ドコモ 光 プロバイダ 乗り換え。 プロバイダ一覧

ドコモ光のプロバイダおすすめ3選!料金・速度で比較した結果【2020年02月】

ドコモ 光 プロバイダ 乗り換え

このため「事業者変更」という方法を使って簡単かつ工事費不要で乗り換える事ができます。 ソフトバンク光の事業者変更承諾番号の発行費用とドコモ光の契約事務手数料こそ必要ですが、 工事費無料かつキャッシュバックもあるのは魅力的。 ちなみに光回線乗り換えには「転用」という方法ありますが、こちらはフレッツ光から乗り換える場合に利用できます。 他にもソフトバンク光をいったん解約してドコモ光に新規で申し込む事もできますが、手軽に乗り換えるならやはり「事業者変更」がベストです。 ただし 「ドコモ光 10ギガ」は事業者変更には対応していないため、ソフトバンク光から乗り換えるなら新規申し込みを行う必要性があります。 ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えの注意点 主な注意点• 契約更新月以外の解約金に注意• 工事費などの残債は一括支払い 先述の通り、「事業者変更」という方法を利用すればソフトバンク光からドコモ光への乗り換え費用はかなり抑えられます。 ただしソフトバンク光の解約金はもちろん、工事費を分割払いにしている方は注意が必要です。 契約更新月以外の解約金に注意 画像引用元: ソフトバンク光は2年または戸建のみ利用できる5年の「自動更新ありプラン」を提供しています。 「自動更新ありプラン」をつければ月額料金が1,000円以上安くなりますので、ほとんどの方が利用しているのではないでしょうか。 しかしこの「自動更新ありプラン」は 契約更新月以外では以下のような解約金が必要となります。 プラン 解約金 解除料 2年自動更新プラン 9,500円 税抜 5年自動更新プラン 15,000円 税抜 2年自動更新プランの場合だと「契約が成立した月を1ヵ月目とカウントした場合、24ヵ月目が契約満了月(解除料がかからない月)」となっています。 「SoftBank 光」回線の工事費• 「ソフトバンク光テレビ」工事費• 「光セットアップサポート」• 引越しの工事費 この工事費などをまだ支払い終わっていない場合、 残債は事業者変更後に一括で支払う必要性があります。 例えば「ドコモのギガプラン」である「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」なら 永年最大1,000円 税抜 の割引を受ける事ができます。 離れて暮らす家族も対象となるなど基本的にはソフトバンクの「おうち割 光セット」と似ている点もあります。 ただしソフトバンク光が一部プラン ホワイトBB・Yahoo! BB バリュープラン で2年限定の割引なのに対し、ドコモ光はどのプランも永年割引です。 ドコモ光に乗り換えるならスマホ・携帯もドコモにするのが間違いなくお得になるでしょう。 利用料金1,000円(税抜)につき100ポイントという条件こそありますが、ドコモ光を利用するなら積極的に活用したい特典です。 dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 ですが、ドコモユーザーなら簡単に回収でき、かつ日常的に利用することで数万円分のdポイントが貯まります。 よりドコモ光をお得に使いたいなら、合わせてdカード GOLDの申し込みも検討してみてはいかがでしょうか。 はこちらの記事でまとめて確認できます。 期間・用途限定のためドコモのケータイ料金の支払い等には使えませんが、高額なポイントがもらえるのは大変魅力的です。 こちらはドコモショップ・量販店での申し込み限定となっていますが、それ以外でもプロバイダが独自に実施しているキャンペーンを利用する事も可能です。 ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えで選ぶべきプロバイダ ソフトバンク光が「Yahoo! BB」一択なのに対して、ドコモ光は24社の中からお好みのプロバイダを選ぶ事ができます。 プロバイダはそれぞれ独自のサービスを提供しておりキャッシュバック額などにも違いがあるのが特徴です。 ここではソフトバンク光からドコモ光に乗り換えで選ぶべきおすすめのプロバイダを2つご紹介しましょう。 