スイッチ スクショ スマホ。 ニンテンドースイッチで撮ったスクリーンショットをスマホやPCで見る方法

Switch(スイッチ)で保存した画像をスマホやPCに転送する方法

スイッチ スクショ スマホ

ちなみにこのアルバムの画面は、スイッチのスクリーンショットでは撮影できない画面です。 私の場合、キャプチャーボード(ゲームを録画するための機器)を使って撮影しています。 WiiUでゲームをしているときは、本体にスクリーンショットの機能が無かったので、キャプチャーボードなどを使わないと撮れませんでしたが、スイッチではそれが解消されていますね。 私のようにスクリーンショットをブログやツイッターに載せたい人にはたいへん嬉しい機能です。 スポンサーリンク スクリーンショットをスマホやPCで見る方法 ニンテンドースイッチで撮影したスクショを、スマホやPCで見る方法は以下の2通りです。 ツイッターやフェイスブックに投稿した画像を、スマホやPCで保存する• スイッチのmicroSDカードをPCなどで読み込む このうち2の方法については、SDカードへのデータのコピーや、SDカードの抜き差しをしたりと、ちょっとめんどうなので今回は省きます。 ツイッターやフェイスブックのアカウントを使いたくない人はこっちの方法になると思いますが・・・ ツイッターに投稿する ニンテンドースイッチには、撮影したスクショを、ツイッターやフェイスブックに投稿する機能が、最初から備わっています。 私はツイッターに投稿する方法で画像を取得していますので、その方法をご紹介します。 まず、ツイッターのアカウントがない人は、ツイッターのアカウントを取得してください。 私の場合は、ニンテンドースイッチ用のアカウントを新たに取得し、メインアカウントからのみ閲覧できるように設定しています。 メインアカウントを使って投稿してもいいのですが、そうするとメインアカウントのタイムラインがスクショでいっぱいになりそうだったので、一応アカウントを使い分けることにしました。 ツイッターへの投稿は、先ほどのアルバム一覧から、投稿したい写真を選択します。 次に、右下の 投稿や編集(Aボタン)を選びます。 そのまま投稿することもできますし、編集でテキストを入れたりもできます。 テキストは好きな文字を入力したあと、文字の大きさや位置、色を選択できます。 次に投稿先を選択する画面です。 ここではツイッターを選択します。 初めての時は、ニンテンドースイッチとツイッターのアカウントを連携させる必要があるので、パスワード等を入力します。 最後に 「Twitterに投稿する」を選択して終了です。 あとは、スマホやPCでツイッターのタイムラインを開いて、画像を保存すればOK。 いやーこんなに簡単にできるなんて。 3DSでモンハンやってたときなんか、画面をスマホで直撮りしてましたからねw みなさんも是非、ニンテンドースイッチで綺麗なスクショを撮ってみてください! 以上、あぽとらでした。

次の

【AQUOS sense3】スクリーンショット(スクショ)のやり方、保存先を解説

スイッチ スクショ スマホ

簡単!SNS で共有して保存 スマホやパソコンに転送する方法はいくつかありますが、最も簡単なのが SNS へ投稿して、投稿された画像をスマホやパソコンで開いて保存することでしょう。 スイッチのホーム画面の [アルバム]から転送したい画像や動画を選択し、 [ A 投稿や編集]>[投稿]から Facebook や Twitter へ投稿することが可能です。 SNS の場合は Facebook や Twitter アカウントを既にお持ちの方は簡単にできるのではないかと思います。 ただし SNS への投稿の場合、画像が圧縮されてしまって綺麗な画像でなくなる可能性があります。 またインスタグラムなどの SNS に直接投稿することができないので、別の方法をお試しください。 SD カードにデータを保存する方法 スイッチには microSD カードを挿入する場所があり、そこに microSD カードを入れることによって、スイッチ本体に保存してある画像をコピーすることが可能です。 microSD カードに保存してしまえば、パソコンやスマホへのコピーもできるようになります。 とは言っても、スマホ側やパソコン側に microSD カードを挿入する部分がないとダメです。 パソコンに関しては microSD カードを SD カードの大きさに拡張するパーツがあれば対応可能ですし、USB タイプのものもあります。 スポンサーリンク スイッチ本体に保存されている画像を SD カードに保存する 既にスイッチのキャプチャーボタンを使用して画像や動画を保存している場合、それらを microSD カードに一括でコピーすることが可能です。 上記の手順と同様にホーム画面の [設定]>[データ管理]>[画面写真と動画の管理]の画面で、 [本体保存メモリー]を選択します。 [すべての画面写真と動画をSDカードにコピー]を選択すると、スイッチ本体に保存されている画像や動画がコピーされます。 microSD カードからスマホに画像や動画を移すには? スイッチの microSD カードに保存されている写真・画像や動画をスマホに移すには2つの方法があります。 カードリーダーを使う まず1つ目はスマホ用のカードリーダーを使う方法です。 下記のような SD カードリーダーを使うことで、スマホ側に microSD カードを挿入する部分がなくても写真や動画を移動することができます。 こちらのカードリーダーであれば、Micro USB・Lightning USB・Type c にも対応しているため iPhone だけでなく Android 端末にも使用が可能です。 パソコン経由でスマホに移動する もう一つの方法は、一旦パソコンにコピーしてからスマホに移す方法です。 メールで送るなど方法はいくつかありますが、オススメなのは Google ドライブや Dropbox などのクラウドを使用する方法です。 クラウドを使用すればメールでは送信できないような大きなサイズであっても送ることが可能です。 例えば Google ドライブであれば、まずはパソコンから画像を Google ドライブにアップロードしましょう。 アップロードが完了したら、今度はスマホから Google ドライブにアクセスをし、メニューから [ダウンロード]をタップしてスマホに保存します。 クラウドを使用した方法であれば、スマホが Android であっても iPhone であっても関係がないので便利です。

