トラック運転手 給料。 トラック運転手の給料・年収

運転手の給与や年収は?バス・タクシー・トラック運転手の平均年収まとめ|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

トラック運転手 給料

長距離トラックと普通のトラックではどちらが稼げる? トラック運転手の求人は、 1,長距離大型ドライバー(関東~東北、近畿~九州の定期便など) 2,中距離・近距離ドライバー(県内の配送など) 3,特定エリアの配送(集荷センターから個人宅など) という三種類があります。 この中で給料が高いのは1と2です。 基本的にトラック運転手は走れば走っただけ給料が上がるといわれています。 できるだけ空荷ではなく、荷を乗せて走ることが稼ぐポイントです。 東京から仙台まで荷を運んで、仙台でもう一つ荷を積んで札幌に行って、札幌からまた荷物を乗せて経由しながら東京へ……などの方法がもっとも効率的に給料を得られます。 会社によっては、近距離では25万円の給料で、長距離大型トラック運転手では30万円以上、場合によっては40万円、50万円の給料を提示しているところもあります。 ただし、働く会社によって歩合は異なるため、給料も違います。 大手運送会社の正社員として普通のトラックで近距離のルート配送をしている方が、ブラックな運送会社で長距離トラック運転手として働くよりも給料が良い、という可能性もあります。 また、ベテランの方が割のいい仕事を回してもらえる、など、暗黙のルールがある場合もあります。 ETCの導入によって、高速道路は深夜に走行した方が安くなるということから、わざわざ深夜に走ることもあります。 長距離トラック運転手の方が稼げる確率は高いとはいえ、不規則な生活で身体への負担も大きくなるので、自分の体力をよく見極めて仕事を決めるとよいでしょう。 トラック運転手で年収1000万円は到達可能なの? 年収1000万円に憧れを持っている人は多いでしょう。 では、トラック運転手で年収1000万円は可能なのでしょうか? 昔であれば、年収1000万円のトラック運転手もいましたが、現在は難しいと考えた方がいいです。 平均年収が410万円~420万円程度なので、いくら頑張っても到達するのは厳しいかもしれません。 比較的年収が高いのは、運送会社の正社員です。 ただし、上記はあくまでも雇われている場合の話で、自営業だと年収1000万円を超えている人もいます。 トラックを自分で所有して自分で仕事を取ってきて、トラック運転手としても頑張らないといけないので苦労は多くなりますが、稼げる可能性は高くなります。 また、運送業の許可を取得して、トラックを数台用意して事務所と駐車場を用意して運転手を集め、運送会社の社長となる手もあります。 自営業や起業する場合、仕事がなかったら収入がゼロになるというリスクを背負うことになるため、お金が欲しいからといって安易に始めるのは避けた方がいいでしょう。 ちなみに最近ではオリンピック需要によりかなりのトラック運転手の需要が上がっているようです。 今後は1000万円を狙える職業になるかもしれません。 トラック運転手の仕事内容 トラック運転手の仕事は、荷物を指定場所に運びきることです。 ただ運べばいいという訳ではなく、時間が決められていますし、事故を起こさないように安全運転を心がけないといけないので、体力的にも精神的にも疲労が大きな職業です。 大型トラック(11t以上)、中型トラック(5t以上11t未満)、小型トラック(2t、3t)、軽貨物配送トラック、宅配トラック、トレーラー(牽引)トラックなど、運転するトラックの大きさや運ぶ荷物などによってさまざまな種類のトラック運転手がいます。 細かな仕事内容は運転するトラックや、所属する会社によって異なります。 トラック運転手でありながら、フォークリフトの免許を持っている人は荷揚げ・荷降ろしの作業も自分で行うこともあります。 普通・小型トラック運転手と大型トラック運転手では必要な免許が異なることから、給料にも差があります。 