サザエさん舞台。 サザエさん

サザエさん

サザエさん舞台

「サザエ観光案内所」は、国内で初めてアニメ『サザエさん』のオープニングを専門に取り扱った観光案内サイトです。 アニメ『サザエさん』でオープニングの舞台となった都道府県の解説を行っています。 また、過去に放送されたオープニング都道府県一覧なども掲載しています。 オープニングで放送中の都道府県はもちろん、放送が終了した都道府県の観光PR効果もさらに高め、少しでも地域の活性化に貢献出来れば幸いです。 また、国内旅行業務取扱管理者資格の試験勉強など、学習目的にもぜひご利用ください。 多くの観光情報を扱っており、内容に誤りがある可能性がございますので、旅行等に行かれる際は必ず各地の公式サイト等で確認をお願いします。 ご不便をお掛けしてしまい申し訳ございません。 「サザエ観光案内所」の今後の方針について 「サザエ観光案内所」では、2013年よりサザエさんのオープニング訪問地についての情報を掲載してきましたが、サザエさん放送開始50周年を記念して、ついに公式でオープニング訪問地についてのコンテンツの掲載が開始されました。 これで「サザエ観光案内所」の役目を終えたので、2019年1月~3月に放送されていた静岡県(冬編)をもって更新を停止しようと思ったのですが、今まで多くの方に当サイトを見ていただいたうえ、サザエ観光マップや各訪問地の解説など公式サイトの情報を補完する役割もあるため、今後も更新を続けてまいります。 今後の予定としましては、公式サイトではクレジットなしのオープニングが閲覧できるうえ、著作権的にもあまりよろしくないので、2019年4月から放送されるオープニングより映像、画像の掲載を中止いたします。 また、現在掲載しているオープニングの動画や画像につきましては、まず4月より放送の宮城編のページでリニューアルを行ってテスト運用を行った後に、全ページのリニューアルを順次行う際に削除いたします。 リニューアル完了は秋頃にずれ込む可能性がございます。 愛知県(冬編)もサザエ観光MAPのみの掲載となります。 今後も「サザエ観光案内所」を宜しくお願い致します。 サザエさんオープニング都道府県解説 2010年以降のアニメ『サザエさん』のオープニングでサザエさんが訪れた都道府県を紹介している、当サイトで一番人気のメインコンテンツです。 訪問地の場所を示した地図「サザエ観光マップ」もございますので、訪問地の場所がすぐに分かります。 「サザエ観光案内所」で掲載している都道府県一覧からも選択出来ます。 クリックした都道府県の前編解説ページが表示されます。 (PC版のみ対応) オープニングでサザエさんが訪れた地域一覧 オープニングでサザエさんが訪れた地域の一覧です。 1974年1月より、各地をPRするオープニングが放送されています。 各都道府県の良さをより伝えるため、2001年 平成13年 1月から1つの都道府県を紹介するようになりました。 ちなみに、サザエさんがオープニングで最初に訪れたのは石川県です。 リンクは大歓迎です。 1974年1月~1974年3月 北陸地方 1974年4月~1974年9月 九州地方 1974年10月~1975年3月 東北地方 1975年4月~1975年9月 四国地方 1975年10月~1976年3月 中国地方 1976年4月~1976年9月 東海地方 1976年10月~1977年3月 長野県 1977年4月~1977年9月 北陸地方 1977年10月~1978年3月 近畿地方 1978年4月~1978年9月 神奈川県 1978年10月~1979年3月 関東地方 1979年4月~1979年9月 九州地方 1979年10月~1980年3月 東海地方 1980年4月~1980年9月 北海道 1980年10月~1981年3月 中国地方 1981年4月~1981年9月 四国地方 1981年10月~1982年3月 東北地方 1982年4月~1982年9月 九州地方 1982年10月~1983年3月 近畿地方 1983年4月~1983年9月 長野県・新潟県 1983年10月~1984年3月 北陸地方 1984年4月~1984年9月 東海地方・近畿地方 1984年10月~1985年3月 群馬県 1985年4月~1985年9月 九州地方 1985年10月~1986年3月 中国地方 1986年4月~1986年9月 四国地方 1986年10月~1987年3月 東北地方 1987年4月~1987年9月 京都府・大阪府・兵庫県 1987年10月~1988年3月 東京都 1988年4月~1988年9月 東京都 1988年10月~1989年3月 九州地方 1989年4月~1989年9月 北海道 1989年10月~1990年3月 九州地方 1990年4月~1990年9月 近畿地方 1990年10月~1991年3月 東北地方 1991年4月~1991年9月 中国地方 1991年10月~1992年3月 北陸地方 1992年4月~1992年9月 四国地方 1992年10月~1993年3月 長野県 1993年4月~1993年9月 東海地方 1993年10月~1994年3月 栃木県・群馬県 1994年4月~1994年9月 茨城県・埼玉県・千葉県 1994年10月~1995年3月 山梨県・静岡県 1995年4月~1995年9月 東京都・神奈川県 1995年10月~1996年3月 北海道 1996年4月~1996年9月 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県 1996年10月~1997年3月 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県 1997年4月~1997年9月 徳島県・高知県 1997年10月~1998年3月 秋田県・山形県・福島県 1998年4月~1998年9月 青森県・岩手県・宮城県 1998年10月~1999年3月 岡山県・広島県 1999年4月~1999年12月 鳥取県・島根県・山口県 2000年1月~2000年6月 長野県 2000年7月~2000年12月 福井県・富山県 2001年1月~2001年6月 愛媛県 2001年7月~2001年12月 佐賀県 2002年1月~2002年9月 岐阜県 2002年10月~2003年3月 山梨県 2003年4月~2003年9月 岩手県 2003年10月~2004年3月 石川県 2004年4月~2004年9月 静岡県 2004年10月~2005年3月 鹿児島県 2005年4月~2005年9月 愛知県 2005年10月~2006年3月 広島県 2006年4月~2006年9月 宮城県 2006年10月~2007年3月 岡山県 2007年4月~2007年9月 愛媛県 2007年10月~2008年3月 富山県 2008年4月~2008年9月 山口県 2008年10月~2009年3月 岐阜県 2009年4月~2009年9月 新潟県 2009年10月~2010年3月 茨城県 2010年4月~2010年9月 東京都 2010年10月~2011年3月 東京都 2011年4月~2011年9月 鹿児島県 2011年10月~2012年3月 大分県 2012年4月~2012年9月 兵庫県 2012年10月~2013年3月 福井県 2013年4月~2013年9月 福島県 2013年10月~2014年3月 静岡県 2014年4月~2014年9月 秋田県 2014年10月~2015年3月 長野県 2015年4月~2015年9月 富山県 2015年10月~2016年3月 宮崎県 2016年4月~2016年9月 佐賀県 2016年10月~2017年3月 三重県 2017年4月~2017年9月 兵庫県 2017年10月~2018年3月 岡山県 2018年4月~2018年9月 鹿児島県 2018年10月~2019年3月 静岡県 2019年4月~2019年9月 宮城県 2019年10月~2020年3月 愛知県 サザエさんが好きな場所一覧表 2013年7月13日(土)から9月1日(日)まで、長谷川町子美術館にて行われたアニメサザエさん展「サザエさんと日本一周!」で公開されていた、各都道府県でサザエさんが好きな場所(サザエさんが一番多く訪れた場所を各都道府県別に集計したもの)をまとめました。 ちなみに、当サイト「やまちゃネット」のトップページに、全都道府県の「サザエさんが好きな場所」の写真がランダムで表示されます。 北海道:層雲峡(そううんきょう) 青森県:弘前城(ひろさきじょう) 岩手県:中尊寺(ちゅうそんじ) 宮城県:伊達政宗騎馬像(だてまさむねきばぞう) 秋田県:横手(よこて) 山形県:蔵王(ざおう) 福島県:鶴ヶ城(つるがじょう) 茨城県:偕楽園(かいらくえん) 栃木県:日光東照宮(にっこうとうしょうぐう) 群馬県:草津温泉(くさつおんせん) 埼玉県:秩父夜祭り(ちちぶよまつり) 千葉県:御宿(おんじゅく) 東京都:浅草(あさくさ) 神奈川県:小田原城(おだわらじょう) 新潟県:佐渡金山(さどきんざん) 富山県:黒部ダム(くろべだむ) 石川県:兼六園(けんろくえん) 福井県:永平寺(えいへいじ) 山梨県:昇仙峡(しょうせんきょう) 長野県:松本城(まつもとじょう) 岐阜県:飛騨の里(ひだのさと) 静岡県:浜名湖(はまなこ) 愛知県:名古屋城(なごやじょう) 三重県:伊勢神宮(いせじんぐう) 滋賀県:琵琶湖(びわこ) 京都府:金閣寺(きんかくじ) 大阪府:大阪城(おおさかじょう) 兵庫県:神戸港(こうべこう) 奈良県:薬師寺(やくしじ) 和歌山県:那智大滝(なちのおおたき) 鳥取県:鳥取砂丘(とっとりさきゅう) 島根県:出雲大社(いずもたいしゃ) 岡山県:倉敷(くらしき) 広島県:厳島神社(いつくしまじんじゃ) 山口県:秋芳洞(あきよしどう) 徳島県:鳴門の渦潮(なるとのうずしお) 香川県:栗林公園(りつりんこうえん) 愛媛県:道後温泉(どうごおんせん) 高知県:室戸岬(むろとみさき) 福岡県:大濠公園(おおほりこうえん) 佐賀県:虹の松原(にじのまつばら) 長崎県:大浦天主堂(おおうらてんしゅどう) 熊本県:熊本城(くまもとじょう) 大分県:別府温泉(べっぷおんせん) 宮崎県:高千穂(たかちほ) 鹿児島県:桜島(さくらじま) 沖縄県:守礼門(しゅれいもん).

