手洗い うがい ヤクルト。 手洗い、うがい、ヤクルトがSNSで大人気の理由は?

「手洗い・うがい・ヤクルト」♪|トピックス|水戸ヤクルト販売株式会社

手洗い うがい ヤクルト

大泉 洋 1973年4月3日生まれ。 北海道出身。 2005年より全国で活躍の幅を広げ、TVドラマ・映画に続々出演。 映画「駆込み女と駆出し男」(2015年)では第58回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。 2016年はNHK大河ドラマ「真田丸」で主人公の兄である真田信之を演じ、その好演ぶりが話題となった。 2017年は主演映画「探偵はBARにいる3」が公開予定。 藤井 美菜 2006年「シムソンズ」(佐藤祐市監督)で映画デビューし、本格的に芸能活動を開始。 その後ドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~」(TX)「実況される男」(CX)映画「DEATH NOTE Light up the NEW world」「しゃぼん玉」など映画ドラマを中心に活躍。 2012年韓国でも活動を開始し、「第11回ソウルドラマアワード2016」アジアンスター賞受賞。 2016年、映画「もっと猟奇的な彼女」がアジア各国で公開され、2017年秋には中国、台湾、日本で公開予定の日台合作映画「おもてなし(仮)」が公開予定。 アジアでの活躍の幅を広げ、国際的にも高い人気を博している。 上原 桂 1974年生まれ。 神戸芸術工科大学卒。 98年 MTV Station-ID コンテスト受賞をきっかけに、翌年 MTV JAPAN 入社~P. フリーランスを経て、12年KOO-KI参加。 数々のCMやMUSIC VIDEOなどを手がける。 映像ディレクションの他、アートディレクション、モーショングラフィックス制作、編集、一部音楽までを手がける。 東京五輪招致PR映像「Tomorrow begins」をディレクションし、K-ADC AWARD2013にて映像・デジタルコミュニケーション部門会員賞を受賞。 15年東京ビッグサイトにて、国内最大規模のプロジェクションマッピング「SPORTING SPIRIT」発表。 スクリーンに囚われない映像表現を常に追求し続ける。

次の

手洗い、うがいで感染予防!子どもが楽しく手洗いできる!おすすめのうたや絵本

手洗い うがい ヤクルト

こんにちは!昨夜は風の音がすごかったですね。 ヒューヒュー ガタンガタン と、何か飛ばされているのでは ? と思うほどの強風でした そして、今朝はずいぶん冷え込みましたね~ 春の陽気かなと思ったら、やはりまだ季節は冬 そんな時こそ! 体調管理に気を付けて 免疫力が下がっていると、細菌やウイルスは弱った体を襲ってきます 免疫力、バリアを張って防ぎましょう 今日は「 2月6日(ツルツルの日)」 お肌つるつる、つるぴかりーん しかし、空気中の水分はカラっから。 暖房が効いてる部屋では、 30%以下になることも。 そうすると、お肌の乾燥は加速して、うるおいも失われやすくなるんです。 乾燥に負けないよう、湿度を保つことも大切です• 新年のお休みモードから逸脱して、めっきり仕事モードにスイッチオン でも、まだ体が思うように動かないよ~ もう少し休みをくれ~ そんな思いをしている方、いませんか? はい!ここにいます 笑 毎日寒くて動くのが億劫になってきます。 いつになったら暖かい季節がやってくるのかな~ と待ちわびる毎日です。 さてさて本日のお話は 「自律神経」について 自律神経には、 交感神経と 副交感神経があり、その バランスが大切です。 この二つのバランスがよく働いていれば、血管が交互に動き、からだのすみずみの毛細血管にまで血液が行きわたるのですが、 交感神経が優位に働いていると血管が収縮したままになります。 逆に、副交感神経が優位に働いていると血管は拡張しています。 血管が収縮し「キュッ」と狭まってしまうと、血流のめぐりが鈍くなり、からだ全体に血液が巡らなくなります。 出典: 血液がいかなくなるとその部分は、ひんやり冷たくなってしまいますよね まさに 命 の血液です 特に女性に 「冷え」は大敵です。 どもども~。 だそうです 要はヤクルト=赤のイメージが強く、お客様にカロリーハーフも認識してほしいがゆえってことですかね (笑) まだまだ、カロリーハーフの認知度が低いのは弊社の力不足であります… もっと頑張らねば•

