の頭に収穫できます。 タネは株全体が黄色く枯れてきたころに花茎ごと切り取って風通しの良い日陰で逆さに吊して乾燥させて収穫します。 フローレンス・フェンネルの軟白処理 株元 根株 が肥大するフローレンスフェンネルは根株がゴルフボール大の大きさになったらまわりの土を株元に寄せて(茎の伸びているあたりまで株を埋める)根株に光が当たらないようにします。 この作業を軟白処理といって、長ネギの白い部分も同じ作業で作られています。 この作業をしないと茎が青く、硬くなってしまいます。 その後草丈が1mくらいに達したら掘り上げて根株を収穫します。 根株を食用にしない場合はこの作業を行う必要はありません。 日当たり・置き場所 日当たりのよい環境を好みます。 株がよく茂って茎葉が混み合った場合は、茎を適宜間引いて株の内部まで充分日が当たるようにします。 霜の降りるころか果実の熟した頃に地上部が枯れてしまいますが、春に暖かくなると新芽がふいて再び元気に育ちます。 凍結の心配のある地域では、腐葉土などを敷いて防寒します。 水やり・肥料 乾燥地気味の土壌を好みます。 鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えま。 地植えは夏に雨の降らない日が何日も続くような場合だけ与えますが、基本的には水をやる必要はありません。 冬は地上部が枯れても根は生きているので、鉢植えは回数を少なくして水やりを行います。 肥料は春と秋の年2回、株元にゆっくり効くタイプの肥料を施します。 用土 水はけの良い肥えた土が適します。 鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。 地植えの場合は植える前にあらかじめ堆肥をたっぷりと混ぜておきましょう。 植え替え・植え付け ポイント 直根性といって太い根がでますが枝分れしにくい性質で、その太い根を傷めてしまうと根付きにくく、一度地植えにすると他の場所への植え替えはむずかしいでしょう。 フローレンス・フェンネルは、鉢植えでは葉や茎を収穫することは出来ますが、根株が充分生長しないことも多いです。 株が大きく茂るので、地植えは60cm以上の間隔をあけて植え付けます。 あまり詰めて植えると株に充分に日光が当たらず、貧弱に育つので注意しましょう。 また、根が深く張るので、土はしっかりと耕しておきます。 相性の悪い植物がある やトマト、豆類の生長を阻害するので、近くには植えないようにします。 同じセリ科のが近くに植わっていると、お互いに掛け合わさってしまうことがあります。 掛け合わさってできたタネは、まいてもよい株ができない 芳香が劣る ことが多いです。 タネを自家採取してふやしたい場合は、その点を気をつけます。 ふやし方 株分けとタネまきができますが、タネは発芽率も良いのでおすすめです。 タネまきは4月と9月が適期です。 苗は大きくなってから植え替えても根付きにくいので鉢や庭に直にまいて間引きながら育てます。 もしタネをまく予定の場所がまだ他の植物で埋まっている場合はビニールポット(市販の花苗が植えられているふにゃふにゃのビニール性の鉢)に何粒かタネをまき発芽したら1本を残して間引いて、ある程度の大きさになったら土をくずさないように庭や畑に植え付けると、根を傷めにくいです。 かかりやすい病害虫 害虫 カメムシ 赤と黒のストライプ模様のアカスジカメムシが付きやすいです。 セリ科の植物によく付き、特に夏の開花時期によく見られます。 まとめ やや乾燥気味の土壌を好む 冬は地上部が枯れて根の状態で越す 相性の悪い植物があるので気をつける 関連するページ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

フェンネルの育て方

フェンネル 育て 方

