コールマン コンパクト スモーカー。 【楽天市場】コールマンジャパン コールマン Coleman コンパクトスモーカー 2000031269

アウトドア料理がもっと楽しくなる!コールマンのコンパクトスモーカー!

コールマン コンパクト スモーカー

料理を作るより断然簡単ですよ。 そして最高のつまみができる。 4〜5人分の燻製なら十分に作れるので、グループやファミリーキャンプにもおすすめですよ。 密閉できるため臭いを気にすることもなく「ご家庭でもお気軽に」とのことだけど、ぶっちゃけおすすめできません。 簡単に燻製を楽しみたい人:がおすすめ ちょっとこだわってみたい人:がおすすめ って感じです。 コールマン コンパクトスモーカーを使う際の注意点 僕が感じた注意点を3つ挙げます。 コンパクトなスモーカーなので、強火でガンガン煙を出すと燻し過ぎます。 弱火で程よく燻すのがおすすめです。 人間って単純なもので、持ち手がないと当たり前のように本体を持ちます。 熱いのに。 僕は今まで3回くらい「そろそろできたかな?バーナーから下ろすか、、、アッッッッツ!!!」ってなりました(アホなだけ?) 自分がアホだと思う人は、念の為気をつけておいてください笑。 収納時はふたを逆さまにかぶせるので、この取っ手が内側に向いて収納されます。 洗った後水気が残っていると、木の取っ手ににカビが生えます。 以上、注意点と言うほどじゃないかもですが、僕が経験上気をつけていることを挙げてみました。 コールマン コンパクトスモーカー レビュー :まとめ 本記事では、コールマンのをレビューしてきました。 とにかく簡単に燻製を作れて、コンパクトに収納できるお手軽スモーカーです。 これ一台あればキャンプのつまみレベルが爆上がり。 燻製未経験の友達とか、めっちゃ喜んでくれますよ! ぜひ、最高のつまみを作って楽しい宴にしてください! それでは!.

次の

燻製器のおすすめ人気モデル20選。キャンプならではの調理をお手軽に堪能

コールマン コンパクト スモーカー

コールマン ステンレススモーカー2のレビュー 特徴 ・温燻製、熱燻製、冷燻製対応の万能な燻製機 ・ステンレス製なので、軽くて丈夫 ・シンプルなので取り扱いやすく、初心者でも簡単に燻製ができる スモークウッド、チップを出し入れしやすい窓付き 下部が開くので、スモークウッド、スモークチップを簡単に出し入れすることができます。 二段棚式で一度に大量のスモークが可能 蓋には、吊り下げれるように棒があるので、付属のフックで食材を吊り下げます。 温度計付き 温度計付きでしっかりと温度管理ができます。 細かいデザインもかわいい コールマンのロゴマークのランタン型の空気口が超可愛い! 必要なもの・用意するもの こちらの商品にはスモークウッドやスモークチップが付属していないので、別途で買う必要があります。 スモークウッドの種類も「」「」「」「」「」「」「」などいろいろな種類があるので、食材に合わせて試してみたいですね! 燻製を始める前の注意 また、燻製を初めてする場合に一番苦戦すると思われるのが、 スモークウッドに火をつける工程です。 ぼくが唯一苦戦したところなのですが、 チャッカマンやライターなどの弱い火力の場合だと、なかなか火がつかないです。 ステンレススモーカー2の使い方 1. 食材をセットする 大きい食材は、蓋の裏にぶら下げて、 全体をスモークするようにするのがいいですね! 2. 火をつけたスモークウッドを下皿にセットする 写真では一部しか燃えていないですが、立ち消えしないコツは スモークウッドの全体を満遍なく炙ることです。 お好みの時間、燻製させる チーズやえだまめなどやわらかいものは、30分-1時間もあれば充分です。 ソーセージやベーコンなどの肉厚なものは、1時間30分-2時間くらいの時間くらいが目安です。 スモークウッドを使用する場合は、パッケージに目安時間が書いてますのでよく見て買うようにしましょう。 燻製完了! 食材をセットして、スモークウッドに火をつけてしまえば、あとは放置して待つだけなのでとても簡単ですね! 燻製料理めっさうまい! ステンレススモーカー2の気に入ったところ デザイン性 コールマンのロゴのランタンの形をしたデザインの空気穴が最高に可愛いです。 全体のフォルムも温度計などを含めて、かっこいいデザインです。 スレンレス製は軽くて丈夫 ステンレス製なので、本当に軽いです。 バーベキューのついでに持っていきやすいです。 準備が簡単 セットが簡単なので、着いてすぐに燻製を始めることができます。 汚れが落ちやすい 今の所(3回使用)燻製のスス汚れも簡単に落ちます。 ステンレス製なので、汚れてくすんできたらで磨いて落とせるかなと思っています。 ステンレススモーカー2の気になったところ 持ち運びがしづらい このには取っ手が付いているのですが、持ち歩くとき用の取っ手ではないため短く、持ち歩きにくいです。 持ち運ぶときは、抱きかかえるかたちにになってしまいます。 車からキャンプ場まで少し距離がある場合は、何かカートか、このスモーカーを収納できるサイズの袋かバッグを用意した方がいいです。 持ち運ぶ時に便利なのはこれ 車からキャンプ場から荷物を運ぶ時にあったらうれしいのがこのワゴンタイプですね。 燻製機は自宅でも使える? スモークウッドを使用する温燻の場合 こちらのスモーカーをスモークウッドで使用した温燻で自宅で試したのですが、煙が出るので2,3日は部屋に匂いがつきますが、普段自宅で、焼肉などの煙や匂いがでるものをする人は抵抗なく使用できるかと思います。 自宅でやる場合は、コンロの上に置き、換気扇を回すのがベストかと思います。 ベランダやバルコニーでやる場合はマンションの場合は規約を守り、戸建ての場合はご近所に配慮して楽しむことが必要です。 スモークチップを使用した熱燻の場合 スモークチップ は別途で熱源が必要となりますが、スモークウッドとはまたちがって面白いのでぜひチャレンジしてみてください。 他の燻製機を試した記事はこちら.

