ハムスター トイレ 砂。 ハムスターが隅の床材やトイレ砂を掘りまくるのはなぜ?ストレス?

ハムスターのトイレ砂の種類と特徴、選び方。一番人気のものを調査!

ハムスター トイレ 砂

ハムスターのトイレのお世話を毎日すると思うのですが、あなたはこの時何に気を付けていますか? 餌?トイレ?ゲージ内?水? お世話にも色々とある中で、 もちろんどれも大事なのですが、 この中で、今回注目するのは「 トイレの砂の量」です。 意外とトイレのお世話をする時って、 注意点があるんです。 「っえ!なんとなく入れてるかも、、、」 っと、ドキッとしたあなた! ここでしっかりと確認しておきませんか? もちろん、この砂の量がおかしいと、命に関わるかと言えば、そうではないと思います。 でも、こういう細かいところを気にすることによって、ハムスターたちの「 少しのストレスの軽減」や「 快適な生活」に繋がるかもしれないです。 っというのも、ハムスター自体の生活の行動が人間に比べればかなり少ないからです。 「 食べたり」「 走ったり」「 かじったり」「 寝たり」と本当に、人間に比べると、ビックリするくらい少ないです。 なるべくいい環境にしてあげたいですからね! ではでは、早速見ていきましょう。 砂の量には気をつけて! では、先ずは、 「 トイレの砂の量」の関して気にする必要がなぜあるのかについて書いていこうと思います。 意外と、なんとなくの量でやっている飼い主の方って、結構入ると思います。 っというのも、この内容って、 本にもネットにも中々書いてないことも多いので、情報を集めづらいから何となくになってしまうんですよね。 なので、ここでしっかりとその必要な理由から書いていきますので、一緒に確認していきましょう。 笑 なぜ必要かが大事ですね。 では、逆に気にしないと何故ダメなのか? を、書いていきましょうか。 結果そういうことですからね! では、、、 ・砂が多いとゲージ内が汚れる ・砂が少ないとトイレもハムスターも汚れる ・ハムスターの匂いの元となるポイントだから ・砂の量でトイレをしてくれるかが多少左右される コレくらいです。 こう見ると、大きくは「 衛生面」と「 習性的」な感じの内容ですね。 理由に関しては、コレ以降の章で詳しく書いていきます。 ただ、ここで言えることは、 ハムスターは基本的に「 キレイ好き」ということです。 っということは、 それに反することは基本的にNGってことです。 当たり前のことを言っているかもしれないですが、意外と盲点に感じると思います。 ではでは、 「 適量」から見ていきましょう。 ベストな量ですね! 汚れない適量はコレ! 早速、 「 適量」とダイレクトなお話です。 コレは、体の大きさにもよると思います。 ですが、 ある程度何度かやっていくと、ベストな量が見つかるでしょう。 とはいっても、ある程度の指標が入ると思いますので、そこを確認しておきましょう。 では、その量の指標が、、、 「ある程度掘れる」かつ「掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」量 です。 結構抽象的かもしれないですが、 コレがベストです。 でも、理由もしっかりとあるので、 見てみましょう。 先ずは、 「 ある程度掘れる」と言うのは、 掘ること事態ハムスターの習性ですので、そこをしっかりと捉えて、いい気分でトイレをしてもらうということです。 もう一つの、 「 掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」ですが、コレはゲージ内をなるべく、キレイに保ってあげるということです。 おしっこのかかった砂がゲージ中にあっては、先程の「 キレイ好き」という論点から外れてしまいますから。 これは、結構な「 ストレス」になると思います。 っと、2点ともかなり抽象度が高いですが、コレばっかりは、その子のサイズなどもあったり、掘る勢いなども関わってくるので、それは何度か試してみて、ベストな量に近づけるしか無いです。 1回では難しいですが、 何度も試してやってみて下さい。 とにかく掘る子なら、別に掘る用の虫かごなどを用意して、そこで掘ってもらう方がいいです。 かなり「掘る子」であればです。 大量におしっこをすれば1日も持たずに、トイレがびちゃびちゃになり、トイレもハムスターも汚れます。 最悪、トイレの汚れは洗えば全然良いです。 ただ、ハムスターが汚れるのは、 非常に可愛そうです。 恐らく、そこまで汚れればトイレに入らなくなり、トイレの外ですることになり、トイレの外が汚れることになると思います。 なので、ここでしっかりと確認しておきましょう! 「 トイレの砂が適量」ってことは、しっかりとしてくれますし、快適にしてくれると思います。 もうここまで、言えば理由も見えてくれると思いますが、トイレをトイレでしないということは、ゲージ内が汚れるということです。 ってことは、「 衛生面」や「 キレイ好き」というところに反するわけです。 こうなると、結果飼っているハムスターが何かに対して、我慢をして結果、「 ストレス」を感じる可能性が高いということです。 非常に細かい内容だったと思います。 でも、こういうところを気にするかしないかで、全然変わってきますので、是非とも試してみて欲しいです。 こういう内容もいかがですか? 良ければ見てみて下さい。

