夜になると かゆくなる。 デリケートゾーンの痒み(寝る前だけ)

夜になると顔が痒くなる原因について。

夜になると かゆくなる

Contents• かゆみの原因は何? 全身がかゆくなる病気には色々なものがあります。 中でも、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎や蕁麻疹(じんましん)など 皮膚炎に当たる病気がかゆくなる病気としては代表的です。 そして、それらの皮膚炎になるとなぜ、かゆくなるのか、原因は大きく2つに分けられます。 それは「アレルギーによるものか」もしくは「刺激によるものか」です。 アレルギー性皮膚炎 アレルギーによる皮膚炎で代表的なのは、やはりアレルギー性皮膚炎です。 アレルギー性皮膚炎は、免疫反応が異常を起こして現れる皮膚の炎症です。 例えば、アレルギーを起こす食べ物や、金属が皮膚に触れることによってかゆくなる金属アレルギー、ホコリやダニなどのアレルゲンによるものなど、 アレルギー性皮膚炎の原因はたくさんあります。 アレルギーによる病気はアレルギー性鼻炎や気管支喘息、食物や薬物によるものなどもありますが、皮膚に起きるものがアレルギー性皮膚炎なのですね。 症状の見た目は、ぽつぽつとした赤い点や、小さくぷくっとした膨らみです。 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応のうち皮膚に炎症が起きる症状のことです。 アトピーという言葉の由来はギリシャ語で「特定されていない」や「奇妙な」といった意味の「アトポス」です。 アトピーは医学用語で 「タンパク質のアレルゲンに強く反応する傾向」を表したものなので、呼び方は違いますがアレルギー性皮膚炎と同じ症状のことだと言えます。 接触性皮膚炎 刺激による皮膚炎の代表は「接触性皮膚炎」が挙げられます。 この皮膚炎は肌に刺激の強いものが触れた時に起こります。 たとえば油や洗剤に触れる、皮膚の刺激となる成分を持つ植物に触れるなどです。 触れた部分は赤くなり、かぶれの状態となります。 接触性皮膚炎はアレルギー性の物質が肌に触れることで起きる症状なので、触れたものによって違いがあるのですね。 蕁麻疹 蕁麻疹(じんましん)はアレルギー性、非アレルギー性、遺伝性の3つの種類があります。 どの種類も症状はかゆみを伴った発疹が現れることです。 発疹はかゆみだけでなく、灼熱感を覚えることもあります。 見た目は軽いみみず腫れのような膨らみや赤い点などで、別名、膨疹(ぼうしん)とも呼ばれます。 【スポンサードリンク】 皮膚のバリア機能の低下もかゆみの原因 人の肌には「皮膚のバリア機能」と呼ばれる働きがあります。 紫外線や菌だけでなく、乾燥やほこりからも体を守り、肌の水分の蒸発も防ぐ働きです。 バリア機能が低下するとアレルギーの反応が出やすい、乾燥しやすくなるなど、かゆみの原因となる症状が出てきます。 全身かゆいという人は乾燥肌や敏感肌などが原因という場合が多いみたいです。 乾燥肌の人はバリア機能が低下しやすく、敏感肌の人はバリア機能が常に低下した状態になっているので、かゆみに悩まされることになるのです。 バリア機能が低下する原因として、紫外線を長時間浴びる、温冷問わずエアコンの風、乾燥などの外部からの刺激(ストレス)が挙げられます。 なぜ夜になると全身かゆいの? かゆみの原因には色々ありますが、 かゆみの強さは時間帯によって違いがあります。 それは自律神経の影響です。 自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中は交感神経が優位になっており、夜には副交感神経が優位になります。 夜、全身かゆいのは、副交感神経の働きによるものです。 