オフパコ とは。 オフパコとは (オフパコとは) [単語記事]

オフパコ (おふぱこ)とは【ピクシブ百科事典】

オフパコ とは

com オフパコの意味 オフパコとは、ネットで知り合った相手と、実際に会って性行為を行うことを意味します。 インターネットを「オンライン」というのに対して現実のことを「オフライン」といい、また、「パコる」は性行為のスラングです。 「オフライン」で「パコる」ことを省略して、「オフパコ」という言葉ができています。 オフパコはなぜ誕生したのか 近年、スマートフォンの利用者が爆発的に増え、SNSなどを通じて人と知り合うのが簡単な世の中になりましたよね。 オフラインではなかなか見つけられなかった自分と同じ趣味を持つ人とも出会えて、仲良くなることもできるようになりました。 なんと最近では、ネットを通じて知り合った相手との付き合いのほうが、リアルの友人よりも気兼ねがなくて心地が良いと感じる人も増えてきているようです。 オフパコが誕生した理由は、このようにネットが出会いの場として使われるようになってきたことにあります。 目的を同じとする相手と知り合いやすくなったことで、同じように性的な欲求を抱える人同士も出会いやすくなったのです。 ネットで出会っただけの相手なら、煩わしい人付き合いをしなくてもよいことも、オフパコの魅力なのでしょう。 面倒なことがなく性的な欲求を手軽に解消したい人にとっては、合意の状態で性行為ができる相手を簡単に探せるため、便利な手段なのかもしれませんね。 com オフパコは手軽に性行為ができるため、欲求のはけ口を探している人にはとても良いものにも感じますが、リスクも存在します。 現時点でオフパコに興味のある人は、面識のない相手と実際に会うことに潜む恐ろしさを認識しておきましょう。 ここでは、オフパコに潜む危険性を4つご紹介します。 世の中にはいろんな価値観を持った人がいますから、「体の関係を持つ=付き合う」という認識をする人だっているのです。 そのため、オフパコ後に相手からひっきりなしに連絡が来たり、ストーカーのように待ち伏せされてしまう可能性もあります。 SNSに居場所がわかるものを載せたり、オフパコ当日に免許証などを見られて個人情報を知られたりすることのないよう注意しましょう。 いわゆるリベンジポルノというもので、特に男性が女性にする場合が多いため、女性は注意しなくてはいけません。 精神的な負担が大きく、苦しい毎日を強いられることになるのは火を見るよりも明らかです。 自分一人では支払いきれないくらいの高額を要求されたら、と思ったら恐ろしいですよね。 借金することになったり、警察沙汰に発展したりする可能性、そして家族や知人に知られてしまう末路だってあり得ます。 非現実的だと馬鹿にせず、一度本当に起こった場合のことを考えてみましょう。 成人していると言っていたのに、会ってみて相手が実は未成年だったとわかる事例もあります。 淫行はバレたら逮捕されてしまいますし、犯罪者として名前がテレビに出てしまうこともありえます。 「相手が誰にも言わなければ」と思っていても、絶対にばれないとは限りません。 また、オフパコした未成年者が他の人ともオフパコしている場合、芋づる式に自分の存在が知られてしまう可能性も高いです。 バレるかもしれないとヒヤヒヤしながら毎日を過ごすのは精神的な負担が大きいです。 合意の上でのオフパコだと自分は感じていても、立場として不利なのは成年者の自分であることを覚えておきましょう。 オフパコにはリスクがつきものであることを分かっていただけたでしょうか。 自分の気持ちを満たすためにオフパコ相手に会ったのに、逆に怖い体験をしなくちゃならないなんて嫌ですよね。 もしこのようなリスクを知ったうえでもオフパコをしたい場合は、 ・相手と普通にコミュニケーションが取れるか ・直感的にでもおかしいと感じることはないか ・本当に合意かどうか これらに気を付けましょう。

次の

オフパコ参加したいという方に。(オフパコとは?)

