デアリング タクト 桜花 賞。 デアリングタクト

ノルマンディーオーナーズクラブがクラシック初優勝!デアリングタクトが桜花賞馬に!

デアリング タクト 桜花 賞

令和初の 桜花賞(G1)は、松山弘平騎手の2番人気 デアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)が勝利。 重馬場を苦にすることなく、最後の直線を鬼脚で突き抜けた。 レース後、管理する杉山晴調教師は、「激戦の疲れを感じますし、馬の回復具合にもよりますが、オークスを中心に」と牝馬2冠に意欲を見せている。 令和初の牝馬クラシックの主役に躍り出たデアリングタクト。 今後は師の言葉通りオークスに向かうのが既定路線と見られているが、同馬を所有するノルマンディーサラブレッドレーシングが少々不思議な動きを見せていると話題だ。 「ノルマンディーの公式ホームページでは、デアリングタクトの次走予定に『オークス』だけではなく、『 日本ダービー(G1)』まで書かれているんです。 たしかにデアリングタクトは、桜花賞でこれからの活躍を予見させるようなスケールの大きな走りを見せてくれました。 またエルフィンS(L)では、牝馬ながら日本ダービーを制したウオッカのレコードを更新していますし、陣営が夢を見たくなるのも当然でしょう。 ただウオッカは谷水雄三オーナーの意向もあり、5大クラシックすべてに登録されていました。 ですが、デアリングタクトはその予定はなかったようで、春の3歳G1には桜花賞とオークスにしか登録されていません。 もし日本ダービーに出走するのならば、追加登録する必要があり、その費用として200万円がかかります。 その後も、2002年桜花賞のアローキャリー、同年菊花賞のヒシミラクル、2013年オークスのメイショウマンボ、2014年菊花賞のトーホウジャッカル、2015年菊花賞のキタサンブラックの5頭が優勝を果たしている。 だが、後にダートG1馬となるサクセスブロッケンが、09年に追加登録料を支払い出走(3人気18着)しているものの、未だダービーでは追加登録馬の優勝はない。 デアリングタクトは追加登録を行い、史上4頭目となる牝馬のダービー馬を目指すのだろうか? 陣営の最終決断を待ちたい。