大型トラック運転手の方が給料が高く、月収で2万円程度、年収で20万円程度差が出ることになります。 運送会社で正社員や契約社員、アルバイトとして働く人が多いですが、下請けとして業務委託や個人事業主という形で働いている人も少なくありません。 正社員の場合は固定給にプラスして、取引先の件数などに応じた出来高報酬(歩合)がもらえ、会社の所有するトラックを運転するケースが多いです。 自営業の場合は、扱う件数によって歩合制となっていることがほとんどです。 経費を考慮して正社員の歩合よりも割高に設定されています。 しかし、車は持ち込みでメンテナンス代やガソリン代も自腹なので、大きな儲けにはならないようです。 正社員でも働く運送会社によって、給料形態が異なるのもトラック運転手の特徴です。 給料が固定されている固定給制度のところもあれば、固定給と歩合制度が合わさったところ、頑張りに応じて給料が変わる完全歩合制度のところがあります。 それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った働き方ができる運送会社を選びましょう。 トラック運転手になるには?【資格・試験・合格率】 トラック運転者になりたい場合、当然それに応じた運転免許が必要になります。 主に求められる運転免許は、普通自動車、中型自動車、大型自動車、牽引自動車の4つです。 業務内容によって求められる免許が変わってきますが、最低でも普通自動車の免許は必要でしょう。 さらにある程度の運転経験を採用条件に掲げている会社もあります。 人手不足から即戦力を求めている会社が多いためです。 ただ、会社によっては若手を育てるために資格がなかったり、経験がなくても積極的に採用しているところもあります。 この場合は就職してから資格取得を目指します。 会社から資格取得のための費用が一部助成されることもあるようです。 未経験の人はこういった未経験者を積極的に採用している会社に就職された方がいいかもしれません。 そこで経験を積み、資格を取得してから他の会社に転職するというのもひとつの方法です。 トラック運転手はいい加減な気持ちだと事故を起こしてしまうので、慎重に物事を行える真面目な人に向いている仕事です。 事故を一度でも起こすと解雇、という会社もあります。 運転が上手くなりたいという向上心も必要ですし、肉体的にも精神的にもタフでないといけません。 そして、なによりも運転が好きではないと続けることが難しいです。 日本の物流の90%以上をトラック輸送が担っています。 しかし、少子高齢化や待遇の点から若年層のトラック運転手が減っています。 そのため、物流業界は深刻な人手不足だといわれています。 現在、トラック運転手を募集している会社は非常に多いです。 一般的な宅配会社や運送会社のほか、引越し会社、倉庫会社、解体会社、建設建材会社、産業廃棄物会社など、多くの業種の企業でトラック運転手は求められています。 特に即戦力を求めている会社が多く、経験者はとても優遇されます。 この人手不足はこの先も続くと予想されるため、需要はいつでもあると考えていいでしょう。 しかし、需要はありますが、労働条件が悪い会社も多いので注意しないといけません。 過酷な労働をさせられているのに給料が低いというケースが多く、転職を繰り返す人少なくないです。 トラック運転手になる場合は、適当に会社を選ばずに安心して働ける会社を探すようにしてください。 トラック運転手の口コミお給料 給料:50万円 夜の長距離トラックです。 -; この会社は仕事内容は最初のうちはブラック長く勤めればホワイトに変わっていく感じの会社ですね。 拘束時間はまあブラックからグレーって感じかな。 仕事の間の休憩時間も最初は仕事がキツイので15分位なんですが半年位から2時間~6時間とかに変わっていきます。 今現在39歳で、運送会社を20代前半から数ヵ所で中型4トン車を運転する仕事に就かせてもらっていますが、体力とかにそれほど自信があったわけではないのですが、車の運転は勿論、車の改造も好きですし、トラックや車高の高い車から見る景色も好きで今の仕事に就いてます。 