ドラクエ スーパー ライト ハーゴン。 【DQMSL】ハーゴンの杖(SS)の能力とおすすめの錬金効果

【DQMSL】「超魔王」邪神官ハーゴン(SS)の評価とステータス

ドラクエ スーパー ライト ハーゴン

クエスト評価 9. 5点 クエスト: 6. 0点 クエスト: 4. 味方全体のMPを回復させる点が極めて強く、長丁場のクエストで、まずMPが枯渇する心配がない。 回復役として必須級の性能を誇る。 狂信のチカラで偶数ターンに能力アップ ハーゴンは全体的にステータスが高く、特性に「狂信のチカラ」を持つ。 高いステータスをさらに強化でき、長期戦で非常に役立つ特性だ。 いきなりマインドバリアで行動停止を防ぐ 特性の「いきなりマインドバリア」は、 バトル開始時に発動し、3ターンの間、行動停止を防ぐ。 「はげしいおたけび」などの行動停止系特技を対策できるのは強みだ。 全系統の呪文ダメージ18%アップ 賢さが高く、リーダー特性に「全系統の呪文ダメージ18%アップ」を持つ。 基本的には回復役としての起用だが、呪文パーティのリーダーとしても使える一面がある。 闘技場の評価 耐久パーティでしか使い道はない ハーゴンは「イオグランデ」などの強力な呪文を覚えるが、攻撃手段がそれしかないので、闘技場での起用は不向き。 ただ、メタルカイザーなどの耐久パーティで長期戦に持ち込む場合は、「邪神への祈り」主体の回復役として使えなくはない。 ハーゴン 新生転生 の弱い点 状態異常に陥りやすい ハーゴンは「いきなりマインドバリア」で行動停止は防げるものの、 マヒや眠り、混乱などの状態異常には陥ってしまう。 それらの特技を多用してくる相手とは相性が良くない。 HPがやや低め 全体的にステータスは高いものの、HPがやや低い点が気になる。 ダークドレアムサンドのパーティで使う場合は問題ないが、HPアップのリーダー特性の恩恵がないと倒されやすい。

次の

【DQMSL】ハーゴン(新生転生)の評価とおすすめ特技

ドラクエ スーパー ライト ハーゴン

クエスト評価 9. 5点 クエスト: 6. 0点 クエスト: 4. 味方全体のMPを回復させる点が極めて強く、長丁場のクエストで、まずMPが枯渇する心配がない。 回復役として必須級の性能を誇る。 狂信のチカラで偶数ターンに能力アップ ハーゴンは全体的にステータスが高く、特性に「狂信のチカラ」を持つ。 高いステータスをさらに強化でき、長期戦で非常に役立つ特性だ。 いきなりマインドバリアで行動停止を防ぐ 特性の「いきなりマインドバリア」は、 バトル開始時に発動し、3ターンの間、行動停止を防ぐ。 「はげしいおたけび」などの行動停止系特技を対策できるのは強みだ。 全系統の呪文ダメージ18%アップ 賢さが高く、リーダー特性に「全系統の呪文ダメージ18%アップ」を持つ。 基本的には回復役としての起用だが、呪文パーティのリーダーとしても使える一面がある。 闘技場の評価 耐久パーティでしか使い道はない ハーゴンは「イオグランデ」などの強力な呪文を覚えるが、攻撃手段がそれしかないので、闘技場での起用は不向き。 ただ、メタルカイザーなどの耐久パーティで長期戦に持ち込む場合は、「邪神への祈り」主体の回復役として使えなくはない。 ハーゴン 新生転生 の弱い点 状態異常に陥りやすい ハーゴンは「いきなりマインドバリア」で行動停止は防げるものの、 マヒや眠り、混乱などの状態異常には陥ってしまう。 それらの特技を多用してくる相手とは相性が良くない。 HPがやや低め 全体的にステータスは高いものの、HPがやや低い点が気になる。 ダークドレアムサンドのパーティで使う場合は問題ないが、HPアップのリーダー特性の恩恵がないと倒されやすい。

次の

ドラクエスーパーライト(DQMSL)攻略Wiki

ドラクエ スーパー ライト ハーゴン

クエスト評価 9. 5点 クエスト: 6. 0点 クエスト: 4. 味方全体のMPを回復させる点が極めて強く、長丁場のクエストで、まずMPが枯渇する心配がない。 回復役として必須級の性能を誇る。 狂信のチカラで偶数ターンに能力アップ ハーゴンは全体的にステータスが高く、特性に「狂信のチカラ」を持つ。 高いステータスをさらに強化でき、長期戦で非常に役立つ特性だ。 いきなりマインドバリアで行動停止を防ぐ 特性の「いきなりマインドバリア」は、 バトル開始時に発動し、3ターンの間、行動停止を防ぐ。 「はげしいおたけび」などの行動停止系特技を対策できるのは強みだ。 全系統の呪文ダメージ18%アップ 賢さが高く、リーダー特性に「全系統の呪文ダメージ18%アップ」を持つ。 基本的には回復役としての起用だが、呪文パーティのリーダーとしても使える一面がある。 闘技場の評価 耐久パーティでしか使い道はない ハーゴンは「イオグランデ」などの強力な呪文を覚えるが、攻撃手段がそれしかないので、闘技場での起用は不向き。 ただ、メタルカイザーなどの耐久パーティで長期戦に持ち込む場合は、「邪神への祈り」主体の回復役として使えなくはない。 ハーゴン 新生転生 の弱い点 状態異常に陥りやすい ハーゴンは「いきなりマインドバリア」で行動停止は防げるものの、 マヒや眠り、混乱などの状態異常には陥ってしまう。 それらの特技を多用してくる相手とは相性が良くない。 HPがやや低め 全体的にステータスは高いものの、HPがやや低い点が気になる。 ダークドレアムサンドのパーティで使う場合は問題ないが、HPアップのリーダー特性の恩恵がないと倒されやすい。

次の