次の

【2020桜花賞 予想】みんなの夢を乗せて◎デアリングタクト | 極楽競馬

デアリング タクト 桜花 賞

キョウエイマーチが制した1997年以来の雨中決戦となった桜花賞。 後方から脚を伸ばしたデアリングタクトが泥をかぶりながら突き抜け、ノルマンディーサラブレッドレーシングに待望のG1初制覇をもたらしました。 3戦3勝でのVはハギノトップレディ以来、40年ぶりの最小キャリア。 岡田スタッドグループ代表の岡田牧雄さんは、この歴史的な勝利が特別な1勝だったことを明かします。 レース後には兄でマイネル軍団の総帥である岡田繁幸さんからこんな電話があったそうです。 「(繁幸さん所有の)スマイルカナも3着に頑張ってくれたし、俺が代表で親父(蔚男さん=しげおさん)に線香をあげて報告しといたからな」 中央、地方で生産馬、所有馬によるG1勝利を積み重ねてきた岡田一族ですが、クラシックは初制覇。 「親父はクラシックを夢見ていたから、それを兄貴は感じていたのかな。 やっぱりクラシックは違うね」。 そういって目尻を下げた牧雄さんは、部屋にずらっと並ぶお祝いの花を見つめました。 お祝いの花とともに 日高町の長谷川牧場が生産したデアリングタクトは2年続けてセレクトセールに上場。 当歳セッションの2017年は主取りになりましたが、翌年の1歳セッションでノルマンディーファームが1200万円で落札しました。 「脚長でひょろっとしていて、繋ぎが立っていて、肩も立っていた。 ただ、ああいう馬は変わるんだよ。 私は将来、良くなるだろうなという馬を買うから」 牧雄さんは、伸びしろをたくさん残しながらも、光るものを感じたことを独特の言い回しで教えてくれました。 「背中に力があって、飛節が柔らかいからギュッと伸びたもんね。 歩かせた時のスピードも他の馬より速かった。 手先が硬いけど、歩くのが速い。 ダクに入っても同じように硬かったらダメだけど、キュンキュン沈む馬は大丈夫。 筋繊維が細やかで、筋肉が優秀なんだよ」 1歳時のデアリングタクト(2018年10月31日)ノルマンディーサラブレッドレーシング提供 2歳時のデアリングタクト(2019年8月30日)ノルマンディーサラブレッドレーシング提供 実際、育成に入っても評価は抜群だったそうです。 「追い切りをやると誰も追わない。 先着すればいいと思っているから。 こちらは2馬身、3馬身と引き離す姿を見たいんだけど、本気で走っちゃったら止まらないと言うわけ。 相当なパワー、能力だよね。 乗っている人が気持ちいいと言っていたからね」 背中や動きから伝わってくる非凡な能力。 クラブの募集でも同世代で一番申し込みが多かったといいます。 桜花賞は上がり3ハロンが38秒1と、非常に過酷な馬場で行われましたが、それを攻略できるタフさは育成時代に過ごしたえりもで身に着けたのかもしれません。 昼夜放牧を行っているえりも分場は日高に比べると厳しい環境です。 「熊が出る、アライグマも出る、鹿だらけだから夜中じゅう動いているんだ」と牧雄さん。 「えりもは1区画が30町歩くらいあってすごく広い。 馬たちはそこを動き続けているから、朝に見に行った時には疲れてグタッと寝ているんだ。 厚賀とか普通の10町歩の放牧地なら歩いていくと馬たちは立ち上がるけど、えりもは首を上げるくらいで無視されるからね。 首をまたいでも起きないくらい(笑い)」 えりも分場での育成で疲労が出た馬は日高に移動するそうですが、デアリングタクトはその期間に一度も戻ることがなかったそうです。 「体力があったんだろうね。 うちの馬が丈夫になって走るようになったのはえりもを使うようになってから」と牧雄さんは指摘します。 岡田スタッドグループの馬たちが不良馬場など過酷な馬場で好走することが多いのは、厳しい環境を乗り越えてきたからかもしれません。 3戦無敗で1冠目を制したデアリングタクト。 初戦は直線でスムーズさを欠く場面がありながら、残り150メートルで一気に抜け出して快勝。 エルフィンSは4馬身差の圧勝で桜花賞候補に名乗りを上げました。 そして、前残りの流れを後方から突き抜けた桜花賞。 そのどれもがインパクトのあるレースでした。 「桜花賞は4コーナーを回った時にあきらめたもん。 前の2頭で決まって、(デアリングタクトは)3着が限度っていうのが普通のレース。 あの馬場で、あの位置から届くなんてないよね。 次元が違うような気がした。 1戦目、2戦目、3戦目と明らかに強くなっている。 思っている以上の馬に、3度続けてなっているよね。 こんな一戦一戦驚かされるような馬はいない」と牧雄さんは目を丸くします。 日高町役場に飾られたデアリングタクトの垂れ幕 牧雄さんが「自分の中に残る馬」と挙げるのが、サイレンススズカ、ディープインパクト、アーモンドアイの3頭だそうです。 「アーモンドアイはディープインパクトに似ているし、ディープインパクトはサイレンススズカに似ている。 それに近づくくらい、(デアリングタクトも)いいところが似ている。 先天的なバネがあるよね。 無事にいって、秋にはアーモンドアイに近づくんじゃないか。 そんな夢まで見ている」 日本を代表する馬たちを引き合いに出したことが期待の大きさを示しています。 今後は回復次第で日本ダービーも選択肢に入っていますが、牝馬2冠を狙うプランが本線。 「もう一回、オークスで驚かせてくれないかな」 一走ごとに膨らんできた牧雄さんの夢に向かって、デアリングタクトが府中へと乗り込みます。 当歳時のデアリングタクト(右)長谷川牧場提供 当歳時のデアリングタクト(右)長谷川牧場提供.

次の

【怪物】デアリングタクトが強すぎる!史上6頭目 三冠牝馬の誕生か!?