オフパコ とは

オフパコについて 「オフパコ」とは 通常のナンパとは違い、インターネットを介して誘うことから始まります。 インターネット上で誘い、オフライン(リアル)で実際に相手と会い、セックスをすることをオフパコといいます。 オフパコといっても様々なカテゴリーのようなものがあります。 その中で有名なのが「コスパコ」というコスプレをした上で、オフパコをする行為です。 当サイトでは、 オフパコをメインにコスパコの需要と供給についての情報共有をすることも目的としております。 オフパコって実際にどうすればいいの!? 難しく考える必要はありません。 単純に自分の好み、趣味嗜好が合致する相手を探し、誘うだけです。 「誘うのすら難しい」と思われるかもしれませんが、いきなり直接会って誘う ナンパよりはかなりハードルが低いかと思われます。 相手からしても初見で直接話すよりも、 気兼ねなく本当の気持ちや希望を話してくれる場合が多いのです。 もちろんいきなり「セックスしよう」ではダメですが、それなりにエロにオープンな人が多い界隈ですので、普段よりも 少し積極的に誘ってみるのも良いと思います。 オフパコに興味がある割合は? 年齢や性別にもよりますので一概には言えませんが、一部のアンケート結果では 「オフパコに興味がある」と答えた割合は男性より 女性の方が多かったのです。 これはリアルでのアンケート結果ではなく、インターネット上でのアンケート結果です。 必ずしもそうとは断言できませんが、このような結果が出るということは、少なからず インターネット上での女性の意識・考え方がリアルとは少し異なるということが言えるのではないかと思います。 アンケート結果をグラフにしたものですが、 10%以上女性の方が多いという結果になっていました。 なかなか口に出せないようなことになると、女性はリアルでは消極的になってしまう傾向にありますが、インターネット上では逆に 男性よりも積極的になっているという傾向にあるようです。 オフパコ情報の検索方法 当サイト利用時のオフパコ情報検索方法をご紹介します。 下記の オフパコユーザー性別毎検索と オフパコユーザーの地域別検索をご活用下さい。 オフパコユーザー情報検索 性別 各性別毎に情報を掲載しておりますので、下記リンクよりご希望の条件を選択の上、オフパコ情報をご覧ください。 各地域のオフパコ情報検索 各地域毎のオフパコ情報を掲載しておりますので、下記リンクよりご希望の条件を選択の上、オフパコ情報をご覧ください。 北海道・東北のコスパコ情報• 関東のコスパコ情報• 中部のコスパコ情報• 近畿のコスパコ情報• 中国のコスパコ情報• 四国のコスパコ情報• 九州・沖縄のコスパコ情報• オフパコ界隈でおすすめのサイト情報 オフパコ界隈で噂になっており、新参者も参加しやすいということでかなり利用者が増えているとのことです。 オフパコ希望者たちがこぞっておすすめする、オフパコをする為だけに生まれたようなサイト情報をご紹介いたします。 オフパコ界隈で注目度No1!!

次の

オフパコの意味とは?やり方はあるのか?そもそも都市伝説なのか?