nifty 画像引用元: nifty with ドコモ光の特長• v6プラス対応で高速通信• Wi-Fiルーター無料レンタル• 20,000円の高額キャッシュバック ドコモ光の数あるプロバイダの中でも、特に人気が高いのが niftyです。 niftyはネット回線の次世代技術「v6プラス」に対応しており、時間帯に関わらず安定した速度で利用する事ができます。 また、v6プラスに対応したWi-Fiルーターを契約中無料でレンタルする事ができますし、セキュリティソフト1年間無料などサービスが充実しているのも魅力的。 更に条件を満たせば20,000円のキャッシュバックはもちろんdポイント5,000ptをもらう事もできます。 キャッシュバック条件は比較的簡単ですので、お得にドコモ光へと乗り換えたいならおすすめできるプロバイダです。 GMOとくとくBB 画像引用元: GMOとくとくBBの特長• v6プラス対応で高速通信 補償あり• Wi-Fiルーター無料レンタル 4製品から選択• 20,000円の高額キャッシュバック 条件あり GMOとくとくBB はV6プラスに対応しているのはもちろん、HP上で地域ごとの回線実測値が公開されており加入前に確かめられるようになっています。 100Mbpsを下回ったら100円相当のGMOとくとくポイントがプレゼントされる保障もある事から、回線速度に関してはどのプロバイダよりも期待が持てます。 また、v6プラスに対応したWi-Fiルーターは合計4つの製品からお好みのものを無料でレンタルする事が可能です。 キャッシュバックにドコモのサービスに加入する条件が設けられているのはデメリットですが、その点を除いてもプロバイダとしての使いやすさは頭一つ抜けています。 何よりも 回線の速度・安定性を重視するなら、GMOとくとくBBを選んで間違いはないでしょう。 事業者変更承諾番号の有効期限は15日しかないため、発行してもらったら早めに手続きを行いましょう。 また、ドコモ光に切り替えた月の翌月には契約事務手数料3,000円も合わせて請求されるため、こちらも事前に確認しておくのが良いでしょう。 事業者変更ではドコモ光に切り替え、使い始めれば自動的にソフトバンクの解約も行われるようになっています。 いったん解約する必要性もないためインターネットが使えない期間・時間を限りなくゼロにできるのが魅力的。 ただしソフトバンク光の 有料オプションは事業者変更後も契約が残っているケースがあるため、My SoftBankからの確認・契約を行っておきましょう。 新規申し込みの場合はいったん解約する必要があるため、解約希望日の6営業日前までにソフトバンク光サポートセンターに連絡しましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光という大手3キャリアの光回線サービスは、利用料金や速度などの面でどこが一番優れているのかきになりますよね。 実際にドコモ光・auひかり・ソフトバンク光にはそれぞれ特徴がありますが、項目ごとに比較してくとそれぞれ得意分野が見えてきました。 […]• 光回線といえばNTTや電力会社系で契約するのが主流でしたが、今や携帯会社でのおまとめが当たり前になってきました。 スマホなどの契約時にセットで契約すると、割引や特典がもらえるなどと案内を受ける機会も多いのではないでしょうか。 携帯キャリアの乗り換えを検討するときは、 […]• 今年も残りわずかとなりました。 そろそろ来年の新生活を意識し始めている方も出てきているのではないでしょうか。 引っ越しするとなると、インターネット環境をどうするのかも大いに気になるところだと思います。 迷うことなく迅速に決定したいところですよね。 このページでは光回線に […]• 今やネット環境を整えることは、生活していくうえで欠かせません。 そのため、多くの会社から光回線が提供されており特徴もさまざまです。 そこで今回は、光回線を選ぶポイントを説明し、おすすめ5選を解説していきます。 また、スマホとまとめることでお得になるキャンペーンもありま […]• もはや電気や水道と並ぶインフラになりつつあるインターネット回線。 国内のシェア率第1位はNTT東日本・西日本のフレッツ光ですが、近年ではキャリアが提供する光回線も着実に伸びてきています。 キャリアが提供している光回線は、携帯と同じキャリアを利用すると専用の割引が受けられるの […].

