松井 証券 ネット ストック ログイン。 松井証券の評判・特徴や初心者向けのおすすめポイント/i

松井証券の評判・特徴や初心者向けのおすすめポイント/i

松井 証券 ネット ストック ログイン

国内各種指数 主要指数、業種別など 、海外指数 欧米、アジア、豪州など 、リアルタイムニュースなど、豊富な投資情報が閲覧できます。 ニュース画面では、市況ニュースはもちろん、注目株や新興市場・IPO関連の速報をリアルタイムで閲覧できます。 個別銘柄のニュースを知りたい場合には、銘柄名や銘柄コード、期間を入力するだけで、簡単にニュースを検索できます。 過去のニュースを見たいときも、期間や気になるカテゴリで絞り込んでニュースを確認できます。 また、各銘柄の決算情報や業績修正を知りたい場合も、TDnet 適時開示情報伝達システム の情報をすぐに閲覧できるため、手間をかけずに重要な情報をすばやく取得できます。 リスクおよび手数料などについて• 当社WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。 また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。 商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。 WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。 PC向け• スマートスピーカー向け•

次の

松井証券の評判・特徴や初心者向けのおすすめポイント/i

松井 証券 ネット ストック ログイン

松井証券は、1918年前身会社である松井房吉商店して商いが始まって以来、現在に至るまで長きに渡る経営実績のある、日本における老舗証券会社の一社だ。 サポートの方法としては、以下3通りの方法がある。 メールでの問い合わせ• 電話サポート まず始めるにあたって不安なことや口座開設について、また口座開設後の実取引についてなど、 あらゆる面において 1つずつ教えてもらいながら行うことができるので安心だ。 「口座開設サポート」「松井証券顧客サポート」いずれもフリーダイヤルが設置されているので 気軽にサポートを利用すると良いだろう。 取扱い商品に関しては、現物取引、信用取引、投資信託、投資証券、先物、FX、その他、 数多くのサービスや商品が取り揃えられている。 商品によって手数料は違うが、例えば 1日の株式取引約定代金が10万円までは手数料無料、 そして信用取引口座の開設後半年間は、30万円まで無料となるなど、独自の価格設定が行われているので、初心者でも安心して取引を行うことができる。 スポンサードリンク そんな時にそれぞれ自分にあった投資スタイルを選別するにあたって参考になるページが用意されている。 そのページを参照しながら、まずは自分に合った商品また取引方法は何なのかを知ると良い。 かなり参考になるので初心者の方は是非一度見てみると良いだろう。 ネットストックとは、いわゆる ネット取引のことを指しており 松井証券ではこれをネットストック呼んでいる。 松井証券のネットストックに関しては、• 少額取引の場合手数料が無料• 高機能な情報ツールが取り揃えられている• サポート体制が万全 という三本柱が最大のウリで、2015年オリコンランキングにおける、ネットカブ取引総合ランキングで1位を獲得しているサービスだ。 手数料に関しても 1日の約定代金10万円以下は無料なので、初心者など小額から取引を始めたい方にとっても安心してスタートすることができるのが魅力の一つだ。 その他松井証券ならではのお得な手数料体系が設定されている。 情報ツールに関しても 便利なツールが豊富に取り揃えられていてそれら すべてを無料で使うことができるからうれしい。 松井証券 口座開設とログイン 松井証券の公式サイトから流れに沿って、まずは口座開設をするところからはじめよう。 画面に沿って進めていけばさほど難しい手続きではない。 口座開設が完了したら、ネットストックにログインしよう。 松井証券のネットストックにログインすることで、いよいよ取引を行うことができるようになる。 ネットストックにログインすると、株取引以外にも、口座の管理や取引履歴確認、 情報管理など、あらゆる操作をそこで行うことができるようになる。