副交感神経が優位になると、体はリラックスした状態になり、血管が拡がることで血流が増え、体温も高くなります。 この血流が増えて体温が高い状態がかゆみを増すのです。 お風呂もかゆみの原因となってしまう? 夜といえばお風呂もかゆみの原因となります。 お風呂は体を清潔にするために入るものですので、お風呂に入ることがかゆみの原因になるのは意外ですよね。 では、なぜお風呂がかゆみの原因になるのでしょうか? まず、お風呂やシャワーの熱が挙げられます。 40度以上の熱めの温度だと肌の乾燥を促してしまうのです。 お湯の温度が高いと顔に必要な油分まで流すことになるので、肌を守る皮脂が落ちてしまいます。 そうすると肌が乾燥し、かゆみの原因となってしまうのです。 さらに温度の高いお湯は、肌の水分の蒸発も促します。 水は温度が高いほど蒸発しやすいので、お風呂上がりには注意が必要です。 そして、覚えていただきたいのはお湯の成分です。 お風呂やシャワーには水道水を使いますよね。 この水道水には塩素が含まれています。 塩素には水道水を殺菌する効果がありますが、人の肌にとっては刺激が強いのです。 温熱蕁麻疹とは? 特に入浴後に全身かゆい症状が出る人は「温熱蕁麻疹(おんねつじんましん)」の可能性も考えられます。 温熱蕁麻疹とは、体が急に温まることで起きる蕁麻疹のことです。 必ずしも入浴が原因とは言えませんが、やはりお風呂やシャワーは肌を急に温めることになりますよね。 温熱蕁麻疹は体が急に温まり皮膚の「肥満細胞」と呼ばれる細胞から「ヒスタミン」という物質が放出されることでかゆくなるのです。 お風呂やシャワー以外にも温かいものを口にするですとか、冬ならカイロや湯たんぽを使った時にも症状が出る可能性があるので、注意が必要ですね。 かゆみの対処法とは? まず対処法の前に知っておきたいことは「かゆい部分を掻かない」ということです。 掻いてしまうとかゆみも悪化しますし、炎症がひどくなって治りが遅くなってしまいます。 薬を使った方法 手っ取り早いかゆみの対処法としては「抗ヒスタミン薬」を使う方法があります。 肥満細胞からヒスタミンが放出されることがかゆみの原因の1つですので、ヒスタミンの働きを押さえ込んでしまうのです。 しかし、薬を使うとなると副作用が心配になりますよね。 抗ヒスタミン薬の副作用として代表的なのは、眠気やふらつき、頭がぼーっとするなどがあります。 近年では薬も改良され、副作用の少ないものが増えていますが、薬には副作用がつきものです。 では、薬を使いたくないという人はどうすればよいのでしょうか、今度は薬を使わない対処法をご紹介します。 保湿を行った対処法 アレルギー性、非アレルギー性にかかわらず、乾燥がかゆみの引き金となるので、保湿は欠かせません。 保湿はかゆくなる前から常に行い、かゆみの予防に行う印象がありますが、かゆくなってからでも効果があります。 保湿の時に使う成分としては、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリンなどがオススメです。 軟膏やクリーム化粧水でしたら、処方箋がなくても手に入りやすいので、全身がかゆいという人にも取り組みやすい方法ではないでしょうか。 患部を冷やす対処法 次の対処法は「かゆい部分を冷やすこと」です。 血行がよくなるとかゆみが増しやすいので、血流を遅くすることでかゆみを抑えます。 ただし、寒冷蕁麻疹の場合はこの対処法には注意が必要です。 冷やした後に患部が急に温まると再びかゆくなることがあるので、こちらも注意しましょう。 まとめ 夜、全身かゆいという症状でも、原因となる要素はいくつもあるのですね。 かゆくなってから対処する方法を知っておくことも必要な事ですが、かゆみを悪化させないためにも 自分の持っているアレルギーを把握しておく、こまめに保湿をするといった「予防」が大切ですね。