オフパコ とは

1:オフパコって何ですか? では、早速「オフパコ」の意味からみていきましょう。 (1)オフパコとは? ネットに詳しい人は、もはや聞き慣れているであろうこの言葉。 簡単に説明すると、「TwitterやFacebook、ブログなどネット上で仲良くなった相手と直接会ってセックスすること」です。 少し前だったら、そんな危険なことをする人はいるのか?と思ったかもしれません。 しかし最近では、SNSの普及とともに、オフパコという言葉はメジャーになってきています。 SNS上での出会いには、「普段は出会えないような人と出会える」というメリットがあります。 でも、いくらネット上で仲良くなったとはいえ、相手の素性がわからないまま会うのは危険がいっぱい! そう思いませんか? 今回は「気をつけて!」の意味も込めて、「オフパコ」について詳しく紹介していきたいと思います。 (2)どんな人たちがしちゃうの? オフパコは、いったいどんな人たちがするのでしょうか? 少し前であれば本当に一部のコアな人たちがSNS上で集い、そこから実際に会うケースが主流でした。 しかし今では、普通の子も結構オフパコしちゃってるんですよね。 今の時代、SNS上での憧れの人(例えば、Twitterのフォロワーが多い人や人気のインスタグラマーなど)と運が良ければ簡単にやり取りができてしまうんです。 そんな彼らに「会おうよ」と言われれば、危険というよりも喜びの気持ちのほうが大きく、簡単にOKしてしまう女の子も少なくないことが想像できます。 実際に会い、つい流れに身をゆだねてヤッてしまった……。 これも立派なオフパコです。 「自分には無関係」「遠いどこかの話」のように聞こえるオフパコですが、案外身近で起こっていることかもしれません。 とにかく気を付けて! (1)自撮りアイコン 自撮りの男性。 とにかく自分に自信があるのでしょうね。 自信がある男性はガツガツと言い寄ってきたりもするのでご注意を! ちなみに筆者がリサーチした情報によると、大抵、実物は自撮りと違うので信じないほうがいいですよ。 確かに誰でも簡単にサロモができるわけではないですが、わざわざそれがわかるようなアイコンにしなくてよくないですか? 「俺かっこいいよ~」「サロモだよ~」と女性に近づこうとしているのが丸見え! (3)芸能人との2ショ写真 芸能人と撮った写真をアイコンにしている男性。 これ、「俺、こいつと仲いいんっすわ」自慢です。 「俺と仲良くなればコイツ(芸能人)とも会えるよ~」と女性に言い寄ってきてオフパコを狙ってきます。 (4)プリクラアイコン つい騙されてしまうのがプリクラ。 プリクラともなれば、女性だけでなく大抵の男性は美少年風に盛れる! 少し前にTwitter上で、とある男性が女性アカウントにオフパコを誘うDMを送りまくり、それがSNS上に晒されて炎上していました。 この男性のアイコンはプリクラだったんですね。 プリクラの自分を見てイケメンだと勘違いした馬鹿な男。 女性陣にもぜひとも気を付けてもらいたいです。 (5)自分の部屋の夜景アイコン タワーマンションに住んでいる男性は、自分の部屋の夜景をアイコンにしがち。 簡単に言うと「タワマン自慢」ですね。 「僕の家、窓からの夜景綺麗だよ~」「いつでも遊びにおいでね」なんて言葉に騙される女もいるんです。 (6)露出多めアイコン 露出の多めのアイコン。 女性でいうと、水着の写真をアイコンにする女性は裸になることに躊躇がありません、そのためビッチ率も高めだと筆者は考えています。 男性も同じで露出度の高い自分の写真をアイコンにしている人は、やりたがりのオフパコラーが多い! (7)似ている芸能人アイコン 自分が似ていると言われる芸能人の写真をアイコンにする男性。 特にジャニーズなど、それでジャニオタを釣ることが多いです。 絶対にアイコンに騙されないでくださいね! (8)アソコの写真 たまにやばいアカウントってありますよね。 最近では不適切なアカウントとして摘発されるようにはなりましたが、確実に怪しい奴です。 気を付けましょう! 3:気を付けて!オフパコを狙っている男の特徴「コメント」編8つ お次はコメント編。 基本的に、知り合いでもない相手がコメントしてくること自体、みんなオフパコを狙っていると思ってもいいくらい警戒はしておいたほうがいいです。 (1)「可愛い~」 ちょっと写真載せただけで「可愛い~」ってコメントしてくる男。 言われてうれしいですかね? 筆者は、正直気持ちが悪いと思います。 そういう男性って他の女性にも同じコメントしてますよ。 いろんな女性に同じことを言っているのか!と思うとますます気持ちが悪い! そんなことで落とせるとでも思ってるのでしょうか? 気を付けてください! (2)「尊敬してま~す」 「尊敬してます」と少し下から目線のコメント。 下から目線で相手を安心させておいて、実際に会ったらガツガツくるパターンかもしれません。 腰の低いコメントもご注意を。 (3)「僕も行きたい!」 旅行先やカフェの写真を載せたときに「僕も行きたい!」とコメントしてくる男性。 「だから?」と言いたくなってしまいます。 