次の

舞台「サザエさん」開幕、藤原紀香「最高の家族になりました」(公演 / 会見レポート / 写真16枚)

サザエさん舞台

サザエさん家の間取りは何LDK? サザエさん家の間取りはこんな感じです。  波平とフネの部屋:8畳 サザエとマスオとタラオの部屋:6畳 カツオとワカメの部屋:4. 5畳 茶の間:8畳 台所:6畳 客間:8畳 サザエさん家の特徴 サザエさん家は木造平屋建てで、延べ床面積は約32坪とされています。 1坪が畳2枚分ですので、畳64枚分ですね。 例えば、自分の部屋が6畳であれば、10部屋あると考えるとイメージしやすいと思います。 リビングとダイニングがないのでLDKとはなりませんが、茶の間をリビングと考えれば 4LKとなります。 「茶の間」「台所」「波平とフネの部屋」「客間」の4つの部屋が「田」の字に配置されている、田の字型の間取りが大きな特徴の一つです。 昭和30年代の民家によく見られた間取りで、4つの部屋が襖や障子で区切られています。 家の向きを見てみると、陽の光が入りやすい南側には• サザエとマスオとタラオの部屋• 波平とフネの部屋 の3部屋があります。 夫婦の寝室が日当たりの良い位置にあることが分かりますね。 家族が揃う茶の間や台所は北側にあり、上記3部屋に比べると暗いはずです。 結構リアルなので、サザエさん家に本当にお邪魔したような感じがすると思いますよ。 そういえば、筆者が中学生か高校生だった頃に、家庭科の教科書にサザエさん家の間取りが載っていたような記憶があります。 謎の空間? サザエさん家の間取り見てみると、仏壇の上に謎の空間があるのが分かると思います。 四方を壁に囲まれていて扉がありません。 何のための空間なのでしょうか? ネット上では、 「反省部屋」 「柱」 「2階への階段」 「地下への階段」 などと言われています。 単なる設計ミスなのか、それとも押し入れにするつもりだったのを忘れてしまい割り当てなかっただけなのか。 いろいろ調査してみましたが、何のための空間かは分かりませんでした… ネット上で「地下への階段」という話が出ていますが、地下の存在について触れられている資料はないので、磯野家に地下がある可能性は0と考えて良いでしょう。 一方、「2階への階段」という話については、興味深い話があります。 サザエさん家には2階があるという都市伝説 サザエさん家には2階があるという都市伝説があることを知っていますか? なぜそのような都市伝説があるのかというと、サザエさんのエンディングテーマの歌詞にヒントが隠されています。 注目する箇所はこの歌詞です。 2階の存在を明言していますよね。 有名な話ですが、 アニメのエンディングで流れている曲は1番ではなく2番と3番がミックスされた歌詞です。 アニメに登場する磯野家の間取りは、木造平屋建てで2階がありません。 これでは間取りと歌詞が矛盾してしまうので、エンディングで1番の歌詞を使うわけにはいかないですよね。 サザエさんは1969年にアニメ化されましたが、それより以前にエンディングテーマは存在していたようです。 アニメ化する際の当時の制作者が歌詞とアニメの内容が合わないことに気付き、1番の歌詞を使わないようにしたと言われています。 原作とアニメでは設定が違うみたいですね。 なので、「サザエさん家に2階はある?」と問われた時に、はっきりと「ない」とは言い切ることはできません。 ちなみに、作者の長谷川町子さん自身が原作とアニメは別物と公言しています。 サザエさん一家の資産価値 敷地面積についての正式な資料は公表されていないので、残念ながら正確な情報は分かりません。 ですが、サザエさん一家の資産価値を計算した専門家がいるようです。 専門家の計算結果によると、 坪単価 :240万円 敷地面積:250平方メートル(60〜70坪) 資産価値:約1億5,000万 なんと、資産価値は 約1億5,000万! サザエさん一家はかなりの資産家なんですね。 サザエさん家の住所 サザエさんはアニメの中の世界ですが、ちゃんと住所の設定があります。 東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目 ただし、 上記の住所は実在しません。 東京都世田谷区桜新町は実在しますが、あさひが丘は架空の住所になります。 試しにGoogle マップで調べてみましたが、本当にありませんでした。 世田谷区桜新町はここら辺です。 マスオさんと波平が会社に行く時は電車を使っていますが、最寄りの駅は「あさひが丘駅」になります。 アニメの電車のシーンを見ると「ゆうひが丘」「よるが丘」「ひるが丘」という駅も出てきますが、すべて架空の駅なので実在しません。 磯野家からあさひが丘駅までは徒歩15分という設定のようです。 歩いて行けない距離ではないですね。 マスオさんと波平は途中でバスを使っているので、自宅から10分くらいで駅に到着すると思われます。 サザエさんの聖地 長谷川町子美術館 東京都世田谷区桜新町には、昭和60年に開館した 「長谷川町子美術館」という美術館があります。 サザエさん家は架空の住所ですが、桜新町がモデルになっています。 桜新町は、サザエさんの作者・長谷川町子さんが昭和21年から平成4年まで過ごしていた街です。 美術館にはサザエさんのコーナーがあり、原画やアニメを見ることができます。 原画とアニメを比較して楽しむことができると思います。 また、美術館でしか販売されていないサザエさんグッズもあります。 フジテレビでも一部のグッズを扱っているようですが、ほとんどは美術館でしか手に入らないとのこと。 サザエさんの原点を知ることができる場所なので、訪れる価値はあると思いますよ。 住所 東京都世田谷区桜新町1-30-6 公式サイト 世田谷区のサザエさん通り 東京都世田谷区桜新町には、 「サザエさん通り」と呼ばれる通りがあります。 長谷川町子美術館と桜新町駅を結ぶ通りのことです。 昭和62年にサザエさん通りと名付けられ、平成24年にはサザエさん一家の銅像も建てられました。 サザエさん通りには、いたるところにサザエさんのイラストが描かれています。 通りを歩きながら、どこにサザエさんがいるのか探してみるのも面白いかもしれませんね。 桜新町駅で電車を降りて長谷川町子美術館に向かう道すがら、サザエさんの世界観を感じてみてはいかがでしょうか? 福岡市のサザエさん通り 福岡県福岡市にも「サザエさん通り」があります。 福岡市のサザエさん通りが誕生したは平成24年のこと。 世田谷区でサザエさん一家の銅像が建てられた年と同じですね。 こちらの動画で、福岡市のサザエさん通りについて紹介しています。 サザエさんの舞台になった街は東京都世田谷区だけではありません。 実は、 福岡県福岡市が最初の舞台です。 作者の長谷川町子さんは、昭和19年〜21年にかけて福岡市に住んでいました。 サザエさんが発案されたのは福岡市で、昭和21年に夕刊フクニチ新聞という地方新聞で連載が始まったそうです。 長谷川町子さんは昭和21年に暮れに東京に転居することになりましたが、それに合わせてサザエさんの舞台も福岡から東京に。 作品の中では、波平が東京の会社に転勤となり、サザエさん一家が福岡から東京に引っ越す話が描かれています。 三河屋さんは、桜新町に実在していたようです。 モデルとなったのは、 酒屋の「三河屋」。 現在は「セブンイレブン サザエさん通り店」として営業していますが、1980年代後半までは酒店として営業していたそうです。 長谷川町子美術館の近くにあるので、休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 住所 東京都世田谷区桜新町1-32-1 まとめ いかがでしたか? サザエさん家の間取りを見ると、部屋数が結構あることが分かったと思います。 2階はありませんが、うまく収まっている感じがしますね。 ただ、現在の間取りは「カツオ」「ワカメ」「タラちゃん」がまだ小さいので問題ありませんが、大きくなったらそうはいかないでしょうね。 もしマスオさんが同居し続けるのであれば、いずれはリフォームを検討しなければならないと思います。 その時は花沢不動産に依頼するのでしょうか?(笑) 余計なお世話ですが、今のうちに遺産相続について話し合っておいた方が良いと思いますね。

次の

サザエさんオープニング都道府県解説「サザエ観光案内所」

サザエさん舞台

