ソアレ bb。 ソアレ BB[Soare BB]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

ソアレ BB[Soare BB]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

ソアレ bb

ソアレはシマノのライトゲーム専用ブランドです。 シマノの入門者向けラインナップがBBシリーズで、ソアレBBはソアレシリーズの中でももっともお求めやすい価格のカテゴリということになります。 ちなみに、BBとは、Brother Blood(ブラザーブラッド)の略で、血を分けた兄弟分シリーズということですね。 数年前ならBBと言うと、いかにも入門者向け…という印象が強かったのですが、最近のBBはスペックもデザインも入門シリーズとは思えないクオリティを備えていて驚かされます! ソアレBBにはロッドとリール両方が存在しますが、今回はロッドにフォーカスして詳しくご紹介します。 概要 ソアレBBにはメバリングモデルとアジングモデルが存在します。 メバリングモデルは『ソアレBB』、アジングモデルは『ソアレBB アジング』というネーミングになっています。 ちなみに…なぜ片方にだけアジングという名前がつくのかというと、推測になりますが、ライトゲームの創成期にはメバリングが主で、その専用ブランドとしてソアレが生まれたという背景があると思います。 ライトゲームと言えばメバル!って感じで一気に流行りましたね~。 当時は世間一般的に、アジングなんて概念は存在しなかったんです。 それが、ライトゲームの深化・開拓が進むとともに、アジもジグヘッドとワームで釣れるぞ…しかもやりこんでいくと奥深くてオモロイぞ…アジ美味しいし…という風潮が生まれてきました。 しかしながらメバリングロッドではアジの吸い込みバイトになかなか対応できないケースが多い…なら専用ロッドをだそう!…でもメバリングロッドとアジングロッドの違いってサイズ感とかベースは近くて方向性の違いだよな…だったら同じライトゲームブランドから出せば金型流用できてコスト圧縮できるな…。 という流れで、ライトゲームブランドひとくくりの中にアジングという名前を追加したのではないかと思います。 元来はまったく違う魚を釣る訳ですから、ブランドは分けたいところだと思うんですけどね。 せめてソアレBB メバリングって名前にしたら分かりやすいんですけどね。 もともとメバリングはソアレ名義でやってきた!だから、あえてメバリングという名前は追加しない!というこだわりもあるのか…。 ダイワの月下美人なんかは世界観的には完全にメバリング意識のブランドだと思うんですが、同じく月下美人〇〇アジングというネーミングになってますよね。 どっちが先にこういう展開をしだしたのか分かりませんが、きっとコスト的な側面が大きいのではないかと思ってます。 あくまで推測ですけどね~! 話は脱線しましたが、現在ライトゲームで主流の2つであるメバリングとアジングが登場した背景にもほんの少し触れてみました。 ということで、次項からはソアレBBとソアレBBアジングに分けてご紹介していきますね。 ソアレBB スローリトリーブでのフッキングも高次元な軽量設計。 メバリングの基本はスローリトリーブ。 しかしながらバイト後は反転することが多いため、クッション性をそなえた乗せの要素が必須項目となる。 柔軟性を高めたティップで極小アタリを弾かずに絡め取る。 乗せ調子の『S706ULS』は、「タフテック」搭載。 しなやかな乗せの要素がありながら軟らかすぎず、幅広いウェイトやリグにマッチする。 「ソフチューブトップ」搭載のオールラウンダー『S706ULT』は、しなやかチューブラーならではの操作性と喰い込みを両立。 『S800LT』はフロートリグやキャロの遠投攻略が得意なパワーモデルだ。 全機種にセパレートグリップ、シマノオリジナルリールシートを搭載。 軽量化と高級感を味わうことができる。 出典:シマノ 4モデルというシンプルなラインナップで、それぞれに分かりやすい明確な方向性を持たせています。 シマノ独自のテクノロジーを搭載したロッドティップを持ち、しっかりメバリングを楽しめます。 また、後ほど詳しくご紹介しますが、その軽量さはハイエンドロッドと比べても大きく差はない素晴らしいスペックとなっています。 戦略的にロッドを使い分けて釣果を伸ばす。 そのために異なる個性を持たせながら、選びやすいアイテムをラインナップした『ソアレBBアジング』。 アジングの基本となるフォールとロッド操作での誘い、掛ける釣りを指向し、しなやかさとシャープな掛け要素を両立。 「乗せ掛け調子」の『S604ULS』は「タフテック」ソリッド搭載。 しなやかに乗せ、張りのあるベリーで掛ける醍醐味を味わえるモデル。 「掛け調子」の『S610LS』は、高弾性・高反発な「ハイレスポンスソリッド」で微細なアタリを感知可能。 『S704LS』はロングレングスを生かし、キャロ・フロートリグ・メタルジグなどの遠投攻略時に活躍。 全機種にセパレートグリップ、シマノオリジナルリールシートを搭載し、軽量化と高級感を演出している。 出典:シマノ こちらはさらにシンプルな3モデルのラインナップになっています。 ジグ単スペシャル、オールラウンド、ロングキャストと非常に分かりやすいですね。 メバルモデルとは異なるティップを搭載し、乗せ掛け、掛けの釣りをしっかり楽しめるロッドに仕上がっています。 こちらもその軽さは特筆物です。 次項からラインナップとスペックをご紹介していきます。 