みなさんこんにちは。 今回は、 フェンネルについてお伝えしていきたいと思います。 フェンネルはセリ科の多年草で、葉や種、茎や根などをハーブとして利用することができます。 鮮やかなグリーンの葉と黄色い花が美しく、丈夫で育てやすいので、鉢植えやプランターでも育てることができます。 この記事では、フェンネルを上手に育てるポイントをお伝えします! 花言葉や品種などもご紹介するので、どうぞ最後までご覧ください。 まずは フェンネルの育て方からお伝えします! フェンネルの育て方!環境はどうする? フェンネルは日当たりがよく風通しのよい環境を好みます。 強い直射日光と猛暑に弱いので、真夏は遮光して明るい日陰の環境にしてあげましょう。 しかし春にまた発芽するので、地下根が凍ってしまわないように注意しましょう。 寒冷地では株元に腐葉土などを敷いて、防寒対策をすると安心です。 フェンネルに適した環境が整ったら、次は用土を準備しましょう。 次は、 フェンネルに適した用土についてお伝えします! フェンネルを育てる際の適した用土は何? フェンネルを育てる際には、水はけがよく肥沃で、乾燥し過ぎない土が適しています。 市販の野菜用培養土またはハーブ用の培養土に、堆肥や緩効性肥料を少量混ぜたものがよいでしょう。 配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」がおすすめです。 フェンネルの種まき時期と種まきのポイントは? フェンネルは、こぼれ種でもよく増えます。 採取する場合は、秋~冬に茎全体を刈り取って、吊るして乾燥させると種が落ちてきます。 移植を嫌うので、直まきにしましょう。 春 4~6月 と、秋 9~10月 に種まきができ、寒冷地では春のみに行えます。 よく育つので間隔は30cm以上とり、用土に指で植穴を開けて、1カ所に4~5粒まきます。 かるく土を被せて、乾燥しないように管理すると5~10日で発芽します。 本葉が2~3枚になったら数本間引いて、本葉5~6枚まで育ったら一番元気な芽を残して1本立ちにしましょう。 フェンネルと相性の悪い「トマト」「豆類」「コリアンダー」「同じセリ科のディル」などの近くには種をまかない 植え付けしない ようにしてください。 フェンネルは強い乾燥が苦手です。 水やりは次のようなポイントに注意しましょう。 次は、 フェンネルの水やりポイントについてお伝えします! フェンネルを育てる際の水の量はどうする? 庭植えの場合は降雨で育てて、雨が降らない日が続くときは、水やりを行ってください。 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。 成長期は水を吸うスピードが速いので、水切れに注意が必要です。 冬と苗木の時期は、やや乾燥気味に管理することで、丈夫な株に育ちます。 完全に水を切らしてしまうと枯れてしまうので、土が乾いて数日後に水を与える頻度で行いましょう。 以上で基本的なフェンネルの育て方については終わりです。 次に、 フェンネルの画像をお見せします! フェンネルの画像 写真 !特徴は? フェンネルはセリ科ウイキョウ属の多年草です。 フェンネルといえば、植物そのものとしてよりも、料理などに用いる食用ハーブとして聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? フェンネルは、 古代ギリシャ・ローマ時代から食用、または薬用として広く利用されてきたハーブなんです。 葉や茎からはスッと甘やかな芳香が香り、細やかで明るい緑色の葉は魚料理などによく用いられます。 若くまだ柔らかな茎も、セロリなどと同じく食用として利用されます。 また、フェンネルから取れるタネは ハーブティーに使用されたり、 菓子やパンなどに混ぜ込まれて使われます。 タネから蒸留して抽出した精油は、 リキュールの風味づけ、石けんや歯磨き粉などにも用いられるんですよ。 植物としての愛で方だけでなく、様々な方向に用途があるんですね! 次は フェンネルの葉や花の効能や収穫時期についてお伝えします! フェンネルの葉や花の効能や効果はあるの?収穫時期はいつ? フェンネルの花は6~8月に開花します。 花茎を長く伸ばして、その先に黄色の小花を多数まとめて咲かせます。 秋には7mmほどの大きさで、長楕円形の実をつけます。 若い葉や種には甘い香りと苦みがあり、香辛料として食用や薬用に利用されます。 効能には、「消化促進」「整腸作用」があるので便秘などに効果的です。 「利尿・発汗作用」があるため、むくみが取れてダイエットにも効果があると言われています。 「消臭効果」もあるので、魚料理のニオイ消しやアロマなどにも使われます。 株元の茎が肥大した部分 鱗茎 は 「フィノッキオ」と呼ばれ、野菜として料理に使われます。 