次の

ハムスター用トイレ砂のおすすめ人気ランキング10選【砂浴びにも!】

ハムスター トイレ 砂

トイレ砂の種類と特徴• 使用してるトイレ砂の種類をアンケート調査した結果 とくに他の飼育者がどのトイレ砂を利用しているかというデータは貴重だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。 尿で固まるトイレ砂 砂系のトイレ砂には主に ゼオライトという鉱物を粉砕・加工して作られていますがが、ほかにも珪藻土などが利用されることもあります。 そしておしっこをすると濡れた粒同士がくっついて固まる性質をもった砂があります。 これは ベントナイトという高い吸水性と粘土質が特徴の砂があり、これが配合されることで濡れた砂同士がくっつきます。 メリット• 固まった部分を捨ててその分補充するだけなので簡単• 少量ずつ破棄・補充できるので経済的• 砂はトイレと認識されやすい デメリット• 食べると腸内で固まってしまう(腸閉塞)• 鉱物・砂なので燃えるゴミに出せない• 細かすぎる砂は吸い込んだり眼に入ることも• 砂浴びもしてしまうことが多い 固まるのはとても便利ですが、もしもの時を考えるのであれば固まらない素材のほうがいいかもしれません。 また、粒も細かすぎると粉塵として舞い上がりやすいので細かすぎない粒の砂を選ぶといいでしょう。 固まるタイプは掃除と補充が簡単で、砂の全交換も週に1回程度でよく経済的な面もあり、人気の高いトイレ砂です。 湿っても固まらないトイレ砂 砂タイプでもう一つの種類が濡れても固まらないさらさらタイプの砂です。 メリット• 砂はトイレと認識されやすい• 固まらないので誤って飲み込んでも排泄されやすい デメリット• 鉱物・砂なので燃えるゴミに出せない• 細かすぎる砂は吸い込んだり眼に入ることも• 砂浴びもしてしまうことが多い 固まらないタイプでもやはり細かすぎると粉塵のように舞い散って吸い込む機会が多いと健康にとって良いものではないでしょう。 舞い上がらない程度の粒を選びましょう。 飲み込んだ時のリスクを考えて固まらないタイプを選んでいる方も多いようですし、砂浴び用の砂との併用としてサラサラの砂が選ばれていることもあります。 天然木材トイレ砂 広葉樹や針葉樹を薄く細かく削ったり、それらを固めたものをトイレ砂として利用します。 メリット• 繊維質で臭いを吸収してくれる• 天然素材による抗菌効果も期待できる• トイレに流せるものもある• 燃えるゴミに出せて処理が簡単 デメリット• 砂状でないのでトイレと認識されにくい• 針葉樹を原料とするものはアレルギーのリスクがある• 広葉樹でもアレルギーのリスクはゼロではない• 木製の砂タイプは固まるものもある 健康チェックに最適な紙製トイレ砂 紙繊維を高吸収できるよう加工された紙製トイレ砂(砂状ではない)があります。 メリット• 尿の色が解りやすく健康チェックに最適• トイレ用に作られたものは高分子で吸収力が高い• 消臭効果も期待できる• ほこりが出にくい• ハムスターがアレルギーを起こしにくい• 燃えるゴミとして処理できる デメリット• 砂状出ないのでトイレと認識されにくい 紙製チップも尿を吸収したものとそうでないものの見分けがつきやすく、固まる砂のように部分的に捨ててその分を補充しやすいので経済的です。 また、燃えるゴミに出せるのはうれしいですね。 私もこちらのタイプを利用しています。 食物由来のコーンチップ トウモロコシを原料にしたトイレ砂です。 