炒り豆腐 アレンジ。 【ヒルナンデス】豆腐のホワイトソース!小田真規子先生の糖質オフレシピ!

ちょい足しで劇的に美味しくなる!「湯豆腐」人気アレンジレシピ5選

炒り豆腐 アレンジ

低糖質レシピ 炒り豆腐とツナの簡単ドリア風 糖質量 約3. 材料 1人分• 木綿豆腐・・・・・・150g• マヨネーズ・・・・・小さじ1程度• とけるチーズ・・・・お好みで 私は20g使用しました。 作り方• 木綿豆腐をしっかり水切りしてからフライパンで潰し炒め炒り豆腐を作ります。 よければ下記リンクを参考にして下さい。 ツナ缶はオイルを軽く切って下さい。 耐熱皿に「3」を入れ、マヨネーズをかけて、とけるチーズをのせて、トースターやオーブンでチーズがとろけたら完成です。 炒り豆腐に調味料等入れて炒める• 耐熱容器へ入れる• マヨネーズをのせる• チーズものせて焼いたら完成.

次の

糖質制限レシピ 簡単炒り豆腐のツナとたっぷりチーズのドリア風

炒り豆腐 アレンジ

これが一番ベーシックで美味しいと思います。 ・ 鶏肉…ごはんと食べて美味しいように「鶏ひき肉ではなく鶏もも肉」がおすすめ。 カットされたものを用意するか、食べ応えがでるよう皮ごと1cm角に切ります。 ・ にんじん…4cm長さのせん切りにします。 ・ 干し椎茸…戻してから軸を切り落とし、薄切りにします(戻し汁は味付けで使います)。 ・ 薬味ねぎ…小口切りにして最後に加えます。 豆腐は炒める前に下ごしらえが必要です。 鍋に熱湯を沸かして塩小さじ1ほどを入れ、豆腐を粗くくずしながら入れて、芯まで熱くなる程度(2分くらい)ゆでます。 これは、 豆腐の余分な水分を抜く、豆腐の食感をよくする、塩味をつけるという目的です。 ゆでた豆腐は、キッチンペーパーや布巾を広げたざるに開けて冷まします。 手でさわれる温度になれば、豆腐を包むようにして軽く水分を押し出し、豆腐の下処理の完了です。 鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏肉とにんじんを炒めます。 肉の色が全体的に変わる程度になれば干し椎茸を加えます。 全体を炒め合わせて、ここで塩ひとつまみ、こしょう少々で下味をつけておきます。 続けて豆腐を加え、ヘラで豆腐を食べやすい大きさにつぶしながら、炒め合わせます。 全体に油がまわれば、Aの調味料を加え、弱めの中火で汁気を飛ばすように煮ます。 3〜4分煮て煮汁が少なくなれば、溶いた卵を加えます。 卵を加える時は火を少し強め、全体に流し入れます。 ひと呼吸おいてから、ヘラで底から全体をやさしく混ぜ合わせます。 卵が固まってきたら火を弱め、刻んだねぎを加えます。 最後に味見をして、塩気が足りなければ塩で調整をしてください。

次の

天かすマジック!?時短カンタン「炒り豆腐」の作り置き

炒り豆腐 アレンジ

これが一番ベーシックで美味しいと思います。 ・ 鶏肉…ごはんと食べて美味しいように「鶏ひき肉ではなく鶏もも肉」がおすすめ。 カットされたものを用意するか、食べ応えがでるよう皮ごと1cm角に切ります。 ・ にんじん…4cm長さのせん切りにします。 ・ 干し椎茸…戻してから軸を切り落とし、薄切りにします(戻し汁は味付けで使います)。 ・ 薬味ねぎ…小口切りにして最後に加えます。 豆腐は炒める前に下ごしらえが必要です。 鍋に熱湯を沸かして塩小さじ1ほどを入れ、豆腐を粗くくずしながら入れて、芯まで熱くなる程度(2分くらい)ゆでます。 これは、 豆腐の余分な水分を抜く、豆腐の食感をよくする、塩味をつけるという目的です。 ゆでた豆腐は、キッチンペーパーや布巾を広げたざるに開けて冷まします。 手でさわれる温度になれば、豆腐を包むようにして軽く水分を押し出し、豆腐の下処理の完了です。 鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏肉とにんじんを炒めます。 肉の色が全体的に変わる程度になれば干し椎茸を加えます。 全体を炒め合わせて、ここで塩ひとつまみ、こしょう少々で下味をつけておきます。 続けて豆腐を加え、ヘラで豆腐を食べやすい大きさにつぶしながら、炒め合わせます。 全体に油がまわれば、Aの調味料を加え、弱めの中火で汁気を飛ばすように煮ます。 3〜4分煮て煮汁が少なくなれば、溶いた卵を加えます。 卵を加える時は火を少し強め、全体に流し入れます。 ひと呼吸おいてから、ヘラで底から全体をやさしく混ぜ合わせます。 卵が固まってきたら火を弱め、刻んだねぎを加えます。 最後に味見をして、塩気が足りなければ塩で調整をしてください。

次の