昔幼少の頃、父親が重機運搬の大型トラックや牽引のトレーラーにも乗っててよく仕事に付いていき、その影響もあってかトラックや車が好きになり、今のトラック運転手で仕事することに至ってます。 ここのとこ、少子高齢化ではないのですが、若い人の車離れや、女性のトラックや牽引トレーラーの運転手が目立つようになりましたが、若い男性の方も昔みたいにもっと車に興味を持ってもらって運転手という魅力的な仕事に就いてもらいたいと思ってます。 最初にも書いた通り、自分もトラック乗り立ては体力があったわけではなく、キツいと思ったりもしましたが、その仕事が継続するにつれて自然と体力も付いてきて、それと同時に遣り甲斐もついてきました。 自分は今の会社で中型4トン車で仕事してますが、以前勤めていた会社より給料も10万以上上がり、前の会社ではボーナスも多少ありましたが、今の会社に入って以前の会社より年収がアップしました。 ちなみに以前までは食品関係を運搬していて長距離や中距離もやってて、東北ですと山形、仙台、新潟、西は岐阜、名古屋、大阪にも行きました。 まあ中には嫌々行かされたとこもありましたが、そのお陰で道も覚えましたし、色んな景色も見えるので長距離運転の楽しさもありました。 それが今ではいい経験となって自分の自信にも繋がっています。 大体その時の月収が25~30万いかないくらいですが、今の会社に入って大手宅配企業の下請けでやらしてもらってますが、月収が35~40万弱くらいになりました。 なので、今までも車は所有してましたが、更に気になっていた車も決して安くはなくローンではありますが、余裕ができ購入することができました。 そしてそれと同時に趣味であるウインタースポーツも毎週の休みに行けるようになりました。 体力とお金にも多少でも余裕ができると趣味にもお金を使うことができるので以前に比べて楽しさも増えましたね。 自分は今現在中型免許しか持ってませんが、スキルアップと収入アップも考えて、近々大型免許取得も考えています。 やはりやるからには、自分の目標である免許も取得して更に余裕を持たせるではないですが、自信を持って仕事に取り組みたいなと思ってます。 なので今の若い人に願うのは、車や運転手という職業にもっと興味を持ってもらって自分に自信をつけてもらいたいと思ってます。 みなさんの投稿見てたら様々ですね。 自分のとこは恵まれてるほうかな。 元請けかどうかが重要かと。 あとは組合があるかどうか。 40代既婚男、大型乗り。 9割5分地場。 大型の仕事ばかりじゃなく、2トン、4トン、ハイエースもしょっちゅう。 なに乗っても単価は下がらない。 アイドリングし放題。 茶髪とかピアス自由。 笑 有休100パーセント取得可能。 買取あり。 しょうもない理由でも取れる。 隔週土曜日と日・祝休み。 平均残業60時間。 平均の総支給40万。 ボーナス年間50万。 欠点は完全に年功序列。 自分は6年目でやっとこの額。 1年目は350万くらいでした。 それがいやでやめる人もたまにいてる。 楽やのに笑 10年目くらいの先輩などは750万ほど。 いずれはそこまでは行けるので楽しみはあります。 会社出発してしまえば、誰に縛られる訳でもないので、気楽と言えば気楽な稼業。 但し、交通事故や交通違反ば自分の責任になるので、「罰ゲーム」の多い職種とも言える 笑 昔はかなり稼げたが、今世紀に入ってからの構造改革 爆 により新規開業業者が増えて、既存業者との価格競争の煽りを受けて、従業員の給料は年々減少傾向。 従業員を長時間拘束する事を当たり前に考えるブラック企業が多いので、時給ベースで考えると、働くコトが虚しくなる業界。 更に「最低賃金って何?」「盆暮れ正月の休みって何?」と従業員間で囁かれ、マスコミなどで「人手不足」云々の報道ご流れても、余程の大手企業でない限り従業員の待遇改善などが図られない夢の詰まった業種です(涙).

