京都 競馬 場 グルメ。 1度食べたら病み付き?競馬場でしか食べられない絶品グルメ達(関東編)

東京競馬場おすすめグルメ

京都 競馬 場 グルメ

初めからお読みになる方はからどうぞ。 さて、今回も京都競馬場レポートでございますが、タイトルに京都競馬場グルメとありますとおり、今回からしばらくは京都競馬場で食すことができるグルメや、食堂なんかのご紹介をしていければと思います。 関西ではメインとも言える開催場ということもあり、2016年秋現在、京都競馬場では18の食堂と、30ものファーストフード・売店が稼働しており、グルメの種類もかなりのものだ。 当然荷桁もすべては食べきれていないがひとまず、手持ちの写真でお店やグルメのご紹介をしていければと思います... 一応京都競馬場にはこのようなグルメマップが掲出されている。 競馬場側も多少競馬場のグルメをPRするということに関しては関心があるようである。 ただし、京都競馬場のグルメと言うと、一般的にはあまり評判がよくないとされている。 2012年にJRAが主催で行われたファンの投票形式での京都競馬場グルメランキングでは何と吉野家の牛丼が1位に輝いている。 吉野家の牛丼は確かに美味いので一位になってもおかしくはないと思うが、全国的なチェーンであり普段の生活の中で食べることも多いはずなのにそれでも一位になるというのは、ほかの店が、それを上回る魅力や非日常性のある食べ物を提供できていないと考えるのが自然であろう。 荷桁もいろいろな競馬場に行っているが、京都競馬場のグルメは確かにほかの競馬場に比べて、やや保守的な印象。 誤解を恐れずに言うと、客数をさばいてりゃ儲かってた時代から脱却できていないという感じだ。 どこの食堂に行っても社員食堂みたいな感じだし、提供しているものと言えば、気合の足りない麺類、無個性なカレー、これ出しときゃ競馬ファンは喜ぶんだろ?的なトン勝定食などだ。 揚げ物はほとんど既製品。 店ごとの差別化もほとんどなく、どこも同じようなものを同じようなクオリティーで出しているという感じ。 決め手に欠けるのだ。 もちろん競馬場の食堂は混雑時が勝負なので、効率的な経営を否定はしないが、ちょっと淀の場合、雰囲気といい、提供するものといい、この時代にしてはあからさますぎる感はある。 当然、競馬場だけあって、割高な感じもある。 全国的に、現在進行形で競馬場の食堂の淘汰は進んでいるので、その中で京都競馬場の中でも意識改革が行われ、新たに、安くてうまいものや名物的なグルメが出てくることを祈るばかりである。 前置きが長くなってしまったが、さっそく京都競馬場のグルメについて紹介していこう。 まずはこちらのファーストフードプラザからだ。 *もしほかのお店から見たいという場合は以下からどうぞ ファーストフードプラザは京都競馬場のビッグスワン1階にあり、8軒ものテイクアウト系店舗が集まるフードコートのような感じになっている。 本場開催時でも場外開催時でも常に開いているので、さくっと食べるには使い勝手がよく、利用者も多いエリアだ。 まずはこちらのファーストフードプラザの方から見ていくことにいたします。 まずは、栄えある京都競馬場ナンバーワングルメ、吉野家さんだ。 牛丼は大盛りのみだが、サイドメニュー類などは外のお店と変わらない価格で供している。 さすがに荷桁が今更味についてごちゃごちゃ書く必要はないくらいポピュラーだし、提供も早いので時間がなかったり外れを引きたくないときは鉄板メニューだと言えよう。 さて、お次は競馬場ではおなじみの存在モスバーガーだ。 ここも特に何をや言うべきものでもなかろう。 バーガーを買うもよし、オニポテやモスチキンなどを購入してビールのアテにしてもよし、便利なお店である。 どうでもいい話だが、お店の前のオッズ画面とお店の色合いがマッチしていてコラボみたいになってるな・・・。 さて、お次はケンタッキーフライドチキン。 こちらも食事・酒のアテと汎用性があってよろしい。 吉野家・モスバーガー・ケンタッキーは日本の競馬場で見かけるチェーン店3兄弟みたいな趣になっている感がありますなあ。 さて、そんなチェーン店が跋扈する中で、ひそかに個性を放っているのがこちらの、はいからやFUKUMITSU。 あの福三の一派と思われるが、このチェーンにあって、おなじみの焼きそばと、昔懐かしい「すいとん」なるメニューを看板メニューに据えている(すいとんは冬季限定)。 焼きそばとすいとん以外にも串ものやドリンクなどが一通りそろっている。 特にコーヒーについてはキリマンジャロ、コロンビア、グァテマラ、エチオピア モカ、ブラジルと五種類もそろえる気合の入りっぷり。 チェーン店に対抗すべく、いろいろやってる感はある。 こちらがすいとん。 訪問時で330円。 一応餅入りというオプションもあり、400円となる。 正直、すいとんの玉と餅は原料こそ違えど、似たようなものなので、よりボリュームを求めるかどうかという感じになろうか。 写真だと野菜のけんちん汁みたいになってしまっているが、出汁がわりと美味しく、二日酔いのあとの朝食や、寒い正月開催の際の合間に暖をとろうなんてときにはもってこいの逸品である。 出来合いのものが多い京都競馬場の中では異色のメニューなので、冬場はぜひご賞味あれ。 はいからやFUKUMITSU以外にもいろいろなお店が存在しているので順に見ていこう。 まずはYASUI。 ドリンクとつまみがメインのお店だが、お好み焼き、炒飯など狙いどころが絶妙な食事メニューもわずかながらおいている。 とはいえ、大量の人数をさばかなくてはならないため、お好み焼きも炒飯もお店で一から作っているという感じではない。 売店の軽食として無難に楽しむのが吉であろう。 つづいては麺類のレジャーフーズだ。 関西ではポピュラーなきつねうどん、肉うどん、天ぷらうどんなどのうどんメニューのほか、そば、中華そば、弁当類などを取りそろえている。 メニューはどれも無難な感じだが、敢えて何かを挙げろと言われれば、こちらの天ぷらうどんか。 関東の立ち食いうどん、そば屋で天ぷらといった場合はフツーかき揚げを指すが、関西ではえび天を指すことが多い。 そして関西の安い立ち食いうどん店では、写真のとおり小さな海老にもかかわらず周囲に平べったく揚げられた衣がくっついているタイプの「天ぷら」が特にポピュラーである。 まさにそのイメージにおける「天ぷら」がのったうどんが味わえるので、ある意味関西に来たという雰囲気は味わえるであろう。 次いで、カレーショップAMONをご紹介。 AMONはビッグスワンの6階にもお店を出しているので、同系列ではあるものの、こちらではカレーに特化して勝負していると言ってよい。 AMONのカレーは写真がないが食べたことはある。 比較的辛さがしっかりしているのが特徴で、福神漬けの横にあるソースをかけて食べるのが関西っぽくてよろしい。 関西ではカレーにソースをかけるのはよくある行動パターンなので、皆さんも騙されたと思ってやってみてもよいかもしれませんぜ。 お次はフォルテをご紹介。 フォルテはドリンクに特化した売店で、ご覧のとおり、やたらとメニューが充実しているのが特徴だ。 ビール、焼酎、サワー、ウイスキー、日本酒、ワイン、ノンアルコールビールと酒類も充実している。 ビールが苦手という女の子に酒を飲ませたければここへ連れてくれば、ビールが苦手という言い訳が通用しないのでよいだろう(おい)。 さて、そんなラインナップのファーストフードプラザだが、食べるところはこんな感じ。 わりと広めのスペースにいろんな角度で、立食のテーブルが並んでおり、食事をとることができる。 外の光も入り、パドックも近いので、あまたある競馬場のフードコートの中でもわりといい環境だと言ってよいだろう。 もちろん、オッズやレースもばっちり鑑賞可能である。 お酒のみつつ、飯を食いつつ、競馬を楽しんでくだされ。 こうして気だるく画面を眺めて観戦するレースもまたいとをかしなのであります。 ってなわけで、京都競馬場のグルメ、第一弾はファーストフードプラザでした。 しばらくは京都競馬場のグルメを続けてまいります・・・。 *この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。 *京都競馬場に関する記事は以下にもあります。 *テーマが近い記事はこちらから。