ラインナップ・スペック ソアレBBとソアレBBアジングの全ラインナップとスペックをご紹介します。 ソアレBB ラインナップ S700SULS 数釣りスペシャル シリーズ中もっとも軟らかい設定の小~中型サイズの数釣りを重視したモデル。 1g以下の軽量ジグヘッドも得意。 掛けてからはロッド全身がしなやかに曲がり、バラシを抑制しながらターゲットの引きを楽しむことができる。 S706ULS 喰わせ調子 ショートバイトが多発するタフコンディションを攻略するために開発されたモデル。 ティップには高強度ソリッド「タフテック」を採用。 ショートバイトを弾くことなくオートマチックなフッキングが可能。 漁港や港湾、防波堤などで軽量ジグヘッドによる喰わせ重視の釣りを得意とするアイテム。 S706ULT オールラウンドモデル ルアーや場所を問わず活躍するオールラウンドモデル。 ティップにはしなやかさと高感度を両立させたチューブラー「ソフチューブトップ」を採用。 バイトに追従しながら的確にアタリを感知し、効率的なフッキングが可能。 ジグヘッドやフロートリグによるワームの釣りはもちろん、小型プラグやメタルジグなどにも適応する、基幹となるモデル。 S800LT パワー&テクニカルモデル 操作性・遠投性・パワーをバランスよく備えたモデル。 小規模な漁港から大場所の磯場まで活躍するレングス設計。 ティップには微かなバイトを捉える、しなやか・高感度のチューブラー「ソフチューブトップ」を採用。 ジグヘッドでテクニカルに誘ったり、プラグやフロートリグで広範囲を攻めたりと、様々なルアーに適応。 五目ゲームもこなす頼れるアイテム。 出典:シマノ スペック 主な項目をピックアップしています。 全モデル2ピースモデルです。 品番 全長 m 自重 g 適合ルアー ウェイト g• 適合ラインPE 号• 13 68 0. 4~4• 1~0. 1~3 14,000 S706ULS 2. 29 75 0. 5~5• 1~0. 1~4 15,000 S706ULT 2. 29 75 0. 6~6• 1~0. 5~5 14,500 S800LT 2. 44 88 0. 8~10• 2~0. 穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。 よどみのない、きれいな曲がりも特長です。 出典:シマノ ソアレBBアジング ラインナップ S604ULS ジグヘッドスペシャル ジグヘッド単体での釣りが得意な、乗せと掛けの要素を併せ持ったモデル。 小型のアジのバイトを弾きにくく、抜けアタリや居喰いなどの難しいアタリにもしなやかに対応可能。 S610LS オールラウンドモデル 多彩なリグに対応し、攻撃的なゲーム展開を得意とする汎用性の高い掛け調子モデル。 高反発な「ハイレスポンスソリッド」を採用しているので、手に伝わるわずかなアタリを感知し、積極的にアタリを感じて掛けていく釣りが可能。 S704LS ロングキャストモデル キャロライナリグ、フロートリグ、メタルジグなどによる遠投攻略を得意としたモデル。 高反発な「ハイレスポンスソリッド」採用により、アタリを感じて積極的に掛けにいくセミロング掛け調子モデル。 出典:シマノ スペック こちらも主な項目をピックアップしています。 品番 全長 m 自重 g 適合ルアーウェイト g• 適合ラインPE 号• ナイロン・フロロ lb 本体価格 円 S604ULS 1. 93 66 0. 3~6• 1~0. 1~3 14,000 S610LS 2. 08 72 0. 5~12• 1~0. 5~4 14,500 S704LS 2. 24 76 0. 5~12• 1~0. 小刻みなリグの操作に追従しながら、アタリがあれば速攻で掛けられるクイックレスポンス。 積極的に感じて掛ける攻撃的なスタイルに対応。 出典:シマノ ソアレBBの魅力 ソアレBBの魅力は、とにかくコストパフォーマンスの高さ!この一言に尽きます。 それぞれのロッドがシマノ独自のセッティングが施されたティップを持ちながら、全体の自重も軽い! この軽さの基準をイメージするには、ソアレBBの上位モデルと比べるとよく分かります。 以下はソアレアジングシリーズの6. 4フィートのモデル4機種の主なスペックです。 品番 全長 (m) 自重 (g) 適合ルアー ウェイト(g) 適合ラインPE(号) ナイロン・フロロ(lb) 本体価格 (円) BB S604ULS 1. 93 66 0. 3~6 0. 1~0. 93 62 0. 6~12 0. 1~0. 93 57 0. 6~12 0. 1~0. 5~4 37,000 エクスチューン S604L-S 1. 93 65 0. 6~12 0. 1~0. 5~4. 0 49,000 もちろん、上位モデルには敵わないわけですが、非常に高いレベルの争いということがお分かりいただけますでしょうか? 留意点として、長さが同じとは言っても全く同じ方向性で設計されたロッドではないですし、上位モデルには数字だけで見えない高い技術が搭載されていることも考慮する必要はあります。 しかしながら、BBはその価格が実売で1万円を切るモデルもあるということを考えると、コストパフォーマンスという観点からは相当高いレベルにあるお買い得ロッドという見方ができることは間違いないでしょう。 単純な軽さはエクスチューンとわずか1gしか差がないなんて、ビックリしませんか?(繰り返しますが、上位モデルにはシマノの最先端技術が惜しげもなく投入されています。 特にエクスチューンは感度を軽さ以外の要素にも求めた挑戦的モデルです。 しかし、軽さが感度に直結する大きな要素であることも間違いありません。

