筋トレ プロテイン 効果。 筋トレの前もプロテインは必ず飲もう!プロテインが必要な理由

プロテインの本当の効果!筋トレ・ダイエットに効果的な使い方

筋トレ プロテイン 効果

筋トレとプロテインはセットで考えられることが多く、体を鍛えている人の多くはプロテインを摂取しています。 トレーニングで体を作り上げるにあたって、プロテインはどのような役割を果たしているのでしょうか。 筋トレとプロテインの関係性をぜひ知っておきましょう。 また、プロテインを摂取せずに筋トレをすると効果はどうなるのか、プロテインで太ることはないかなども解説します。 【筋トレとプロテインの関係性】 プロテインは筋トレの良き相棒 プロテインとはタンパク質で、人間が必要とする栄養素の 1つです。 そして、筋トレとプロテインがここまで密接に関係しているのは、 カラダをつくるために摂取すべき栄養素であるタンパク質の 代名詞になっているからです。 そもそも人間の体は 、炭水化物やタンパク質、ミネラル、ビタミン群など必要な栄養素をバランス良く摂取することで成り立っています。 ところが、タンパク質の摂取量は年々減少していることがわかっています。 年々減少している背景にはさまざまな理由や原因が考えられますが、筋トレで体を鍛えている人の場合は特にしっかりとタンパク質を摂取する必要があります。 そこで、筋トレの良き相棒としてプロテインの名が挙がるのです。 筋トレ後にプロテインを摂取するのが良い理由 プロテインを摂取する際は筋トレ後 45分以内がおすすめです。 その理由は、トレーニングによってさまざまな 筋肉細胞が傷ついている状態をプロテインのタンパク質によって 修復できるからです。 また、しっかりとトレーニングをした後の体は、エネルギーや栄養素などを大量に消費しある種の飢餓状態になっています。 飢餓状態の体は、栄養素を吸収しやすい状態です。 なおさら、トレーニング後のプロテイン摂取が良いということがわかりますね。 ちなみに 筋トレ後 45分以内という時間は、たんぱく同化と呼ばれる現象がピークを迎えている時間帯です。 たんぱく同化とは、体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する作用のことです。 つまり、 運動後 45分以内にタンパク質摂取すればよりカラダをつくる手助けをしてくれるということです。 プロテインなしだと筋トレ効果はなくなってしまう? いいえ、プロテインなしでも筋トレ効果がなくなるというわけではありません。 冒頭でご説明したとおりプロテインはタンパク質です。 タンパク質は人間の体を形成する上で欠かせない栄養素であり、肉や魚などの食事から摂取することももちろん可能です。 食事からタンパク質を摂取ししっかり体に届いている状態であれば、プロテインなしでも筋トレ効果がなくなることはありません。 良い筋肉を形成することが可能です。 筋トレにプロテインが必須ということではなく、筋トレをするならタンパク質が重要だということを知っておきましょう。 運動後 45分以内にタンパク質を積極的に摂取する方法として、タンパク質を豊富に含んだ食事か、あるいは手軽にプロテインかという 2つの選択肢があるということですね。 45分以内でタンパク質を豊富に含んだ食事をするのも困難な場合もあるので、手早く摂取できるプロテインが好まれているという訳です。 糖質とタンパク質の黄金比3:1で出来ているため、補給にはオススメです。 また、EMRも配合しているので効率良く筋肉量が増やせます。 プロテインを飲むと太るのでは? プロテインのカロリーは高くはないため、太る直接的な原因になることはありません。 ただし、ただむやみにプロテインを飲んでいるだけの場合太ってしまうこともあります。 なぜなら、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れ摂取カロリーが大きくなると太ってしまうからです。 つまり、筋トレをほんの少ししかしていないにも関わらず大量のプロテインを飲むといったケースでは太ってしまう可能性があります。 体が太るか痩せるかはほとんどがカロリーバランスに左右されます。 筋トレでどのぐらいカロリーを消費しているか、プロテインでどのぐらいカロリーを摂取しているかを意識していれば太ることはありません。 筋トレをしない日にもプロテインを飲もう 筋トレをするのは週に 2. 3回という人も多いはずですが、ぜひ筋トレをしない日にもプロテインを飲んでタンパク質を摂取するのがおすすめです。 というのも、 しっかりと筋肉を使ってトレーニングをすれば、筋肉が回復するまで 2. 3日必要だからです。 タンパク質はカラダのリカバリーになる栄養素だからこそ、筋トレをしていない日も意識して摂取する必要があるのです。 もちろん、食事でバランス良く必要な十分量のタンパク質を摂取できていれば問題ありませんが、プロテインであれば気軽に摂取できますね。 【まとめ】 筋トレとプロテインの関係性として、プロテインはタンパク質であること、筋トレ後にプロテインを摂取するのが良いことなどをご説明しました。 せっかく努力をして筋トレをするのであれば、より美しく強い筋肉を作り上げたいですよね。 筋肉を作り上げるパートナーとして、気軽に摂取できるプロテインを味方につけてみてはいかがでしょうか。