次の

手のひらがかゆいが湿疹なしなら病気?考えられる3つの原因

夜になると かゆくなる

contents• 私は寝ていて、なんかかゆい…と思いハっと目が覚ましました。 笑 かゆい!! かゆすぎる!! 私、寝てながら知らない間に壁に手をこすり付けてる!! 肌には 蚊にかまれたような、ふくらみが増えてきて、熱を持っている感じがします。 そして、かゆくてたまらない…!!! こんな感じで肌に出てきます。 出典www. e-skin. すると、余計に痒い症状を引き起こすキッカケとなったようで、広範囲にわたって腫れあがった症状が出てきました。 でも、そんなちょっとの量じゃ効かないほどの広範囲でのかゆさなんですよ!!!! 怒 後日また違うアレルギー皮膚科専門の病院に行ったら、そこでも再び、 じんましんと診断されました。 そして、 アレロックという、アレルギーの症状を抑える薬を処方されました。 この薬は眠気が強いくなる薬なのですが、私はあまり眠くならかったです。 こお薬を飲むと、 かゆさが10分の1ぐらいまで抑えれるようになりました。 なので、夜、なんだかモゾモゾ痒くなりそうな予兆がする…と感じたら、私は早めに飲むようにしています。 皮膚の下に存在する「肥満細胞」から何らかの刺激で「ヒスタミン」という物質が出ると、毛細血管から血液成分の一部がもれ出て地図状に盛り上がり、かゆみを引きおこす。 これは食品や薬品 抗生物質、解熱鎮痛剤など によるアレルギー、摩擦、急な温度変化などの物理的刺激が原因となることが多い このように定義されています。 痒くなった時の対処方法は? 痒くてたまらない! というときの対処方法としては、かきむしらないこと! 肌を傷つけたら、余計に痒くなります。 じんましんの原因はハッキリ解明されていない!? じんましんの原因なのですが、 医学的にはっきり解明されていないと、どこの皮膚科に行っても言われました。 おそらく、 ストレスが原因だろう…との事です。 外に出て、仕事をしている昼間は、緊張しています。 その 緊張から解放された帰宅後のリラックスをしているときに、出てくる場合が多いようです。 自律神経と大きく関わっているようですね。 血液検査などしても、 はっきりした原因が分からずきっちり治す方法がなく 薬でじんましんのかゆい症状を抑えることしか、対処方法はないそうです。 という方は、早めに病院で検査してもらって解決できる方向に進めて行ったほうが良いと思います。 今回記事にしたのは、 あくまでも 私の体験談なので、全ての情報が正しいとは断言致しかねます… もし、同じように悩まれている方の解決のキッカケになればいいなと思い書きました。 病状の判断などは、 個人でせず、早やめに病院で見てもらってくださいね! 私個人的には アレルギー皮膚科 が良いのではないかな?と思います。 普通の皮膚科でも構わないと思いますので、是非、病院でチェックしてもらってくださいね!.

