脚 やせ 中学生。 脚痩せダイエットを短期間で成功させる効果的な方法で美脚に!

短期間で速攻脚やせ!1日や3日で太もも・ふくらはぎを細くする方法を紹介します!

脚 やせ 中学生

なぜ足が太くなるのか?その原因は? お腹に脂肪がつきやすい欧米人に対し、日本人は下半身に脂肪がつきやすい、いわゆる〝洋ナシ型〟の方が多いと言われています。 これには、日本独自の文化が関係していると言われています。 と言うのも、椅子やソファーに座るのが当たり前な欧米人と比べ、日本人は昔から床に座るのが主流となっていますよね。 最近は正座をする機会も減っていますが、それでも床に直座りをする生活様式は変わっていないため、どうしても骨盤が歪んで下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。 また、下半身を圧迫しやすい体勢のため、血液やリンパ液の流れが悪くなりむくみが生じることや、むくみを放置することでセルライトが増えることも足が太くなってしまう原因と考えられます。 効果のある脚痩せの方法は?脚痩せにはセルライトも関係するの? ダイエットというと、食事制限や運動を思い浮かべる方も多いようですが、脚痩せを実現するにはこれよりももっと効果のある方法があります。 それは マッサージです。 脚は、心臓からもっとも遠く離れている場所のため、むくみが生じやすく、実際に脚が太く見えてしまう原因にもむくみが大いに関係しています。 特別なダイエットをすることなく、毎日脚をマッサージしてむくみをとるだけでも、以前と比べて3割ほど細く見えるようになるとも言われていることから、マッサージによって血行やリンパ液の流れをよくすることはとても大切と言えます。 運動で脚痩せダイエット マッサージをして脚のむくみを解消しつつ、より綺麗な脚を目指すためにはやはり運動が欠かせません。 ここでは、運動による脚痩せダイエットの方法をご紹介します。 スクワット スクワットによって太ももやふくらはぎが鍛えられると、筋肉がついて返って太く見えてしまうのでは?と思うかも知れませんが、ムキムキの筋肉を作るにはかなりハードな筋トレと、それに伴う食事管理(たんぱく質を多く摂るなど)が必要となるため、通常ダイエットのために行う分では筋肉の肥大化を心配する必要はありません。 それよりも、 下半身に適度な筋肉がつくことで、脚が引き締まるだけではなく全身が痩せやすくなる効果があります。 ウォーキング 重力によって脚には血液などが溜まりがちになりますが、 ウォーキングをすることで足裏やふくらはぎが刺激を受けると、そこがポンプ代わりとなって溜まった血液などを送り出し、むくみを解消することができます。 筋トレ スクワット同様、筋肉をつけることで体を引き締める効果が期待できるだけではなく、 筋肉量が増えることで基礎代謝が高まり、痩せやすい体を作ることができます。 ストレッチ 筋トレが難しいという方は、ストレッチでも構いません。 筋トレのように筋肉がつくわけではありませんが、関節や筋肉を解すことで血行が促進され、むくみを解消してくれます。 エクササイズで脚痩せダイエットのやり方 次に、エクササイズによる脚痩せダイエットのやり方をご紹介します。 太もも 1. 床に横向きになって寝そべり、下になった腕に頭を乗せ、上の腕は胸の前に置きます。 脚はまっすぐ床に下ろした状態にし、そこから上になった脚だけをつま先から天井に向かって垂直に上げていきます。 垂直に上がったら、かかとを突き出しながら床までゆっくりと下ろしていきます。 2~3を10回繰り返したら、同様に反対側の脚も行いましょう。 内もも 1. 床に横向きになって寝そべり、下になった方の手の肘を床につき、上になった方の足は膝を曲げ、床につけて体勢を安定させます。 そこから、下になった方の足を床から離し、太ももの内側全体で空気を上に押し上げるようなイメージで、持ち上げます。 1~2の動きを10回繰り返したら、反対側の足も同様に行いましょう。 つま先がまっすぐ前を向いていると、太ももの前側に効いてしまうため、つま先を外側に向けて内もも(内転筋)を鍛えるように意識しましょう。 この時も太ももの内側を鍛えるイメージを持って、足を中央に寄せるようにしましょう。 息を吸う時に足を開き、閉じる時に吐きます。 こちらも20回行いましょう。 この動作も20回行います。 そのままの状態で楽にした後、体を左右に振ります。 かかと同士をお尻の下でつけ、呼吸をして終了です。 脚痩せリンパマッサージのやり方 1. 床に座り、両足を伸ばした状態から、足の指に手の指をかけ、背中をまっすぐに伸ばしながら呼吸を行います。 次に、両手をお尻の後ろにつき、足首をゆっくりと回します。 反対周りも行ったら、足の指に力を入れたり、伸ばしたりをして足裏に溜まったリンパ液を流します。 