らい ん ペイ。 楽天ペイ

もらって、うれしい。デジタルギフト

らい ん ペイ

もくじ• 「PayPayボーナス」とは? 「PayPayボーナス」とは、PayPayを支払いに使用して ポイント還元が付与された時、受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」と呼びます。 毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗などで購入決済を行うと、この「PayPayボーナス」が付与される形になります。 この「PayPayボーナスライト」はかつての「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもの。 こちらも「PayPayボーナス」と同様に特典やキャンペーンへの参加によって付与される形態のポイントです。 ただし 「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、 消滅してしまいます。 ただし、複数の種類の残高を所持していたとして支払い時に優先して使用される順番は、• PayPayボーナスライト• PayPayボーナス• PayPayマネーライト• PayPayマネー となりますので、PayPayボーナスライトの付与後、PayPayを定期的に使用していれば残存していたPayPayボーナスライトが消滅してしまう(勿体ないことになってしまう)リスクは低くなります。 とはいえ、そこまで長い期限のものではありませんので、消滅タイミングに気をつけながらできるだけ使い切ってしまうほうがお得ですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 旧仕様からの変更点 PayPayボーナス、新登場のPayPayボーナスライトが旧仕様からどのような変更点があったかまとめてみます。 【PayPayボーナス】有効期限が無期限に 今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、 7月29日の名称変更のタイミングで有効期限が撤廃されました。 ですので、ポイント還元が行われ蓄積していたPayPayボーナス残高はそのまま使用せず持ち続けることができます。 とはいえ、そもそもPayPayがサービス開始して1年も経たずして有効期限が撤廃されていますので、今思えば、 有効期限を気にする必要が全く無かった、、、という結論になります。 【PayPayボーナスライト】名称変更のみ 「PayPayボーナスライト」ですが、 機能や仕様としてなにか変わったことがあるのかと言うと、「特になし」という現状です。 ただし、7月29日から実装される「PayPayボーナスライト」が実質的にはこのタイミングでの初登場となり、 60日間という短い有効期間という特性を持っていますので、今後キャンペーンなどでPayPay側がどのような使い方を消費者に提案してくるのかが楽しみですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 変更のメリットは? 今回の名称変更でユーザー側にあるメリットを挙げてみます。 PayPayボーナスの有効期限が2年間から無期限に変更。 上記でも言及している通り、7月29日の名称変更のタイミングで「PayPayボーナス・ライト」双方で変わった仕様と言えば、 「PayPayボーナス」の使用期限が撤廃されたこと、のみとなります。 以前の仕様では「2年の有効期限」でそこまで急いで使用する必要がなかったものですが、やはり「期限が撤廃された」というのは心理的な安心感として大きいですね。 PayPayボーナスライト向けキャンペーンに期待 また、PayPayボーナスライトはそれ自体が登場した段階で「有効期限が60日」という猶予の短いポイント付与ははじめての試みになります。 「60日限定!」と言われると、「早めに使わなきゃ!」となるため 実店舗への来店誘導力では他のポイントよりも高くなることが予想されますので、積極的なキャンペーン利用が展開されると予想されています。 今の所「PayPayボーナスライト」を付与する企画は公開されていませんが、今後のプレスリリースに期待ですね! PayPayボーナス・ボーナスライトの貯め方・使い方 特典やキャンペーンなどから付与される 「PayPayボーナス」は従来と変わらず、購入時のポイント還元やキャンペーン企画で一定の条件をクリアした時に付与されます。 こちらをご覧いただくと、 いずれも付与は「PayPayボーナス」であることが明記されています。 今後もおそらく今までのようなキャンペーンでのポイント付与は「PayPayボーナス」である可能性が高いと思われます。 通常のチャージ金額(PayPayマネー・マネーライト)のように買い物に使用可 特典やキャンペーンなどで付与されたPayPayボーナス・ボーナスライトは通常のコンビニなどでの買い物でもポイント消費する形で使用できます。 また、や、ボーナスなどを混在して所持していた場合、消費する優先順位としては、 ボーナスライト>ボーナス>マネーライト>マネー の順番になることが予想されています。 「送る」「わりかん機能」は使用不可 他ユーザーに送金する「送る」機能や飲み会後などに使用できる「わりかん」機能については、PayPayボーナス・ボーナスライトいずれも使用できません。 自分が送金する側に回った時は、 にチャージを行なってから送金処理するようにしましょう。 【PayPayボーナスライト】注意事項 PayPayボーナスライトの注意事項として、2019年8月1日以降、「PayPayボーナスライト」を利用するには、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要とのこと。 連携されていない場合でもYahoo! JAPANで付与処理を行った日から有効期限は60日間となります。 連携が行われたタイミングで有効期限が設定されるわけではありませんので、お早めにYahoo! JAPAN IDと連携してください。 かなり名称変更・仕様変更が頻繁に行われているところを見ると、 運営陣はかなり慌ただしく、Yahoo! 内サービスの統廃合を議論していることが分かります。 とはいえ、いち消費者にとってみれば、ようやく覚えたサービス内の名称がコロコロ変わってしまうと、「決済」という繊細なサービスだけあって使用に腰が引けてしまうことも考えられます。 できれば、各部名称はシンプルに「還元率」だけ他社競争を頑張っていただきユーザーメリットを出していただけるとありがたいですね!!.