次の

ここがおすすめ!京都競馬場での現地観戦方法

京都 競馬 場 グルメ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 京都市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 人気の周辺施設• 京都市の人気カテゴリ• 京都市で検索数の多いキーワード•

次の

JRA京都競馬場の食べ物・グルメ情報|競馬場レポート

京都 競馬 場 グルメ

livedoor. sekigaharablog. livedoor. html 他にはないちょっと変わったものを食べたいならこちらがオススメ! フードコート内にある馬勝のえびふりゃー丼! 管理人も初めて見た時は「なんだこの食べ物は!?」と驚いたものです(笑) サクサクのエビフライに、野菜を添えて、ご飯と一緒にかきこむスタイルで。 web. fc2. 最後に中京競馬場のグルメのまとめをどうぞ~ 人気記事一覧• 60件のビュー June 18, 2018 に投稿された• 52件のビュー August 31, 2019 に投稿された• 31件のビュー December 3, 2018 に投稿された• 17件のビュー July 15, 2019 に投稿された• 10件のビュー January 9, 2018 に投稿された• 8件のビュー September 4, 2019 に投稿された• 7件のビュー May 15, 2018 に投稿された• 6件のビュー January 25, 2018 に投稿された• 6件のビュー July 18, 2018 に投稿された• 5件のビュー May 1, 2019 に投稿された.

次の