さらに、膝裏を床にあてるようにして刺激し、股関節を動かすように両足を揺らしたら、足の指に手の指を入れ、ぐるぐると回しましょう。 内くるぶしから膝の横に向かってある骨の際を押すイメージで、親指で押していきます。 膝から股関節に向かっても、両方の親指で押しましょう。 これを5回ほど繰り返します。 片足を立てた状態にし、その足の指の間の甲を押して刺激します。 次に、足のすねの外側を足首から太ももに掛けて押していきましょう。 最後に、お尻の上の部分を押して終了です。 脚痩せダイエットにおすすめグッズ3選! すらっとした足は女性なら誰でも憧れるもの。 でも、一生懸命マッサージをしたり、筋トレをしても、なかなか足って細くならないですよね・・。 その理由はむくみを解消していないから。 いくら運動をしてもむくみが解消されないと、足には老廃物が溜まったままなのです。 そこでここでは、足のむくみを解消できるお勧めのグッズをご紹介したいと思います。 スリムウォーク 履くだけで足首からふくらはぎに圧力が掛かり、足に溜まったリンパ液を流してくれます。 足は心臓から遠い場所のため、リンパ液が滞りやすいところ。 そこで適度の圧力をかけることでポンプのような役割を果たしてくれて、溜まったリンパ液を流す働きが期待できると言われています。 参考URL: 足つぼマッサージ 上に乗って足踏みをするだけで、足裏のツボを刺激して血行を促進してくれます。 画像のようにツボを押すための凸凹があるものの他、つるっとした青竹踏みも効果があると言われています。 どちらも100円ショップでも販売しているため、「とにかくどれくらいの効果があるのか、お金をあまりかけずに試してみたい」という方は、100円ショップで探してみるのもよいでしょう。 参考URL: ダイエットスリッパ かかとの部分がないスリッパのため、履くと自然とつま先立ちの形になります。 そうすることで、足首からふくらはぎ、太もも、お尻の筋肉に負荷が掛かり、筋トレを行うことができます。 筋トレによって足の筋力がアップすると、血液やリンパ液を心臓へと押し返す力が強くなるので、むくみが解消されます。 また、後方に体重を掛けることで、普段はあまり意識しないふくらはぎや太ももの裏側のストレッチになり、コリを解して血行が促進されます。 参考URL: 脚痩せダイエットにレギンスやスパッツは効果的か? 脚痩せのためにレギンスやスパッツを履いている人がいますが、「あれって効果があるのかな?」と思っている方もいるのではないでしょうか。 レギンスやスパッツは、一般的にファッションの一環として取り入れている方も多いですが、残念ながらそのようなレギンスやスパッツにはダイエット効果は期待できません。 脚痩せダイエットに効果があるレギンスやスパッツは、着圧タイツや着圧ソックスのように、足に適度な圧力を掛けることができるタイプになります。 ではなぜ、足に圧力を掛けるとダイエットに役立つのでしょうか。 私達の体内を巡るリンパ液や血液は、最初に送り出す心臓から遠く離れるごとに、流れる勢いを失ってしまいます。 特に足は心臓から最も遠いため、心臓から送り出す力だけでは全身を巡って、再び心臓に戻ることは容易ではありません。 そのため、通常はふくらはぎにある筋肉がポンプ代わりとなって足の血液やリンパ液を送るのですが、女性の場合元々筋力が少ないこともあって、この働きが失われがち。 それを補ってくれるのが、着圧レギンスやスパッツです。 下から上へと押し出すように段階的に圧力を与えることで、滞った血液やリンパ液を心臓へと戻し、むくみが解消されます。 このようなことから、脚痩せにレギンスやスパッツは効果的であると言えるでしょう。 ただし、レギンスやスパッツそのものに足を引き締めるまでの効果はないため、運動を併用して筋肉を付けることが大切になります。 脚痩せダイエットの口コミは? 「様々な脚痩せ方法がある中、私はエクササイズに絞ってダイエットに励んだところ、理想とする立体的な脚線美を手に入れることができました。 また、毎日欠かさずマッサージをしたことも、むくみがとれハリのある足を手に入れられた理由だと思います。 」 「デスクワーク中心で、足がむくみっぱなしだったのですが、毎日ストレッチをするようになったら、むくみがスッキリして太ももにも隙間ができました。 」 脚痩せダイエットを短期間で成功させる効果的な方法で美脚に!のまとめ 脚痩せダイエットは、数日でみるみると効果が現れるものではありませんが、3ヶ月、半年と地道に続けていくことで必ず変化を感じるようになります。 どれも簡単な方法ばかりですので、気軽な気持ちで是非日課として取り組んでみてはいかがでしょうか。

次の

脚痩せダイエットを短期間で成功させる効果的な方法で美脚に!