次の

トラック運転手(ドライバー)の給料・年収をいろんなデータから紹介

トラック運転手 給料

トラック運転手の給料明細|1日の走行距離400kmくらい 以前の記事でも紹介しましたが僕が大型トラックドライバーとして独り立ちしてからもらった給料明細です。 慣れてくればだいたいこれくらいの給料が稼げるようになります。 1日の走行距離はほんとバラバラですが平均すると400kmから500kmくらいになります。 午前と午後に片道100kmちょっとのお客さんを往復する感じです。 少ない日では1往復で200km位の日もあれば、500kmオーバーの日もあります。 荷積みと荷下ろしで1時間づつ、1日の拘束時間が13時間から14時間くらいなので そのうち4時間くらいが荷積み荷下ろし、それ以外が運転ということになります。 泊まりが無い運行で、毎日遅くなりますが家には帰れます。 基本給 基本給はほぼ最低賃金の水準に抑えられています。 これはボーナスや残業時間の計算の元になる数字なので低ければ低いほど会社側が有利になるからです。 長年勤めていても基本給の上がり幅はほとんど無くて、入ったばかりの新人と10年、20年クラスのベテランもほぼ同じくらいの基本給になっています。 僕の場合は15. 2万円でこの額がスタート地点です。 走行距離の歩合制 給料明細の『距離手当』というのがこの走行距離の歩合制にあたります。 この給料明細では59000円付いているので、月当たりの走行距離は5900km走ったということです。 僕はまだ新人なので少ないですが、ほかの人は8000kmくらいだったと思います。 運行回数 荷物を積んで降ろす、これで1運行となります。 僕の場合はほとんど1日2運行やっていました。 スポンサーリンク 給料明細の回数手当というのがこれに当たります。 たしか1運行あたり1000円の手当額だったと思います。 この月は42運行で42000円の手当が付いています。 残業時間 中堅クラスのこの会社は残業時間に関してはしっかりと付けてくれてました。 会社にあるタイムカードではなく、運行履歴を記録するドライブレコーダーでの時間管理になりますが しっかりと残業代は30分刻みで付いていました。 しかし、基本給が激安なので残業をやっても時間あたり1300円です。 この月は65時間の残業、残業手当で84000円付いています。 各種手当 各種手当も比較的規模の大きな会社だったので資格手当等が付いていました。 トラック運転手の手取り40万円の生活とは 上記のような給料の計算方法なので、結局どれだけ走ったか、というのが給料額を決定する大きなポイントになります。 より遠くのお客さんに配達すると 走行距離の歩合と残業時間が増えます。 逆に、それらが少なくなるとどんどん給料が基本給に近づいて少なくなるというわけです。 新人の僕が独り立ちして初めてもらった給料が上記の給料明細になります。 総支給で36. 1万円、手取り額で33. 4万円 おそらく慣れれば、手取りで40万円も夢では無いと思います。 しかしながら手取り40万円の生活となると 朝5時から夜の20時までの拘束時間で休みが週に1日のみ、 1ヶ月に1度くらいは土日の二連休が取れる、そんな生活になると思います。 15年前の昔ならこの生活でも普通にあったと思いますが 現在ではこんな生活をしているのはトラックドライバーだけではないでしょうか!? 正直、いくら手取り40万円もらってもこんな生活はしたくありません。 まとめ 今回は大型トラックドライバーの給料の計算方法について解説しました。 よく言われるトラック運転手の給料は走った距離が多ければ稼げるというのが良くわかったと思います。 この給料額はトラック運転手の中でも良い方だと思います。 会社の規模がそれなりに大きいし、関連企業のグループ会社として運送会社があるという事情から それなりに給料体制もしっかりしているからです。 いろんな記事でも言っていますが、やはり大企業に入社するのがベストですし 大企業が無理だったら、より大手の会社に入るようにしたほうが、確率的に成功に近づくと思います。 トラック運転手になろうとする人の参考になれば、と思います。