収穫の時期は、葉は3~11月、種は7~9月です。 葉をサラダなどにして生で食べる場合は、やわらかいうちに収穫します。 次に、 フェンネルの食べ方をお伝えします。 サラダに使われるのでしょうか。 フェンネルの食べ方は?スパイスとしてサラダに使われるの?そのまま食べるの? 食用ハーブとしての用途が多彩なフェンネルですが、実際にスパイスとして料理に用いられることが多いのは フェンネルシード。 主にフェンネルの種部分を指します。 若いフェンネルであれば、種以外の部位もフェンネルシードとして利用されるんですよ。 フェンネルシードはスパイスとしての用途が主ですので、そのまま食べられることは少ないです。 有名なのは 魚料理との組み合わせですね。 もちろん、 サラダや肉料理などに合わせても絶妙にマッチするので、材料の臭みを消したいとき、お料理に香りの彩りを添えたい時はおすすめですよ! 次に、 フェンネルはハーブティーや紅茶として飲まれるのかについてお伝えします。 フェンネルはハーブティーや紅茶として飲まれるの? スパイスとしての側面が目立ちがちなフェンネルですが、実は お茶としても親しまれているんです。 スパイスをもとにお茶にするので、香りはハーブティーに近くなります。 普段から飲み慣れている方も多いだろう緑茶や紅茶とはまた違う味や香りになりますね。 料理に使用するものともまた別の味わいを楽しめます。 また、フェンネルシードティーは 腹痛に効くといわれています。 生理痛にも効果があるとされているので、お腹具合が優れないときに飲んでみるのはいかがでしょうか。 次は、 フェンネルの保存方法をお伝えします。 フェンネルの保存方法は? 一から育てた場合でも、買った場合でも、フェンネルは葉が付いている状態のことが多いですよね。 そのため、まずは 枝を株近くから切り落とし、茎と葉を分けて保存するという方法が長持ちします。 茎部分は乾燥しないよう保存袋に、葉の部分も湿らせた新聞紙に包んでから保存袋に入れ、どちらも冷蔵庫の野菜室などにしまっておくというのががおすすめです。 また長期保存する場合には、 葉の部分を刻んで柔らかくしたバターに練り込んで冷凍します。 この方法だと香りが弱まることなく、料理にもすぐ使えるので、そのまま保存袋などに入れるよりも便利です。 刻んだ葉とオリーブオイルを絡めてペースト状にしたものを冷凍する方法もあります。 次に、 フェンネルの苗の植え付けのポイントをお伝えします。 フェンネルの苗の植え付けのポイントは? フェンネルの植え付けの適期は 3~5月、または9~10月です。 鉢植えの場合のポイントは後ほどお伝えします。 地植えの場合は、 植え付ける2週間以上前から日当たりのよい場所などを見繕って土作りを始めてください。 植え付けるときには、株同士の間隔を30~60cm空けるとよいでしょう。 どちらの植え方でも、植える場所には堆肥や腐葉土を十分混ぜておいてくださいね。 また、 同じセリ科のディルなどの近くに植えると交雑してしまい、種の風味が変わってしまうため、スパイスなどとしての利用を考えている人は注意してください。 フェンネルは鉢植えや水耕栽培でも育てることができます。 ポイントを詳しくみてみましょう。 次は フェンネルを鉢植え プランター や水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします! フェンネルを鉢植え プランター や水耕栽培で育てるポイントは? フェンネルを鉢植えやプランターで育てる際に使用する、鉢やプランターのサイズは、 大きめで深型のものを用意するとよいでしょう。 鉢が小さいとフェンネルは大きく育つことができず、トウ立ちしやすくなります。 なぜかというと、 フェンネルの根はまっすぐ伸びる「直根性」なので、太い根に傷がつくと、うまく育つことができません。 植え付けする際は、苗は小さいうちに土はなるべく落とさず、そっと定植させましょう。 草丈が2mほどに成長するので、倒れないように支柱を立てます。 株元の茎が肥大してきたら、土を被せてあげると、白くて柔らかく美味しいフィノッキオに育ちます。 フェンネルを水耕栽培で育てるならば、まずは水耕栽培用の容器を作りましょう。 