西日本宝くじ2324回。 秋のビッグチャンスくじ当選番号

過去の宝くじ当選番号・発売予定表2020年1月

西日本宝くじ2324回

12月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。 12月25日からの初夢宝くじを新たに紹介です。 11月20日~12月21日 年末ジャンボ宝くじ 単価:1枚各300円 (1等前後賞合わせて10億円) (1等前後賞合わせて5千万円) を参照してください。 11月27日~12月10日 1等1000万円等の100円くじ 単価:1枚100円 抽せん日:12月13日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。 詳細は、を参照してください。 12月25日~2020年1月14日 初夢宝くじ 単価:1枚200円 抽せん日:1月17日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1. 5億円、1等前後賞あわせて2億円の大型ブロック別宝くじです。 1等への配分が大きめで高額賞金を狙う人は注目のくじです。 第2516回 関東・中部・東北自治 宝くじ 等級 当せん金 当せん確率 分の1 売上配分 本数 1 等 150,000,000 6,666,667 11. 確率高いのは東京都の500万分の1。 西日本が少し当たりずらいですが、1等確率はあまりどこも変わりません。 1枚200円のくじで500万分の1~750万分の1で1等1. 5億円は魅力です。 私の好きな100円BIGは約478万分の1ですが、2等以下が期待できないので。 東京都は賞金への総配分も45. 5%と頑張っています。 8%の西日本は見習って欲しい。 1等が低確率な分、賞金高めは良かったけど。 初夢賞が10万円だから、1等組違い賞を30万円にして計44. 8%にしても。 計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。 森 初夢宝くじの関中東ですが年末ジャンボの一億円以上や二等と同じ確率となりましたね。 今回は全国で億が6本と多くなりました。 億が関中東で一本という年がありましたがたくさん出るから期待できますね。 西日本は2018年頃のジャンボ宝くじみたいな配分ですが。 初夢宝くじも1枚200円で1. 5億円がほぼ同じ確率ってのは魅力的。。。 関中東で一本なんてことにならずに良かったです。

次の

宝くじファン公式ブログ

西日本宝くじ2324回

12月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。 12月25日からの初夢宝くじを新たに紹介です。 11月20日~12月21日 年末ジャンボ宝くじ 単価:1枚各300円 (1等前後賞合わせて10億円) (1等前後賞合わせて5千万円) を参照してください。 11月27日~12月10日 1等1000万円等の100円くじ 単価:1枚100円 抽せん日:12月13日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。 詳細は、を参照してください。 12月25日~2020年1月14日 初夢宝くじ 単価:1枚200円 抽せん日:1月17日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1. 5億円、1等前後賞あわせて2億円の大型ブロック別宝くじです。 1等への配分が大きめで高額賞金を狙う人は注目のくじです。 第2516回 関東・中部・東北自治 宝くじ 等級 当せん金 当せん確率 分の1 売上配分 本数 1 等 150,000,000 6,666,667 11. 確率高いのは東京都の500万分の1。 西日本が少し当たりずらいですが、1等確率はあまりどこも変わりません。 1枚200円のくじで500万分の1~750万分の1で1等1. 5億円は魅力です。 私の好きな100円BIGは約478万分の1ですが、2等以下が期待できないので。 東京都は賞金への総配分も45. 5%と頑張っています。 8%の西日本は見習って欲しい。 1等が低確率な分、賞金高めは良かったけど。 初夢賞が10万円だから、1等組違い賞を30万円にして計44. 8%にしても。 計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。 森 初夢宝くじの関中東ですが年末ジャンボの一億円以上や二等と同じ確率となりましたね。 今回は全国で億が6本と多くなりました。 億が関中東で一本という年がありましたがたくさん出るから期待できますね。 西日本は2018年頃のジャンボ宝くじみたいな配分ですが。 初夢宝くじも1枚200円で1. 5億円がほぼ同じ確率ってのは魅力的。。。 関中東で一本なんてことにならずに良かったです。

次の

第2327回 西日本宝くじ(新春運だめしくじ) 当選番号

西日本宝くじ2324回

12月に販売されるスクラッチではない通常の宝くじの紹介です。 12月25日からの初夢宝くじを新たに紹介です。 11月20日~12月21日 年末ジャンボ宝くじ 単価:1枚各300円 (1等前後賞合わせて10億円) (1等前後賞合わせて5千万円) を参照してください。 11月27日~12月10日 1等1000万円等の100円くじ 単価:1枚100円 抽せん日:12月13日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1000万円、1等前後賞あわせて1500万円の宝くじです。 詳細は、を参照してください。 12月25日~2020年1月14日 初夢宝くじ 単価:1枚200円 抽せん日:1月17日 金 、ブロックごとにが違うのでご注意を。 1等1. 5億円、1等前後賞あわせて2億円の大型ブロック別宝くじです。 1等への配分が大きめで高額賞金を狙う人は注目のくじです。 第2516回 関東・中部・東北自治 宝くじ 等級 当せん金 当せん確率 分の1 売上配分 本数 1 等 150,000,000 6,666,667 11. 確率高いのは東京都の500万分の1。 西日本が少し当たりずらいですが、1等確率はあまりどこも変わりません。 1枚200円のくじで500万分の1~750万分の1で1等1. 5億円は魅力です。 私の好きな100円BIGは約478万分の1ですが、2等以下が期待できないので。 東京都は賞金への総配分も45. 5%と頑張っています。 8%の西日本は見習って欲しい。 1等が低確率な分、賞金高めは良かったけど。 初夢賞が10万円だから、1等組違い賞を30万円にして計44. 8%にしても。 計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。 森 初夢宝くじの関中東ですが年末ジャンボの一億円以上や二等と同じ確率となりましたね。 今回は全国で億が6本と多くなりました。 億が関中東で一本という年がありましたがたくさん出るから期待できますね。 西日本は2018年頃のジャンボ宝くじみたいな配分ですが。 初夢宝くじも1枚200円で1. 5億円がほぼ同じ確率ってのは魅力的。。。 関中東で一本なんてことにならずに良かったです。

次の