次の

アウトドア料理がもっと楽しくなる!コールマンのコンパクトスモーカー!

コールマン コンパクト スモーカー

コールマン ステンレススモーカー2のレビュー 特徴 ・温燻製、熱燻製、冷燻製対応の万能な燻製機 ・ステンレス製なので、軽くて丈夫 ・シンプルなので取り扱いやすく、初心者でも簡単に燻製ができる スモークウッド、チップを出し入れしやすい窓付き 下部が開くので、スモークウッド、スモークチップを簡単に出し入れすることができます。 二段棚式で一度に大量のスモークが可能 蓋には、吊り下げれるように棒があるので、付属のフックで食材を吊り下げます。 温度計付き 温度計付きでしっかりと温度管理ができます。 細かいデザインもかわいい コールマンのロゴマークのランタン型の空気口が超可愛い! 必要なもの・用意するもの こちらの商品にはスモークウッドやスモークチップが付属していないので、別途で買う必要があります。 スモークウッドの種類も「」「」「」「」「」「」「」などいろいろな種類があるので、食材に合わせて試してみたいですね! 燻製を始める前の注意 また、燻製を初めてする場合に一番苦戦すると思われるのが、 スモークウッドに火をつける工程です。 ぼくが唯一苦戦したところなのですが、 チャッカマンやライターなどの弱い火力の場合だと、なかなか火がつかないです。 ステンレススモーカー2の使い方 1. 食材をセットする 大きい食材は、蓋の裏にぶら下げて、 全体をスモークするようにするのがいいですね! 2. 火をつけたスモークウッドを下皿にセットする 写真では一部しか燃えていないですが、立ち消えしないコツは スモークウッドの全体を満遍なく炙ることです。 お好みの時間、燻製させる チーズやえだまめなどやわらかいものは、30分-1時間もあれば充分です。 ソーセージやベーコンなどの肉厚なものは、1時間30分-2時間くらいの時間くらいが目安です。 スモークウッドを使用する場合は、パッケージに目安時間が書いてますのでよく見て買うようにしましょう。 燻製完了! 食材をセットして、スモークウッドに火をつけてしまえば、あとは放置して待つだけなのでとても簡単ですね! 燻製料理めっさうまい! ステンレススモーカー2の気に入ったところ デザイン性 コールマンのロゴのランタンの形をしたデザインの空気穴が最高に可愛いです。 全体のフォルムも温度計などを含めて、かっこいいデザインです。 スレンレス製は軽くて丈夫 ステンレス製なので、本当に軽いです。 バーベキューのついでに持っていきやすいです。 準備が簡単 セットが簡単なので、着いてすぐに燻製を始めることができます。 汚れが落ちやすい 今の所(3回使用)燻製のスス汚れも簡単に落ちます。 ステンレス製なので、汚れてくすんできたらで磨いて落とせるかなと思っています。 ステンレススモーカー2の気になったところ 持ち運びがしづらい このには取っ手が付いているのですが、持ち歩くとき用の取っ手ではないため短く、持ち歩きにくいです。 持ち運ぶときは、抱きかかえるかたちにになってしまいます。 車からキャンプ場まで少し距離がある場合は、何かカートか、このスモーカーを収納できるサイズの袋かバッグを用意した方がいいです。 持ち運ぶ時に便利なのはこれ 車からキャンプ場から荷物を運ぶ時にあったらうれしいのがこのワゴンタイプですね。 燻製機は自宅でも使える? スモークウッドを使用する温燻の場合 こちらのスモーカーをスモークウッドで使用した温燻で自宅で試したのですが、煙が出るので2,3日は部屋に匂いがつきますが、普段自宅で、焼肉などの煙や匂いがでるものをする人は抵抗なく使用できるかと思います。 自宅でやる場合は、コンロの上に置き、換気扇を回すのがベストかと思います。 ベランダやバルコニーでやる場合はマンションの場合は規約を守り、戸建ての場合はご近所に配慮して楽しむことが必要です。 スモークチップを使用した熱燻の場合 スモークチップ は別途で熱源が必要となりますが、スモークウッドとはまたちがって面白いのでぜひチャレンジしてみてください。 他の燻製機を試した記事はこちら.

次の