作品解説 [ ] 原作漫画は新聞連載のである(ただし、5ページほどのショートストーリー漫画が雑誌連載されており、「別冊サザエさん」に収録されている。 から独立したの整理部長が長谷川にの『』誌上での連載を依頼。 昭和21年 から連載を始めた が、長谷川が東京へ引越しするために連載を打ち切った。 連載開始当初は、がで書かれていた。 漫画の舞台はで、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚している(福岡時代の最終回とみられる回のオチの部分が、小さいながらも『サザエさんうちあけ話』の作者の回想で描かれている)。 長谷川の家族がのへ引っ越した後は、『夕刊フクニチ』で連載を再開。 舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居する。 掲載誌は間もなく『』(の源流となる夕刊紙)に移り、『』(『』本紙とは別扱の新興紙)を経て、(昭和26年)からは『朝日新聞』の朝刊に移る。 途中、長谷川の病気が理由で(昭和26年)からまで休載されたが、に連載を再開、また、(昭和28年)にも健康上の理由から同年まで休載されたが、に再び連載を再開。 その後はほぼ無休で連載が続いたが、(昭和48年)になると毎週月曜日の定期休載に加えて短期の休みが多くなり(から、からなど。 理由はすべて「作者病気のため」)、(昭和49年)をもって休載に入るが 、その後は連載が再開されることはなかった。 話数は6477話 に及んだ(ただし単行本未収録の話もあり、サザエさん公式HPには4コマ漫画の本数は6500回以上 と記載されている)。 本作はいわゆるではなく、一貫した舞台、人物が登場する比較的独立したエピソードからなる。 季節が移り変わっても登場人物達は年を取らない形式となっている。 しかし、新聞連載の4コマ漫画らしく、時代背景を象徴する内容が多いのが一つの大きな特徴となっており、終戦直後からの時代に描かれた初期から中期との時代に描かれた後期とでは作風が大きく異なっている。 特に、初期から中期にかけてはサザエとその家族および彼らの周辺の人物たちの日常生活が主な題材であったが、後期には主にをネタにした作風が目立つようになっている。 連載は1974年で終了したが、(昭和51年)1976年から(昭和53年)1978年まで長谷川による『サザエさんえほん』が9冊刊行されている。 長谷川の作品の出版はが行ってきた が、長谷川の没後の4月に廃業し絶版となり、がを継承した。 後にから文庫本(全45巻)と「」(全33巻中1〜23巻が本編、他に30巻『別冊サザエさん』と33巻『カラー版 よりぬきサザエさん』)が出版されている。 なお、本作の単行本の出版に際しては、新聞掲載前日に起こった出来事の理解が必要な回、初期連載作品で現在とは登場人物の設定が異なる回、やむをえない理由で不適と判断された回などは省かれている場合があり、朝日新聞社版でも姉妹社版から若干の作品が省かれている。 著『サザエさんの正体』(、1997年)によると、姉妹社版で連載から省かれた作品数は700点余り、朝日新聞社版で姉妹社版から省かれた作品数は15点である。 なお姉妹書に『古きよきサザエさんの世界』(いそっぷ社、2002年)がある。 姉妹社版には作者が自ら編集し発売した『よりぬきサザエさん』シリーズが存在し、「長谷川町子全集」にはその中から『カラー版よりぬきサザエさん』全1巻が収録されている。 2012年12月~2013年3月には「朝日新聞」に掲載された作者及び『サザエさん』関連の特集記事を特典として収録し復刊したもの(全13巻)がから発売された。 この復刊版『よりぬきサザエさん』には朝日新聞社版で省かれた作品の一部が収録されているが、姉妹社版『よりぬきサザエさん』と比較すると削除された話も数話存在する。 2018年より今まで単行本未掲載だった新聞掲載エピソードを収録した単行本おたからサザエさん全6巻が朝日新聞出版より発売される。 漫画本の発行部数は姉妹社版が7000万部以上 、朝日新聞社版の文庫本が1600万部以上 に達する。 日本の新聞連載漫画としては最大のである。 妹・長谷川洋子による回想記『サザエさんの東京物語』(、2008年)がある。 には、から「対訳サザエさん The wonderful world of Sazae-san」が刊行され、でも、『 The wonderful world of Sazae-san』というタイトルでされた。 その際一部のコマがされている。 著作権問題 [ ] 原作者の長谷川が『』にて「サザエさんの単行本をコピーした、いわゆるが国内に出回っていた」と語っており、発行元の姉妹社に損害が起きていた。 無許可でキャラクター画を使用した「」以後、本作は他の作品以上に版権管理が厳しくなり、版権を管理する長谷川町子美術館に画像使用許可などを申請しても門前払いされていた時期があった。 1970年、が編集長を務めた雑誌『東京25時』(アグレマン社)9・10月合併号に、テディ片岡()原案・木崎しょう平作画によるパロディ漫画『サザエさま』が掲載されたが、過激な内容と著作権の問題で姉妹社から訴えられ、罰金50万円の支払いと謝罪広告の掲載がなされた。 1980年前後にが発行していた「全アニメ大百科」(年度ごとに改訂版あり)では、日本で制作された連続テレビアニメについて草創期から当時の最新作までを網羅しており、各作品ごとに放送期間や声優、ストーリーの概略などをキャラクターの画像と共に紹介していたが、『サザエさん』と『()』については画像を掲載することができなかった。 原作漫画やアニメのコマが一切掲載されていない理由について、「作者の許諾が得られなかったから(代わりに脚注を付けたので、そちらを参照してほしい)」と記述している。 また翌年にはビデオ版も発売されたが、こちらも著作権者の許可を得なかったため訴えられており、絶版となっている。 同じく1992年にシングルCDとして再発されたアニメ主題歌のシングルでも、ジャケットにはキャラクターの画像は一切使用されていない。 現在でもこの厳しい版権管理は続いており、映像化作品(ドラマ、映画全般も含む)のビデオソフト(DVD、BD)化は行われておらず、インターネットでの有料配信やCSなどでの放送といった映像の二次利用自体が行われていなかったが、にサザエさん誕生70周年を迎えたことから、の「」にて、同年4月から1月にかけて全10作が順番に毎月1作品ずつ放送されている。 また、より、アニメ放送50周年を記念してフジテレビの有料配信サービス及びにて、放送開始年である1969年から1978年までのエピソードがデジタル化され配信されることが決定した。 なおにより、没後70年のに長谷川の著作権は自然消滅する。 また、2020年2月まで絶版作品を含むは行われていなかったが、同年に世界規模で感染が拡大しているの影響で自宅待機を余儀なくされている人々向けへの支援として、朝日新聞出版が長谷川町子美術館による協力の下、同年3月に期間限定ではあるが電子書籍化と無料公開が行われた。 また、発行の「文芸春秋デラックス」では「日本の笑い マンガ1000年史」(No. 17 昭和50年9月号)に新聞掲載の4コマ作品3本、「アニメーションの本」No. 42 昭和52年10月号)には、一家が勢揃いしたアニメのキャラクターの画像が掲載されている。 キャラクター使用 [ ] 連載初期頃にはやの広告で起用されており、いくつかの長谷川の手による広告用の原画、贈答用の物や包装紙などが存在する。 また、選挙の投票期間告知のポスターでも採用されている。 作者が存命中の頃はテレビアニメの筆頭スポンサーであるをはじめ、・()・などのに起用されていたが、1990年代はほぼ東芝一社のみとなり、1996年以降は同社のテレビCMにも起用されなくなった。 ただし、これらのタイアップは作者の生前に契約が存在した企業がほとんどである。 また、のイメージキャラクターにも起用されたこともあった。 2008年にのチョコレート製品のテレビCMとして制作された「」は、その独特な世界観から話題を集めた。 JAバンクについては、キャッシュカード一体型のにアニメ版のサザエさん一家が描かれた「JAカード(サザエさん)」が存在しており、2010年前後になってJAバンクを統括する側の公式サイト内にあるJAカードのサイトに掲載されるようになっている。 2011年、2013年にはのPRキャラクターに起用された。 2019年11月24日に放送された50周年スペシャルでは、当時のスポンサーである9社(『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』)とのコラボレーションCMが放送された。 キャラクター商品 [ ] 本作のアニメが放映開始された当初は、本作の版権元はキャラクター商品の許諾を全くしない方針だった(実際にキャラクター商品化を計画していたが門前払いになっている)。 なぜこのような方針を取ったのかは不明だが、放映当時はとの倒産で玩具業界ではキャラクター商品は敬遠されていた。 