脚 やせ 中学生

1か月で何センチ脚やせできるか知りたい 何センチ脚やせできるかは、原因によって異なる もともとの脚の太さにもよりますが、人によっては効果的にダイエットをすることで1ヶ月に10センチ以上の脚痩せを実現することも可能です。 むやみに色々な方法を試すより、脚が太くなっている原因別に効果的な痩せ方をすることが大切です。 むくみが原因の脚やせ法 むくみが原因でふくらはぎが太くなっているような場合は水分を上手にコントロールしてむくんだ脚を元通りにするだけで一気に太さを減らしてスリムな体型になることが可能です。 体脂肪が原因の脚やせ法 脚が太くなっている原因が体脂肪の場合は急激に痩せるのは難しくて、少しずつ摂取カロリーを減らして脂肪を落としていくことが必要ですが、マッサージや引き締めトレーニングを頑張って続ければ1ヶ月でも5センチ以上細くすることができます。 少なくても3センチは可能 もともとの太さがかなりある人なら少し引き締めたりむくみを解消するだけで明らかに違いを実感できるくらい細くなり、あまり太っていない人でも効果的な引き締めマッサージとむくみ解消でもっと細くすることができます。 多い人なら10センチ以上、少ない人でも3センチ程度はダイエットを続けることで減らして細くなることが可能です。 また、筋肉がついて今までたるんでいた太ももやふくらはぎが引き締まって来ると、実際の太さはそれほど変わっていなくても見た目がスリムになるのでそれだけで脚痩せ効果があります。 まずは自分の脚が太い原因が脂肪なのかむくみなのか見極めるの、とっても大事だよ。 1週間で5センチ脚やせする方法 太ももとふくらはぎを重点的に 旅行の前や露出度の高い服を着て出かける前などに、集中的に脚痩せをしたいときは1週間でも5センチ以上減らすことが可能です。 特に気になる 太ももの付け根やふくらはぎは水分がたまってむくみやすい部分なので、ここを集中してマッサージしたりリンパの流れをよくするツボを押したりすることで血行をよくして冷えるのを防ぎ、余計な水分がたまらないようにします。 早く効果が得られるマッサージとエクササイズ 寝るときも着圧ソックスをはいたりしてむくみをできるだけ取るようにして、つま先から太もものほうに向かって毎日マッサージを行うだけで少しずつ脚が細くなってくるのを実感できます。 短期間で筋肉をつけて引き締めるためにはつま先立ちをしたり階段の上り下りなどのエクササイズを取り入れると効果があり、 特にふくらはぎがしっかりと引き締まってくれば脚全体が細く見えるので体重がほとんど減らなくても脚が痩せたような効果が得られます。 お風呂で半身浴をしたりをするのも有効で、余計な水分を排出してむくみにくい体になったり芯から温まることで冷え性を防いで水分が下に下がって脚が太くなってしまうのを防ぐことができます。 キュウリなど水分排出に効果のある低カロリーな食材を食べるのもおすすめです。 デートまであと3日!間に合う脚やせ法はある? 3日後に大切なデートがあるのでおしゃれをして出かけるために何としても脚を細くしたい、そんな緊急事態にも脚やせをすることが可能です。 脚を引き締めてむくみを取る方法 3日間で急激に体脂肪を落とすのは難しくても、脚を引き締めてむくみを取る方法なら素早くスリムな体型になることは可能です。 サウナや足湯などを利用してしっかり汗を出して水分を排出したり、温熱効果のある脚やせ用のジェルや入浴剤などを使って集中的にマッサージをしたり、お風呂上がりにストレッチやヨガなどのエクササイズを行います。 