次の

Airペイ

らい ん ペイ

現在モバイルSuicaをご利用のお客様も、楽天ペイアプリ上でご利用中のモバイルSuicaを連携登録することで、楽天ペイのSuicaをご利用いただけます。 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 すでにモバイルSuica以外の交通系ICカードをご利用の場合、端末によってはモバイルSuicaをご利用できない場合がございます。 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)のみとなります。 1回の入金(チャージ)額は、1,000円以上1円単位で指定できます。 入金(チャージ)上限額は、携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円です。 電波が届く場所でご利用ください。 一旦入金(チャージ)した金額は、モバイルSuica会員からの退会時を除き、払いもどしはできません。 誤って入金(チャージ)しないようにご注意ください。 SuicaおよびモバイルSuicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 「Suicaのペンギン」は東日本旅客鉄道株式会社のSuicaのキャラクターです。 その為、楽天ペイのSuicaをご利用いただくことで、いつものお支払いに加え、電車・バスでのご利用もいだけます。 【注意事項】• 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 すでにモバイルSuica以外の交通系ICカードをご利用の場合、端末によってはモバイルSuicaをご利用できない場合がございます。 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)のみとなります。 1回の入金(チャージ)額は、1,000円以上1円単位で指定できます。 入金(チャージ)上限額は、携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円です。 電波が届く場所でご利用ください。 一旦入金(チャージ)した金額は、モバイルSuica会員からの退会時を除き、払いもどしはできません。 誤って入金(チャージ)しないようにご注意ください。 その他Suicaについてのご質問は 本人認証サービス 3Dセキュア とは何ですか? オンライン決済時、暗証番号とは別にお客様ご自身で設定された「本人認証パスワード」をご入力いただくことで、不正利用等を未然に防止するサービスです。 その他本人認証サービス 3Dセキュア についてのご質問は 楽天ペイで楽天ポイントを使ったり、貯めたりすることは出来ますか? 楽天ペイでは楽天ポイントをいつものお支払いで「使う・貯める」ことが出来ます。 また、ご利用いただけるポイントは「通常ポイント・期間限定ポイント」の2種類となります。 その他楽天ポイントついてのご質問は 楽天ペイにチャージできる方法は、どういった方法がありますか? 楽天ペイへチャージいただける方法は下記三つになっております。 楽天カード• 楽天銀行• ラクマの売上金 その他チャージについてのご質問は 楽天ペイでは、どういった支払い方法がありますか? 楽天ペイでのお支払い方法は下記となります。 QR読み取り• コード表示• セルフ• 1 楽天ペイのSuicaは、Android OS 6. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 2 楽天Edyは、Android OS 4. 0以上のおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できます。 その他支払い方法についてのご質問は 楽天ペイで使えるお店にはどういった店舗がありますか? コンビニ、ドラッグストア、スーパー、飲食店といった日常ご利用されるお店から、家電量販店など様々なお店でご利用いただけます。 また、街でのお支払いだけでなく、オンラインでも楽天ペイをご利用いただけます。 その他使えるお店についてのご質問は.

次の

PayPay(ペイペイ)マネーライトやボーナスライトの違いを解説!PayPay残高の変更点の最新情報も

らい ん ペイ

PayPay ペイペイ)ボーナスとPayPay(ペイペイ)ライトの違いって何? PayPayボーナスとPayPayライトの違いを確認すると、どちらもどちらも1円単位でお買い物に利用できる電子マネーで、PayPayボーナスとPayPayライトの合計がPayPay残高となります。 PayPayボーナス 特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された金額 PayPayライト ヤフーカードや、Yahoo! ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額 PayPay残高で支払う際には優先的に「PayPayボーナス」の残高より支払いがされます。 それ以外の違いについては、今のところは送金機能においてあります。 一時期の私のPayPay(ペイペイ)の残高は以下の通りで6,508円です。 内訳としては、ライトが6,000円でボーナスが508円。 ここで送金の画面に移ると、送金可能金額は6,000円となります。 つまり、送信が可能なのはPayPayライトの残高からのみになります。 PayPayボーナスとPayPayライトの違いのまとめ PayPayボーナスとPayPayライトについてはどちらもPayPayの残高であり、お店での支払いについてPayPayボーナスから使われていくということ以外は違いはありません。 ただし、20%分が戻ってくるキャンペーンや全額戻ってくるキャンペーンについてはPayPayボーナスへの還元となりますので、他人への送金はできません。 戻ってきた金額はPayPay残高からの支払いにて利用をするしかないです。 ちなみに、実際の店舗で使った0. 上のスクリーンショットの残高の8円がそれです。 (2019. 5追記) 2019年2月12日の9時よりPayPay(ペイペイ)100億円キャンペーンが開催されます。 その際に還元されるのもPayPayボーナスの残高として還元されます。 また2月12日8時までの初回5,000チャージで、追加でもらえる1,000円分はPayPayライトで加算です。

次の