彼らは「今度一緒に行こう」とでも言ってもらいたいのでしょう。 下心丸見えで気持ち悪い! (4)「そんなことないですよ~」 SNSでは、時にネガティブな発言をしてしまうこともあると思います。 そこに出てくるのがオフパコラー。 ネガティブな発言に対して「そんなことないよ!」とわざわざ慰めてくれます。 そんなアカウントに心を……開いてはいけませんよ! みんなヤリたいだけですから。 (5)「この服どこどこのですよね?」 同じ趣味を探ってくるようなコメントをしてくる男性も要注意。 少しでも共通の趣味を見つけて会話を盛り上げて、必死で仲良くなろうとしてきます。 (6)「おっぱい見せてください」 もうこれは完全にアウト。 通報レベルです。 いったい何を考えているんでしょうか? ダメ元で言いまくっていたら、答えてくれるような女性を探しているのでしょうか。 「〇〇とは友達でもお前のことは知らねーよ!」と言いたいところ。 その〇〇が、自分の友達だからといって安心してはいけませんよ! 相手が本当にその友達の友達なのかはわかりません! (8)「芸能活動に興味はありませんか」 たまに芸能界にスカウトするかのようなコメントで釣ろうとしてくる男性も。 アイドルになりたい若い子なんかは騙されやすい。 大手がこんなスカウトをするはずがありません。 SNSは危険がいっぱい! 本当に気を付けてください! 4:気を付けて!オフパコを狙っている男の特徴「メッセージ」編8つ お次はメッセージ。 コメントとは違い、他人には見えない場でのやり取りです。 オフパコ男はこのように接触してきます。 (1)「会いたい」 少しやり取りをして仲良くなったと思ったら、すぐに「会いたい」と言ってきます。 「会って話したほうが、話がしやすい」だとか「顏が見たい!」とか。 「会いたい=ヤリたいだけ」。 何度も言いますが、本当に気を付けてくださいね。 (2)「好きです」 会ったこともないのに「好きです」と言ってくる男性。 好きだけならいいです、「付き合いたい」とまで言ってくる男性は要注意。 しつこさのあまり、気がなくても「OK」などしてしまうと、ストーカーにもなりかねません。 それにSNS上だとしても「付き合っているから」という理由で体の関係を求めてくるケースも。 (3)「いいカラダしてるね」 コメントと違いメッセージは当事者以外は誰も見れません。 なのでガチで口説いてくるオフパコラーも多いです。 例えば「いいカラダしてるね」など。 コメントでは言いずらいことを平気で言ってきます。 マジでスタイルがいいと思って褒めていると思ってますか? 違います! 彼らはヤリたいだけの男たちなのです。 (4)「今度ご飯ご馳走するよ」 タダより怖いものはないですからね! 今度ご飯へ行こうと言われてもその話に乗ってはいけません。 例えSNS上で仲が良くても、ご飯だけなんてありえない! ご飯だけからキスだけから、先っぽだけ……。 これが彼らの策略です。 (5)「家の近くまで行きますよ」 「家の近くまで行くので会いたい」とメッセージを送ってくる人もいます。 こちらからするといい迷惑です。 最寄り駅まで来られてしまえば、追い返すわけには行かないですよね……。 自分がどこに住んでいるか見知らぬ人には簡単に教えないようにしましょう。 (6) 写真付きで)「どうでしょう?」 タチの悪い変態は、自分の下半身の写真を送り付けてきたりします。 写真付きで「どうでしょう?」なんて、本当に気持ち悪い……。 あわよくば彼らはオフパコできればラッキー、それよりも自分のモノを見られていることに興奮するのです。 絶対にそんなメッセージに反応しないこと! 静かに通報しましょう。 (7)「夜は忙しいんですか?」 やたらと夜の予定を聞いてくるような人。 初対面であれば、せめて会うならば昼間だと思うんです。 いきなり、いつの夜が空いているかを聞いてくるような男性もヤリたがりのオフパコラー。 (8)「彼氏はいるんですか?」 「彼氏=セックスパートナー」はいるか?ということです。 「いる」と言えばあきらめるかもしれませんが、「いない」といえばそのポジションを狙ってしつこく口説いてくるでしょう。 いなくても、「いる」と言ってしまったほうがいいかもしれませんね。 5:「オンパコ」ではなく「オフパコ」 なぜ「オンパコ」とはいわずに「オフパコ」と言うのか? 疑問に思った人も多いと思います。 いくらSNS上で仲が良くなったとはいえ、実際に会ったことのない相手と2人で会うのは注意が必要です。 どうしても会わなければならなくなった場合は、1人ではなく、誰かと一緒に昼間、人が多いところで会うようにしましょう。 また、近年ではSNSを悪用した性犯罪も多く発生しています。 自分が犯罪に巻き込まれる可能性だってゼロではありません。 重々注意してSNSを利用するようにしてくださいね。 この記事を書いたライター 桃倉もも M. Momokura 法学部卒。 ミスID2019ファイナリスト。 実家で仔犬を飼ってます。 好きな人とする旅が好き。 太陽よりもその光の反射で輝く月が好き。 そこまで世界平和を望んでません。 自分が平和ならそれでよし。

次の