次の

ドコモ光×BIGLOBE(ビッグローブ)のセットでお得なプラン

ドコモ 光 プロバイダ 乗り換え

この記事の目次• OCN光からドコモ光に乗り換えるメリット OCNからドコモ光へ乗り換えた場合、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。 それに比べて、ドコモ光のプロバイダーは、26社の中から好きな会社を選べるようになっています。 ドコモ光タイプA ドコモ光タイプB ・ドコモnet ・plala ・So-net ・GMOとくとくBB ・DTI ・Tigers-net. com ・BIGLOBE ・BBexcite ・andline ・IC-net ・U-Pa! ・エディオンネット ・SYNAPSE ・TikiTiki ・楽天ブロードバンド ・hi-ho ・01光コアラ ・ネクス ・スピーディアインターネットサービス ・ TCOM ・OCN ・@nifty ・TNC(静岡県限定 ・ASAHIネット ・WAKWAK ・ちゃんぷるネット(沖縄県限定) 選択できるプロバイダーによってタイプA、タイプBとタイプが分かれます。 その違いは月額料金で、 タイプAが5,200円、タイプBが5,400円です。 ドコモ光へ乗り換える時は、同じOCNを選んでは意味がないので、それ以外を選んでくださいね。 26社の中から特に お勧めなのは、v6プラスに対応しているプロバイダーです。 v6プラスがお勧めな理由 v6プラスを利用すると、プロバイダーを経由しないインターネット接続方法になるので、 インターネット利用者が増える夜間帯でも混雑しません。 つまり、快適な速度でインターネットを利用できるという事です。 v6プラス対応プロバイダー 対応しているのは、 GMOとくとくBB、 niftyです。 v6プラスではありませんが、BIGLOBEもv6オプションという同じ仕組みがありますよ。 光パックとは、パケットプランに応じて、 月々の通信料から割引が受けられるサービスです。 ドコモでは、一人用のパケットパックと、家族間でシェアできるシェアパックがあります。 シェアパックは月額料金が安く、光パックの割引額が大きくなっています。 ドコモ光パック 容量 月額割引額 パケットパック シェアパック 2GB -500円 5GB -800円 -800円 10GB -1,200円 15GB -1,800円 20GB -900円 30GB -1,100円 -2,000円 50GB ・戸建 -2,500円 ・マンション -2,400円 100GB ・戸建て -3,200円 ・マンション -3,000円 光パックの割引は、ドコモの携帯・スマホが1回線のみしか適用されません。 これをペア回線といいます。 そのため、光パックを適用させるのであればシェアパックにし、 シェアパックをペア回線として登録するのが一番お得です。 v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルも無料なので、 光電話契約不要でv6プラスが利用出来ることもメリットです。 キャッシュバック キャッシュバック 必要なオプション加入条件 新規 5,500円 2年自動更新プランタイプAとあわせて、ひかりTV 2ねん割 またはスカパーを申し込む。 転用 10,500円 現金キャッシュバックには、受け取るための条件があります。 dポイント贈呈 dポイント プレゼント 適用条件 新規 20,000pt 2年自動更新プランを契約すること、ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること。 転用 10,000pt dポイントは加盟店で 1pt=1円で買い物ができ、携帯の支払いにも充当できます。 地域限定dポイント贈呈 dポイントプレゼント 期間・用途限定 適用条件 10,000pt (新規のみ、転用不可) 2年定期契約プランを契約すること、ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること。 関西・東海・九州のみ対象。 