の判決が出た1976年にが初めて商品化した。 タカラは同年の年末商戦における「最大の関心事」と位置づけ、人形から貯金箱まで幅広く商品を展開。 しかしあまり売れなかった。 業界では「人間キャラは売れない」というジンクスがあり、本作もそれを証明することになった(後にこのジンクスを打ち破るのは『』である)。 からに「サザエさんちのふりかけ」「サザエさんちのお茶漬け」が、に「サザエさんちのおにぎり」が発売され、前半まで発売が続けられた。 「サザエさんちのふりかけ」は、「サザエさんちの」と銘打っているにもかかわらず、パッケージにもテレビCMにもサザエの姿だけがなかった。 「サザエさんちのおにぎり」のパッケージ・テレビCMにはサザエが登場していた。 また、明治製菓からにスナック菓子として「かつおくん」と「わかめちゃん」が発売され、こちらは、サザエ、カツオ、ワカメの3人でテレビCMに登場している。 非売品ではあったが、には、スポンサーであるからもグッズが多数出ており、東芝専門の街の電器屋さんなどで商品を買うと、主にやがプリントされたなどを進呈するというフェアもあった。 また、名古屋に本社を置くが商品化権を取得しており、全国各地の土産物屋を中心にキャラクターを利用した菓子商品の製造販売を行っている。 、お台場のフジテレビ本社ビルに、『サザエさん』のキャラクター商品を扱う専門店「サザエさんのお店」が開業した。 サザエさん通りに設置されているサザエさん一家(磯野家)の銅像(磯野波平・磯野カツオ・磯野ワカメ・磯野フネ) 近隣に長谷川が長年居住し本作の舞台となったこと、が1985年に開館したことにちなみ、桜新町商店街振興組合が音頭をとっての前からへとつながる「中通り」がに「サザエさん通り」と改称された。 歩道には『サザエさん』のキャラクターが描かれた看板もある。 ほとんどが原作の時の絵になっている。 3月25日には、磯野家メンバーの銅像が設置された。 この銅像に対し、2013年6月3日付で都税事務所から58万9200円の固定資産税(償却資産)の納税通知書が届き、桜新町商店街振興組合では困惑していたが 、10月19日に一転して固定資産税の免除が通知された。 『サザエさん』に登場する「三河屋」は「サザエさん通り」にの世田谷サザエさん通り店として実在する。 三河屋の屋号は、出入口のセブン-イレブンのロゴの下に「三河屋酒店」と小さく表記されていたが、のちにこの表記は「三河屋」に変更された。 舞台の沿線となるの広告キャラクターに採用されたこともある。 では、一時期『サザエさん』のを施した車両が運行されていたことがある。 福岡市 [ ] サザエさん発案の地(磯野広場)/ 福岡市では2007年4月26日、長谷川が住んでいた福岡市早良区百道浜一丁目(住所上は早良区西新六丁目( ))に『磯野広場』ができ、「サザエさん発案の地」の記念碑が建てられた。 記念碑には『』からの引用が記載されている。 また、北側の博多湾岸から福岡タワー前交差点 - 前交差点 - () - 西新通り交差点 - 脇山口交差点間の市道1. 6kmには2012年に「サザエさん通り」の愛称が付けられた。 この「サザエさん通り」沿いには上述の「磯野広場」がある。 2013年2月には、サザエさんと福岡市在住の波平の兄・海平の着ぐるみが完成し、地元のイベント等で活用されるようになった。 2014年5月20日~7月13日に福岡市博物館で「長谷川町子と福岡」をテーマにした展覧会「サザエさん展 長谷川町子とその時代」が開催されたり 、2015年1月30日に、に第1巻の表紙と第1話をモチーフにしたの陶板が設置される など、「発案の地」としての福岡をアピールしている。 その他 [ ]• の日本史の問題に出題された。 他にも、(高校)の入試問題にも出題されたことがあり、をはじめとする教科書でも本作が題材となることが多い。 1998年に発行されたの東京地方版にサザエさんが描かれた。 漫画・アニメキャラクターがお年玉つき年賀はがきに描かれるのはこれが最初。 磯野家は世田谷区新町三丁目51番地に住所が仮定されている。 単行本の第1巻はB5判の横綴じだったが、書店の店頭に並べにくいということですべて返品され、姉妹社は当時のから出入り禁止を言い渡された。 その結果長谷川の自宅は返品された単行本に占拠される事態となった。 そこで判型をB6判に変更した第2巻を出したところ読者には好評で問題の第1巻にも注文が入るようになり、この事態は解消された。 姉妹社の廃業までこの判型が踏襲され、第1巻も後にB6に変更された。 なお、単行本出版にまつわる詳しいエピソードは『サザエさんうちあけ話』で紹介されている。 また、このB5判横綴じの第1巻を再現した復刻版が、2013年4月27日より長谷川町子美術館の売店で販売されている。 基本的に現代(連載当時)を舞台にしたサザエさんであるが、長谷川の漫画『』には江戸時代設定の磯野家の面々が登場する。 設定としては、サザエが結婚する前の頃の一家を江戸時代にアレンジしたものであり、本編における現在の磯野家との関係はないものとみられ、一種のスターシステムといえる。 原作での磯野家の正確な間取りは話によって変わるため決まっていないが、長谷川町子美術館ではアニメ版のものを展示している。 また、福岡時代と東京・世田谷では家の造りが異なり福岡時代は日本家屋の豪邸のような造り(二階建てとわかるシーンがある)だが、東京での連載再開時の磯野家は平屋となっている。 アニメ版には存在しない洋室も登場している。 舞台が東京になった際、長谷川の隣家の家族構成が同じであり、マスオさん婚や平屋などを参考にしている。 その情報源は長谷川町子の姉であると隣家との世間話から得たものであると隣家に語っている。 電話に関しても、福岡時代には磯野家に電話機(壁掛け式)が登場しているが、舞台が東京になった際は電話線の引き込みが遅れている設定となっている。 風呂に関しても同様で、たびたび銭湯が登場している。 上記の電話に関連して、電話番号による問題が起きており、長谷川がある回の中で適当に書いた電話番号が実際に存在していたことが判明し(偶然にも同じ世田谷区の番号だった)、その番号を使用していた人物から、問題の回を見たとみられる者達による朝晩問わずの悪戯電話がひっきりなしに掛かってきた被害(掲載当日だけでも朝から58回、午後は150回の被害)を訴えられる事件が起きた。 なお、単行本収録の際に問題箇所は修正されている。 は『サザエさん』について「戦前のや化に対するアンチテーゼを描いたものだ」と自著で記している。 1954年(昭和29年)の文藝春秋により出版されたスピンオフ作品の中で10年後を描いた「サザエさん一家の未来予想図」の中でふぐ田サザエふぐ田マスオのこが登場する。 漫画ではこの一話にしか登場しておらずアニメにも登場していないため幻とされている。 派生作品 [ ]• (「」連載 - )• (「」連載 - )• (・姉妹社)• (「朝日新聞」日曜版 連載 - )• (「朝日新聞」連載 - ) かるた [ ] 姉妹社から本作を題材にした3組のが発売されていた。 このうち『かるたサザエさん』以外の2組は、から復刻版が発売されている。 サザエさんかるた 1949年頃発売。 1枚目の読み札は「いまないた ワカメが もうおねだり」。 2012年に復刻版が発売された。 2012年10月25日発売(復刻版) サザエさんかるた その弐 製作年代等不明。 1枚目の読み札は「いつでも ようきな サザエさん」。 長谷川町子美術館にも1組しか現存しておらず、幻のキャラクターグッズとされていたがに復刻版が発売された。 2013年10月24日発売(復刻版) かるたサザエさん 前2組よりも後の年代に製造されたとみられる。 1枚目の読み札は「いびきに ねごとの おとうさん」。 楽曲 [ ] 漫画のイメージソングとして制作された楽曲。 サザエさん 発売。 作詞:、作曲:長谷川堅二、歌:。 サザエさん音頭 発売。 作詞:大下文代、作曲:細川潤一、歌:・・キング合唱団。 連載の履歴 [ ]• に『』紙上に連載開始、同年に連載中断• に『夕刊フクニチ』紙上に連載再開、同年に連載中断• に『夕刊フクニチ』紙上に連載再開、同年に連載中断• に『夕刊フクニチ』紙上に連載再開、同年に連載中断• 1948年3月に『』誌上に連載開始• 1948年に『夕刊フクニチ』紙上に連載再開、に連載終了• に『新夕刊』紙上に連載開始、1949年に連載終了• に『夕刊朝日新聞』紙上に連載開始、に連載終了• に『朝日新聞』(朝刊)紙上に連載開始、に連載中断• 1月に『』誌上にて連載開始、同年12月に連載終了(1953年にも同誌に読みきりを掲載している)• 1月に『若い女性』誌上にて連載開始、1月に連載終了• に『朝日新聞』(朝刊)紙上に連載再開、に連載中断、事実上連載終了(以降掲載されず) 主な登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 なお、出典は基本的に現行の朝日新聞社版を参考にする。 