次の

【プロテインはいつ飲むと効果的?】筋トレ後より最適なタイミングが・・・

筋トレ プロテイン 効果

選び方のポイント 市販されているプロテインのほとんどは、食事から摂取するのに比べて効率よくタンパク質を摂取することができるように調整されています。 そのため、基本的にはどのプロテインを選んでもよいのですが、「たくさんあってどれを選んでいいのか分からない…」という人は、次のような点から選んでみてはいかがでしょうか? 毎日飲み続けられるか 長く飲み続ける上で重要になるのは、味と価格です。 気に入った味のものや飽きない味のものを選び、1日あたりの値段と相談して、無理なく続けられるものを選びましょう。 目的にあわせて プロテインは、ダイエット、筋トレ、体力づくり、美容など様々な用途に合わせて活用することができます。 目的に合わせたプロテインの種類を選ぶことで、さらに効果を期待することができるでしょう。 タンパク質に加え、食事で不足しがちな栄養素が配合されている商品もあるので、トレーニングやダイエットで食事制限をしている方にもおすすめです。 プロテインの種類 プロテインには、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテイン、植物性のソイプロテインなどの種類があります。 それぞれに特徴があるので用途によって選ぶ楽しみがあります。 詳しくはこちら 他の配合栄養素 タンパク質のほかにも、さまざまなビタミンやミネラルが配合されていますので、抗酸化ビタミンの代表であるビタミンCや代謝を助けるビタミンB群、日本人が不足しがちなカルシウム、女性が不足しがちな鉄分などの含有量に着目するのもよいですね。 詳しくはこちら 女性に嬉しいプロテインの効果とは プロテインは、英語でタンパク質という意味です。 筋肉や内臓をはじめ、ホルモンや酵素などのもとになる重要な成分です。 市販されているプロテインは、乳製品や大豆などタンパク質を多く含んだ原材料から余分な糖質や脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを添加した加工食品です。 上手に活用することができれば、健康や美容のための栄養管理をずいぶん楽にすることができます。 美容効果 私たちの体は筋肉や内臓だけでなく、肌や髪、爪に至るまでほとんどの部分がタンパク質でできています。 ダイエットのために無理な食事制限をすると、タンパク質が不足してしまう危険があります。 タンパク質が不足すると筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してしまい、ダイエットにも逆効果となります。 タンパク質には、肌や髪、爪の状態を良くしたり、免疫力を高める働きもあるため、健康で若々しくいるためには必要量をしっかり摂らなければなりません。 プロテインを上手に活用して、健康的に若さや美しさを保つようにしましょう。 ダイエット効果 ご飯やパンなどに多く含まれる糖質と比較して、タンパク質は消化吸収がゆっくり進むので、腹持ちがよく少量でも満足感を得ることができます。 さらに、食事を摂取したときに消費されるエネルギーはタンパク質を摂取した場合のほうが糖質や脂質より高くなるため、効率よくエネルギーを消費することができます。 筋肉を成長させるには、筋トレや運動前後に栄養を補給することも重要です。 特に、筋肉の分解を抑え、疲労を和らげてくれる効果のあるBCAAを多く含むホエイプロテインを筋トレ前に摂取するのがおすすめです。 効果的に摂取するためには プロテインの効果を最大限に引き出すためには摂取するタイミングも重要です。 タイミングによって筋肉を増強、回復したり、腹もちをよくして食事量を減らすなどプロテインには様々な効果があります。 目的に合った最適なタイミングで摂取してみましょう。 筋力・筋量アップ:運動後30分以内• ウエイトアップ:食後・補食• ダイエット・食事バランス改善:食事前後・就寝前 より詳しく知りたい方はこちらから。 気を付けるべきポイント 上手く利用すれば健康や美容のためになるプロテインですが、摂り過ぎれば内臓に負担をかけてしまい、吸収されなかった過剰なタンパク質が小腸で悪玉菌のエサとなり腸内環境を悪化させる危険性もあります。 特に、腎臓に疾患がある場合は医師の指示に従い、タンパク質を制限しなければならない場合もありますので注意が必要です。 詳しくはこちら 美しい体を目指してプロテインを摂り入れましょう タンパク質は私たちの体にとって重要な栄養素であり、バランスよく摂取することが求められています。 しかし、忙しい現代社会のなかでは、通常の食事からだけでは適切に摂取することが困難です。 健康のため、美容のため、ダイエットのため、プロテインを日々の食生活に取り入れることで、手軽に健康的で美しい体を目指しましょう。 おすすめ商品.