次の

老舗証券会社「松井証券」の魅力に迫る

松井 証券 ネット ストック ログイン

松井証券のメリットや特徴• 10万円まで取引手数料が無料と業界最安水準• 信用取引の手数料が無料• 完全平等抽選のIPO• 株式手数料が恒久0円のNISA口座も当然取扱• 高性能トレードツールの利用料が無料• 株式投資情報サービス「QUICKリサーチネット」を無料で利用できる• 自動株価更新ボードが無料で閲覧可能• スマートフォン用アプリ「株touch」でパソコンを使わずに取引ができる• も充実 松井証券の口座を開設できる方 松井証券のネットストック口座(個人口座)は、日本国内に在住している20歳以上の方であれば、国籍問わず口座開設が可能です。 ネットストック口座で取引が可能な商品は、以下のとおりです。 現物取引• 投資信託• 米ドルMFF等 未成年者の方は未成年口座のみ開設可能 未成年の場合は、未成年口座の開設しかできません。 ただし、20歳未満の方でも、既婚者は成人と見なされ、通常のネットストック口座を開設できます。 また、もし未成年口座を利用している方が成人になった場合、自動的に通常のネットストック口座に切り替わります。 松井証券の口座開設方法は2種類 松井証券の口座開設方法は2種類あります。 オンラインでの口座開設」と、「郵送での口座開設」という方法で、どちらもサービスサイトから申込をするというところは同じです。 2種類の口座開設方法の違いについて オンラインでの口座開設はWEB上で申込がすべて完結する方法で、最短4日で取引開始できます。 ただし、WEB上で本人確認資料をアップロードする必要があります。 一方、郵送での口座開設はWEB上で必要事項を入力すると、入力情報が記載された申込書が郵送されますので、本人確認資料の添付と署名のうえ送り返す方法です。 取引開始まで、1週間程度と時間はかかりますが、本人確認資料の撮影など不慣れ方はこちらをお選びください。 方法 取引開始までの期間 署名など オンラインでの口座開設 最短4日 不用 郵送での口座開設 最短1週間 必要 個人口座開設の手続き方法 申し込み方法を選択する 先ほど紹介した、「オンラインでの口座開設」が、「郵送での口座開設」どちらかを選択します。 口座開設情報の入力(オンライン・郵送いずれも同じ) 個人口座開設の入力画面で、必須事項を入力します。 氏名、生年月日、住所さらに電話番号などのデータを入力し、記入がすべて完了したら、「次の画面に進む」を押します。 職業・内部者情報の入力(オンライン・郵送いずれも同じ) 続いて、職業などを入力し、「次の画面に進む」を押します。 取引情報の入力(オンライン・郵送いずれも同じ) 年収や資金さらに、取引の傾向などを入力し、「次の画面に進む」を押します。 入力情報の確認(オンライン・郵送いずれも同じ) 今まで入力した内容が表示されますので、確認のうえ「次の画面に進む」を押します。 間違っていたら戻って入力しなおせます。 郵送での口座開設は、オンライン上の手続きはこれで終了になります。 確認書類のアップロード(オンラインでの口座開設のみ) 必要書類をアップロードすればOKです。 これでオンライン上の手続きが終了します。 申込書が届くので署名などして返送する(郵送での口座開設のみ) 入力した情報があらかじめ印刷された申込書が届きますので、間違っていなければ署名のうえ、必要書類を添付して返送します。 書類に不備があった場合、申し込み手続きが完了するまで、時間がかかる場合がありますので、申込書への署名忘れ、申込書と本人確認書類の住所が一致しているかどうかなど、確認しておきましょう。 これで郵送での口座開設は終了です。 口座開設完了通知が届いたら取引可能に 申し込み手続きが完了すれば、後日、口座開設完了通知と、取引に必要な会員ID、パスワード、暗証番号などの情報が、松井証券から郵送(転送不要・簡易書留郵便)で届きます。 口座開設完了通知に会員IDや会員パスワードが書いてありますので、松井証券ホームページからログインすることができます。 ログイン後は投資資金を入金すればようやく取引できるようになります。 ちなみに、投資資金の入金は振込手数料が無料になるネットリンク入金をオススメします。 webでのアップロードならば最短4日、郵送ならば最短1週間で取引可能になります。 