2リットルペットボトルの、上部3分の1を切り離し、逆さまにしてフェンネルを入れ、飲み口の部分から根を出します。 太い根が傷つかないように十分注意してください。 株元が隠れるように用土を入れて、ペットボトルの下には、根の先が浸るくらいの水を入れ、フェンネルが入った上部をセットします。 遮光した窓辺やベランダなど、明るい場所で管理して、水は毎日取り換えるのがポイントです。 次に、 フェンネルの植え替えのやり方をお伝えします。 フェンネルの植え替えのやり方は? フェンネルは、 直根性ですので、基本的に植え替えを嫌います。 そのため、特に鉢植えの場合は、鉢に根が回っているとき以外は植え替えない方がよいでしょう。 どうしても移植をしたいというときは、 株を丁寧に掘り起こし、根についた土を落とさないようにしながら植え付け時と同じ要領で行ってください。 次は、 フェンネルの寄せ植えに合う植物はなにがあるのかをお伝えします。 フェンネルの寄せ植えに合う植物はなにがあるの? 寄せ植えの際に注意して欲しいのは、 生育条件が合致しているものを選ぶということです。 例えば、ここでご紹介しているフェンネルは寒さに強いハーブですので、同じく耐寒性のあるやがおすすめです。 もちろん、ハーブの寄せ植えとなると お互いの香りなどに影響を及ぼす可能性もあるため、組み合わせは熟慮してくださいね。 また、土に仕切りを設けたり、単植の鉢をいくつか並べる 寄せ鉢というやり方もあります。 ある程度育つ区画が分けられるので、多少相性が合わなくても一緒に育てやすくなるんですね。 一番簡単なのは、 それぞれのハーブを別々の鉢で育て、それらの鉢ごとまとめるタイプの寄せ鉢です。 場所もこまめに移しやすいので、おすすめできるやり方ですよ。 上記でお伝えしたような葉をどんどん収穫することは、必要な剪定作業にもつながります。 次は フェンネルの剪定方法についてお伝えします! フェンネルの剪定 切り戻し 方法は? 葉を収穫することで、風通しがよくなり株が蒸れたり、害虫の被害を防ぐことができます。 葉を多く採りたい場合は、花が咲く前に花茎を切り戻すと、わき芽が出て多くの葉を収穫できます。 秋~冬にすべての花が咲き終わったら、株元から切り取って、次の年に備えましょう。 フェンネルは次のような方法で増やすことができます。 次は フェンネルの増やし方についてお伝えします! フェンネルの増やし方は?株分けのやり方は? フェンネルは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。 おすすめなのは「種まき」です。 根を傷つける心配もなく、種の発芽率も高いためです。 種まきのやり方は「種まきのポイント」をご覧くださいね! フェンネルは、株もよく成長するので、大きくなった株を分けて増やすことも可能です。 その場合は次のようなポイントに注意しましょう。 フェンネルを株分けする際は、秋~冬に種の収穫後に、まずは切り戻した株の根元から新芽が出ているか確認しましょう。 株が大きく育ち新芽が出ていたら、株分けして新しい土へ植え付けします。 このときも太い根に傷がつかないように、親株と子株を丁寧に分けることがポイントです。 大切に育ててきたフェンネルが、収穫前に枯れてしまったらショックですよね。 それでは次に、 フェンネルのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします。 フェンネルのかかりうる病気や害虫の対策方法は? フェンネルにおいて気をつけるべき病気は特にありませんが、害虫は湧きます。 ・キアゲハの幼虫 ・アカスジカメムシ ・アブラムシ ・アオムシ キアゲハの幼虫は葉に、アカスジカメムシは花に集まってきます。 また、アブラムシやアオムシもつきます。 アオムシは卵のうちに駆除するのが一番よいです。 カメムシ、アブラムシも、見つけ次第すぐに駆除しましょう。 また、 風通しのよい環境と状態を維持することで、害虫予防につながります。 枯れてしまう原因は〇〇だったんです! 次は フェンネルが枯れる原因についてお伝えします。 フェンネルが枯れる原因はなに? フェンネルが枯れる原因で一番多いのが「水切れ」です。 とくに成長期には水切れを起こしやすいので、土と葉の状態をよく観察して水やりを行いましょう。 