次の

『手洗い・うがいの大切さ』 | ヤクルトレディ募集中|城北ヤクルト

手洗い うがい ヤクルト

感染症予防の3大対策ともいえる「うがい・手洗い・マスク」ですが、これは外国人から見るとかなり珍しい行動様式のよう。 「いったん喉まで入れた水を吐き出すなんて信じられない!」(うがいを目にした、ある外国人の感想) 「日本では危険な病気でもはやっているの?」(花粉症の季節に日本人の多くがマスクを着用する様子を見た、ある外国人の感想) ……といった、驚きの声も多く聞かれます。 古くから定着している「うがい」ですが、近年の研究で体内へのウィルス侵入防止には科学的な効果がないことが明らかになっていて、政府広報のインフルエンザ対策でも、すでに「うがい」は挙げられていません。 また、ウィルスの粒子はとても小さいため、一般的なマスクはウィルスを含んだ咳やくしゃみなどの飛沫と、花粉やハウスダストなど粒子の大きいもの以外には効果なし。 このことは、よく見ると市販品のパッケージにも明記されているはずです。 中にはウィルスの侵入を防ぐマスクも存在はしますが、高価なので日常的に使うにはちょっと厳しいかもしれません。 むしろ気をつけたいのは「接触感染」 まず「マスク」ですが、鼻と口をマスクで覆うことによって粒子の大きいものの侵入を防ぐことができますし、風邪やインフルエンザにかかってしまった場合、他人への感染を防ぐ効果があります。 さらに、粘膜をしっとりさせることで鼻やのどのトラブルを軽減したり、乾燥を好むウィルスの力を弱めるといったメリットも。 次に「うがい」ですが、口の中やのどを水でゆすぐことで、炎症を起こして熱を持った粘膜をクールダウンしたり、ウィルス以外の細菌や汚れを一掃するという効果があります。 ただし、むしろ気をつけたいのは「接触感染」。 接触感染とは、感染者がくしゃみや咳を抑えた手から広がっていく感染です。 具体的にいうと、感染者の手が触れたドアノブやつり革、スイッチなどを通して、ウィルス、細菌が別の人の手から口や鼻の粘膜へ……という流れが、感染経路の一例。 手洗いは、こうした感染を防ぐための有効な手立てとなっているのです。 世界に誇れる日本の「手洗い」 前述した「接触感染」防止に効果があるのが「手洗い」ですが、これもうがいやマスクと同じく日本的な習慣とされていますが、正しいやり方で行えば、ウィルス、細菌感染を防ぐ方法としてとても有効です。 とはいえ、神経質に洗いすぎることで、本来ヒトが保有すべき菌まで殺してしまうのは考えものですが、正しい方法はぜひ覚えておきたいもの。 感染を防ぐと同時に、免疫力を高めよう! 感染を防ぐ方法をお伝えしてきましたが、ウィルスが体内に入っても全員が発症するわけではありません。 まずは、感染を防ぐと同時に、免疫力を高めることがとても大切です。 免疫力を高めるためには、規則正しい食事や睡眠はもちろん、ストレスをため込まないよう、適度に気分転換や日常に運動を取り入れるよう心がけましょう。 そうはいっても「忙しくて無理!」という人は、まずは短時間でも質のよい睡眠をとることから始めてみては? 数十分、あるいは数時間の睡眠でもずいぶんカラダが軽くなった感じを実感できるはず。 せっかく春がやってきたのですから、明るい日射しをエネルギーに、不調知らずの元気あふれる日々を過ごしてくださいね。

次の