振込 手数料。 銀行振込手数料比較(無料の銀行)

振込手数料|手数料一覧|東日本銀行

振込 手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の

銀行振込手数料比較(無料の銀行)

振込 手数料

振込手数料• 手数料には、消費税相当分が含まれています。 振込手数料 (一回あたり) ご利用区分 3万円未満 3万円以上 窓口 同一店内宛 330円 550円 当行本支店宛 他行宛 電信扱 660円 880円 文書扱 ATM (現金)• 10万円を超えるお振込みはお取扱いできません。 同一店内宛 220円 440円 当行本支店宛 他行宛 550円 770円 ATM (キャッシュカード)• 別途が必要となる場合があります。 同一店内宛 無料 当行本支店宛 110円 220円 他行宛 330円 550円 ATM (千葉銀行のキャッシュカードによる提携銀行宛振込)• 千葉銀行のキャッシュカードで提携銀行のATMを使ってお引出し・お振込をした際の手数料の割引があります。 提携銀行宛• 常陽銀行• 横浜銀行• きらぼし銀行• 武蔵野銀行• 筑波銀行• 山梨中央銀行 110円 220円• (個人のお客さま向けサービス) インターネットバンキング モバイルバンキング 同一店内宛 無料 当行本支店宛 他行宛 220円 440円• (個人のお客さま向けサービス) テレフォンバンキング(自動音声) 同一店内宛 110円 220円 当行本支店宛 他行宛 220円 440円• (法人のお客さま向けサービス) 同一店内宛 無料 当行本支店宛 110円 330円 他行宛 電信扱 440円 660円• ちばぎんマイアクセスは、個人のお客さまが電話・インターネット・携帯電話で銀行取引をご利用いただけるサービスです。 EBとは、ちばぎんインターネットEBサービス<Web-EB>などの法人向けエレクトロニック・バンキングを指します。 「同一店内宛」とは、お受取人の口座のある当行本支店(窓口及びその支店に所属するATM)からのお振込みを指します。 ただし、ちばぎんマイアクセス、EBをご利用の場合は、振込資金の引落口座とお受取人の口座が同じ場合を指します。 なお、コンビニATM(イーネット・セブン銀行・ローソン銀行)および一部の当行ATMからの当行キャッシュカードによる当行宛のお振込みは、当行本支店扱となります。 店舗内店舗へ移転した支店と、移転先の支店間の振込(例、「中央支店・京成駅前支店間」)における窓口・ATM振込手数料は「同一店内」扱いとなります。 訂正・組戻料 項目 手数料額 振込訂正料 880円 送金・振込組戻料 定額自動送金手数料 取扱手数料 (一回あたり) 1回 110円 振込手数料 ご利用区分 3万円未満 3万円以上 同一店内宛 110円 220円 当行本支店宛 110円 220円 他行宛 440円 660円 2019年12月1日現在.

次の

料金一覧:振替-ゆうちょ銀行

振込 手数料

当行 店内 165円 165円 本支店 165円 220円 他行 440円 550円 磁気テープ (MT) フロッピーディスク (FD) 当行 店内 110円 220円 本支店 110円 330円 他行 440円 660円 エレクトロニックバンキング (EB) FAX振込サービス 当行 店内 無料 無料 本支店 110円 330円 他行 440円 660円 送金小切手 (普通扱) 当行 店内 - - 本支店 440円 440円 他行 660円 660円 カード・通帳再発行 (消費税込み) 項目 手数料 カード・通帳再発行(1件につき) 1,100円 各種証明書発行手数料 (消費税込み) 区分 手数料 残高証明書 都度発行(当行制定用紙) 550円 継続発行(当行制定用紙) 414円 当行制定外用紙による残高証明書 1,100円 監査法人向け残高証明書(公認会計士も含む) 3,300円 住宅取得資金に係る年末残高証明書(住宅ローン) 無料 その他 当行制定外用紙による各種証明書 1,100円 手形・小切手帳 (消費税込み) 項目 手数料 手形帳 1冊(50枚) 1,100円 小切手帳 1冊(50枚) 880円 取立関係 (消費税込み) 同一手形交換所地域内 取立手数料 組戻料 不渡手形返却料 当日入金可能な手形・小切手 無料 660円 660円 上記以外の交換所呈示可能な手形・小切手(注1) 220円 他行あての個別取立(注1) 880円• 注1 取立依頼書等への記載が必要になります。 (消費税込み) 同一手形交換所地域外 取立手数料 組戻料 不渡手形返却料 広域交換取立 440円 660円 660円 当行本支店取立 440円 集中取立 660円 個別取立 880円 (消費税込み) その他 手数料 送金小切手組戻料 660円 組立手形店頭提示料(注2) 660円 その他特殊手数料 実費+消費税等• 窓口での現金によるご預金のお引き出しの際に金種をご指定の場合は、万円券を除くご指定のお引き出し枚数に応じて窓口での両替と同額の手数料を適用させていただきます。 ただし、法人・個人事業主様の給与・賞与のご預金お引き出しは無料となります。 2% (3ヵ月毎) 但し、最低4,000円 (3ヵ月毎) 6,000円 - - - LC付輸入手形決済 4,000円 - 700円 - - 輸入手形引受 手形金額の年率0. 25% 但し、最低3,000円 - - - - LC無輸入手形取立 3,000円 - 700円 - - リリースオーダー 1,500円 - - - - *輸出取引 信用状通知 4,000円 - - - - 輸出手形買取 4,000円 - 5,000円 - - 輸出手形取立 4,000円 保証取引 スタンドバイ クレジット 保証金額の年率1. 1% 但し、最低5,000円 6,000円 - - - 荷物引取保証 保証金額の年率1. 1% 但し、最低2,500円 - - - - 関税納付保証 保証金額の年率1. 1% 但し、最低2,500円 - - - - 証明書発行 当行制定用紙 550円 - 当行制定外用紙 1,100円 - 不動産担保事務取扱手数料 (消費税込み) 不動産担保登記内訳 単位 手数料 新規、譲受、登記留保 1件 55,000円 追加、極度増額、極度減額、一部譲渡、 順位変更、一部解除、担保差替、 その他の変更登記等 1件 27,500円 譲渡担保事務取扱手数料 (消費税込み) 譲渡担保登記内訳 単位 手数料 新規 1件 55,000円 追加、一部解除、極度額変更、延長登記等 1件 27,500円.

次の