次の

筋トレにプロテインは必要か?プロテインがもたらす筋肉への効果とは

筋トレ プロテイン 効果

もくじ• 筋トレ後にプロテインを飲まないのは間違い? 安心してください。 プロテインを飲まなくても筋トレ効果はあります。 普通にトレーニングをしているだけでマッチョになっている人は大勢います。 例えば、外仕事をしている男性の腕や体はどうでしょうか? ゴツいですよね?私たちの言葉でたとえるならばゴリマッチョです。 しかし外仕事をしている人は、毎日プロテインなど飲んでいないはずです。 それでも仕事中に力を使うので、結果的にトレーニングしている状態になっています。 つまりプロテインがなくても筋肉さえ刺激していれば筋肥大はするということです。 反対に筋トレしているつもりでも、筋肉に刺激が伝わっていないと 効果は出ません、まだ外仕事で自然と力を使っていたほうがトレーニング効果は高いでしょう。 プロテインを飲む理由は、筋トレの効率を最大限にあげるためです。 トレーニングで疲弊している筋肉に栄養をしっかりと与えることで筋肉の成長を促進します。 タンパク質は筋肉にとって重要な栄養素です。 プロテインではタンパク質を効率的にとり、カロリーを抑えることができるので 食事から摂取するよりも、ムダなものが少ない状態です。 食事で理想的な量をとろうとすれば、かなり多く食べなくてはいけないので 減量中だったり、体を絞っているときには太ってしまう原因になります。 達成感や満足感を味わうことは悪いことではありません。 しかし、影響が強いのでさぼりがちになってしまうこともあります。 達成感の余韻はながくつづきます(笑) 今日がんばったから、明日は筋トレしなくてもいいや・・・ ____と思ってしまうことが必ずあるはずです。 私も経験済みです(笑)心が浮かれてしまい何も手がつかなくなるのです。 それではにはほど遠いです。 積み重ねることで得られる成果は多いですが、続けないと結果を出すまでにもの凄い時間がかかります。 面倒だからといって、サボることは結果的に遠回りになっているだけです。 そこには膨大な時間そして労力がかかってしまうということを忘れないでください。 プロテインを飲んでいるときは、「頑張ったな〜」と満足するのではなく 「明日もがんばるぞ」と心を明日の筋トレにむけることが大切です! 継続って本当に辛く難しいです、でも続けなくちゃダメだということを覚えておきましょう^^ 私も自戒の念を込めてこうして文章をかいています。 プロテインはなくても筋肉はつくということがわかったと思いますので、今日から諦めずにがんばってくださいね! 日々のトレーニング効率を上げたいと思うならばプロテインを購入して明日からはじめてみましょう^^.

次の