デアリング タクト 桜花 賞

私たちは「名牝誕生の瞬間」の目撃者となった。 戦後初の無観客クラシックとなった第80回桜花賞(4月12日、阪神芝外回り1600m、3歳牝馬GI)は、降りしきる雨のなか、重馬場のコンディションで行われた。 新型コロナウイルス感染拡大防止のための無観客競馬は7週目。 3週連続での無観客GIとなり、生演奏のファンファーレも、それに合わせた手拍子も歓声もない。 伝える私たちもそうした異様さばかりをつい強調してしまうが、レースそのものは素晴らしかった。 重苦しい空気を吹き飛ばす、「歴史的」と言っても大げさではない強さを見せたニューヒロインが頂点に立った。 デアリングタクトは後ろの位置取り。 ゲートが開いた。 スマイルカナがハナに立ち、ナイントゥファイブ、マルターズディオサらがつづく。 1番人気に支持された武豊のレシステンシアは、17番枠から他馬と横並びのスタートを切った。 一気に加速するのではなく、じわっと押し上げ、ゲートから1ハロンほどのところで4番手につけた。 そこからさらにポジションを上げ、2番手で3コーナーに入って行く。 松山弘平が騎乗した2番人気のデアリングタクト(父エピファネイア、栗東・杉山晴紀厩舎)は、そこから5馬身以上離れた馬群の内にいる。 やや行きたがり、松山は重心を後ろにかけて手綱を引いている。 が、それは掛かり気味の走りを制御するためだけではなく、外を塞いでいた馬たちを先に行かせ、自分が外に出る準備をしていたからでもあった。 そのため、デアリングタクトの位置取りは、さらに後ろになっていく。 しかし、流れが松山とデアリングタクトに味方した。 「この馬なら届くと信じていた」 前半3ハロン通過は34秒9、4ハロン通過は46秒5。 馬場状態を考えると、かなりのハイペースだ。 馬群がバラけて縦長になり、デアリングタクトが外に進路を取りやすくなった。 「ポジションはあまり意識せず、馬のリズムを大事に乗ろうと思っていました」と松山。 デアリングタクトが外に出たときには、先頭との差は10馬身ほどにひろがっていた。 「前はかなり離れていたのですが、この馬なら届くと信じていました」 そう話した松山が軽く促すと、3、4コーナーを回りながら差を縮めていく。 一方レシステンシアは、溜め逃げをして弾けなかった前走のチューリップ賞(3着)とは異なり、4コーナーを仕掛け気味に回ってロングスパートをかける。 武の手が動き、気合をつけながら内のスマイルカナに並びかけ、直線に向いた。 後続に脚を使わせる、この馬本来のレースだ。 スマイルカナがわずかに先頭。 外にレシステンシアが併せ、後ろを離して叩き合う。 レシステンシアが一気にかわすかに見えたが、スマイルカナが食い下がる。 5馬身以上あった差をぐいぐいと……。 デッドヒートを繰りひろげるこれら2頭の後ろから、デアリングタクトが猛然と追い上げてくる。 直線入口では5馬身以上離されていたのだが、1完歩ごとに差を詰める。 ラスト200m地点で3番手の馬を抜き去り、さらに脚を伸ばす。 ラスト100mを切ったあたりで、デアリングタクトは手前を右に戻し、もう1段ギアを上げた。 凄まじい脚で内のレシステンシアとスマイルカナをかわし、先頭でゴールを駆け抜けた。 これで3戦3勝。 重賞初勝利をクラシック制覇で飾った。 デビュー3戦目での桜花賞制覇は、戦後、2歳戦が行われるようになってから、1980年ハギノトップレディ以来40年ぶり3頭目の最少タイ記録。 2004年ダンスインザムード以来16年ぶり、史上7頭目の無敗の桜花賞馬となった。 アーモンドアイに匹敵する衝撃度。 「本当に強い競馬をしてくれて、馬にも、関係者にも感謝の気持ちで一杯です。 最後まで必死で、とらえるまでは(勝てるかどうか)わからなくて、『何とかかわしてくれ』という気持ちでした」と、3戦すべてで手綱をとった松山は言う。 道悪では、多少ペースが速くなっても逃げ、先行馬の流れ込みが多くなる。 それもあって、直線入口での差は絶望的に見えたが、あっさり逆転した。 また、ゴール前で内のレシステンシアに並んだと思ったら、あっと言う間に1馬身半突き放していた。 それだけ、フィニッシュの瞬間のスピード差が大きかったということだ。 重馬場だったので勝ちタイムこそ1分36秒1と遅かったが、上がり3ハロンは、2番目に速い馬よりコンマ5秒も速かった。 力を出し切った2歳女王のレシステンシアを、次元の違う豪脚でねじ伏せた。 インパクトとしては、2年前のアーモンドアイの桜花賞に匹敵するものがある。 パートナーを信じ切って能力を引き出した松山も見事だった。 前日の阪神牝馬ステークスにつづく重賞勝ちで、今年早くも重賞6勝目となった。 折り合いさえつけば距離延長は大丈夫。 2冠目のオークスに向けて、松山はこう話した。 「折り合いさえつけば、距離が延びても大丈夫だと思います。 少し入れ込むところがあるので、そのへんが課題になってくるかな、と思います」 とてつもなくスケールの大きな桜の女王が誕生した。 なお、桜花賞の売り上げは、140億4762万3500円で、前年比83. 前週の大阪杯(同78. 8%)につづき減少したが、電話とネット投票だけの販売であることを考えれば大健闘と言える。 今週は皐月賞が行われる。 無観客でもスターは生まれる。 競馬の火を消すまいと奮闘する関係者にエールを送りつつ、これからも開催がつづくことを祈りたい。

次の