メリット• 誤って食べても安心• トイレ用なので消臭効果もあり• 食物由来で燃えるゴミに出せる デメリット• やや高価である• 食用でないので食べ続けるなら害があるかも• 湿ったり湿度が高いと腐りやすい 食物由来とはいっても食用ではないのであまり積極的に食べるようならなにかしら害があるかもしれません。 そういった意味ではハムスターがどんどん口に入れるようなら別のものを選んだほうがいいでしょう。 また、コーンチップ系は安心できるものの商品の種類が少なく店舗ではあまり販売されていません。 店舗にない場合は通販を利用するしかありません。 いろんな視点でのトイレ砂の選び方 トイレ砂となる種類を紹介してきましたが、それでもどのタイプを選べばいいか決めきれないという方もいると思います。 そこでトイレ砂の選び方の例をいくつか紹介します。 無難に選ぶならゼオライト素材の固まる砂がおすすめ いろいろなトイレ砂がありますが、どうしても迷って決めきれない場合は ゼオライト素材の固まる砂が無難でおすすめです。 この「セーフクリーン」はおしっこなどで濡れると固まるのですが、他の砂よりもソフトな固まり具合なので飲み込みが心配という方でもすこし安心して利用してもらえると思います。 セーフクリーンを使ってみて もっとしっかり固まってくれた方が管理しやすいと思えば、普通の固まる砂タイプに変更してみるといいですし、 固まらなくてもいいかなと思えばサラサラタイプに変えてみるといいと思います。 ハムスターのことを一番に考えるならサラサラ砂タイプ 濡れても固まらない砂は誤ってハムスターが飲み込んでも腸閉塞の原因にはなりにくく、粒が小さければ砂浴びにも利用できるので、 ハムスターのことを第一に考えるのであれば固まらない砂がおすすめです。 皆が使ってるトイレ砂をアンケート調査 本当にいろんな種類のあるトイレ砂ですが、他のハムスター飼育者がどんなトイレ砂を選んでいるのか気になりませんか? 私はみんながどんなものを選んでいるのかが気になったのでアンケートで調査をしてみました。 🐹が尿をする場所の床材?トイレ砂は何を使ってますか? いろんなところで尿をする場合は一番多くしてそうなところを選んでください。 また、固まらない砂を利用する人も36%となり、 固まる・固まらないを合わせると砂タイプが約90%の飼育者に選ばれているという結果になります。 おわりに:トイレ砂食べたらダメっていうけど食べるのか? トイレ砂を選ぶときにどうしても頭をよぎるのが 「もしハムスターがトイレ砂食べたらどうしよう」ということです。 しかしそれと同時に 「いや、食べたりするのか?」という疑問も浮かびます。 そこで、ハムスターがトイレの砂を食べてトラブルになった経験があるかをアンケート調査してみました。 固まるトイレ砂や他の砂や床材でも、飲み込んだら危ないから使わないほうがいいと言われる種類もあったりしますよね。 そこで… 材質は問いません。 ちなみに私が行った調査ではありませんが、動物病院でもトイレ砂を詰まらせて死亡したような例はないとうことも述べられているのを見たことがあります。 まぁ全国の動物病院全てに調査してみれば、死亡例が全くないとも言えないとは思いますが…。 と、まぁ、このようにトイレ砂によるトラブルは実際のところ起こらない?起こりにくいものであるといえるでしょう。 とはいえ、飼い主の責任として回避できる危険はできるだけ回避できるようにするというのもあると思います。 いろんな考え方があると思いますが、お世話のことやハムスターのことも考えてトイレ砂を選んでいきましょう。 << 前の記事へ 次の記事へ >>.

次の

ハムスターのトイレと砂浴び場は一緒でもいいの?メリット&デメリットの紹介です!

