エクセル シートの削除 ショートカット。 エクセルのワークシートを間違えて削除してしまいました。ファ…

エクセルのワークシートを間違えて削除してしまいました。ファ…

エクセル シートの削除 ショートカット

Contents• 行・列の挿入 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 「+」だから挿入と覚えます。 行・列の削除 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) CTRL+ -(マイナス) 解説 これもよく使いますから、行や列の挿入とセットで覚えましょう。 【参考】行と列、どっちが縦でどっちが横? 行と列、どっちが縦でどっちが横かわかりますか? 行は横に二本線があるから横、列は縦に二本線があるから縦、と覚えます。 結論、「行は横」「列は縦」です。 むすび 行・列の挿入・削除はよく使うショートカットキーです。 これだけでも効率化が見込めますからしっかりと覚えましょうね。 ひとつひとつは小さな効果かもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

次の

エクセル行・列の挿入、削除のショートカット

エクセル シートの削除 ショートカット

はてな まずそのファイルを保存しているフォルダを開いてください。 そして、上の「ツール」にあるフォルダオプションを選択してください。 そしてフォルダオプションの「表示」のタブを選びます。 するといろいろな設定項目が現れます。 その中で「隠しファイル及び隠しフォルダを表示しない」のチェックボックスのチェックをはずします。 winXPの場合にはその上に「すべてのファイルとフォルダを表示する」のチェックボックスにチェックを入れます。 その後「登録されている拡張子は表示しない」にチェックが入っている場合、そのチェックボックスもはずします。 tmpというファイルが現れることがあります。 これを片っ端から拡張子を. xlsに書き換えエクセルで開いてみてください。 昔のファイルが残っていることがあります。 以下の実験をしてみました。 1 Excel2002で、あるシートを開き、セルに適当な文字を入れ、名前を付けてフロッピディスクに保存しましたました。 2 さきほどのセルの文字を削除して、上書き保存しました。 3 上のURLの復活ソフトでフロッピを探すと、現存するファイルと同名の消されたファイルがありました。 これを別の名前で復活したところ、この内容は最初のセルに文字を書き入れたファイルでした。 このようなわけで、上書き保存と言っても実は上書きされるわけではなく、その時点では、新しく保存したファイルと、消された同名の古いファイルが存在するようです。 問題は、Windowsを操作するだけで古いファイルが消えてしまう可能性がある点です。 上記プログラムをフロッピから起動するとか、起動フロッピから実行出来る復活ソフトを探すとか、可能性はありますね。 精査していませんが下は復活ソフトです。

次の

エクセルは、0.5秒でシートの挿入・削除ができる

エクセル シートの削除 ショートカット

Photo: Adobe Stock 本日は、脱マウスのマスターに欠かせない「Excelのショートカット100」をご紹介します。 基本操作に欠かせないものばかりです。 「&」は同時押しで「+」は順番押しを意味します。 (3) 「F12」で名前を付けてファイルを保存する。 削除するシートにデータが入力されている場合は、警告が表示される。 (19) 「Enter」で下のセルに移動する。 (21) 「Tab」で右のセルに移動する。 (23) 「PgUp」でディスプレイ上の表示を上方向に移動する。 (24) 「PgDn」でディスプレイ上の表示を下方向に移動する。 (31) 「F5」で指定したセルにジャンプする。

次の