凝り固まった筋肉や脂肪をしっかりほぐして血液やリンパの流れをよくすることで、短期間でもむくみを取って脚を引き締めることができます。 寝るときは脚を冷やしたり水分が下がらないように着圧ソックスをはいたりクッションを使って脚を高めにして寝ると翌朝には脚全体がスッキリしているのを実感できます。 お風呂上がりのビールは厳禁 寝る間にアルコールを摂取するとむくみやすくなってしまうので、お風呂上がりのビールなどは控えるようにしましょう。 縄跳びやジョギングをすると短期間でも適度に脚が引き締まってくるので効果的で、歩くだけでもいいので普段より少し多めに歩いたり階段を使ったりして引き締めを意識して行動してみましょう。 違うと思う・・・。 1日で脚やせを実感したい 即効なのはやっぱり脚痩せエステ 1日でも脚を細くして効果を実感したいときには、脚痩せエステを利用してみる方法があります。 脚全体を温めてローラーや特殊なツボ押し機器、マッサージ器などを使って施術をしたり、プロのエステシャンがしっかりもみほぐしてマッサージをしてくれるので終わったあとは本当に脚が細くなっているのを実感できます。 プロの脚やせ並みの効果を自宅で再現する方法 自宅でも足湯や半身浴をしてから温熱ジェルをつけてマッサージをするとむくみが取れてある程度脚がすっきりしてくる効果があるので、劇的に痩せることはできなくても触ったときに引き締まっている感じやたるみが解消されているのがわかります。 特に夕方以降はむくみが気になるので、1日で脚痩せをしたいときには着圧ソックスやストッキングを履いて過ごせば水分が下に下がってくるのを防いで夕方でも靴がきつくなったりふくらはぎが太くなってくるのを阻止できます。 いつもより少しきつめのスポーツをして汗をかいたり、サウナやホットヨガなどたくさん汗をかく行動をすれば体全体がすっきりするので、脚も自然に細くなっているのが分かります。 マッサージで引き締めると効果が長続きします。 速攻分かる脚やせ 1回で終わる脚痩せエステとサウナ 今すぐ脚を細くして速攻でできる脚痩せに挑戦したいときには1回で終わる脚痩せエステとサウナが効果的です。 どちらも体内の余計な水分を排出して引き締める効果があるので、むくみを大幅に解消することで一気に脚を細くすることができます。 エステだと脚痩せ専用の特殊なマットやヒーター、マッサージ器やローラーなどを使って集中的に行うので、 1時間程度の施術で見違えるように脚が細くなっているのが分かります。 サウナは体全体を温めて汗をかくので脚だけでなくウエストや二の腕なども一緒にむくみが取れて細くなります。 効果を長続きさせるには 速攻タイプの方法は、排出した水分を再び摂取すると元に戻ってしまいますが、厳しいカロリーコントロールをして体脂肪を減らさなくてもむくみ解消だけで脚痩せを実感できるので 緊急のときに重宝するダイエットです。 着圧ストッキングを履き続けるのも効果があり、脚全体をしっかり引き締めてくれるのでたるみが目立たなくなってスリムな印象を与えることができます。 細身のパンツや黒いハイソックスなどスリムに見える効果のあるファッションで視覚的に脚痩せをすることもできるので、着こなしを工夫するだけで体重が変わらなくても速効で脚痩せ効果を得られます。

次の

【脚やせグッズおすすめランキング11選】簡単に脚が細くなるのは?