次の

アトピーは夕方や夜がかゆい!発作的かゆみを楽にする超簡単な対処法

夜になると かゆくなる

元々乾燥肌で、アレルギー体質なのですが、どうも温かくなるととても痒くなります。 今まで乾燥肌だからだと思っていました。 ネットでですがいろいろ調べた所、乾燥が原因という話もあるのですが、色々考えられるようでいまいちわかりませんでした。 かゆい部位は手足はもちろんおなか、下着周り、頭皮や性器(性病などはありません)にいたるまで幅広く痒い為、乾燥は助長はしているのでしょうが性器も乾燥が原因っていうのはちょっと違うのではないかと思うようになりました。 乾燥の気にならない今の時期でも、肌寒くなってきたなと布団をかけて寝たら前日は何もなかったのにあったまった途端に痒くなり…冬の寝ている時が一番ひどく、布団を剥げば楽になりますがそれでは寝られません(^^;)風邪引いちゃいます。 冬の酷い時は起きている時でも適度に掻いている時が多く(性器はかゆみほぼ無し)、寝ていると毎日どこかしらから出血しています。 皮膚科にもいったことがありますし、ひどいと内服薬も飲んだりしますが強力なのでも、寝ている時は抑えられず掻いているようです。 今は飲んでいません。 これから子供も産みたいので、あまり薬に頼る訳にもいかず、一時しのぎをしても一生付き合っていく体ですから根本的な解決にはつながらないと考えています。 もうすぐまた冬がやってきます。 わたしの症状に心当たりのある方、こうして治ったよ、という実体験などなんでもいいのでどうかどうかよろしくお願いしますm(__)m Q 運動等、おそらく体温が上がることをすると体が痒く?なるんです。 痒いと言うかチクチクするような感じと言うか・・・・表現が難しいんですが、とにかく痒くなるんです。 親に聞いてみたところ 運動等をすると痒くなるのは他の人にもあるそうなんですが、異常に痒いんです 掻いてないと辛い位酷いんです。 痒くなる場所は全身で主に頭部が痒くなります。 何をすると痒くなるかは「運動」「お風呂に入る」「熱いものを食べる」「緊張する」です、他にもあるかもしれませんが主にこんな感じです。 痒くなった場所を見ても赤くなっていたりブツブツができていたりボロボロになっていたり等はありません。 生活リズムや食生活等を良くして、毎日痒いのを耐えながら運動をしていれば治りますかね・・・・ Q 普段は何とも無くつるつるした肌で、問題無いのですが、入浴や運動してると血行が良くなり体が温まってくると毛穴のところが、ぷつぷつと浮き上がってきます。 そのぶつぶつは小さな水ぶくれみたいな感じです。 それが、浮き上がってくる途中が物凄く痒くてたまりません。 そして、完全に浮き上がってしまうと、どんなに体が温まっても痒くなくなるのです。 不思議です。。。 そのかわり体は「ザラザラ」です。 気持悪いくらい... 出ない部分もあリ、地図みたいです。 出るところは決まってます。 本当に「浮き出てくる」んです。 これは一体なんでしょう!? このような体質になったのは出産後からで、5年ほどのお付き合いになります。 5年付き合ってきて自分なりの分析は、「毛穴が水ぶくれ」「温まると痒くなる」と言う事は汗が体外に出る事が出来なくなってきているのでは!? と考えておりますが、同じ体験されてる方、このような病気!? ?の治療方法ご存知の方教えて下さい。 A ベストアンサー 私も、同じ症状で5年ほどのお付き合いです。 私の場合は、腕や足に出ます。 発症した当時は、大病を患っていました。 気になってので、主治医に症状の説明をしたら「温熱蕁麻疹ですね。 気にしなくていいです。 ストレスが溜まると出やすくなるので、ストレスを溜めないようにしていけば、自然と出なくなりますよ。 」と言われました。 ストレスを溜めないのが、難しいのですが…。 なので、今は、症状が頻発してきたら「ストレスが溜まってる」と思い、ストレス発散をするようにしていますよ。 あと、資生堂メディカルから出ている入浴剤は、アトピーの友達が「効果があった」と言っていたので参考までに。 shiseido. htm Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり... A ベストアンサー 私も、この季節よくかゆくなるんです。 皆さん言われているように、乾燥と、血行が悪いのと、原因は両方あるような気がします。 乾燥対策としては、去年の冬から 「ウレパールプラスローション」というのを使っています。 (URL、うしろにつけました) 肌に合う合わない、あると思いますが私には効果的でした。 (ちょっとアンモニアっぽいにおいは一瞬ありますが、ローションなので浸透がいいです。 ) 血行対策としては、シャワーで足に冷水とお湯を交互にあてるとか、お風呂の中でマッサージするとか・・です。 一時期週1回くらい街中のフットマッサージ店とか行ってましたが、やはり自分で毎日やらないと、効果はうすいみたいです。 乾燥も血行も、年とともに進行してきました。。 otsuka-adview. html Q 先月からなのですが、ふくらはぎ、太ももの内側から股の部分まで、ぶつぶつが でき、かゆくて困っております。 風呂に入ったとき、布団に入ったときなど、温めるととてもかゆくなります。 かゆくて眠れない時もあります。 かなりゆっくり増えています。 腹部、腕、手の甲 にもできています。 思い当たる事といえば、山に行ったことぐらいです。 山から帰って2時間ほどで ぶつぶつができ始めましたから。 