次に多いのが「日照不足」です。 強すぎる直射日光は避けて、明るく日当たりのよい場所で育てましょう。 剪定や収穫を行い、葉を茂らせ過ぎないことと、株間を詰め過ぎないことがポイントになります。 「根を傷つけてしまう」のも枯れる原因の一つです。 なるべく移植は避けて、植え替えする場合は、太い根を傷つけないように十分に注意しましょう。 冬には地上部が枯れますが、根の凍結に注意し水やりを行うことで、翌年も芽を出すので心配いりません。 それでは次に、 フェンネルの冬越しのやり方をお伝えします。 フェンネルの冬越しのやり方は? フェンネルは、ハーブの中では比較的寒さに強い方です。 冬の時期には地上部が枯死しますが、春にはまた発芽するのであまり心配はいりません。 とはいえ、あまりにも冷たい環境に晒されていると葉などにも悪影響が過ぎます。 寒くなってきたら家の中でも温度調節などをしつつ、屋内で冬越しさせてあげた方がよいかもしれませんね。 次は、 フェンネルとディルの違いはなにかをお伝えします。 フェンネルとディルの違いはなに? フェンネルと非常に似ている植物として、がよく挙げられます。 この2つは同じセリ科なのですが、フェンネルがウイキョウ属なのに対し、ディルはイノンド属なんですね。 また、 フェンネルは多年草で育てると1mを超えることもありますが、ディルは花が終わるとおしまいの一年草で、育っても60cmほどです。 植物として育てると違いが見分けやすいですね。 この2つは味にも違いがあります。 フェンネルは少し甘味があり菓子などにも利用されますが、ディルは若干の酸味や、種には辛味を持ちます。 「見た目じゃわからないなあ……」と思ったら、食べてみると意外に分かりやすいかもしれません。 次に、 フェンネルの通販での値段や販売価格はいくら位なのかをお伝えします フェンネルの通販での値段や販売価格はいくら位なの? フェンネルは、楽天市場で安い苗で300円から購入することが出来ます。 店頭で購入する際には、この値段を基準に考えてきましょう。 また、複数を購入したり、腐葉土等も同時に購入する際には、インターネットで購入し、お家まで届けてもらった方が良さそうですね! フェンネルには別名 「茴香 ウイキョウ 」「小茴香 ショウウイキョウ 」「フヌイユ」などがあります。 では花言葉にはどのようなものがあるのでしょうか? 次は フェンネルの花言葉についてお伝えします! フェンネルの花言葉はなに?英語でなんていうの? フェンネルの花言葉は「賞賛」「力量」「背伸びした恋」「愛情に値する」などがあります。 茎を長く伸ばしてその先に花をつけることから、「背伸びした恋」という花言葉がつけられたと言われています。 フェンネルには茎を食べるもの、葉を食べるものなど、さまざまな種類があります。 主なものを一部ご紹介したいと思います! 次は フェンネルの種類についてお伝えします! フェンネルの種類は何がある? フェンネルの種類には次のようなものがあります。 「フローレンスフェンネル」 株元の茎が肥大する品種です。 株元は土をかけて、白く柔らかく育てて、野菜と同じように食べることができます。 「スイートフェンネル」 フェンネルの中でも万能な品種で、葉や種、根を料理やアロマなどに使うことができます。 「ブロンズフェンネル」 葉の色がブロンズ色になる品種で、鑑賞用として育てられます。 用途に合わせた種類を選んで、育ててみてくださいね!• オススメ記事 フェンネルのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは 19個ありました。 強い直射日光と猛暑に弱いので、真夏は遮光してあかるい日陰の環境にしてあげましょう。 市販の野菜用培養土またはハーブ用の培養土に、堆肥や緩効性肥料を少量混ぜたものがよいでしょう。 配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」がおすすめです。 元肥として用土に緩効性肥料を加えて混ぜ込みます。 春 4~6月 と、秋 9~10月 に種まきができ、寒冷地では春のみに行えます。 よく育つので間隔は30cm以上あけます。 用土に指で植穴を開けて、1カ所に4~5粒まきましょう。 