脚 やせ 中学生

中学生・高校生に多い足太りの悩みとは? 「モデルや芸能人はあんなに足が細いのに、なぜわたしの足は太いの?」と思ったことはありませんか? それは、毎日の生活の積みかさねが原因になっているのかも。 中学生・高校生に多い足太りの悩みを見てみましょう。 部活動で筋肉ガチガチの足になってしまった 運動部で毎日スポーツをしている中学生・高校生は、部活で筋肉ガチガチの足になってしまう人が多いです。 部活動を一生懸命がんばっているだけなのに、それで足が太くなってしまうのは悲しいですよね。 でも大丈夫。 プロ選手を目指すわけじゃないなら、筋肉太りは今だけです。 「今すぐ足を細くしたい場合はどうしたらいいの?」と思う人は、運動後に足のケアをすること。 マッサージやストレッチで足の血行を良くすれば、筋肉のハリが少なくなりますよ。 太ももが太いことが本当にイヤで、どうしたものかと悩んでいました。 でも何をしても細くならず、大学になって徒歩通学にしたら、みるみるうちに細くなったのです。 大学生くらいになると、脂肪が落ちやすくなるせいもありますが、「自転車ではなく歩けば良かったんだ」と思いました。 だから坂道で自転車通学をしている人は、自転車を転がして歩いても間に合う時間に家を出ると良いですよ。 帰りが下り坂なら、楽ちんですよね。 お菓子ばかり食べてたら太ってしまった 中学生や高校生は、お菓子が大好きなお年頃。 新しいお菓子が出ると、すぐに買いに行って友達と食べたりしてしまいますよね。 それはとっても楽しい時間ですが、お菓子ばかり食べていると太ってしまいます。 体が太ると、もちろん足も太くなってそれがコンプレックスに。 制服のスカートを短くしたいけど、足が太くて恥ずかしいなら、ちょっとだけお菓子を我慢してみましょう。 ご飯をガッツリ食べる人より、お菓子を食べる人のほうがずっと太りやすいです。 ほとんど運動をしないからプニプニ足に 運動部の人は毎日運動をしているけど、それ以外の人は体育の時間くらいしか運動をしない人も多いのではないでしょうか? 中学生や高校生は育ちざかりなので、足はもちろん、体もプニプニになりやすいんです。 だから運動をしないと足の脂肪が増えて、太くなってしまいます。 でも中学生や高校生は、少し運動をしただけで痩せやすい時期でもあるので、歩く時間を増やすだけで足が細くなることが多いですよ。 太ももがくっついて隙間がない 短いスカートは若さの特権ですが、太ももがくっついて隙間がないと、それがコンプレックスになってしまう人もいますよね。 わたしはX脚なので、太ももに隙間をつくるのはあきらめましたが、太ももの隙間にはあこがれていました。 太ももの隙間をつくりたくてダイエットをしている人も多いと思いますが、中学生や高校生は注意が必要です。 間違ったダイエットをすると、将来体に大変なことがたくさん起きるので、正しいダイエットで脚やせしていきましょう。 横向きになり、下側の肘を床につきます。 上側の足を曲げて、体の前につきます。 下側の足をゆっくりと上げ下げします。 足を下げたときに、床につけないのがポイント。 左右20回くらいやってみましょう。 太ももの内側に効くので、太ももに隙間をつくりたい人にオススメ。 脚やせしたい中学生・高校生は、「内もも」と「太もも裏」に効くエクササイズをすると脂肪が落ちて、足が細くなりますよ。 足が細くなるのはもちろん、体も痩せることができますよ。 面倒くさがらずに、毎日ちょっとしたところで歩いてみましょう。 バスに乗らないで歩くとか、電車や自転車で行くところも、歩ける範囲なら歩いてみるなど、歩くクセをつけることが大事。 そうすれば簡単に痩せることができます。 同じスポーツをしていると、同じ筋肉ばかり使っているので、筋肉太りになってしまうのです。 たとえばバドミントンなら、太ももの前側の筋肉ばかり使います。 だから太ももの内側や裏側の筋肉を使うエクササイズをすると、足が細くなりますよ。 もちろん普段使っている筋肉をほぐしてあげることも大事。 マッサージで使った筋肉をケアすれば、脚やせできますよ。 マッサージで足を細くする 中学生・高校生の脚やせダイエットの方法は、マッサージで細くするのもオススメ。 足のマッサージは、おもに2種類あります。 1つは筋肉をほぐすマッサージ。 もう1つは、むくみを解消するリンパマッサージです。 ここでは、「ふくらはぎ」と「太ももの前側」の筋肉をほぐすマッサージをご紹介しますね。 