v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターレンタル無料 条件 最低利用期間 ドコモ光開通後に申し込む 37カ月以内に解約すると、 解約料10,000円• ドコモ携帯・スマホとのセット割を適用していない場合だと、コスト面ではマイナスと言えるでしょう。 解約金は11,000円です。 ただし、 更新月にOCNを解約すれば掛りません。 更新は契約満了の翌月です。 OCN光は2年自動更新なので、 1回目が25ヶ月目 2回目が49ヶ月目 3回目が73ヶ月目 以上が更新月になります。 OCN光が開通してから間もない時期にドコモ光へ乗り換えすると、 OCN光の初期工事費の支払いが終わっていないケースも考えられます。 支払い終わる前に乗り換えてしまうと、工事費残金を一括請求されるので注意です。 光コラボから光コラボへの乗り換えるには、 ドコモ光の新規工事の費用が発生します。 新規工事費 戸建て 18,000円 マンション 15,000円 分割払いが可能で、 12回、24回、36回、48回、60回から選べます。 なお、乗り換え時に工事費が無料になるキャンペーンは、今のところありません。 ドコモ光以外にお勧めの2つの乗り換え先! auひかり auひかりが開通した後にOCN光を解約すれば、 インターネットが使えない期間を0日にできます。 しかもauひかりは、 乗り換え時の初期費用がほとんど掛からず、キャッシュバックも高額です。 auひかりの申込みに一番お得な正規代理店は、NNコミュニケーションズです。 NNコミュニケーションズ 申し込み形態 キャッシュバック額 ネット+光電話 50,000円 ネットのみ 43,000円• ネット契約のみでOK• 手続きが簡単• 最短1ヶ月でキャッシュバックを受け取れる 高額なキャッシュバックなので、すぐに受け取れると安心ですよね。 乗り換え時に適用されるキャンペーンには、工 事費が月々の割引で実質無料になる「初期費用相当額割引」、 他社解約金をKDDIが負担する「スタートサポート」があります。 これらのキャンペーンがあるので、乗り換えコストはほぼかかりません。 現在au携帯・スマホを利用しているのであれば、auひかりにすることにより、「auスマートバリュー」が適用できます。 auひかり1契約につき、auスマホ・携帯最大10回線まで適用できます。 新規でソフトバンク光へ乗り換える形になり、工事が必要ですが、 工事費が実質無料になるキャンペーン中です。 OCN光の解約金もソフトバンクが負担してくれるので、 初期費用は事務手数料の3,000円のみで済みます。 ソフトバンクスマホとのセット割、「おうち割」が適用できるので、ソフトバンクユーザーであればソフトバンク光へ乗り換えたほうが良いでしょう。 ソフトバンク光正規代理店のエヌズカンパニーから申し込めば、 28,000円のキャッシュバックが貰えますよ!• ただし、 電話番号を引き継げるのはNTT発番に限ります フレッツ光電話は含まれない。 OCN光で初めて取得した光電話の番号を他社へ引き継ぐことはできません。 下記は、ドコモ光(他社光コラボ)への乗り換えの流れです。 現在利用中の電話番号をNTTアナログ電話へ戻す手続き(116へ問い合わせ)• 1 の工事日が決まり次第、ドコモ光へ申し込み ネット代理店から• OCN光の解約の申し込み 0120-506-506• OCN光撤去工事 撤去工事不要の場合もある 、宅内機器返却• OCN光の撤去工事完了後、ドコモ光開通工事、インターネットが使えるようになる• 機器接続から数日で光電話開通 このように光コラボから光コラボへの乗り換えは、 数日ほどインターネットができない期間ができます。 まとめ:OCNから乗り換えるならスマホと同じ会社の回線が決め手 OCN光から乗り換えるのにお勧めなのは、スマホと同じ会社の光回線です ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり。 セット割を利用することで、月々の支払コストを抑えられるからです。 格安スマホユーザーであれば、乗り換えコストがほぼ掛からない、 キャッシュバックが高額なauひかりもお勧めです。 ソフトバンク光にも興味があれば、工事費が掛からず、高額なキャッシュバックが貰えるエヌズカンパニーもチェックしてみて下さいね。