成長期は水を吸うスピードが速いので、水切れに注意が必要です。 フェンネルは、古代ギリシャ・ローマ時代から食用、または薬用として広く利用されてきたハーブなんです。 葉や茎からはスッと甘やかな芳香が香り、細やかで明るい緑色の葉は魚料理などによく用いられます。 また、フェンネルから取れるタネはハーブティーに使用されたり、菓子やパンなどに混ぜ込まれて使われます。 タネから蒸留して抽出した精油は、リキュールの風味づけ、石けんや歯磨き粉などにも用いられるんですよ。 若い葉や種には甘い香りと苦みがあり、香辛料として食用や薬用に利用されます。 効能には、「消化促進」や「整腸作用」があるので便秘などに効果的です。 「利尿・発汗作用」があるため、むくみが取れてダイエットにも効果があると言われています。 「消臭効果」もあるので、魚料理のニオイ消しやアロマなどにも使われます。 株元の茎が肥大した部分 鱗茎 は「フィノッキオ」と呼ばれ、野菜として料理に使われます。 収穫の時期は、葉は3~11月、種は7~9月です。 有名なのは魚料理との組み合わせですね。 スパイスをもとにお茶にするので、香りはハーブティーに近くなります。 また、フェンネルシードティーは腹痛に効くといわれています。 茎部分は乾燥しないよう保存袋に、葉の部分も湿らせた新聞紙に包んでから保存袋に入れ、どちらも冷蔵庫の野菜室などにしまっておくというのががおすすめです。 また長期保存する場合には、葉の部分を刻んで柔らかくしたバターに練り込んで冷凍、または刻んだ葉とオリーブオイルを絡めてペースト状にしたものを冷凍するなどの方法もあります。 地植えの場合は、植え付ける2週間以上前から日当たりのよい場所などを見繕って土作りを始めてください。 植え付けるときには、株同士の間隔を30~60cm空けるとよいでしょう。 植える場所には堆肥や腐葉土を十分混ぜておいてくださいね。 また、同じセリ科のディルなどの近くに植えると交雑してしまい、種の風味が変わってしまうため、スパイスなどとしての利用を考えている人は注意してください。 鉢が小さいと大きく育つことができず、トウ立ちしやすくなります。 フェンネルの根は、まっすぐ伸びる直根性なので、太い根が傷むとうまく育つことができません。 植え付けする際は、苗は小さいうちに土はなるべく落とさず、そっと定植させましょう。 草丈が2mほどに成長するので、倒れないように支柱を立てます。 2リットルの、ペットボトル上部3分の1を切り離し、逆さまにしてフェンネルを入れ、飲み口の部分から根を出します。 太い根が傷つかないように十分注意してください。 株元が隠れるように用土を入れて、ペットボトルの下には、根の先が浸るくらいの水を入れ、フェンネルが入った上部をセットします。 遮光した窓辺やベランダなど、明るい場所で管理して、水は毎日取り換えるのがポイントです。 どうしても移植をしたいというときは、株を丁寧に掘り起こし、根についた土を落とさないようにしながら植え付け時と同じ要領で行ってください。 また、土に仕切りを設けたり、単植の鉢をいくつか並べる寄せ鉢というやり方もあります。 一番簡単なのは、それぞれのハーブを別々の鉢で育て、それらの鉢ごとまとめるタイプの寄せ鉢です。 場所もこまめに移しやすいので、おすすめできるやり方ですよ。 秋~冬にすべての花が咲き終わったら、株元から切り取って、次の年に備えます。 おすすめなのは「種まき」です。 根を傷つける心配もなく、種の発芽率も高いためです。 秋~冬に種の収穫後に、切り戻した株の根元から新芽が出ているか確認しましょう。 株が大きく育ち新芽が出ていたら、株分けして新しい土へ植え付けします。 このときも太い根に傷がつかないように、親株と子株を丁寧に分けることがポイントです。 ・キアゲハの幼虫 ・アカスジカメムシ ・アブラムシ ・アオムシ アオムシは卵のうちに駆除するのが一番よいです。 カメムシ、アブラムシも、見つけ次第すぐに駆除しましょう。 また、風通しのよい環境と状態を維持することで、害虫予防につながります。 とくに成長期には水切れを起こしやすいので、土と葉の状態をよく観察して水やりを行いましょう。 次に多いのが「日照不足」です。 強すぎる直射日光は避けて、明るく日当たりのよい場所で育てましょう。 剪定や収穫を行い、葉を茂らせ過ぎないことと、株間を詰め過ぎないことがポイントになります。 