フグ田サザエ 本作の主人公。 生まれの磯野家の長女。 特徴的な髪型は当時の流行にあわせている。 単行本1巻で東京に引っ越し、単行本2巻でフグ田マスオと結婚しタラオをもうける。 性格は快活でそそっかしく乱暴、親切で勇ましい反面、それが裏目に出ることもしばしば。 よくカツオと取っ組み合いの喧嘩をしている。 磯野カツオ 磯野家の長男で小学生。 アニメ版では一貫してかもめ第三小学校5年3組となっている。 髪型は基本的に丸刈り。 連載開始当初は、ワカメの面倒をよく見ているちょっと抜けているお兄さん、といった雰囲気を持っていた。 連載後半になるにつれ、現在のアニメ版のようなズル賢く機転の利く腕白坊主となり、口も達者となり登場回数も格段に多くなる。 漫画界における「世渡り上手」の代表的キャラクター。 なお、原作においては、学校での生活や友達関係が描かれることはほとんどない。 磯野ワカメ 磯野家の次女。 原作漫画では最終的に小学1年生で7歳の設定だが、アニメではかもめ第三小学校の3年生。 原作とアニメ版において最も性格が異なる。 性格は天真爛漫で、非常に活溌である。 アニメ版では「優等生」になっており 、カツオと比べ存在感も薄いが、原作では立場が逆であった。 連載中盤まででは、サザエに次いで登場回数の最も多いキャラクターであり、話の「オチ」を担うこともかなり多い。 磯野波平 磯野家の大黒柱で、3子(サザエ、カツオ、ワカメ)の父。 年齢は54歳。 職業はサラリーマン(事務職)で、会社はの沿いにある。 初期の役職は「局長」であったがいつの間にか降格しており、後期には平社員となっていた。 しかし登場した時は、話の「オチ」を担当している。 性格はかなり抜けており、お茶目なところがある。 そのため、子供に威厳を示そうとするも、その情けないキャラクターゆえにカツオに逆に手玉にとられることも多い。 それ以外に『都下禿頭会(とか・とくとうかい)』の理事をしていると話している。 実は、初期には名前は設定されておらず、でも「波平」として出てくるのは最終作『』のみで、当初の役名は「サザエの父親」とされていた(ただし、家の表札には五作目まで「磯野松太郎」と掲げられている。 また、同シリーズでは「波夫」といった名前も出てくる)。 磯野フネ 波平の妻。 旧姓は石田。 アニメではほとんど怒らないが、原作では性格は厳しく、激しい気性の持ち主である。 家族を叱る回数も波平より多い。 波平の陰口を言ったり、喧嘩中は波平にちょっとした嫌がらせをするなど、アニメではあまり見られない陰湿な一面もある。 東宝および宝塚映画のシリーズでは原作寄りの厳しい気性で描かれる。 初期には波平同様に名前が設定されていなかったため、東宝および宝塚映画のシリーズでは初期の役名は「サザエの母親」とされたが、三作目においてフネの名前が明かされ、中盤以降の役名は「フネ」、「舟子」といった名前も出てきた。 フグ田マスオ 日刊フクニチ連載当時の最終回で初登場し、2巻でサザエと結婚したサラリーマン。 結婚当初はサザエとタラオとのフグ田家3人で磯野家の近所にある借家に住んでいたこともあり、2巻において大家と喧嘩し追い出されたため磯野家と同居。 現在に至る。 アニメではかなり気の弱い夫となっている が、原作では磯野家に対して主張する時もある。 基本的にはいい兄貴分であるのでカツオとワカメに慕われている。 勤めている会社は当初は郊外だったが、後にに移る。 当初は平社員だったが、後に係長に昇進。 その時の年齢は32歳。 実家は大阪で、時々出てくる母親は大阪弁を話す。 実は長谷川は東京で連載再開するまで彼の顔を忘れていたというエピソードがある。 フグ田タラオ サザエとマスオの長男。 2巻から登場。 赤ん坊コンクールで2等賞をもらったことがある。 アニメでは大人しく物分りの良い「いい子」だが、原作では若干乱暴者である。 サザエに背負われるなどして登場回数こそ少なくないが、セリフがほとんど無い。 カツオ、ワカメはごく初期 において、タラちゃんの前で自分達のことをそれぞれ「おじちゃん」「おばちゃん」と称していた。 当初、タラちゃんの登場を予告する文面では「女の子」設定だった。 波野ノリスケ 波平の妹の三男(波平の甥、サザエ・カツオ・ワカメの従兄弟 )。 体型はやや太り気味。 新聞記者。 8巻から12巻の間、押しかけ同然に磯野家に居候する。 波平や新入社員に借金を頼み込んだこともあるなど図々しい性格でちゃっかり屋であるが、その人柄の良さからか、磯野家の面々からは嫌われてはいないようである。 12巻で入江(旧姓)タイ子と結婚。 結婚後は「東アパート」という所に住む。 である。 14巻で子供をもうける。 この子はアニメではイクラとなっているが、原作においては劇中で名前は出てこない。 アニメでは磯野家の隣人で作家・伊佐坂難物の担当でもある ため、平日の昼間でもよく隣の磯野家に現れる。 カツオ・ワカメとは従兄弟ではあるものの、歳が離れているせいか「ノリスケおじさん」と呼ばれる。 波野タイ子 ノリスケの妻。 旧姓は入江。 結婚当初は身のこなしが上品であった。 しかし登場回数が少ないからか、結婚後は時に太っていたりと、容姿に変遷が見られる。 アニメ版のような家族ぐるみの付き合いは描かれていないが、サザエとは初期によく絡んでいた。 連載当時は動物を飼育している家庭も多く、本作にもや、などが多く登場する。 特にニワトリは非常に多く登場し、波平が飼っていたニワトリを絞めてご馳走の鳥鍋にするシーンや、イタズラをしたカツオやワカメがお仕置きとしてニワトリ小屋に閉じ込められるシーンもある。 、磯野家では比較的頻繁に登場する猫の「ミー公」や犬の「ジョン」を始め、登場回数は少ない(大体一度きり)がアニメ版と同じ「タマ」などのや「エルザ」、「太郎」といったも多く登場する。 他には小動物として、カツオが・・・を、ワカメがを、サザエが「マイク」というを飼っていたこともあった。 なお、カツオは飼っているペットを挙げて「扶養家族手当」として小遣い値上げを訴えたことがある。 また、長谷川の他作品からは『』の主人公の一家も登場する。 伊佐坂家はアニメでは磯野家の隣家だが、原作では10巻にわずかに登場するに過ぎない。 本作にはキャラクターとして特定の名前が与えられていないが、非常に多く登場する人々がいる。 たとえばが好きだった作者は、相撲をネタにした話をしばしば用いている。 いわゆるのように、社会的に恵まれない人や「俺ぁ、から出てきたばっかりなんだ」という決まり文句で磯野家の門を叩くや、穴の空いた服に無精髭のやなど、どこか憎めない犯罪者も非常に多く登場する。 なお、泥棒が多く登場するのは、作者の自宅に何度も泥棒(主に空き巣)が押し入ったためであると言われている。 実在の人物が登場することもしばしばあった。 例えば、その当時のはほとんど登場している。 作者の長谷川自身もたびたび登場している。 また、セリフだけであるがも登場している回もある。 あくまで作中での波平の想像における登場であり、姿そのものの登場ではない。 後に長谷川は実際に昭和天皇と園遊会で対面している。 執筆時のエピソード [ ] 長谷川は、社の部に所属していた。 その後、同社から新しく発行された『夕刊フクニチ』で彼女は連載漫画を頼まれた。 自宅の近所である付近を妹と散歩しているときに、本作の家族構成や名前を思いついた。 当初は作者自身は、のつもりでやっていた、と語っている。 連載を再開する際、作者本人が、マスオの顔を忘れていて、西日本新聞社東京支局(福岡で連載していた福岡日日新聞は西日本新聞の夕刊)まで行き確認したエピソードがある。 その後、作者の引越しと合わせ磯野家もに引越した。 に「」の後を承けての朝刊を飾ることになる。 連載末期には月曜日が休みとなった。 作風とその変化 [ ] 連載が長くなるにつれ、作者の長谷川自身は1960年代中頃から従来と異なる新しい作風に興味が移っていった。 彼女は自伝『サザエさんうちあけ話』の中で「子供にも無害な(ヒューマニタリズム)には飽きた」 「書き手にとっては取材範囲が限られるのが苦しい」 などと語っている。 このような時期に生まれたのが、後に長谷川の代表作の1つとなった「」(1966年~1971年)である。 そして、この頃から、『サザエさん』もそれまでのヒューマニズム色の強い作風から大きく変化し、社会風刺の要素を取り入れたな作風へと移行している。 