次の

プロバイダ一覧

ドコモ 光 プロバイダ 乗り換え

プロバイダの利用料金が変わる• 回線速度が変わる• プロバイダメールアドレスが使えなくなる• 050で始まるIP電話が使えなくなる• プロバイダオプションの解約を忘れない それぞれ詳しくチェックしていきましょう。 プロバイダ乗り換えの注意点1:プロバイダの利用料が変わる プロバイダ料金が別途請求される NTTのフレッツ光やプロバイダによって料金プランが変わる ドコモ光を利用しているときは、プロバイダを変更することで毎月のインターネット料金が変わります。 プロバイダを変更して月々のインターネット料金がリーズナブルになるのは良いのですが、選択するプロバイダによっては毎月の負担が割高になることもあります。 かならず料金シミュレーションをして、プロバイダ変更後の料金を把握しておきましょう。 プロバイダ乗り換えの注意点2:回線速度が変わる プロバイダによっては IPv6が利用できるv6プラスなどの接続方法を提供していることがあり、通信速度の大幅な改善につながることもあります。 新しくプロバイダを契約する場合は、 IPv6接続やv6プラス接続が利用できるプロバイダの契約がオススメです。 プロバイダ乗り換えの注意点3:メールアドレスは変更するか別途契約が必要になる 大抵のプロバイダでは、自社ドメインでメールアドレスを提供しています。 プロバイダを変更すると、 プロバイダが提供するメールアドレスは使えなくなりますので、仕事やプライベートでプロバイダ提供のメールアドレスを使っている人は困ってしまいますよね。 プロバイダを変更する前にメールアドレスを他のドメインに変更するか、プロバイダ解約後もメールアドレスが利用できるように別途契約する必要があります。 なお、 メールアドレスのみの別途契約は月額200円程度です。 プロバイダ業者によっては、メールアドレスのみの契約ができないこともありますので、かならずプロバイダ解約前にチェックしてください。 プロバイダ乗り換えの注意点4:プロバイダを乗り換えると050で始まるIP電話は利用できなくなる プロバイダが提供した050で始まるIP電話番号を使用している場合は、プロバイダを解約すると利用できなくなってしまいます。 メールアドレスのように、別途契約で解約後も使用できるようにするということはできませんのでご注意ください。 プロバイダ乗り換えの注意点5:プロバイダオプションの解約を忘れない インターネットプロバイダによっては、プロバイダ自体の解約はできても、 別途プロバイダオプションの解約をしなければオプション料金が発生し続ける場合があります。 プロバイダを乗り換える際は、利用していたプロバイダのオプション解約も忘れないよう気を付けましょう。 プロバイダの乗り換え手順(乗換方法) インターネットプロバイダの乗り換え手続きは、次の2ステップです。 乗り換え先のプロバイダに新規申し込みを行う• 乗り換え先のプロバイダの利用開始日が決まったら、利用開始日に合わせて利用中のプロバイダを解約 プロバイダから提供されている機器の返却方法について案内されますので、指定された方法で期日までに返却すればOKです。 プロバイダ変更費用が発生する場合もある プロバイダによっては最低利用期間が決められており、 最低利用期間内に解約すると違約金を請求されることがあります。 また、 利用期間に関わらず変更手数料(解約手数料)が請求されることもあります。 プロバイダを変更しようか迷っているときは、まずは 現在利用中のプロバイダのカスタマーサービスに電話をかけ、解約時の手数料と手数料発生条件について問い合わせしましょう。 プロバイダの乗り換えをする場合は設定変更が必要 プロバイダを変更すると、 新たに契約したプロバイダからインターネット接続機器が送付されます。 同封されている説明書に沿って機器を取り換え、パソコンで接続設定も済ませてください。 プロバイダの乗り換え時は工事は必要ない プロバイダの乗り換えは、工事不要で実施できます。 工事不要ですから立ち会いも不要ですので、忙しい方も気軽にプロバイダを変更できますね。 プロバイダ乗り換えがオススメなタイミング プロバイダによっては最低利用期間が決まっていることがありますから、解約金が発生しないタイミングで乗り換えることをオススメします。 また、乗り換え先のプロバイダでお得なキャンペーンを実施しているときも、プロバイダ変更のベストタイミングです。 タイミングを見極めて、賢く乗り換え手続きをしてくださいね。 【インターネット回線別】オススメプロバイダと乗り換え方法 プロバイダによっては、さまざまなキャンペーンと提供しています。 プロバイダの乗り換え時は、お得なキャンペーンを比較して乗り換え先を選んでくださいね。 各プロバイダで実施しているキャッシュバックサービスとキャンペーンは以下のとおりです。 フレッツ光のプロバイダ変更方法 フレッツ光のプロバイダを変更したいときは、まずは 乗り換え先のプロバイダに連絡して契約を申し込みましょう。 その後、 現在利用中のプロバイダの会員ページから解約手続きを実施してください。 新規契約したプロバイダから送付されるIDとパスワードを使って、プロバイダ変更日以降に設定変更すれば乗り換え完了です。 フレッツ光のオススメプロバイダはBB. excite・Ocn・So-net・ASAHIネット フレッツ光ではプロバイダ料金は別途請求されますので、月額料金がリーズナブルなプロバイダがお得です。 exciteは戸建てでもマンションでも月額500円(フレッツ光の提携プロバイダ中、最安値)で使えますので、インターネット料金をもっともお得にできるプロバイダです。 料金にこだわる方は、BB. exciteを選びましょう。 また、人気があるということは、信頼性があるということです。 フレッツ光の提携プロバイダの中ではASAHIネット・OCN・So-netが人気を博しています。 以下の記事ではフレッツ光のオススメプロバイダについて紹介していますので、併せてご参考ください。

次の