次の

大型トラック運転手の「給与明細」公開!実際これくらいもらえるよ

トラック運転手 給料

トラック の平均年収・給料の統計データ が正社員として働く場合、基本的に給料は月給制ですが、一部では日給として支払っている会社もあります。 の給与体系は「固定給」が基本ですが、このほか「固定給+歩合」や「完全歩合制」をとっている会社もあります。 トラック運転手の平均年収・月収・ボーナス 賃金構造基本統計調査 厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によると、トラック運転手の平均年収は下記のようになっています。 営業用大型貨物自動車運転者 ・平均年齢:48. 5歳 ・勤続年数:11. 4歳 ・勤続年数:10. これは、全体として女性よりも男性のトラック運転手のほうが圧倒的に多く、キャリアを重ねて昇給・昇進していくのも男性が中心となっているからだと考えられます。 求人サービス各社の統計データ 職業・出典 平均年収 年収詳細 配送ドライバー 452万円 時給 1,178円 日給 1. 4万円 月給 21. 9万円 391万円 時給 1,154円 日給 1. 3万円 月給 21. 7万円 トラック運転手 395万円 トラック運転手 406万円~533万円 20代の給料:29万円 30代の給料:34万円 40代の給料:36万円 初任給:28万円 各社のデータより、トラック運転手の年収は250〜550万円の間となる実態が見えてきます。 トラック運転手の手取りの平均月収・年収・ボーナスは 大型トラック運転手の年収は、350〜400万円前後が相場とされています。 仮に400万円と仮定すると、厚生労働省の統計調査より、ボーナスが年間でおよそ1ヶ月となっていることから、月額総支給額は30万円、ボーナスは年間30万円ほど支給されていると考えられます。 東京都で勤務するトラック運転手で、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は24〜25万円ほどになると見込まれます。 現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業と同程度といえます。 全体として、地方よりも都心部の物流会社や運送会社、そのなかでも大手企業は給与水準が高めとなっており、中型や小型トラックを運転する場合は、年収300万円台がボリュームゾーンとなっているようです。 トラック運転手の初任給はどれくらい? 初任給に関しては、郵便局の輸送を担う日本郵便輸送のドライバー(正社員)の場合は、地域により月給 22万円~26万円とされています。 ヤマト運輸の乗務系総合職の場合は、新卒の初任給は大卒で東京23区在住在勤の場合21万4,900円(地域手当2万6,000円含む)とされています。 佐川急便のセールスドライバー職の場合は、初任給は230,000円とされています。 令和元年 営業用大型貨物自動車運転者の年収(規模別) 営業用大型貨物自動車運転者の年収は、勤務先の事業所の規模が大きくなるほど高くなっています。 10〜99人規模に勤める営業用大型貨物自動車運転者の平均年収は443万円、100〜999人規模は463万円、1000人以上規模は498万円、10人以上規模平均は456万円となっています。 令和元年 営業用普通・小型貨物自動車運転者の年収(規模別) 営業用普通・小型貨物自動車運転者の年収は事業所の規模によってあまり差が出ないようです。 10人〜99人規模の事業所に勤める営業用普通・小型貨物自動車運転者の年収は374万円、100〜999人規模は405万円、1,000人以上規模は472万円となっています。 平均年収は458万円となっています。 平均年収は423万円となっています。 トラック運転手の福利厚生の特徴は? 各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度、各種休職・休暇制度などがあります。 一般的には契約社員でもこれらの制度は利用できる場合がほとんどです。 そのほか、運転に必要な資格や免許取得のために補助金などの金銭的なサポートをしてくれるところも多くあります。 近年では、人材不足のため女性が働きやすい制度を整えているところも増えてきています。 トラック運転手の給料・年収の特徴 基本給以外の手当でも差が出る トラック運転手は、基本給以外に、どれだけ手当が出るかによっても収入にはだいぶ差が出てきます。 トレーラーなどを運転できるようになると「トレーラー手当」が、無事故を続ければ「無事故手当」が支給される会社も多くあります。 自己負担を強いられることも 大型トラックを運転するとなれば、高速道路を走ることが多くなります。 ほとんどの会社では高速代は会社負担となりますが、一部では自己負担を要求する会社も存在するようです。 こうした自己負担に関しては、あらかじめしっかりと確認しておくことが必要です。 万一のときの保障 トラック運転手は常に事故の可能性も頭に置いておかなくてはなりません。 もちろん、事故を起こさないように安全運転をすることが大前提ですが、もしトラックを傷つけてしまった際に、その修理費用を給料から天引きされることになれば収入は大きく減ってしまいます。 安心して仕事をするためにも、万が一のことがあった際に、会社がどれだけ補償してくれるかについてはしっかりと確認しておくことが大切です。 トラック運転手の代表的な企業の年収 会社名 平均年収 平均年齢 ヤマトホールディングス 株 956万円 38. 0歳 SGホールディングス 株 684万円 37. 4歳 日本通運(株) 610万円 43. 3歳 出典:2019年現在(各社有価証券報告書より) ヤマトホールディングス 株 の平均年収 ヤマトホールディングス 株 の平均年収は956万円となっています。 宅配便では国内首位で、シェア約4割をほこります。 会社を上げて働き方改革を推進しており、ドライバーの環境向上を目指しています。 SGホールディングス 株 の平均年収 SGホールディングス 株 の平均年収は684万円となっています。 宅配便では2位で、シェア約30です。 中核となっている佐川急便は企業間物流を強化しており、日立物流と資本業務提携しました。 日本通運(株)の平均年収 日本通運(株)の平均年収は610万円となっています。 総合物流で世界的なシェアをほこる企業で、国際複合輸送で知られています。 引っ越しでも国内大手として物流を担っています。

次の