「根を傷つけてしまう」のも枯れる原因の一つです。 なるべく移植は避けて、植え替えする場合は、太い根を傷つけないように十分に注意しましょう。 寒くなってきたら家の中でも温度調節などをしつつ、屋内で冬越しさせてあげた方がよいでしょう。 フェンネルは多年草で育てると1mを超えることもありますが、ディルは花が終わるとおしまいの一年草で、育っても60cmほどです。 また、フェンネルは少し甘味があり菓子などにも利用されますが、ディルは若干の酸味や、種には辛味を持ちます。 店頭で購入する際には、この値段を基準に考えてきましょう。 植物として育てる以外にも、ハーブとしての様々な用途があるフェンネル。 観賞用に、食用に、それぞれの醍醐味を楽しみながら、お家などで育ててみるのはいかがでしょうか? それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ディルの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

フェンネル 育て 方

フェンネルの概要 学名 Foeniculum vulgare 科名 セリ科・ウイキョウ属 和名 ウイキョウ (茴香)、ショウウイキョウ(小茴香) 別名 スイートフェンネル、フユイヌ(フランス)、フィノッキオ(イタリア) 花言葉 「賞賛の価値」「精神的強さ」 開花期 6月~8月 使用部位 葉・茎・花・種子 原産地 地中海沿岸・アジア 草丈 100cm~200cm 多年草 直立したまっすぐな茎に繊細な羽のような葉姿が特徴的な代表的ハーブの一つです。 鮮やかな緑色の葉はよりアースカラーを連想させるような印象があります。 大きく高く成長し、軽やかで今にも飛び出していきそうなその姿が可愛らしさと力強さを感じさせます。 傘上に密集して咲かせるイエローの葉もまるで、線香花火を彷彿とさせる見逃せない要素。 カラーリーフとしてもガーデンを彩ってくれる存在です。 甘く柑橘系を思わせる香りが魅力で、花も、茎も葉も花も種子も全部丸ごと利用できる嬉しいハーブです。 アロマテラピーとして用いられる精油にはエストロゲン様作用をもち、女性の美容と健康をサポートしてくれるメディカルハーブとしても知られています。 スパイスとしてよく流通しているフェンネルシードは馴染みがありますね。 フェンネルの使い方の参考 フレッシュな生葉は料理に積極的に使いたい部分。 たくさん収穫できた茎もドライにしてストックし、香りづけに用いたり、ハーブティーに。 種子もしっかりと乾燥させてストックして使い切りたいもの。 ミルクとの相性がよいので、多くのレシピに多用できます。 臭み消しにも重宝します。 ほんの少量でも風味がつき、世界中の料理のテイストに合わせることができる万能スパイスです。 料理に 葉や花は、生のままでもサラダやスープに入れて楽しめます。 甘い清涼感を味わえます。 また、葉を含めた茎の部分は香りづけとして料理に使います。 脂っこい料理もさわやかなおいしさをプラスしてくれます。 柑橘系のハーブとの相性が良いとされ、ドレッシングの素材の一つに加えるのも美味しいです。 マリネなどにもアクセントになります。 太く育った茎は、ホワイトソースと絡めた煮込み料理が絶品です。 シチューやグラタン、クラムチャウダーなどにして。 根ものと太い部分は特に具材としても最適です。 花も香りが良いので、エディブルフラワーとして楽しめます。 種子は、パン生地に混ぜたり、カレーのスパイス等に利用して、丸ごと味わいましょう。 甘くスパイシーさが際立つ焼き菓子にもいいですね。 その他にも、葉はピクルスやザワークラフト、ビネガー作りにも最適な素材になります。 ティーに 丸ごとドライにしてハーブティーにも利用できます。 婦人科系の悩みや風邪の症状緩和をサポート。 生理不順などを整えてくれます。 特に種子にはアネトールという成分が含まれ、咳の緩和に効果的と言われます。 関節の痛みの改善にも。 フレッシュな葉もハーブティーに利用でき、よりマイルドな口当たりを楽しめます。 消化を助けるので、食べ過ぎた後のお腹の不快感も緩和してくれます。 美容にも 葉や種子は、美容や痩身に効果的と言われるので、大胆にハーブバスにして楽しんだり、フェイシャルスチームで贅沢に美容の時間を過ごしましょう。 