次の

Nintendo Switchでスクリーンショットで撮る方法と写真の確認方法

スイッチ スクショ スマホ

しばらく参照したいスクリーンショットなどは、そのままクラウドストレージにアップロードして短期保存したり、ときにはグループ共有でLINEにアップしたり、メール添付で関係者に送ったりすることもある。 当時は画面上の現在のイメージをプリンターで印刷出力する目的がメインだったが、このPrtScキーはIBM PCをベースとする現在のWindowsパソコンのキーボードにも必ず搭載されており、昨今では多くのユーザが現在の画面上のイメージをストレージにグラフィックイメージで保存することに活用されている。 早いものでWindows時代に入ってすでに35年、Windows環境でもスクリーンキャプチャは仕事にも趣味にもなくてはならない操作であり、PrtSc以外のキーとの組み合わせでより拡張的な操作のできる仕組みや、アプリ等も多く登場してきている。 商品名は「USBフットペダルスイッチ」と命名されている。 同梱品は、本体であるUSBフットペダルスイッチとUSBミニ延長ケーブル、設定ソフトの入った8cm CDの3点だ。 実際に使っているイメージを見るとパソコンが卓上型の電気ミシンになったような雰囲気だ。 だいぶん前から自室の引き出しの奥の奥にしまってあったCD/DVDプレーヤーを苦労して取り出してきたが徒労に終わってしまった。 続いてアプリを起動する。 設定ソフトウェアでUSBフットペダルスイッチで代行設定できるのは、キーボード入力だけではなく、マウス操作入力、文字列の自動入力、マルチメディアのコントロール、ゲームコントローラー入力の全部で5種類のハードウェアの代行入力操作だ。 キーボード入力の代替としてUSBフットペダルスイッチを使う場合は、Alt、Ctrl、Windows 、Shiftの各キーを選択組み合わせが可能だ。 また特殊キー(TABを含むF13〜F24)、コンビネーションキー(COPY、PASTE、半角全角切り替え、印刷、等々)の選択もできる。 年中画面が固まってしまうような危ないお仕事が多いなら、この設定でフットペダルを踏むだけでシステムを再起動することができるはずだ。 マウス操作や文字列自動入力、マルチメディア操作、ゲームパッド操作の代行処理にも興味のあるユーザも多いだろう。 詳細説明は割愛するが、各要素の設定画面は掲載しておきたい。 おおよそのできることは類推できるだろう。 もちろんそれでもメールのフットノートや、常時使うわけではない慣用句等を挿入したいときに使うと楽しいかもしれない。 いつでも設定ソフトで直ぐに書き換えできるので簡単だ。 どれにアサインするか悩みそうな項目が一杯だ さて、PrtScキーを代行するUSBフットペダルスイッチを押すことでキャプチャーした画面イメージは、他のアプリにペーストする目的で、一般的にはクリップボードに一時保管される。 残念ながらWindows 10以前のクリップボードは1画面しか保存できなかったので、最新のキャプチャイメージしか残っていなかった。 複数のフットペダルを使って多機能に活用しているゲームマニアも多そうだが筆者には難しいセグメントだ またWindows 10で、Winキー+PrtSCを押すことで、全画面のスクリーンキャプチャをピクチャーフォルダ内のスクリーンショットフォルダに保存してくれる。 Windowsの進化に伴ってどんどん進化するPrtSCキーの機能拡張だが、モバイルPCを複数台使用している筆者のもっともやりたいことはスクリーンキャプチャのクラウドストレージへの連続自動アップロード保存だ。 当然のことかもしれないがMicrosoftのOneDriveも同じように対応済みだった。 有料契約のないOneDriveでもほぼ同様の設定作業で問題なく機能した。 しかし鈍い筆者にはほかに便利な活用イメージが思い浮かばず、いまのところ、USBフットペダルスイッチを単なるスクリーンキャプチャをDropboxにアップロードするだけの超便利な単能機デバイスとして活用している。

次の