ハムスター トイレ 砂

ハムスターのトイレのお世話を毎日すると思うのですが、あなたはこの時何に気を付けていますか? 餌?トイレ?ゲージ内?水? お世話にも色々とある中で、 もちろんどれも大事なのですが、 この中で、今回注目するのは「 トイレの砂の量」です。 意外とトイレのお世話をする時って、 注意点があるんです。 「っえ!なんとなく入れてるかも、、、」 っと、ドキッとしたあなた! ここでしっかりと確認しておきませんか? もちろん、この砂の量がおかしいと、命に関わるかと言えば、そうではないと思います。 でも、こういう細かいところを気にすることによって、ハムスターたちの「 少しのストレスの軽減」や「 快適な生活」に繋がるかもしれないです。 っというのも、ハムスター自体の生活の行動が人間に比べればかなり少ないからです。 「 食べたり」「 走ったり」「 かじったり」「 寝たり」と本当に、人間に比べると、ビックリするくらい少ないです。 なるべくいい環境にしてあげたいですからね! ではでは、早速見ていきましょう。 砂の量には気をつけて! では、先ずは、 「 トイレの砂の量」の関して気にする必要がなぜあるのかについて書いていこうと思います。 意外と、なんとなくの量でやっている飼い主の方って、結構入ると思います。 っというのも、この内容って、 本にもネットにも中々書いてないことも多いので、情報を集めづらいから何となくになってしまうんですよね。 なので、ここでしっかりとその必要な理由から書いていきますので、一緒に確認していきましょう。 笑 なぜ必要かが大事ですね。 では、逆に気にしないと何故ダメなのか? を、書いていきましょうか。 結果そういうことですからね! では、、、 ・砂が多いとゲージ内が汚れる ・砂が少ないとトイレもハムスターも汚れる ・ハムスターの匂いの元となるポイントだから ・砂の量でトイレをしてくれるかが多少左右される コレくらいです。 こう見ると、大きくは「 衛生面」と「 習性的」な感じの内容ですね。 理由に関しては、コレ以降の章で詳しく書いていきます。 ただ、ここで言えることは、 ハムスターは基本的に「 キレイ好き」ということです。 っということは、 それに反することは基本的にNGってことです。 当たり前のことを言っているかもしれないですが、意外と盲点に感じると思います。 ではでは、 「 適量」から見ていきましょう。 ベストな量ですね! 汚れない適量はコレ! 早速、 「 適量」とダイレクトなお話です。 コレは、体の大きさにもよると思います。 ですが、 ある程度何度かやっていくと、ベストな量が見つかるでしょう。 とはいっても、ある程度の指標が入ると思いますので、そこを確認しておきましょう。 では、その量の指標が、、、 「ある程度掘れる」かつ「掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」量 です。 結構抽象的かもしれないですが、 コレがベストです。 でも、理由もしっかりとあるので、 見てみましょう。 先ずは、 「 ある程度掘れる」と言うのは、 掘ること事態ハムスターの習性ですので、そこをしっかりと捉えて、いい気分でトイレをしてもらうということです。 もう一つの、 「 掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」ですが、コレはゲージ内をなるべく、キレイに保ってあげるということです。 おしっこのかかった砂がゲージ中にあっては、先程の「 キレイ好き」という論点から外れてしまいますから。 これは、結構な「 ストレス」になると思います。 っと、2点ともかなり抽象度が高いですが、コレばっかりは、その子のサイズなどもあったり、掘る勢いなども関わってくるので、それは何度か試してみて、ベストな量に近づけるしか無いです。 1回では難しいですが、 何度も試してやってみて下さい。 とにかく掘る子なら、別に掘る用の虫かごなどを用意して、そこで掘ってもらう方がいいです。 かなり「掘る子」であればです。 大量におしっこをすれば1日も持たずに、トイレがびちゃびちゃになり、トイレもハムスターも汚れます。 最悪、トイレの汚れは洗えば全然良いです。 ただ、ハムスターが汚れるのは、 非常に可愛そうです。 恐らく、そこまで汚れればトイレに入らなくなり、トイレの外ですることになり、トイレの外が汚れることになると思います。 なので、ここでしっかりと確認しておきましょう! 「 トイレの砂が適量」ってことは、しっかりとしてくれますし、快適にしてくれると思います。 もうここまで、言えば理由も見えてくれると思いますが、トイレをトイレでしないということは、ゲージ内が汚れるということです。 ってことは、「 衛生面」や「 キレイ好き」というところに反するわけです。 こうなると、結果飼っているハムスターが何かに対して、我慢をして結果、「 ストレス」を感じる可能性が高いということです。 非常に細かい内容だったと思います。 でも、こういうところを気にするかしないかで、全然変わってきますので、是非とも試してみて欲しいです。 こういう内容もいかがですか? 良ければ見てみて下さい。

次の