母乳の出をよくしたりする効果も知られるので、産後の健康サポートにも活用したいですね。 その他 歯磨き粉に加えて用いると歯肉の健康に良いとされています。 香りが魅力なので花はドライフラワーにして香りと観賞を同時に楽しむのも良いですね。 積極的にアロマテラピーにも活用したいもの。 フェンネルの育て方と収穫 春、または秋に種蒔きからも育てられる。 植え替えに弱いので、直播で育てるのも選択肢の一つ。 苗からの栽培の場合は、細根が出にくいため根鉢を崩さないように土を落とさずにゆっくりと丁寧に定植することを意識する。 苗も大きめのものよりも小さめの方が根づきやすいとされる。 株間は50cm~60cmくらいが理想で、直播した場合も、本場が3~4枚出そろった頃に間引く。 根は深く伸ばすため、鉢植えの場合も深型の方が相性が良い。 高く成長するので、地植えの場合は場所をよく考慮して。 こぼれ種でもどんどん増えるので、庭の彩も兼ねて用いたいハーブと言える。 繁殖力は強く、初めてのハーブ栽培にもおすすめと言える。 交雑すると香りが弱まる。 土 腐植質がたっぷりの肥沃な土が最適。 ハーブ培養土や、野菜培養土も適していると言える。 肥料 有機質タイプの元肥をしっかり与えると良い。 土の腐植質も高めてくれる。 追肥も適度に与え、肥料切れにならないようにする。 与えやすい有機タイプの液肥が肥料焼けを起こしにくいのでおすすめ。 日当たりと場所 日向から半日陰の場所が適している。 ジメジメしやすい場所は避ける。 風通しの良い場所で。 水やり 表土が乾いたらたっぷりと、メリハリをつけて与え、常に湿った状態にならないように注意する。 水切れすると葉先から枯れ始めるので注意。 病害虫 アブラムシ、芋虫、カメムシなど、定番の虫が近寄りやすいが、思うほど害虫に悩まされることは少ないと言える。 ただ、見逃すと一気に食害に合うので注意したい。 夏場はほぼ間違いなくつくが、捕殺しやすい大きな虫なので、対策もしやすい。 夏に意識したいポイント 真夏が来る前に、収穫もかねて株元から切り戻しを大胆に行いたい。 開花すると香りも落ちがちなので、秋に向けて新芽をまた育て、二度目の収穫期を期待する。 冬に意識したいポイント 地上部ほとんど枯れるので、根が仮死しない程度に水やりを。 その際は、表土が乾くまで期間を要するので土の状態をよく観察して。 耐寒性が強いとは言えないので、鉢上げするのもあり。 室内で冬越をすれば、一年中収穫できるので挑戦するのも良い。 ただ、地植えでも冬越出来ないわけでもないので臨機応変に。 収穫 草丈20cmくらいになったぐらいから葉や茎はいつでも収穫可能。 花も開花すれば随時。 種子は夏の終わりから秋にかけて。 花を摘まずに熟すのを待つようにする。 秋が近くなって、少しずつ茶色になり始めた時期に茎ごと切って、束ねてつるし、乾燥させてから採取すると効率が良い。 その際、種が落ちないように花先を袋などに入れておくと良い(通気性を意識して紙の袋などが良い)。 こぼれ種でも増えるので、増やしたい場合も種からが効率が良い。 その際は根を傷つけないように、周囲の土ごと掘り上げるように注意する。 フェンネルのよもやまエピソード ガーデンに益虫を引き寄せるハーブとしても知られているようです。 古代エジプトやローマ時代から栽培され愛されてきた歴史も深いハーブです。 魔よけや厄除けに使われていたという逸話も。 ハーブらしい植物と言えます。 古くは、視力の衰え、眼の炎症に効果的とされ、洗眼液としての利用も好まれていたようです。 ダイエットやアンチエイジングにも効果的とされた逸話は現代でも定評で注目され続けています。 クロアゲハ蝶の幼虫が好むようで、庭に美しい姿で飛び回る蝶に出会えます。 より一層、庭の魅力を高めてくれるでしょう。 日本でも、長野、岩手、富山で多く栽培され、沖縄では「いーちょーばー(胃腸葉)』と呼ばれれる程、珍重されていたと言います。 インド料理店ではお口直しに「ソーンフ」というものが置かれていることがありますが、これはフェンネルの種子を用いているもの。 口臭防止にもなるとか。 中国の代表的なスパイス「五香粉(ウーシャンフェン)」にも使われ、世界中で愛されているハーブです。

次の