次の

シマノ 18ソアレBBリールのインプレと評価!2機種購入しました!|テルヤスの釣り情報

ソアレ bb

僕は釣りなら、食わず嫌いに比較的なんでもやってみる方で、水があれば釣りをしてみるといった感じなのだが 一応メインにしている釣りがあります。 それが エリアトラウトだ。 他の釣りが厳しくなって来る季節になると都会のど真ん中でできる。 プールなので根掛かりもほぼなく、しかも食べて美味しい..! そんなエリアトラウト、僕のメインフィールドは。 9年前のオープン当初僕は高校生で今よりも更に金欠だった。 当然トラウト専用ロッドやリールなど持っているはずもなく 最初は安いワゴンセールリールを使っていた。 大学生になり少し金銭的な余裕ができはじめた頃、シマノ11エルフ1000Sを購入した。 シャロースプールのかっこよさと1000番の快適さにその当時は大変な衝撃を受けた。 店頭で巻いた時、あまりに軽い巻き心地にとても驚いた記憶がある。 デザインも気に入り、パワーギアモデルのC2000PGSSを購入した。 エリアトラウトでは一般的にハイギアが好まれているが、僕は腕が足らずゆっくり巻けないタチなのといつか釣れるとしまえんフィッシングエリア名物"練馬サーモン"を掛けた時を夢見てあえてパワーギアを選択した。 結果、13ソアレは大活躍で、エリアトラウトでもバリバリ活用し、もともとソルトゲーム用機なので臆せず海での釣りにも使って行けた。 C2000という型番は意外と万能で、ジグヘッドに虫餌つけて釣りしたり簡単なサビキまでなんでも 一応 こなせる番手だ。 30cmを超える大きなサバやアジの引きにも負けないパワーもある。 僕はどんな釣りもこのリールでやっていたのでエリアトラウトではかなり太めの0. 8号のPEラインを巻いている。 8号でも100m弱は巻けていると思う。 そんなこんなで13ソアレを連れ回して愛用してきたのだが、今年ついに新型 18ソアレBBが発売された。 おお!これは期待!! グラデーションが効いた特徴的なカラーリング 18ソアレBBのハンドルノブはバンキッシュ等に搭載されているタイプで高級感があり手に馴染みやすく好印象だ。 さて、先日和歌山のとある漁港に釣りに行く機会があったので早速18ソアレBBを使ってみた。 僕は初めて釣りをする場所ではとりあえず、環付きチヌばりにむし餌とガン玉だけの超シンプル仕掛けで様子を見るのだが この場所は小サバと小アジとキンギョが入れ替わりで食って来るようだ。 たまに25cmを超すそこそこのサバがぐいっと引いて行くが、18ソアレBBのドラグはかなりスムーズに出始めて、設定もしやすいので問題なく対処できる。 13ソアレはややドラグが弱いかなーといった印象だったのでここは改良点だ。 2グラムほどのジグヘッドに変えて投げてみると、13ソアレと変わらず良く飛ぶ。 気になっていた巻き心地は... やはり最初のうちは重く感じるものの、釣りに夢中になって来ると全然気にならなくなって来る。 むしろ滑らかにずっと一定のペースで巻き続けられるため、いわゆる"巻きの釣り"にはいいかもしれない。 肝心のトラウトでの使用はまだできていないが、今月末からとしまえんフィッシングエリアがシーズンインするため大いに期待している。 ・18ソアレBBは堅実な進化でカッチカチ。 巻き続けるには良し。 ・ドラグは18ソアレの方が良好。 ・予算次第だが、HG ハイギア でコアソリッドシリーズ希望なら15ストラディックの方が数千円差で金属ボディで剛性よし。 実売ほぼ1万円のソアレBB、13モデルとはちょっと違った方向 コアソリッド にシフトしたけど充分に機能的なお買い得なモデルです! C2000番は小型で扱いやすくそこそこパワーもあるので割と万能選手。 個人的にはPGの方がおすすめです。 コアソリッドシリーズ、悪くないかもなあ.. ステラ欲しい。