筋肉のハリを取る足マッサージ• 足にオイルやクリームを塗って滑りを良くします。 手をグーにして、ふくらはぎを足首から膝まで滑らせます。 外側・真後ろ・内側をそれぞれ10回ずつ。 足を伸ばして座り、グーの手で太ももを膝から付け根まで滑らせます。 外側・前側・内側をそれぞれ10回ずつ。 筋肉が張っているところは、あまり強くマッサージすると筋肉が損傷してしまうので注意してください。 リンパの流れが良くなれば、足の脂肪を落としたり、セルライトを予防・改善することができます。 床に座り、足の裏全体を親指で押します。 手をグーにして、足指からかかとまでさすります。 ふくらはぎを足首から膝裏まで、手のひらで5回さすります。 太ももの内側を、膝から付け根まで親指で押します。 太ももの内側を、膝から付け根まで手のひらで3回さすります。 太ももの内側はデリケートなので、あまり強くマッサージすると内出血することがあります。 スカートを履いたときに、アザが見えるとイヤですよね。 やさしくマッサージするのがポイントですよ。 ストレッチで足のむくみ・脂肪を撃退! 中学生・高校生の脚やせダイエットは、歩くだけの運動でも細くなりますが、あまり歩きたくない人もいるかもしれませんね。 その場合は、ストレッチをすることで足のむくみ・脂肪を撃退できますよ。 仰向けになり、細長いタオルを足裏に引っかけます。 タオルの両端を持って、膝をしっかり伸ばします。 反対の足は伸ばしても、膝を曲げてもOK。 お尻が持ち上がらないように注意。 そのまま3~5分キープ。 反対も同じようにやります。 寝ながらできるので、簡単なストレッチですね。 足の裏側のストレッチをすると、血行がかなり良くなるので、脚やせしたい人にオススメですよ。 中学生・高校生の太い太もも・ふくらはぎを細くするコツ 中学生・高校生にオススメの脚やせ方法をご紹介しましたが、毎日の生活で太い太もも・ふくらはぎを細くするコツがあります。 スカートを可愛く履きたい人は、次のことに気をつけてみましょう。 なるべくお菓子やファストフードを食べない 休み時間や昼休み、部活の前などにお菓子を食べてしまうことはありませんか? 学校帰りにファストフード店で、友達とおしゃべりすることはありませんか? お菓子やファストフードは、足が太くなる原因になります。 簡単にいうと「体に良くない食べ物」なので、足がむくんだり、脂肪がついたりして足が太くなります。 お腹が空いたら栄養のある食事で満たすのが1番ですが、どうしても小腹が空いたら、次のおやつがオススメ。 甘い物が食べたくなったら、ドライフルーツなら糖分が多いのでオススメです。 甘くて意外と美味しいですが、たくさん食べ過ぎないように注意しましょう。 ナッツ類もダイエットにオススメですが、ピーナッツや油で揚げてあるナッツ類はできれば避けて。 「素焼きアーモンド」が1番オススメです。 カシューナッツやピスタチオも美味しいですよ。 1度に食べるのは、5粒くらいが適量です。 ジュースではなくお茶や水を飲む スポーツをしている人は、脱水症状になると困るので「スポーツドリンク」がオススメ。 とくに運動をしていない人なら、お茶や水を飲むようにしましょう。 水分をしっかり摂らないと血行が悪くなるので、脚やせ効果が半減します。 でも、ジュース類や缶コーヒーなどはNG。 糖分がかなり大量に入っているので、足が太くなる原因になる飲み物です。 基本的にはノンカロリーの飲み物を飲むようにしましょう。 好き嫌いをせずに栄養のある物を食べる 家で食べる食事は、あまり好きではない人もいるかもしれません。 でも手作りの食事は栄養があるので、3食しっかり食べるようにしましょう。 わたしは中学生のときに部活をしていたせいか、ご飯をいつもどんぶり一杯食べていましたが太りませんでした。 中学生は代謝が良いので、たくさん食べてもあまり太ることはありませんが、適量の食事をするのがオススメですよ。 逆に、ご飯を減らし過ぎるのは絶対にNG。 中学生や高校生のときに食事を減らすダイエットをすると、大人になってから体に異変が起こる場合があります。 最初にお味噌汁やスープを飲んで、ある程度お腹を満たしてから野菜やサラダを食べます。 野菜を食べると、お腹がいっぱいになります。 最後に、お肉や魚とご飯を食べましょう。 ご飯から先に食べると太りやすいので、最後に食べるのがポイントです。 授業中に姿勢を良くするだけで痩せる 中学生や高校生の脚やせダイエットなら、授業中にこっそりできる脚やせ方法もあります。 