症状が現る前に食べたものは、高菜チャーハン だけです。 私は、6歳ぐらいの時、疲労している時に豚肉を食べて一度だけ蕁麻疹ができた ぐらいです。 今まで何度も山に入っていますが、今回のように、ぶつぶつが できたことは一度もありません。 ハゼノキに触れたぐらいではどうにもなりませんし。 一度病院で診察を受けましたが、山に行ったのであれば、ダニなどによるものかも しれない、とだけ言われました。 抗アレルギー剤とベタメタゾン吉草酸エステルとか いうものが入った塗り薬を貰いましたが、治りませんでした。 でも確かにかゆみは 少しだけおさまりました。 数日後、また診察を受けに行きますが、田舎の病院です ので、すごく心配・・・・・ 一体なんなのでしょうか。 先月からなのですが、ふくらはぎ、太ももの内側から股の部分まで、ぶつぶつが でき、かゆくて困っております。 風呂に入ったとき、布団に入ったときなど、温めるととてもかゆくなります。 かゆくて眠れない時もあります。 かなりゆっくり増えています。 腹部、腕、手の甲 にもできています。 思い当たる事といえば、山に行ったことぐらいです。 山から帰って2時間ほどで ぶつぶつができ始めましたから。 症状が現る前に食べたものは、高菜チャーハン だけです。 私は、6歳ぐらいの時、疲労している時... Q 体がかゆくなり、かくとミミズ腫れになり蕁麻疹のようになります。 特に太もも裏や背中、肩など、体の背中側に集中します。 メンソレータムの、尿素20%クリームを塗りはじめたらピタリとなくなったので、冬場は大丈夫でした。 が、最近またかゆくなってきました。 やはり乾燥が原因なのかなと思いますが、母に『アレルギーじゃないか』と言われ、気になりはじめました。 昨日、また太もも裏がかゆくなりかいたところ、蚊に刺されたときのような丸いぶつぶつが沢山できて 気持ち悪いです 最終的には全部がくっつき蕁麻疹みたいに腫れてしまいました。 クリームを塗っていたのに… かくのは爪をたてず、なるべく優しく…のつもりです。 あと、寒いとき、ウォーキングなど体を動かすと全身が痒くなります。 皮膚が冷たく、体の芯から温まるので、それで痒くなるのは分かるんですが、永遠続くので冬場のダイエット運動がなかなかできません 笑 誰に聞いてもおかしいと言われます。 ただの蕁麻疹や乾燥以外で考えられることは何かありませんか? A ベストアンサー 一般的に蕁麻疹のできやすい方にはある程度共通した特徴があります。 運動はそれほど好まず、あまり筋肉質ではなくどちらかというと色白でぽっちゃりタイプ、過食傾向、甘いもの好き、あきらかに肥満あるいは肥満傾向があるようです。 また普段から余り活動的ではなく運動不足なので筋肉も少なく低体温気味です。 全般的にあまりメリハリがなくリラックス過多な過保護的生活になっています。 蕁麻疹はリンパ球の反応ですが、以上のような体質の人はリンパ球が正常値を超えて増えています。 ですから、自分の生活を見直してリンパ球を減らす生活に変えることが蕁麻疹体質を改善することに繋がります。 メリハリのある生活に心掛け、まずは甘いものを減らし、小食にすることです。 リンパ球の反応は体を動かすと温まって強まりますので痒みが出ますが運動不足も原因ですので必要なことです。 痒みと相談しながら上手に続けてください。 お風呂を利用して体温を上げることも大事です。 もし思い当たることがあれば参考にしてください。 Q 子供の頃、毎年冬場になると、体を動かしたり興奮したりして体が熱くなると 背中や太もも、腕、でん部等の皮膚に、チクチクとした痛みと痒みが混じったような症状が出ていました。 皮膚表面には特に異変はありませんでした。 (我慢できずに自分で掻いてしまい赤くなることはありました) 体が冷えてきたり興奮が落ち着いてくると症状は消えるので… 毎年不快ではあったものの、病院にかかることはなく我慢していました。 大人になってからはなくなっていたのですが… 数日前より、久々にそういった症状が出始めています。 やはり病院にかかったほうがいいのでしょうか? 同じような症状を経験した方や 皮膚に詳しい識者の皆さんのご意見をお聞かせください よろしくお願いします。 A ベストアンサー 掻くと蚯蚓腫れになるのはじんましんの典型的な症状ですね。 内科でも皮膚科でもいいと思いますが できればアレルギー科やアレルギーを標榜しているところがいいと思います。 アレルゲンを特定する、アレルギーを抑える薬をもらうなどで対処した方がいいです。 アレルゲンは検査で特定した方がいいと思います。 費用はちょっとかさむでしょうけど… 食べ物とかとの関連で心当たりはないですか? あるならしばらく避けたほうがいい。 シーツや寝具は清潔でしょうか? 高温多湿でダニのシーズンです。 皮膚を冷やしすぎない温めすぎない汗を抑えるのは大事です ただ、どちらにしても原因が食べ物とかにある場合は 食べ続けていればますますよくないと思いますし きちんと調べたほうがいいと思います。 内科でも皮膚科でもいいと思いますが できればアレルギー科やアレルギーを標榜しているところがいいと思います。 アレルゲンを特定する、アレルギーを抑える薬をもらうなどで対処した方がいいです。 アレルゲンは検査で特定した方がいいと思います。 費用はちょっとかさむでしょうけど… 食べ物とかとの関連で心当たりはないですか? あるならしばらく避けたほうがいい。 シーツや寝具は清潔でしょうか? 高温多湿でダニのシーズンです。 暑さ、寒さ...

次の