漫画以外のメディア化 [ ] メディア化の概略 [ ]• にマキノ映画により映画化。 『サザエさん 七転八起の巻』が上映。 に上記の映画の続編『サザエさん のど自慢歌合戦』が上映。 東屋トン子主演。 にによりラジオドラマ化(4月まで)• 1955年にKRテレビ(KRT、現・)により五分の帯番組(月から土)でテレビドラマ化(まで)。 に東宝により映画化。 主演、監督。 詳細はを参照(まで、全10作のシリーズ)。 ににより主演でドラマ化。 、江利チエミ主演で舞台化(以降、にも上演)。 にによりアニメ化。 詳細はを参照。 、江利チエミ主演の舞台、「チエミ喜劇「決定版サザエさん」」が上演。 1977年ごろから1988年まで、「」「」内にて「連続ラジオまんが おはようサザエさん」が放送されていた。 声優はテレビアニメ版と同一で提供もだった。 、江利チエミ主演の舞台、「コマ・ファミリー劇場「夏休みだよ!! サザエさん」」が上演。 、本作が生まれるまでの長谷川一家及び姉妹社の経緯が、により『』としてドラマ化された。 (主演)にフジテレビでスペシャルドラマとしてドラマ化、1984年には「フジテレビ開局25周年記念 長谷川町子スペシャル サザエさんVS意地悪ばあさんVSいじわる看護婦」が放映された。 1992年3月、NHK衛星第二で特集番組『サザエさん』。 出演:・ 音楽:。 この番組のためのテーマソングも新たに作曲された。 西田・森口の2人で数役をこなしながら声を当てる4コマ漫画の朗読や、などの映像資料をもとに制作された番組。 フジテレビで放送した過去のアニメも一部オープニングとエンディングも含め放送したが、フジテレビの名前や提供クレジットが出る歌の後奏はカットされた。 本番組のために長谷川は自画像などのイラストを寄稿したが、これが遺作となった。 ~(主演)にフジテレビでスペシャルドラマとして計6作ドラマ化された。 、主演で舞台化。 、・主演(ダブルキャスト)で舞台化(1994年版の再演)。 その他、に飛鳥新社から『磯野家の謎』の実写版ビデオが発売された。 役者はすべて素人を起用している。 ナレーションは、メイクアップはが担当した。 より放送のの『アーモンドプレミオ』『バンホーテン ディアカカオ』のCMにおいて、『25年後の磯野家』という設定の実写版CMが制作された。 、フジテレビ開局50周年とテレビアニメ40周年を記念したスペシャルドラマとして主演で再びドラマ化され、11月15日の18:30〜20:54()に放送(は11月21日12:00〜14:25に、は12月5日14:00〜16:25に遅れ放送)。 の普及とが活発化した昭和40年代を時代背景として描かれた。 また、8月8日に第2弾が18:30〜20:54(JST)に、1月2日に第3弾が生誕65周年記念で18:30〜22:00(JST)に放送された。 に『サザエさんの』を放送した。 パーソナリティは主人公のフグ田サザエ(声・加藤みどり)。 また、フジテレビのアニメ担当は『浅倉南のオールナイトニッポン』以来9年ぶり2回目となった。 、の「わかめスープ」シリーズのパッケージに磯野ワカメがキャラクターとして採用され、11月2日から12月15日にワカメのデザイン入りマグカップが抽選で当たるキャンペーンを展開。 2016年3月に「ふえるわかめちゃん」シリーズや「わかめご飯」シリーズ、「コリコリ茎わかめ」シリーズでも限定でパッケージデザインに採用される予定。 、主演で舞台化。 アニメ「サザエさん」の50周年イヤーを記念した作品。 舞台版 [ ] 江利チエミ主演舞台 [ ] 江利チエミ特別公演「サザエさん」 [ ]• 脚本:• 演出:• 公演期間:1966年11月6日 - 30日• 公演会場:• 同時上演:「チエミ秋に唄う」(構成・演出=土井丈児) チエミ喜劇「決定版サザエさん」 [ ]• 脚本:• 潤色:安永貞利• 演出:松浦竹夫• 公演期間:1975年1月31日 - 2月25日• 公演会場:新宿コマ劇場• 江利チエミ()• 瀬島充貴()• 清川虹子()• () コマ・ファミリー劇場「夏休みだよ!! サザエさん」 [ ]• 脚本:安永貞利• 演出:松浦竹夫• ショウ場面構成・演出:西山博行• 公演期間:1978年8月1日 - 23日• 公演会場:新宿コマ劇場• 江利チエミ()• 佐山俊二()• 清川虹子()• 大野しげひさ()• 高松しげお()• 大屋光子()• 同時上演:「スタージンガーとダンガードA」(原作=松本零士、構成・脚本=三好道明、演出=新美正雄・中込綏彦、出演=ささきいさお・こおろぎ '73・かおりくみこ・堀江美都子・大杉久美子・水木一郎) 三谷幸喜脚本舞台 [ ] 音楽劇「サザエさん」 [ ]• 脚本:• 演出:• 音楽:• 公演期間:1994年3月19日 - 4月15日• 公演会場:• サザエ:• カツオ:• マスオ:• 波平:• ワカメ:ほか 音楽劇「サザエさん」(再演) [ ]• 脚本:三谷幸喜• 演出:鵜山仁• 音楽:松任谷正隆• 公演期間:1995年8月17日 - 9月10日• 公演会場:アートスフィア• サザエ:/(ダブルキャスト)• カツオ:• マスオ:• ワカメ:• 波平:• フネ:ほか 舞台「サザエさん」 [ ] アニメ版の10年後を舞台とした作品• 脚本・演出:• 公演期間:2019年9月3日 - 9月17日・9月28日 - 10月13日• 公演会場:・• サザエ:• マスオ:(が予定されていたが降板)• フネ:• 波平:• カツオ:• タラオ:• ワカメ:()/()(ダブルキャスト)• タマ:ほか 映画 [ ]• 1948年、1950年に製作された映画、がフグ田サザエを演じる• 「サザエさん 七転八起の巻」 1948年)• 「サザエさん 踊る探偵の巻」 1948年)• 「サザエさん のど自慢歌合戦」(1950年)• 1956年-1961年に製作された映画、全十作(および、系列のによる製作)のシリーズ• 「」(1956年)• 「」(1957年)• 「」 本作よりカラー• 「」(1958年)本作は宝塚映画製作• 「」(1959年)• 「」 本作以降は全作宝塚映画製作• 「」(1960年)• 「」(1961年) テレビドラマ [ ] 高杉妙子版 [ ] 1955年から1957年にKRT(現:TBS)で放送されたドラマ。 KRT初の武田薬品一社提供のドラマであり、『』の前身。 一説には「絵に台詞を付けた紙芝居のような番組」と言われているが、演出を行った拵井巍の証言によると、実際は五分帯のコント風ののスタジオドラマであった。 脚本:• 音楽:• 演出:• 制作会社:KRT• サザエ:• 波平:• マスオ:• カツオ:石井修• ワカメ:• タラオ:• ノリスケ:• 放送で瞬間最高視聴率37. 放映期間:1965年11月9日 - 1967年9月29日• 放映曜日・放映時間帯:毎週金曜日21時 - 21時30分• 脚本 :、• 演出 :、、、• 局系列 :JNN• 制作会社 :TBS• 主題歌 :江利チエミ「サザエさん」(作詞:、作曲・編曲:)• サザエ:• マスオ:• 波平:• フネ:• カツオ:• ワカメ: 放送局 この節のが望まれています。 TBS:金曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :木曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :木曜 21:00 - 21:30• :木曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :木曜 21:00 - 21:30• :金曜 21:00 - 21:30• :木曜 21:00 - 21:30• サザエさん 4 秋祭りだよ! サザエさん 1982年 5 '83出発進行だよ! サザエさん 20:02 - 21:48 『』で放送 6 サザエさん 恋の季節だよ! サザエさん 1983年 水曜19:30 - 20:54 7 サザエさんPARTVII 1983年 8 サザエさん サザエさん頑張る・主婦たちの戦後史 21:02 - 22:52 『』扱いはされず メイン出演者• サザエ:• マスオ:• 波平:• フネ:• ワカメ:織田真澄• タラオ:高山幸久• ノリスケ:• タイコ:• パート2(1981年)• パート3(1982年)• パート4(1983年)• 鈴木葉子• パート5(1983年)• パート6(1985年)• 浅野温子版 [ ] 1992年 - 1996年にフジテレビ系列で放映された単発ドラマ(計6作) 放送経歴 回 タイトル 放送日 放送時間(JST) 備考 1 サザエさん 21:00 - 22:24 2 サザエさん2 21:02 - 22:52 『』で放送 3 サザエさん3 1993年 4 サザエさん4 21:00 - 22:54 5 サザエさん 金曜19:00 - 20:54 3本立て作品 6 サザエさん 19:00 - 20:54 メイン出演者• サザエ:• マスオ:• 波平:• フネ:• タラオ:• ノリスケ:• タイコ:• マスオの母:• パート3(1993年)• パート4(1994年)• パート5(1995年)• 伊佐坂難物:• パート6(1996年)• 観月ありさ版 [ ] 21世紀初頭より、がサザエを演じる単発ドラマが、これまでに4回アニメ同様フジテレビ系列全国ネットで放送されている。 