それは、姿勢を良くして座るだけ。 なぜ姿勢を良くすると痩せるのかと言うと、全身の血行が良くなるから。 全身の血行が良くなれば、足の血行も良くなります。 できれば膝をくっつけて座ると、適度な足のエクササイズになります。 太もも痩せにも効果的です。 ふくらはぎの筋肉が適度に鍛えられて、むくみや脂肪の解消になります。 20回くらい繰り返しましょう。 足首を動かすエクササイズなので、寸胴な足首が細くなる効果もあります。 お風呂でしっかり温まる 中学生や高校生が毎日の生活で脚やせする方法は、お風呂でしっかり温まることが大事。 お風呂で温まると、全身の血行が良くなって痩せやすくなります。 全身が痩せやすくなるということは、もちろん足も細くなります。 熱いお風呂ではなく、ぬるめのお風呂に10~15分くらい入るのがオススメ。 それ以上長く入っても効果がアップするわけではないので、15分くらいがベストです。 お風呂に入る前後には、水分補給をしっかりしましょう。 夜更かしせずに規則正しい生活をする 中学生や高校生は、意外と忙しい生活を送っている人も多いと思います。 夜遅くまで勉強をしたり、部活で帰りが遅くなったり。 でもゲームをしたり、友達と遊んでいて夜更かししてしまうなら、なるべく早めに寝ることが脚やせダイエットになります。 夜更かしすると、体が正しく機能しなくなるので、痩せにくくなってしまうのです。 何かやりたいことがあるなら、夜ではなく、朝はやく起きてやるようにしましょう。 勉強も朝やったほうが、頭に入りやすいですよ。 中学生・高校生にはあまりオススメしない脚やせ方法 中学生や高校生にオススメの脚やせダイエットをご紹介しましたが、逆に、オススメできない脚やせ方法もあるのでご紹介します。 食事制限でダイエットはNG 中学生や高校生にNGのダイエット方法は、食事制限です。 中学生や高校生は育ちざかりで、体が栄養をたくさん必要としています。 そんなときに食事を減らしてダイエットをすると、体に異変が起こることがあります。 生理痛がひどくなる• 不妊症になる• 代謝が悪くなる• 胸が小さくなる 女の子なら、将来は大好きな人と結婚して子どもを産みたいですよね。 でも、中学生や高校生のときに食事制限をすると、ホルモンバランスが崩れて子どもができにくくなることが多いです。 生理痛がひどくなったり、生理が来なくなることも。 また、せっかく代謝が良く痩せやすい時期なのに、食事を減らしすぎることで痩せにくくなってしまうこともあります。 はじめは痩せますが、そのうち体重が落ちなくなります。 結果的に脂肪が増えて、大人になったらもっと太ってしまうことも。 さらに、中学生や高校生が食事制限をすると、胸が成長しなくなり、小さくなってしまいます。 今はあまり気にしていないかもしれませんが、大人になってから後悔しないように今から気をつけておいたほうがいいですよ。 サプリもなるべく飲まない ダイエットに効くサプリや、置き換えダイエットなど、いろいろなサプリがありますよね。 でも中学生や高校生は、なるべくサプリを飲まないほうが良いでしょう。 サプリよりも、食事で栄養をとるのが1番。 そもそもサプリは、食事での栄養が足りていないと、あまり効果がありません。 どうしても食事でとれない栄養だけサプリを飲むのも良いですが、今はあまり必要ありません。 中学生や高校生は飲まないほうがいいサプリもあるので、なるべく食事で栄養をとりましょう。 着圧ソックスを使いすぎると足がむくみやすくなる 着圧ソックスは即効性があるので、嬉しいくらい足が細くなりますが、中学生や高校生は代謝がいいのであまり必要ありません。 着圧ソックスの効果は、むくみを解消することなので、中学生や高校生ならエクササイスをすれば大丈夫です。 着圧ソックスは、大人になってから運動不足や食生活などで足がむくみ、代謝が悪くなってしまった人に効果のあるアイテムです。 中学生や高校生なら、自力でむくみを解消していかないと、大人になってから足が太くなりやすい体質になってしまうので気をつけましょう。 中学生・高校生の脚やせ方法はとっても簡単! 中学生・高校生の脚やせ方法をご紹介しました。 スカートを可愛く履きたいなら、簡単なエクササイズや生活に気をつけるだけでOKです。 サプリやアイテムを使って細くするとそれに慣れてしまって、それがないと足を細くすることができなくなってしまいます。 自力で細くする方法で、制服のスカートも可愛く履きこなしましょう!.

次の