なお、口座開設完了通知の受け取りによる、取引時の確認ができなかった場合は、個人口座の開設ができません。 口座開設時の必要書類について 必要書類を準備して、アップロードもしくは郵送する必要があります。 アップロードする場合は、事前に写真撮影しておくと便利です。 郵送の場合は、マイナンバー関連資料、本人確認資料すべて写しでOKです。 日本国籍の方が申込書に同封する必要書類は、以下の通りです。 マイナンバー関連資料 通知カード 裏面記載がされているものは、裏面のコピーも必要で、本人確認書類としては使用できません。 マイナンバー(個人番号カード) 両面コピー、有効期限内のものが有効で、本人確認書類と兼用することができます。 マイナンバー記載のある住民票の写し、住民票記載事項証明書 発行日から6ヶ月以内のものが有効で、本籍の記載がある場合は黒く塗りつぶす必要があります。 住民票以外の本人確認種類1点と合わせれば、本人確認書類と兼用することができます。 本人確認書類 郵送の場合であっても、コピーでOKです。 運転免許証 裏面に記載事項がある場合は、両面コピーが必要です。 各種保険証の写し 氏名、住所、生年月日が分かるようにコピーしてください。 住民票の写し 氏名、住所、生年月日、交付日が分かるようにコピーしてください。 なお、発行から6ヶ月以内のものが有効です。 印鑑登録証明書 表面のみコピーしてください。 発行から6ヶ月以内のものが有効です。 住民基本台帳カード 氏名、住所、生年月日が分かるようにコピーしてください。 外国籍の方が使用できる本人確認書類 在留カード、特別永住者証明書、住民票 本人確認書類に関しての注意点 申込書に同封する本人確認書類は、申込書と内容が同じものでないといけません。 有効期限内であることを確認し、表も裏も公安印がしっかり確認できるようにコピーします。 未成年口座の申し込みについて 未成年口座は、20歳未満の未婚の方が申し込める口座です。 基本的な流れは、一般の個人口座と同じですが、いくつか異なる点があります。 未成年口座開設時の注意点• 口座開設申込書を郵送する際、未成年は本人確認書類とマイナンバーの他に、「未成年口座開設同意書」も同封する必要あり• 親権者との続柄が証明できる住民票(親権者の本人確認書類と続柄の確認書類を兼用可能です)、戸籍全部事項証明書 戸籍謄本 、戸籍個人事項証明書 戸籍抄本 が必要• 口座開設完了のお知らせ、また取引開始に必要な情報は、親権者の登録住所に郵送される なお、未成年口座では、信用取引、先物取引、NetFxなどの口座開設はできません。 投資信託口座の開設について 投資信託口座を開設するには、松井証券のネットストック口座(個人口座)を開設する必要があります。 すでにネットストック口座を持っている方は、ネットストック会員画面上部の「口座管理」から「各種口座開設状況」に進み、投資信託口座開設画面に移ります。 投資信託口座を開設するには、外国証券取引兼累積投資口座も必要です。 まだ未開設の場合は、投資信託口座の開設ボタンが表示されませんので、先に開設しましょう。 確認画面をチェックし終わったら、取引暗証番号を入力します。 これで、申し込みは完了です。 松井証券のNISA口座について NISA口座は、ネットストック口座の開設後しないと、口座開設できません。 松井証券のNISA口座は、現制度が続く限り、ブルベア投資信託を除いて手数料は無料ですので、松井証券をメインとして利用する場合はNISA口座の開設もオススメします。 申し込み時に選択する口座開設状況は「新規開設」、勘定設定(取引種類)は「非課税管理勘定(NISA口座)を選択します。 2018年1月から開始した「つみたてNISA」を希望する方は、「累積投資勘定(つみたてNISA)」を選択してください。 登録が完了すると、登録した住所宛てに、「NISA口座開設申込書(非課税適用確認書の交付申請書兼非課税口座開設届出書)が郵送されますので、記入して返送します。 会員情報にマイナンバーが登録されている場合は、本人確認書類のみを同封して郵送します。 オンラインでの口座開設が取引まで短くてオススメ どのネット証券でも同じになりますが、オンラインでの口座開設を利用すれば最短4日で取引可能になりますので、こちらをオススメします。 ただし、オンライン上のでファイルのやり取りなど不安に思われる方は郵送での口座開設をお選びくださいませ。

次の