福岡県うきは市吉井町。 福岡県うきは市吉井町

福岡県うきは市吉井町で瞑想できる民泊はじめます

福岡県うきは市吉井町

5万円 65. 5万円 65. 5万円 65. 参考賃料 6. 2万円 ~ 7万円 65. 参考賃料 6. 2万円 ~ 7万円 65. 参考賃料 6. 2万円 ~ 7. 1万円 65.

次の

うきは市吉井町売地(うきは市)の売買情報|駅前不動産

福岡県うきは市吉井町

この項目では、福岡県にあった自治体について説明しています。 同名の他の自治体については「」をご覧ください。 29 総人口 17,182人 (、2005年3月1日) 隣接自治体 ・・・・ 町の木 ・ 吉井町役場 所在地 〒839-1393 福岡県浮羽郡吉井町大字新治316番地 外部リンク 座標 東経130度45分 北緯33度20分 吉井町(よしいまち)はにあった、および現在のにおける旧同町町域の地域。 に同郡とし、として市制施行したため、自治体としては消滅した。 合併後の人口は約3万4000人。 現在、町役場はうきは市役所吉井庁舎(議会設置庁舎)となり、業務が行われている。 地理 [ ] 福岡県中南部()、の南東約40km、中心部から東に約25kmの場所に位置しており、現在のうきは市の北西部にあたる。 町の北部をが、町の中央部をがそれぞれ東西に流れている。 北部から中央部にかけてはの東端部にあたり比較的平坦な地形で、南部はの一角を占めており山がちな地形である。 中心部は町の中央部にある。 隣接していた自治体 [ ]• 浮羽郡• (現・うきは市浮羽町)• (現・久留米市田主丸町)• (現・朝倉市朝倉町)• (現・朝倉市杷木町)• 現・八女市星野村 歴史 [ ] 近現代 [ ]• - 町村制施行により 吉井町・・・、が発足。 - 生葉郡と竹野郡が合併してとなる。 - 吉井町・千年村・江南村・福富村・船越村の一部が新設合併し、吉井町が発足(船越村の他の地域はへ編入)。 1955年 - 田主丸町の一部を編入。 2月26日 - 浮羽郡田主丸町と境界変更。 - 及び浮羽郡田主丸町と境界変更。 - 浮羽郡と境界変更。 - 浮羽町と新設合併して市制施行、 となり消滅。 経済 [ ] 産業 [ ] 農業 『大日本篤農家名鑑』によれば吉井町のは、「橋詰好、橋詰又三郎、原吉徳、原皎、鳥越新七、鳥越密三郎、鳥越吉太郎、彌吉澤次郎」などである。 橋詰又三郎、、矢野静一は農業を営み、福岡県多額納税者であった。 商工業• 籠田秀一()• 籠田旨(製造)• 行徳浪三郎(砂糖)• 久保田恵三郎(煙草元売捌)• 熊谷惣七(製造)• (米穀)• (ジャーナリスト鳥越俊太郎の祖父、 、米穀、鳥越製粉社長)• (素封家の長男、酒造)• 原皎(煙草元売捌)• 藤山忠七(、洋物)• 松田寛一(酒造)• 彌吉勘吾(酒造)• 彌吉澤次郎()• 彌吉久吾(福岡県多額納税者、製蝋)• 矢野甚一()• 矢野静一(薬品、洋品、飲料水)• 矢野友吉()• 矢野玄三(福岡県多額納税者、酒造)• 矢野善三(会社員)• 安武榮(仲買) 地域 [ ] 教育 [ ] 高等学校 [ ]• 小・中学校 [ ]• 吉井中学校• 千年小学校• 吉井小学校• 福富小学校• 江南小学校 いずれも吉井町立から合併によりうきは市立となった。 交通 [ ] 鉄道 [ ]• (JR九州)• バス路線 [ ] 一般路線バス [ ]• - 吉井町 -• 久留米市 - 吉井町 - 浮羽町 - 道路 [ ] 一般国道 [ ]• 県道 [ ] 主要地方道• 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ]• 75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。 2018年12月13日閲覧。 2018年12月13日閲覧。 2017年12月21日閲覧。 参考文献 [ ]• 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。 帝国実業奨励会編『福岡県壱万円以上実業家資産名鑑と大日本富豪家蓄財の経歴 大正11年8月現在』若越書院、1922年。 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

吉井町 (福岡県)

福岡県うきは市吉井町

うきは市吉井町富永の法華原地区に、3本の巨大なシダレザクラを中心にした「法華原華庭園」がオープンした。 貴重な桜を保存し、周辺にある遺跡群と一体的な地域おこしを図ろうと、地元住民でつくる「身延のしだれ桜と福富法華原を守る会」(武内健剛会長)が整備した。 24日、開園祭を開く。 桜があるのは鎮西身延山本佛(ぶつ)寺(同市浮羽町流川)の飛び地。 同寺の信仰者だった田中将善さんが1961年に山梨県の身延山久遠寺を参拝し「全国しだれ桜10選」の一つである寺のシダレザクラの種を持ち帰って育てた。 現在は高さ約10メートルに成長した。 本佛寺信徒や近隣住民には「身延桜」の名称で親しまれてきたものの、市内でも知る人は少数派。 3年前に初めて目にした武内会長(53)も「狭い路地の先、訪れる人を待っていたかのように現れる壮大な姿に感動した」と振り返る。 シダレザクラ周辺の耳納連山北麓の一帯は「法華原」と呼ばれ、縄文時代の土器や石器が出土し、彩色壁画で有名な国史跡「珍敷塚古墳」などがある。 「自然と歴史に恵まれた法華原を訪ね歩く拠点になれば」と武内会長。 約30人による守る会を結成し、古い建物の取り壊しや整地、休憩施設や案内板も設けた。 市のふるさと創生基金約1千万円を活用した。 開園祭は午後1時開会。 飲食物の販売やコンサート、夜桜ライトアップなどを予定する。 武内会長は「花はちょうど見頃の時季。 見る人を包み込むように咲くシダレザクラの魅力を満喫してほしい」と話している。 地域住民によるイベントやライトアップの情報も掲載しており「市内には桜の名所が多く、フルーツの里の新たな魅力を満喫してほしい」と話している。 MAPはA4カラー判。 浮羽町流川地区の巨瀬川堤防に2キロ続く約350本の桜並木、約90本の鳥居と約300段の階段が連なる浮羽稲荷神社のサクラなど15カ所を紹介し、このうち11カ所は写真を載せている。 裏面には花見の時季に合わせたライトアップや出店、無料シャトルバス(31日と4月1日)の運行情報も案内している。 5000部作成し、観光会館「土蔵」や道の駅うきはで配布するほか、市ホームページからもダウンロードできる。

次の