次の

18ソアレBB、17ソアレCi4+のリール比較|テルヤスの釣り情報

ソアレ bb

ソアレBBアジングS610LSってどんな竿? そもそもソアレBBアジングS610LSってどんな竿か、簡単にご紹介します。 アジングロッドに留まらないライトゲーム万能ロッド シマノからエントリーモデルのライトゲームロッドとしてリリースされている「ソアレBB」シリーズのアジングロッド。 ジグヘッド単体だけでなく、最近流行の軽量メタルジグやプラグまで幅広いルアー・リグに対応できます。 フロートリグにも対応できないことはありませんが、6. 1フィート(約2m)のレングスではちょっと短く感じるかもしれません。 同モデルの74LSのほうが使い勝手が良さそうです。 ターゲットはアジ、メバル、メッキ、カマスなどのライトゲーム全般からチヌ、シーバスなど大物枠までカバー! ライトゲームロッド界のバーサタイルロッドといっても過言ではありませんでした・・・。 ソリッドティップだけど掛け調子 ティップはしなやかなソリッドティップですが、様々なタイプのアタリを感知する掛け調子。 シマノの数あるロッドテクノロジーの一つ、「ハイレスポンスソリッド」という穂先が採用されています。 小刻みなリグ操作に穂先は追従しつつ、アタリがあればクイックレスポンスによる速掛けも楽しめます。 「釣れた」ではなく「釣った」実感と喜びを感じられる高感度でありつつ、微細なバイトを弾かずフッキングに持ち込む柔らかさ。 一見相反するこの調子が、アジングにもメバリングにも活きてきます。 低価格だけど高性能、つまりハイコスパ 10cmの豆アジの微妙なアタリを感知する感度と、大型シーバスのトルクフルな突っ込みにも対応するブランクスを兼ね備えたロッドです。 これで実売価格が一万円前後って嘘でしょ・・・というスペックです。 正直、アジングロッドのエントリーモデルでありながら中級者まで大満足、そんな1本です。 アジがワームを追いかけている気配がする・・・というレベルの感知能力を持つ上級者の方はどんなロッドを使っているのか知らんですが。 ソアレBBアジングS610LSのスペック 公式サイトから抜粋したスペックを表にまとめてみました。 品番 全長 m 継数 本 仕舞寸法 cm 自重 g 先径 mm 適合ルアー ウェイト g• 適合ライン PE 号• 08 2 106. 5 70 0. 8 0. 5~12 0. 1~0. 5~4 こうしてみると、0. 5g~12gという対応ルアーウェイトの幅が大きな特徴ですね。 3gのジグ単や13gのメタルマルを使ったこともありますが、やっぱり軽すぎると何をやっているかわかりませんし、重すぎるとモタつく印象(13gではビシバシシャクれませんでした)。 個人的な体感としては、0. 6gのジグヘッドから10gのメタルジグまでが最も扱いやすいルアーウェイト幅です。 ソアレBBアジングS610LSで狙える魚 アジングはもちろん、メバリング、メッキなどのライトゲーム、チニングからシーバスゲームでまで使えるソアレBBアジングS610LS。 それぞれの使用感について、詳しくインプレしていきます1 アジングでの感度は流石の性能! 元々アジングロッドということで、感度は抜群! アタリがわかれば、フッキングもイイところ…上顎にキマります。 抜けアタリこそまだ感じたことはありませんが、コツッ!という金属的な微細なアタリ、ヌーッとジグヘッドがとろろ昆布の中に入ったような違和感のあるアタリ、クッと穂先が食い込むアタリなど、 様々なアタリを感じ取れます。 