いずれも。 パート1: 2009年にフジテレビ開局50周年記念番組として放映。 視聴率は20. 以下同様)• パート2: 2010年()に夏休みスペシャルドラマとして放映。 視聴率は16. パート3: 2011年に正月特番および「サザエさん生誕65年記念」(原作誕生から65年目)として放映。 視聴率は11. パート4: 2013年にフジテレビ開局55周年記念番組及び「アニメ『サザエさん』放送45周年記念」番組として放映。 視聴率は14. ドラマの放映日は、いずれもアニメ版の定時放送日と重ねており、その日はアニメ版とドラマ版を1枠化した形式が取られる(アニメが第1部、ドラマが第2部)。 パート4ではアニメとの更なるを狙い『サザエさん アニメ&ドラマで2時間半SP』と題され、全3話のうち1話「磯野家はチャレンジャー」の前半をアニメで、後半をドラマで制作するという特殊な構成 に用いられた。 観月版では前半の時代設定になっている。 ダイヤルチャンネル式のや、のやのといったなどその当時の物が作品内で登場する など、その当時の生活ぶりが垣間見られる。 また、BGM、玄関扉や襖の開閉音、タラオの足音、タマの鳴き声などはアニメと同じものが使われるようになった。 キャストの演技や容姿は浅野版と比べてアニメ版により近い形になっている。 パート1に、サザエ役の声優の加藤みどりと、波平役の声優の永井一郎が顔出しで特別出演し、出演自体は短いがいずれも波平・フネと絡んでいる。 加藤はその後もパート2に湯水夫人として、パート3にタバコを買いに来た波平と海平とを続けて見て驚くタバコ屋のおばさん、パート4に足を挫いた老婦人役でゲスト出演している。 パート1の放送日はちょうど加藤の70歳の誕生日であったため、加藤みどりの名前の横にバースデーケーキの絵が描かれるという粋な演出があった。 サザエ:• マスオ:• 波平:• フネ:• ノリスケ:()• タイコ:• サブロウ(三河屋): その他• 伊佐坂軽:(2 - 3)• 伊佐坂浮江:(2 - 3)• 伊佐坂難物:(2)• 早川:(4)• 花沢の父:(2・4)• 警官:(2 - 3)• 穴子:(3 - )• 穴子夫人:(3 - )• 専務(波平の上司):(3 - )• 三河屋の主人:(4)• 裏のおじいちゃん:(4) アニメ版声優による特別出演• 自動車教習所 所長(1)• 波平の勤務先の女性社員(1)• 湯水夫人(2)• タバコ屋のおばさん(3)• 足を挫いた老婦人(4) パート1他• 電気店店員: パート2他• 花沢の母:(声のみ)• クリーニング屋:• クリーニング屋の妻:• 魚徳: パート3他• 海平:片岡鶴太郎(二役)• 詐欺師の男:• 八百屋:• 警官の上司:• テレビマン(平川英慈):• 寿司屋:• 波平がゴルフでホールインワンを決めたという初夢に出てきた美少女たち:• カツオが妄想する、大人になった本人:()• カツオが妄想する、大人になったカオリ:• カツオが妄想する、大人になった花沢:()• 花沢が妄想する、大人になった本人:• :(フジテレビ)• 巫女:(フジテレビアナウンサー)• 巫女:(フジテレビアナウンサー) パート4他• 花沢不動産の縄跳びチームメンバー:• 占い師:()• 絵描き:• 泥棒:()• 黒猫のセーターの婦人:()• 駅員:• 小学校時代のサザエ:• : 天海祐希版 [ ] 『 磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』のタイトルで、フジテレビ開局60周年及びアニメ「サザエさん」放送50周年記念番組として、2019年11月24日の20:00 - 21:54に放送。 内容は本編の20年後となっており、磯野家には新たに、1954年発行の雑誌『』()創刊号に掲載された一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に登場したタラオの妹ヒトデが加わっている。 今作では時代設定はより現代に近いものとなっており、劇中にはこれまでの各メディア作品には登場していなかったや、などが登場している。 サザエ:(幼少期:)• マスオ:• 波平:• フネ:• カツオ:• ワカメ:• タラオ:• ヒトデ:• ノリスケ:• タイコ:• イクラ:• 中島:• 花沢花子:• かおり:• 早川:• 穴子:• 貝塚タケシ(ワカメの恋人):• サブちゃん:• 伊佐坂難物:• ヒラマサ:• マスオの部長:• 佐々木(マスオの部下):• 神崎(マスオのクライアント):• ワカメの上司:• ワカメの部下:• ご近所さん:• テレビの天気予報の出演者:、• イトウさん(テレビの天気予報のリポーター):• 商店街の人々:、、、、• ヒトデの同級生:、、• 面接官:、、• 就活生:、、、• 居酒屋の店主:• その他:、、、、、、、、、、 スタッフ• 演出:• 脚本:• 脚本協力:• 音楽:• ロケ協力:台東区フィルムコミッション、鳥越、、、、流山市フィルムコミッション、凹まない企画事務所 ほか• 企画・プロデュース:• 1955年から1965年まで、約10年にわたりニッポン放送でラジオドラマが放送された。 1963年11月18日からはスポンサーが変わったことを機に、スタッフ、キャストを一新している。 放送期間:1955年1月4日~1965年4月30日• 放送日時:毎週月~土曜日8時〜8時15分• 1977年から1987年まで10年間は文化放送でラジオドラマを放送。 キャストはと同一である。 (提供もテレビアニメと同じであった。 )詳しくは、を参照。 オールナイトニッポン版 [ ]• 2013年10月11日にはテレビアニメが放送開始45周年を迎えることを機に、ニッポン放送で『サザエさんの』が放送された。 これもパーソナリティーのサザエを始め、キャストはテレビアニメ版と同一である。 CM [ ] OTONA GLICO ~25年後の磯野家~ [ ] の『オトナグリコ』の一環として2008年から2009年にかけてオンエアされたシリーズ。 磯野家の先祖の法事で親族が集まることから始まるCMオリジナルストーリー。 原作ではなくアニメ版の世界をベースとしている。 BGMもアニメ版のOP、EDテーマをアレンジしたものが使用されている。 なお、CM中には波平やフネ、サザエ、マスオが一切登場しないが、江崎グリコの広報によると「ご先祖様の法事であり、存命です」と説明している。 カツオ: 36歳。 ワンパク小僧の容姿は変わらず未だ野球好きで、大学のテスト(地理)では0点を取ったり相変わらず勉学が苦手だったようだが、ワカメに生き方を諭すなど、磯野家の長男としての自覚はあるようである。 職業は不明。 トライアウトに向けたような運動をしているCMがある。 ワカメからは「カツオ兄ちゃん」と呼ばれている。 ワカメ: 34歳。 法事に現れたタラオとイクラを優しく気遣い、カツオとも仲良く接する等、こちらもアニメのワカメのイメージを踏襲しているが容姿端麗に成長している。 大手百貨店のエレベーターガール。 カツオとワカメは25年を経過しても磯野家で一緒に生活している。 タラオ: 28歳。 マイペースに生きている。 移動たこ焼き屋を一人で営んでおり、いつかはチェーン展開しようと大志を抱いているが、イクラに業務提携を持ちかけたところ「それは無いな」と一蹴された。 イクラには負けたくないと思っていたらしい。 イクラ: 26歳。 かつては「ハーイ」「バブー」「チャーン」しか喋れなかった彼も立派な青年へと成長し、彼もタラオにライバル意識を持っていた。 その努力が結実し、ベンチャー企業「イクラネット(IKURA. net)」のCEOに就任、高級一戸建てや高級外車、ヘリコプターを所有する等、CM中では出世頭となっている。 カツオとワカメの呼称も「カツオ兄さん」「ワカメ姉さん」になった。 タマ(3代目) 再会篇と兄妹の今篇に登場。 である。 カツオの友人: 2009年からのカツオ篇に登場するメガネの男性。 花沢不動産勤務。 CM放送開始以降、ラジオ放送版を含む全篇がかつてはで視聴可能だった。 ラジオ放送版も基本的にテレビCM版の内容を踏襲しているが、テレビ版と異なるエピソードもある。 声の出演は以下の通り。 カツオ:• ワカメ:• タラオ:• イクラ:• ナレーション: マイライン [ ] 2000年4月から2001年にかけて、サービスの告知として、パンフレットとテレビCMで原作(漫画)を基にしたキャラクターが使用された。 テレビCMはアニメ版の声優を使用しているが、作画はあくまで原作に準じたものとなっている。 出稿主であるマイライン事業者協議会は実質上・が運営しており、以来約16年ぶりの起用であった。 カップヌードル [ ] の「」が2017年に展開している、有名作品の登場人物が現代日本の高校生として青春を謳歌しているという設定のCMシリーズ『HUNGRY DAYS』の第3弾として2017年11月22日より「サザエさん」編が放送されている。 タイトルは『サザエさんの青春』。 原作では公開お見合いで出会って結婚したサザエとマスオが、もし2017年の現代で同じ高校に通う高校生として過ごしているとしたら、という設定のパラレルワールドとなっており、高校最後の文化祭でマスオがサザエに公開告白を行うというストーリーとなっている。 サザエ役を、マスオ役をが演じ、磯野家の家族も声は無いものの登場している。 他のシリーズCMと同様にキャラクターデザインを、アニメーション制作をが手がけている。 また、CM公式サイトではストーリー紹介と共に、原作でのサザエとマスオのなれそめも紹介されている。 関連書籍 [ ]• 『サザエさんの〈昭和〉』( 編、、2006年) が本作をテキストに1972年に発表した「サザエさんの性生活」などを所収。 1992年に『磯野家の謎 サザエさんに隠された69の驚き』(、のちやパンドラ新書:で再刊)という本が出され、200万部を超える大ヒット。 続編『磯野家の謎おかわり』(集英社文庫で再刊)も出された。 本作に新たなスポットを当てて人気復活に大いに貢献し、その後数年続く「ブーム」の火付け役になった。 ただ本作と食い違う記述が多々見られ、批判も多かった。 翌年にはビデオ版も発売されたが、著作権者の許可を得なかったため訴えられており、絶版にしている。 類似本に『サザエさんの秘密』(世田谷サザエさん研究会、データハウス刊、1993年)があり、数度装丁を変え重版されている。 続編として『サザエさんの悲劇』(世田谷サザエさん研究会、データハウス刊、1993年)が刊行されたが、内容に『磯野家の謎』の批判が多く含まれており抗議を受けたためか、装丁を変えた版は出なかった。 では2008年に『「サザエさん」的コミュニティの法則』(:)が出されている。 朝日新聞の土曜版「」で、毎週1本の作品から当時と現代との違いを比較する「サザエさんをさがして」という記事が連載されており、2005年から2010年にかけで5冊出されている。 基本的に刊の単行本の収録作をそのまま掲載しているが、夕刊フクニチでの最終回など単行本未収録の回が掲載されたこともある。 経済情勢のみを2010年代に移したら磯野家はどうなるかをシミュレートする。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 朝日新聞1978年4月10日付23面に『サザエさんうちあけ話』の連載予告の記事が載ったが、この時点で『サザエさん』は休載中と明記されていた。 具体的には、長谷川の『』の連載が終了して『』の連載が開始された1960年代中頃から『サザエさん』の作風も大きく変化している。 4月から9月まで朝日新聞に連載されていた『』(作)もサザエさん形式で社会風刺を取り入れた内容になっていた。 全く逆の話として、「ニセ本が出ている」と長谷川に送られてきた本が、実は絵柄が変化したことに気付かなかった読者の勘違いで本物の初期の単行本だった、という事例もある。 ただし、からにかけて発売された「70年代テレビアニメ全集」()と、・に発売された「アニメNOW」シリーズ()には、アニメの一場面が掲載されている(『テレビアニメ全集』には『いじわるばあさん』も)。 双方とも著者は。 『サザエさん』ではないが、2018年1月に同じ長谷川原作の『新やじきた道中記』の映画化作品が前述の映画を放送した「日本映画専門チャンネル」で1月に、「」にて3月に放送されている。 が今後延長されないと仮定した場合。 その展覧会の開催に先立って、「」()の「」編が、世田谷区・早良区および長谷川町子美術館の協力で制作され公開している。 磯野家がサブロウと一緒に初めて長縄跳びの練習を行う部分までがアニメパートになっている• ただし、パート4の「磯野家はチャレンジャー」のドラマパートに登場したは何故か1980年代半ば頃のラジカセが登場している。 は同年深夜 午前 に予定。 そのため、一時期は『新・サザエさん』という題で放送。 また、これに伴いサザエの結婚まで進行していた話も全て独身時代にリセットされた。 途中からは「」名義• 東宝製作の映画シリーズ3作目と同名タイトルである。 出典 [ ]• 2019年1月23日閲覧。 2019年1月23日閲覧。 2019年1月23日閲覧。 「芸術新潮 2016年 09 月号」 特集こんなに凄かった! 長谷川町子と「サザエさん」 76頁• 清水勲『図説漫画の歴史』、1999年、111-112頁。。 「」『』1995年9月20日付朝刊、1頁。 「対訳サザエさん」の翻訳者のあとがきによると、翻訳版はまず日本で刊行し、続いてアメリカで刊行するスケジュールになっていたとのこと。 これは、翻訳者によると、「台詞の流れを損なわないようにするためにその措置を取った」とのこと(「対訳サザエさん」の翻訳者のあとがきから)。 ただし、反転されず存置されたコマもある。 赤田祐一・ばるぼら『消されたマンガ』(鉄人社、2013年)186-191頁• CINRA. NET(2020年4月7日作成). 2020年4月8日閲覧。 com(2020年4月8日作成). 2020年4月8日閲覧。 、桜新町商店街復興組合、2012年3月3日• - 西日本新聞、2012年5月28日• (47NEWS、2013年2月22日)2013年11月14日閲覧• - 福岡市早良区役所、2015年2月2日• 漫画の戦後思想史• 「指定席 童謡レコード」『朝日新聞』1950年5月11日付東京朝刊、4面。 2019年1月23日閲覧。 2019年1月23日閲覧。 『朝日新聞』1958年1月1日号。 2020年7月9日閲覧。 コミックナタリー 2015年10月21日. 2015年10月21日閲覧。 ステージナタリー 2019年1月1日. 2019年5月17日閲覧。 2019年10月2日閲覧• 『「タケダアワー」の世界』、2017年、P. 参考:• 『北日本新聞』1967年9月7日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1967年9月7日付朝刊、テレビ欄。 ,cinemacafe. net,2019年9月30日• ,映画ナタリー,2019年10月7日• コミックナタリー ナターシャ. 2019年10月25日. 2019年11月11日閲覧。 ,映画ナタリー,2019年10月18日• コミックナタリー ナターシャ. 2019年11月11日. 2019年11月11日閲覧。 MANTAN. 2019年10月11日. 2019年11月5日閲覧。 シネマカフェ. 2019年11月1日. 2019年11月5日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2019年11月5日. 2019年11月5日閲覧。 ,cinemacafe. net,2019年10月4日• ,映画ナタリー,2019年10月15日• コミックナタリー ナターシャ. 2019年10月28日. 2019年11月5日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年10月21日. 2019年10月21日閲覧。 、J-CASTニュース、2008年9月22日• 、マイライン事業者協議会、2000年4月17日• ,ねとらぼ,2017年11月22日• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - サザエさんを題材にした「NIPPONのサザエさん」を歌う。 - 2004年4月より「サザエさんをさがして」というタイトルで毎週土曜日に1話ずつ掲載している。 - 社名は「サザエさん」に由来している。 - 当作品名が基となったの情報番組。 外部リンク [ ]• (フジテレビ公式)• (朝日新聞).

次の