アジングでは魚信が手元に伝わらないと集中力も低下しがちですが、ソアレBBアジングS610LSなら「おっ!」「ぬおっ!」「(今の違和感は・・・?)」と様々なアタリを感じつつ存分に楽しめます。 高感度ですがパッツン系ロッドではなく、クイックなアワセでしなやかに 掛ける楽しさ、寄せる楽しさを持ち合わせているところが最&高です。 シマノの公式HPが謳う「掛けのオールラウンダー」という評価、間違いないです。 10cm以下の豆アジから、20cmオーバーの中アジまで楽しめます。 尺アジはまだ掛けたことがないので狙ってみたいところです。 メバリングではよくノセる!タメる! アジングロッドはチューブラー、メバリングロッドはソリッドというのはもう過去の話。 ソアレBBアジングS610LSはメバリングにも非常に適しています。 ジグヘッドやプラグの操作性はもちろんのこと、繊細なアタリもしっかり絡めとるしなやかさも持ち味の一つ。 警戒心の強い大型メバルからのついばむようなバイトも弾かず、フッキングに至らせます。 掛けてからの安心感も抜群。 粘りのあるブランクスは、下へ下へと潜ろうとするメバルの突っ込みにも耐えてじっくりと浮かせます。 ちなみに、ソアレBBアジングS610LSで釣ったメバルの自己新は29.5cm。 尺クラスのメバルにも慌てずに対応できるパワーです。 メッキゲームではルアーをキビキビ動かせる! 万能ライトゲームロッドよろしく、メッキゲームにも大活躍。 ジグ単に留まらず、プラグやメタルジグの操作性も申し分ないです。 動体視力の良いメッキにもビシバシロッドアクションを入れてルアーをキビキビ動かせば連発も。 ソリッドティップながらチューブラーのような味付けでキレのあるアクションを入れられるのは、ハイレスポンスソリッドの恩恵かと。 もう、時代はチューブラーだソリッドだと二分するほど単純じゃありませんね。 ちなみに2019年の秋は、 このロッドでメッキ100匹釣りました。 興味のある方は関連記事も合わせてどうぞ。 チニングにも耐えられるブランクス ソアレBBアジングはメバリングのゲストでときたま登場するチヌ・キビレ族にも対応できます。 自己ベストは37cmのキビレ。 狭いテトラの上でほとんど立ち位置を変えずにやりとりできました。 底ズルのチヌゲーやトップウォーターによるチヌトップなど、専門的な使用でも対応できそうですが、気になるのは対応ライン。 公式スペックとしてはナイロン・フロロの4LB(1号)が上限ですが、8LB〜12LB(2号〜3号)までストレスなく使えれば十分楽しめそう。 この辺りは追って確認してみたいと思います。 シーバスゲームでは魚とケンカしないし安心感もある! ライトゲームによく現れるゲスト、シーバス。 ライトゲームプラグにヒットするシーバスは大小様々ですが、できるだけルアーロストせずキャッチしたいところ。 このソアレBBアジングS610LSは、 60cm以上のシーバスとも対等に渡り合えます。 バイトの弾きにくさはシーバスゲームとも相性が良く、魚と喧嘩せず追従させるブランクスは粘り強いのが特徴。 強引にシーバスの進行方向を変えることもできます。 ソアレBBアジングS610LSで釣った最大シーバスは62cm。 繊細だけど剛健、そんな印象のロッドです。 ソアレBBアジングS610LSの難点といえば・・・ 強いていうなら、 ガイド径が小さく糸抜けしにくいところでしょうか。 といっても、昨今のライトゲームロッドは軽量性と感度を考慮してガイド径を小さくするのが主流なので、ソアレBBアジング610LSに限った話ではない気もしますが…。 ソアレBBアジングS610LSはどんな人におすすめ?.

次の